月曜から夜ふかし【ご自慢有名人調査~関西編!大阪で村上がまさかの順位】街行く人の個人的な「今年の漢字」…


人気No.1デリケートゾーンの黒ずみケア専用 薬用イビサクリーム臭気判定監修の足の消臭パウダーデリケートゾーンの臭いなんて気にしない!専用ソープ

出典:『月曜から夜ふかし【ご自慢有名人調査~関西編!大阪で村上がまさかの順位】』の番組情報(EPGから引用)


月曜から夜ふかし【ご自慢有名人調査~関西編!大阪で村上がまさかの順位】[字]


関ジャニ村上とマツコが話題の件をあれこれ語り合う…街行く人の個人的な「今年の漢字」調査!「隅」と書いた男性にマツコがハマる!▽古墳に詳しい天才少年に難問を出題


詳細情報

出演者

【MC】村上信五(関ジャニ∞)、マツコ・デラックス

番組内容

今夜の夜ふかしは…①都道府県対抗!自慢できる有名人ついに関西編!京都、大阪、兵庫、滋賀、奈良、和歌山、三重で対決!まさかの兵庫が最強!?さらに、村上は大阪府で何位なのか?②街行く人の個人的な「今年の漢字」を調査!「楽」と書いた女性の楽しい理由とは?「太」と書いた女性の困った事とは?「隅」と書いた男性にマツコがハマる!③知られざる天才を調査!バスのドライブテクニックの天才がスゴ技を披露

監督・演出

【企画・演出】古立善之【プロデューサー】笹部智大【チーフプロデューサー】川邊昭宏



『月曜から夜ふかし【ご自慢有名人調査~関西編!大阪で村上がまさかの順位】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

月曜から夜ふかし【ご自慢有名人調査~関西編!大阪で村上がまさかの
  1. スタッフ
  2. ハハハ
  3. 正解
  4. 結果
  5. イチロー
  6. 観客
  7. 春山監督
  8. 眉毛
  9. お父さん
  10. 今夜
  11. 射場
  12. 奈良
  13. ゴルフボール
  14. ジャン
  15. ホンマ
  16. 京都
  17. 最後
  18. 村上
  19. 多分
  20. 大阪


『月曜から夜ふかし【ご自慢有名人調査~関西編!大阪で村上がまさかの順位】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓日本テレビ関連商品

(笑い)

え?

(マツコ・デラックス) 結構 お前…。

いや 伸ばし放題ってか もう…。

(笑い)

あっ ちょっと待って
ちょっと待って…!

じゃあ…。

(笑い)
どういうことやねん。

…っていうね。

<今夜もスタート>

私は…。

♪~

(笑い)

(笑い)

<続いては 立って
焼きそばを食べるお父さん>

この後。
この後ね。

(笑い)

見た?
分かった?

(笑い)

<今夜も…>

♬~

♬~

(拍手と歓声)

どうも。
こんばんは。

(拍手と歓声)

どうしたのよ。
分からん もう。

何か いっぱい出て来た
最近また。

移動?

そうそう 47都道府県の。

ちょっと ガタ
来始めちゃってんじゃない?

ちょっとな…。

ホントに。
ホンマに。

こんなん なんなかったよ アンタ。
うん…。

いや だって この人
何やかんや言って もう…。

(観客) え~!
せやで。

(観客) え~!

(笑い)
そうや。

その割には まだ…。

(笑い)

<それでは…>

<今週は…>

<…など

全部で時事ネタ8枚を用意>

<さぁ…>

え~ とうとう…。

関西ブロック 来ました?
はい。

とうとう大阪が
つまびらかになりますか!

これで だから そんなに
上位に来てなかったら…。

だとしたら どうする?

いや ホンマやね。

じゃあ 行きましょうか。
いや~ これちょっと!

楽しみ。
どうぞ。

<今夜は 関西編>

<関西地方 全7県で

さまざまな世代 計100人に

「自慢できる出身有名人は?」

…と質問し ランキングを作成>

<ちなみに関西は
京都や奈良など…>

<各県のご自慢有名人…>

<まずは この手の戦いで
絶対的な自信を誇る…>

<まず挙がったのが…>

(笑い)

<その…>

はい!

何か 普通に…。

中村玉緒さんは…。

三田寛子さんの…。

<結果 京都はご覧の順位に>

<正直 思いの外

地味なラインアップだが…>

だって…。

<さぁ それに挑むは お隣…>

うん そう 分かるわ。

<そんな…>

<そう 滋賀県は世代を超えて…>

<となると…>

♪~

<結果 西川貴教が

1人で58票を集める 一強ぶり>

<この結果を…>

(スタッフ) せ~の はい!

こんなもん…。

はい もう…。

だって…。

<続いては いつも
京都 大阪の陰にかすむ…>

<だが…>

そら そうやわ。

それからいったら…。

すげぇ組織票やな これ。

あの大っきい人。


(笑い)

<1位はもちろん 明石家さんま>

<他にも 強力メンバーが並ぶ

ラインアップ>

<果たして…>

(スタッフ) 行きますよ。

せ~の はい!

でも…。

<ということで…>

<だが これに噛みついたのが…>

だから…。

<そう 実は さんまさん

育ちは奈良だが 生まれは和歌山>

<それが…>


アハハハ…!

<だが ふたを開ければ

さんまさんは3位>

(スタッフ) せ~の ジャン!

え~! さんま?

あ~ 出た!

<さぁ 1位の奈良に挑むは…>

<三重が誇るは…>

<そう…>

<そして…>

こんなん めっちゃ出て来るよな。
そう めっちゃ出て来る。

(男性) これ…。

<そして…>

<結果は ご覧の通り>

<コントラストが すごい>

<さぁ…>

(スタッフ) せ~の ジャン!

<だが 続いての相手は 強豪…>

だって…。

<言わずもがな…>

強いわ 兵庫!

あのね…。

<そして その…>

やっぱり…。

<圧倒的な豪華メンバーを

そろえた兵庫県>

<さぁ…>

(スタッフ) せ~の ジャン!

あとは まぁ…。

<ということで…>

<そして 最後は

いよいよ われらが村上の故郷…>

<前回…>

これ 中部やから…。

(笑い)

いや だから そこが難しい…。

そう 奈良やからな。

そう 兵庫やからね。

あっ! だから キンキで…。

(観客) え~!

あっ!

(笑い)

<今回は公平を期すため…>

私は…。

♪~

<大御所歌手から
メジャーリーガーまで

次々 飛び出すビッグネーム>

あっ!

(笑い)

<だが…>

長池町っすわ。

(スタッフ) あっ そうなんだ
ありがとうございます。

<本場 大阪の…>

<だが このように…>

<そんな中…>

ほら~ 出て来る。

あっ そうなんですか! ハハ…。

<そう…>

ありがとう 前まででも ええ。

前まで。

<さらに…>

あ~ ありがとうございます!

ちょっと待って。

<さぁ 運命の…>

<まず 第5位は?>

<続いて4位>

<では トップ3を一気に発表>

<村上の順位は?>

<結果 若者から
絶大な人気を誇った

菅田将暉が1位>

<われらが村上は
惜しくも2位という結果に>

<この結果を…>

(スタッフ) こちらです。

(笑い)

<以上…>

ちょっと すごないっすか?

いや… でも思ったよりでしたわ
これは。

もう でもしょうがないよ。

いや! もう…。

将暉 ライバルやな。

ねぇねぇ。
ん?

どうしたん どうしたん。

(笑い)

えっ… 今?

眉毛… 何で?

何か ごめん。

結構 お前…。

いや 伸ばし放題ってか もう…。

じゃあ あれじゃない?

年取ると眉毛とか
まつげとか 伸びだすじゃん。

うん 多分。

(笑い)

あっ ちょっと待って
ちょっと待って…!

村山首相 分かる?

眉毛 めっちゃ長かった。

眉毛 これぐらいある人。

(観客) へぇ~。

あっ そう… ごめん。

じゃあ これから…。

もう 「眉毛長い人!」で ええねん。
「眉毛長い人!」って言うの? 私。

例えられへんわ それはもう。
じゃあ…。

(笑い)
どういうことやねん。

眉毛 ボ~ボ~長い人の
代名詞になってよ!

そしたら…。

…っていうね。
例えでな。

私 そう変えるから これから。

「関ジャニ∞」まで言ってやったよ
今 丁寧に。

ありがとう ありがとう…。
丁寧だよ 私。

ホンマやな ありがとうな。
いや いいんだよ いいんだよ…。

まいりましょう どうぞ。

<その年の…>

<今年も…>

<そこで 今回も我々は…>

<…をしたためてもらいました>

<まずは…>

「激」です。


<あまりにも…>

<続いて こちらの…>

「殺」ですね。

(女性) あっ ヤバイ ヤバイ。

ハハハ…!

<友達に殺された件>

いや…。


…みたいな。

「楽」。


それで…。

うちで買ったら…。

♪~   『ペッパー警部』

♪~   ペッパー警部

(スタッフ) 安田記念?
うん。

(スタッフ) マジっすか!?
うん。

(スタッフ) マジっすか。

太るの「太」です。

(スタッフ) えぇ?

私…。

ハハハ…!

(女性) 誰が どう見ても…。

「命」です。


…って そのまま。

<続いて…>

外国人から…。

<そんな…>

「頭」。
(スタッフ) 頭。

これ…。

(スタッフ) あぁ~。

「消」って…。

自分…。

ちゃんと…。

(スタッフ) へぇ~。

<続いては…>

ハハハ お父さん。

捨ててた?

(スタッフ) これは 何の?

ここはね…。

(スタッフ) あっ…。


ハハハ…!
ハハハ…!

「学」です。

絵文字。

おかしな…。

そうそう…。

<そんな…>

<そして…>

(林家) いや~ うれしいな
ねっ いろいろ…。

(スタッフ) 全然 大丈夫です。

<師匠に…>

私はね うん。

これを見る会。

すごい使われてたもんね。

(スタッフ) はい。

(スタッフ)
いや ちょっと すいません。

正確には…。

というボケをかまして…。

<やはり…>

<ここからは パー子師匠の…>

ハハハ…!

(林家) おもしろいでしょ?

(スタッフ) うまい。

やっぱ。
すごいね!

全然 違うね。

のって来るもんね やっぱね
聞いてるほうが。

いや~ 私 あれだったなぁ。

焼きそばのおじちゃんが一番…。

あれは 情緒あるわぁ あんなん。
あれ いい話だわぁ。

だから 焼きそば食べてる時に…。

…と思って食べてたんやろ?

そうよ ホホっ。

あの場所 すごい…。

マイ箸が落ちてただけやな。

すごい あれ… ああなりたい。
ええな。

ホントに コメント行く前にな
マツコと言うててんけど

食べてたやろ?
でも 映像かわる瞬間に…。

よ~く見て。
見て。

見て おじさん カッコ良かってん。
あれ 見てもらったほうが…。

<続いては 立って
焼きそばを食べるお父さん>

この後。
この後ね。

ハハハ…! 見た? 見た?
分かった?

多分 我々はな…。
そう!

だって キャベツとかさ
お肉は考え…。

やっぱ…。

紅ショウガとか…。
何だろう?

あと…。

とかな! そうそうそう。

ちょっと…。

何を投げたのか あれ。

あれ おもろかったよな。

めっちゃ嫌やったんやね あれ。

ハハハ…!

おいしそう… 屋台で
売ってそうなやつだったわよね。

あのパックやったらな。

浅草の。

毎年行くから… だからな!

何や?

いや それは分からへんよ。

でも おじい様が
おっしゃられてるんやから

それで いいじゃないですか。

それか あのお父さんの他に…。

そうなのよ 何か知んないけど

みんな…。

おじいちゃんは行きたくなる…。

何か モワっ ンン~!
って出てんのよ。

下からブワって。

(笑い)

じゃあ もう1枚。

まいりましょう どうぞ。

<我々の周りには…>

<…が存在する>

<彼は なんとテトリスで
市松模様を作れるのだ>

<必要なブロックが来るまで
ひたすら消しながら待つのだが

5段できた段階で レベルは93>

<落ちて来るブロックの速さは
尋常では ない>

<この日 彼は…>

<…を作り上げた>

(男性) フフフ。

<このように 今夜は…>

<まずは…>

<それが
福岡県の西鉄バスで働く

渡辺さん>

<その…>

(渡辺さん) ここにですね…。

<なんと 2つのタイヤの隙間
わずか6cmに

直径4cmの
ゴルフボールを通すという>

(スタッフ) お願いします!

<それでは
早速 やっていただこう>

<慎重に
ゴルフボールに近づくバス>

<そして…>

<ゴルフボールは見事
ダブルタイヤの間をすり抜けた>

<では…>

(スタッフ)
これを やってもらえたらと。

(渡辺さん) たい焼き。

(スタッフ) そうです そうです。

…とは思います。

<昨今の…>

<と ここで…>

<行ったか!?>

うぉ!

うわ すげぇ。

いただきます。

はい はい。
これは もう。

<続いては…>

<少年野球…>

(スタッフ) 狙った所に打てる?
(春山監督) はい。

<野手は1歩も動くことなく

その場所に
ピタリとボールを打てる>

(春山監督) この野郎!

<才能を買われ…>

はい。

(スタッフ) これです。

(春山監督) あぁ そうですか。

あぁ そうですか。

<監督にバッターボックスから

マウンドに立つ
的を狙ってもらう>

<それでは行こう!>

<ノックの神様と呼ばれる
春山監督の…>

(春山監督) よし! 行った!

よし! 行った!

おぉ~!

ありがとう~!
(少年たち) イェ~イ!

<しかし 昨今の…>

<実は 監督…>

リアクションが取りづらいわ。

<続いては…>

<それが こちらの…>

<小学6年生>

(スタッフ) 古墳 大好き?
(怜大君) はい。

<2年前…>

<…怜大君>

(怜大君) これは…。

<そんな…>

(スタッフ) まず最初は こちらです。

(スタッフ) 正解です こちらは?

(スタッフ) 正解です こちらは?

(スタッフ) 正解です こちらは?

(スタッフ) 正解です。
あっ 正解だった。

(スタッフ) 最後 これは?

これは…。

え?

(スタッフ) フフフ 残念。

ハハハ…!

<最後は…>

<それは…>

(スタッフ) こちらが?

(射場さん) 今で…。

<…という射場さん>

<そんな射場さんの…>

<まずは…>

(観客) イチロー! イチロー!

 イチロー! イチロー!

 イチロー! イチロー!

<そして…>

(スタッフ) 一瞬?

(朝顔のつぼみが膨らむ音)

そんな音した?
そっち?

寝てたけども…。

だから 多分…。
(スタッフ) きっと そうだと。

<そんな射場さんに…>

<では…>

(チョキチョキという音)

(スタッフ) じゃあ 行きます。

(スタッフ) 正解です。

<続いて…>

(ジ~っという音)

あっ…!

(スタッフ) 正解です!

<それでは…>

<それでは…>

(高い声で) ハッハ~!

ハハハハ!

(スタッフ) 残念ですね。

正解は…。


トーンがあるやろうから。
ねぇ。

あと 何で…。

あんこやろな あんこや あれは。


♪~

♪~

<お楽しみに>


関連記事