NHKスペシャル 体感 首都直下地震「DAY2 多発する未知の脅威」ドラマ「パラレル東京」では、大規模な…



出典:『NHKスペシャル 体感 首都直下地震「DAY2 多発する未知の脅威」』の番組情報(EPGから引用)


NHKスペシャル 体感 首都直下地震「DAY2 多発する未知の脅威」[解][字]


命と暮らしを守るために、大地震を自分ごととして感じていただくシリーズの2日目、ドラマ「パラレル東京」では、大規模な広域通信障害など未知の脅威を描く。


詳細情報

番組内容

命と暮らしを守るために、大地震を自分ごととして感じていただくシリーズの2日目。架空の東京で首都直下地震が起きたと想定し、ドラマとスタジオで被害の脅威を描く。ドラマでは、主人公の若手キャスターが被災した架空の東京にある放送局で直下地震に翻弄されていく。スタジオでは震災時のデマの恐ろしさ、広域通信障害など被害の様相についてゲストを交えてみつめていく。

出演者

【司会】井ノ原快彦,小野文惠,【ゲスト】テリー伊藤,北斗晶,新川優愛,首都大学東京名誉教授…中林一樹,【ドラマ出演】小芝風花,高橋克典,伊藤淳史,室井滋,【リポーター】赤松俊理



『NHKスペシャル 体感 首都直下地震「DAY2 多発する未知の脅威」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

NHKスペシャル 体感 首都直下地震「DAY2 多発する未知の脅威」
  1. 倉石
  2. 由希
  3. 江口
  4. 火災旋風
  5. 大森
  6. デマ
  7. 井ノ原
  8. 小野
  9. 避難
  10. 情報
  11. 本当
  12. 発生
  13. テリー
  14. ドラマ
  15. 山田
  16. 中林
  17. 日目
  18. 編集長
  19. 映像
  20. 地震


『NHKスペシャル 体感 首都直下地震「DAY2 多発する未知の脅威」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

(悲鳴)

倉石≫部下や同僚を亡くして

動揺しない人間が
どこにいるんですか!

斎藤≫逃げましょう。
(爆発音)

高取≫たとえ記者が
行きたいと言ったって

それを体を張ってでも止めるのが
君の仕事でしょうが!

ミサオ≫うちらみんな
被災者なんだね。

倉石≫私も…

被災者…。

小池≫渋谷の群衆雪崩出稿!

(これはドラマです)

倉石≫東京・渋谷で

大勢の人が折り重なって倒れる

群衆雪崩とみられる
事故が起きました。

少なくとも100人に上る人が
心肺停止となっているほか

多数のけが人が出ています。
交通機関が不通になっている

状況では、帰宅するのではなく
安全な場所にとどまってください。

妹に、急いで家に
帰るようにって言ったんです。

私、知らなくて…。

江口≫結局、俺たちは

誰も本気でこうなった日のことを

考えてなかったってことだ。

井ノ原≫妹の有紀ちゃんが
心配ですね。

お姉ちゃんが「帰りなさい」と
言っちゃったから。

小野≫DAY1のドラマ
振り返りましたが

昨日からお送りしています
ドラマ「パラレル東京」。

首都直下地震に襲われたら
どんなことが起きるのか。

国の被害想定と
最新研究に基づいて

できるだけリアルに描いた
ドラマです。

今日は地震発生から2日目
DAY2です。

30年以内に70%の確率で
起こるとされている

首都直下地震ですが

なかなか自分の身に起こる
危険として

とらえられていないし。

備えが進んでいないということを
考えたとき

一体、NHKとして
私たち何ができるかと考えて

本当に首都直下地震が
起きたことにしてしまおうと

思ったんです、ドラマの中で。

井ノ原≫そうすれば、みんなで
防災訓練ができますからね。

ドラマの中で地震は

昨日の夕方4時4分に起きた
ということになっています。

小野≫ドラマの舞台は
もう1つの東京

パラレル東京にある
架空のテレビ局。

そこに、地震による被害の映像が
次々と飛び込んできます。

井ノ原≫地震発生当日
そして2日目、3日目、4日目と

被害の様子を実際に4日間かけて
見ていきます。

みんなで一緒に体験して

備えていきましょう
ということです。

小野≫今、2日目の夜10時過ぎ。

地震発生から30時間ほど
たったところですね。

井ノ原≫昨日は激しい揺れによる

ビル倒壊

脱線事故、同時多発火災
そして群衆雪崩。

驚くようなことが
たくさん起きました。

被害の全貌がつかめずに
「これは始まりに過ぎない」

という
せりふがドラマの中にも

ありましたけど。
小野≫2日目の夜を迎えた

パラレル東京は、どんな状況に
なっているんでしょうか。

江口≫まるで、巨大な竜巻だな。

尾田≫火災旋風が
通り過ぎたあとは、家が壊れて

車もひっくり返っています。
倉石≫これが、火災旋風…。

大森≫関東大震災や東京大空襲で
発生したのと同じか、あるいは

それ以上なのかもしれません。

江口≫被害者は?

小池≫確認されただけでも
500人以上です。

江口≫トップは
世田谷の火災旋風から入ろう。

大森≫蜂村、原稿急いでくれ。
蜂村≫わかりました。

山田≫遅くなりました。
大田区池上、避難場所のVです。

大森≫放送まで時間がない。
急いで映像編集へ回せ。

小池≫了解です。

倉石≫デマで50人が死亡!?

山田≫火災旋風がくるぞって
誰かがデマを飛ばしたせいで

将棋倒しが起きたんだ。
倉石≫将棋倒し…。

(悲鳴)

山田≫避難場所が
パニックになって

みんな、我先に逃げようとして。
倉石≫それじゃ

避難してた人たちが
犠牲になったんですか?

山田≫そうなんだ。

江口≫これは人災だ。

倉石≫人災…。
せっかく生き延びたのに

どうしてデマで
死ななきゃいけないんですか。

そんなの、絶対に間違ってる。

高取≫ちょっといいかな。

江口君、例の件
必ずつなぐのよ。

分かってるわね。
江口≫分かってます。

高取≫いい?みんな。

とても残念なことですけれども

私たちの仲間が犠牲になりました。

でも、こんなときだからこそ
みんなで協力し合って

頑張ってほしいの。

頼んだわよ。

一同≫はい。

大森≫なにが協力だよ。
自分は責任取る気もないくせに。

山田≫編集長、なんですか
その、例の件って。

江口≫スタジオから
ビルに閉じ込められて

救助を待っている女性に
電話をつなぐ。

女性とは連絡が取れてる。

大森≫そんな報道に
意味があるんですか、編集長。

江口≫どういう意味だ。
大森≫その子

シニアマネージャーの
知り合いの娘だそうですね。

スポンサーがらみの依頼だって
噂になってます。

江口≫だったらなんだ。
大森≫建物の倒壊で

閉じ込められている人は
今も5万人いるんですよ。

あまりにも多すぎて
ほとんどの場所で

救助の手は届いていない。
もしも報道をきっかけに

救助が動き始めたら、それこそ
放送の私物化になりませんかね。

江口≫生存者がいると伝えるのは
大切なことだ。

大森≫俺たちが助かる命を
選ぶことになってもですか?

江口≫倉石。
倉石≫はい。

江口≫閉じ込められた女性と
放送前に話をしておいてほしい。

倉石≫えっ?
江口≫やってくれるか?

倉石≫その人、助けられるかも
しれないんですよね。

だったら、やってみます。

江口≫頼むぞ。
倉石≫はい。

(これはドラマです)

≫各地の状況です。
東京都ではこれまでに

800人余りの死亡が
確認されています。

このうち、足立区では
体育館に100人余りの遺体が

運ばれています。

倉石≫有紀(ゆき)…。

回想・有紀≫お姉ちゃん。

(ノック)

ミサオ≫美香。

副調で呼んでるよ
電話がつながったって。

倉石≫今行く。
ミサオ≫美香。

妹さん、有紀ちゃんのこと…

あんたのせいじゃないからね。

回想・倉石≫有紀!
回想・ミサオ≫誰?

回想・倉石≫妹です。渋谷で
地震に巻き込まれたみたいで。

早く家に帰れって言ってるのに
まだ渋谷にいるみたいで…。

倉石≫うん、分かってる。

木村≫ちょっと待ってください。
キャスターの倉石にかわりますね。

倉石≫もしもし。

もしもし、もしもし…。

女性≫私…

助かるの…?

倉石≫私は、倉石美香といいます。

何度もお聞きしたかも
しれませんが

お名前を教えていただけますか?

由希≫島村由希(ゆき)。

倉石≫島村由希さん。

由希さん。
お名前は由希さんなんですね?

私の妹も、「ユキ」なんです。
同じ名前なんです。

由希≫同じ名前…?
倉石≫そうなんです。

由希さん、周りの様子は
どうなっていますか?

由希さん…。

由希≫暗くて…閉じ込められてて。

どうやっても…出られないの。
倉石≫そうですか…。

由希≫あと、寒い。すごく…。

倉石≫そう…。

地震のときは
どんな様子だったの?

由希≫買い物をしてて…。

急に、何か落ちてきて。

気が付いたら…真っ暗で…。

倉石≫誰かほかに
そこにいますか?

由希≫男の人が…たぶん2人。

倉石≫男の人が2人。

由希≫痛いとか、苦しいとか
声だけ…。

倉石≫声はするんですね。

由希≫ほかにもいたけど…。

倉石≫その人たちはどうしたの?

由希≫みんな…

もう声がしないです…。

私…このまま死ぬんですよね…?

倉石≫そんなことない!

今、助けを呼ぶから!
由希≫本当?

倉石≫はい。

(通話が途切れる音)

倉石≫由希さん?由希さん?

木村≫携帯電話

まだ安定してないみたいですね。

尾田≫だめか。
木村≫厳しいかもしれません。

江口≫もし本番中に
もう一度つながったら

すぐにスタジオへ回すからな。
木村≫分かりました。

山田≫倉石。

倉石!
倉石≫…はい。

江口≫スタンバイしてくれ、倉石。

倉石≫分かりました。

山田≫いくぞ。
倉石≫はい。

玉城≫ヘリ空撮
VTR準備できました。

山田≫お前、本当に
呼びかける気なのか?

彼女の救助を。

倉石≫えっ?

山田≫そう言ったよな、あの子に。

倉石≫はい。そのつもりです。
山田≫覚悟しとけよ。

≫はい、いくよ。本番10秒前。

5秒前、4、3、2、1…。

(これはドラマです)

倉石≫地震から一夜明けた今日

深刻な被害の様子が
少しずつ明らかになっています。

東京、埼玉、千葉、神奈川は
壊滅的な被害を受けています。

これまでに1200人以上の
死亡が確認され

この地震で死亡した人は
2万人を超えるとみられています。

火災は1日たっても収まらずに
火災旋風が発生しました。

この火災旋風に
巻き込まれるなどして

少なくとも500人が
死亡したほか多数の行方不明者や

けが人が出ています。

昨日午後11時ごろの
東京・世田谷区の映像です。

画面中央に竜巻のような
炎の渦が確認できます。

これは火災旋風と呼ばれる
現象です。

高さは推定200m。

火災旋風は、火災の上昇気流と
周囲の風が影響し合うことで

発生するといわれています。

地上付近では
辺りの木造家屋の屋根などが

次々と巻き上げられています。

これまでに東京23区の

少なくとも100か所以上で

火災旋風が発生しています。

火災旋風の発生から14時間後

今日午後1時ごろの
世田谷区の映像です。

火災旋風が通ったとみられる跡が
はっきりと確認できます。

広い範囲で燃え尽きた木材や
家屋の一部とみられる残骸が

バラバラになっています。

玉城≫スタジオ戻します。
竹内≫はい、戻った。

倉石≫火災旋風を研究する
消防庁消防研究センターに

よりますと…。
大森≫毒ガスってどういうことだ。

田所≫ネット上で拡散している

映像です。見てください。

大森≫これ、どこだ。
田所≫東京湾岸で夜9時に撮影。

1時間前に上がった映像です。
大森≫「化学薬品の工場から

卵の腐ったような異臭。
毒ガス発生。

重大な健康被害を及ぼす恐れあり。
拡散希望」。

土井≫工場は全日本化学。
漏れてるのは

硫化水素じゃないかって
大炎上してるんです。

大森≫硫化水素?
大久保≫もし、この工場で

事故が起きれば、有毒ガスが
大量に発生しているはずです。

小池≫デマじゃないのか
毒ガスなんて。

青田≫ほかにも、複数の住人や
目撃者から、異臭のツイートが

どんどん上がってるんです。
化学工場の建物も

一部が倒壊しています。
動画を見てください!

大森≫小池、ネットウォッチの
メンバーと一緒に確認取ってくれ。

(これはドラマです)

倉石≫延焼の激しい地域に
囲まれた場所では、火災旋風が

発生する可能性が高いため
避難する際には

木造家屋が密集する地域を
避けるよう、注意が必要です。

江口≫ちょっと来い。

大森≫どうして出せないんですか
編集長。

硫化水素は致死性の毒ガスです。
一刻も早く避難しないと

大惨事になりますよ。
江口≫裏は取れてるのか?

工場は?
田所≫工場には

まだ連絡が取れてません。
江口≫消防や警察は?

小池≫電話確認してますが
担当者は

ほかの地区の対応に追われてて
状況をつかめてないみたいで。

江口≫憶測か?

小池≫そうじゃありません!

消防が対応できてないのは
ここだけじゃない。

東京中、全部そうなんです。
大森≫工場近くの広場には

1000人近い人が
集まっているんです。

今すぐ避難を
呼びかけましょう、編集長。

江口≫それは、できない。

大森≫どうして?

田所≫江口さん、緊急時なんです。
人の命がかかってるんですよ!

江口≫編集長は俺だ!
尾田≫大田区、デマ

将棋倒しのV、準備できてるのか。

(これはドラマです)

倉石≫東京・大田区では
この火災旋風のデマで

思わぬ被害が発生しました。

東京・大田区池上の避難場所では
火災旋風が迫っているという

誤った情報が広がり
将棋倒しが発生。

およそ50人が死亡し
けが人は数百人にも上りました。

大田区池上の避難場所に
指定されている公園です。

出入り口近くの階段で
大勢の人が巻き込まれる

将棋倒しが発生しました。

中には近くの小学校から
避難した子どもの姿も

たくさんあったそうです。

近藤≫公園の次
そのままインタビューで

そのあと、デマ注意喚起。

倉石≫この避難場所は

5万人の避難者を
収容するよう想定されていました。

しかし避難場所には想定を上回る
およそ10万人が殺到し

この階段付近を埋め尽くすように
大勢の人が集まっていました。

公園の集会所には
将棋倒しの被害に遭った人の

遺体が収容されています。

近くの小学校にできた
仮設の遺体安置所がいっぱいで

運び込む場所が
決まらないということです。

将棋倒しを引き起こした原因は

ツイッターに出回った
誤った情報とみられています。

この避難場所に
火災旋風が迫っているという

間違った情報が拡散し

それを見た人たちが、急いで
逃げるようにと大声で呼びかけ

それが引き金となって
人々が階段に殺到し、次々と転倒。

悲惨な事故をもたらしました。

NNJが取材したところ

この情報は
全くのデマだったのです。

近藤≫このインタビューのあと
デマの注意喚起だよ、スタジオ。

≫「火災旋風が来るぞ」って…

叫び声が聞こえたんですよ。

そうしたら…
「ここにいたら死ぬぞ」

みんな一斉にうわーっと
下り始めて…

人が固まりになって

階段の下までダーって。

ええ。ダーっと。

≫子どもの…

あの子の手を…

こう…

握ってたんですよね。

あんまり、すごい勢いだったから。

どうしても、だめで…。

離してしまって…。

倉石≫ツイッターなどの
ソーシャルメディアには

正確でない情報も
数多く氾濫しています。

デマや偽のニュース
フェイクニュースに

惑わされないよう
十分、注意してください。

避難する際には、決して慌てず
落ち着いて行動してください。

このあとも、テレビやラジオでは
正確な避難情報をお伝えします。

誤った情報に惑わされると
二次的な被害に遭うことに

なりかねません。
冷静に行動してください。

大森≫警察も消防も
現場が多すぎてパンク状態です。

しかし、未確認の情報と
断ったうえで

視聴者に避難を呼びかけることは
できるんじゃないですか。

江口≫硫化水素が漏れてると
言ったな。

大森≫そうです!だから…。
江口≫大きな震災のたびに

毒ガスのデマが広がって
人を不安と混乱に陥れてるんだ。

その片棒を担ぐ気か?

大森≫いや、しかし…。

田所≫火災旋風のデマで
被害者が出たことで

ビビってるんですか?編集長。

そうなんでしょ!

大森≫江口さん、あんた
一体どうなっちゃってるんだよ。

江口≫誤報によるパニックで
犠牲者を出すわけには

いかないんだ!
大森≫だったら現場へ

記者を送りますよ。俺が行く。
有吉≫いい加減にしてくださいよ。

現場に近づけるわけ
ないじゃないですか、大森さん。

近藤≫もう、やめましょうよ!

玉城≫編集長!閉じ込め被災者
電話つながりました。

尾田≫ヘリは現場で
スタンバイしてます。

江口≫よし、尾田。
閉じ込めVいくぞ。

尾田≫了解です。
ビル倒壊V、キュー。

(これはドラマです)

倉石≫昨日お伝えした
ビルの倒壊の様子です。

一夜明けた今日になっても
こうした建物の倒壊などにより

幹線道路の渋滞が
解消されていません。

このため、消防や警察
自衛隊などの緊急車両が

通行できず
救出活動が進んでいません。

建物の中に
閉じ込められている人は

依然として、少なくとも
5万人いるとみられています。

現在もビルに閉じ込められている
被災者の女性と

電話がつながっています。

女性が閉じ込められている
渋谷公園坂ビルです。

近藤≫続けて。続けて、倉石。
倉石≫ビルが…

ビルの下のほうが潰れて…

全体が大きく傾いています。

近藤≫そのまま、ゆっくり話して。

倉石≫1階と2階の部分が
潰れてしまっています。

江口≫倉石、電話つなぐぞ。

倉石≫島村さん。島村由希さん。

キャスターの倉石です。
島村さん、聞こえますか?

由希≫はい…。
倉石≫島村さん

体調はいかがですか?
お話しできる状況でしょうか?

放送前に、島村さんから
伺ったところでは

島村さんは倒壊した建物の中に
閉じ込められたまま

外に出ることが

できなくなっているそうです。

島村さん…。

島村さん。

由希さん。

由希さん。

由希≫119番と…110番に
電話しました。

倉石≫はい。
由希≫でも…

いつまでたっても
来てくれなくて。

倉石≫はい…。

建物の中には
ほかに誰かいますか?

由希≫はい。

倉石≫閉じ込められたときには

周りにたくさんの方が
いたんですね?

由希≫はい。でも…

みんな声がしなくなりました…。

倉石≫そうですか…。

由希≫まだ2人
生きてると思います。

倉石≫男の人が2人
そこにいるんですね?

由希≫はい。

私…怖いです。

倉石≫そうですよね…。
由希≫何も見えなくて…

動けなくて…。
倉石≫ごめんなさい。

何度もつらいことを聞いて。
由希≫倉石さん。

倉石≫はい。

由希≫助けは…来ないんでしょ?

倉石≫今、消防と警察に
由希さんの救助を

呼びかけています。
必ず助けは来るはずですから。

由希≫もう、嫌だ…。

倉石≫由希さん?
由希≫私…

もう…無理です…。

回想・倉石≫有紀…。

倉石≫由希さん、聞いてほしいの。

外で、あなたのことを
待ってる人がいるの。

つらいと思う。怖いよね。

でも諦めないで。

みんなが由希さんに会えるのを
待ってるから。

だから、諦めないで!

由希≫私…家族に会いたい。

お母さんとお父さんに会いたい…。

倉石≫由希さん…。

(由希のおえつ)

江口≫倉石、引き取るんだ。

倉石≫閉じ込め被災者は
今も、この島村由希さんのように

救助を待っています。
しかし救助の手は足りません。

こうして多くの被災者が
ギリギリの状況で

取り残されています。
皆さん、どうか

救助の妨げにならないよう
車での外出を控えてください。

倒壊した建物などに助けを
求めている人がいないか隣近所…。

大森≫どうするんですか、編集長。

田所≫避難を呼びかけるべきです
江口さん!

江口≫警察は
何かつかんでないのか。

田所≫だから警察も消防も
通報には対応できてないんですよ。

尾田≫編集長、次のオーダーは
どうしましょう?

青田≫毒ガス騒ぎのあった
化学工場映像の準備はできてます。

玉城≫我々はどちらにも
対応できますよ、編集長。

大森≫いいんですね?

避難の呼びかけをしなくても

本当にそれでいいんですね?

江口≫俺にだって
分かんねえよ!

山田≫続けて。続けるんだ。

倉石≫携帯電話が使えなくなる…。

江口≫本物かデマかなんて
今ここにいて

分かるわけないだろう!
どっちの判断をしたって

リスクは大きいんだ。
人の命がかかってる?

そんなことは百も承知だよ!
俺にどうしろっていうんだよ!

小池≫江口さん!大森さん!

東京消防庁の記者クラブから
緊急連絡がありました。

例の全日本化学の工場が
爆発したそうです!

大森≫なんだよ、爆発って…。
小池≫工場の中に充満した

可燃性のガスに引火
爆発したようです。

青田≫映像がネットに
どんどん上がってます。

爆発で壊れたタンクから
薬品が漏れて、毒ガスが

大量に発生しているようです!
大森≫現地の風向きと

風力のデータ出せ。
こりゃ、えらいことになったぞ。

尾田≫土井、気象庁に確認しろ!
土井≫今、当たってます!

大森≫近隣の避難場所と
在宅者の人数は?

どんくらいいるんだよ早くしろ!
中田≫今、洗い出してます。

大森≫有毒ガスの種類と
健康被害は?

大久保≫まだ分かりません!

倉石≫インターネット通信が

遮断されると
自治体や警察・消防からの情報が

届きにくくなります。

田所≫大森さん!大森さん!

大森さん!毒ガスの影響を受ける
エリアにいる人の数は

恐らく2000人以上です!

倉石≫デマや間違った情報に
惑わされないよう

注意してください。

テレビやラジオで正しい情報を

確認したうえで行動してください。

大森≫正しい情報か…。

よく言うよ。

化学工場のヘリ映像行くぞ。

避難呼びかけの原稿、突っ込め。
小池≫官邸で動きがあるそうです。

官房長官の会見が
あるかもしれません。

大森≫蜂村、記者クラブに
時間を確認。

玉城≫木村さん、ヘリ本当に
間に合うんですか?

木村≫間に合うって
言ってるでしょ!

大森≫なければ
スタジオだけでもいくからな。

木村≫間に合わせますよ!
竹内≫きた、きた!センターの

モニターに出ました!編集長。
尾田≫よし、いくぞ。切り替えろ。

化学工場爆発。
近藤≫化学工場爆発、いきますよ。

編集長…。江口さん!

江口≫倉石、入るぞ。
よし、映像、切り替えろ。

竹内≫はい、替わった。

≫地震発生から
34時間がたった今も

自宅に戻ることができない
帰宅困難者は

東京都心を中心に

640万人から800万人に
上るとみられています。

倉石≫編集長。

江口≫なんだ?
倉石≫特別ですよ。

貴重な水でいれたコーヒーです。

編集長…

あの子に
希望を持たせることになって

それでよかったんでしょうか。

起きたことだけを伝える報道に…

意味はあるんでしょうか。

山田≫いつからテレビ局は
119番になったんだよ。

倉石≫えっ?

山田≫自分の家族の救助も
テレビで呼びかけろって

電話が殺到して

局の緊急回線が

パンク寸前だってさ。

SNSには
なんで、あの女の子だけを

特別扱いしたのかって
何十万って数の抗議がきてる。

まあ、こうなることは
最初から分かってたけどな。

ミサオ≫のど、大丈夫?
ほら、キャンディー。

今はあんたが
メインキャスターなんだからね。

頼むよ。

倉石≫うちら…

一体、何やってんだろ。

(携帯電話の着信音)

倉石≫もしもし。由希さん?

ミサオ≫えっ?

由希≫倉石さん…。
倉石≫どうしたの?由希さん。

由希≫私、なんていうか…。

倉石≫うん、聞こえてるよ、何?

由希≫私…もうだめだと
思ってたんです。

でも…

倉石さんと
話しできて、なんか…。

倉石≫うん…。

由希≫諦めるなって
言ってくれたから…。

倉石≫うん…。

由希≫いいんだよね…
諦めなくても。

回想・有紀≫お姉ちゃん…。

倉石≫由希さん…

生きて。

由希≫えっ?
倉石≫生きて…

ユキ。

由希≫ありがとう…。

倉石≫生きて…。

お願い、生きて。

ユキ…。

由希≫倉石さん、私…。

(通話が途切れる音)

倉石≫ユキ…?

ユキ…?

ユキ!

ユキ…!

ミサオ≫あたしの携帯
圏外になってる。あんたのは?

田所≫広域通信ダウンだ。
携帯は完全に通じなくなったぞ。

山田≫通信手段が
断たれてしまったら

閉じ込められて
救助を待ってる人たちには…

絶望しかない。

井ノ原≫2日目。

こういうことになるわけですね。

由希さんと
同じ思いをしている人が

5万人いると考えると

数じゃないですね。

一人一人の思いと

家族に会いたいという
思いだったりとか

これは数では語れないことですね。

でも、報道する側の
思いというのも

今、感じたことありましたか?

小野≫あくまでも
あのドラマの中の

テレビ局は架空のテレビ局で

別に、どんなNHKや
あるいはどんな放送局の

災害現場をイメージしたものでも
ありませんけど…。

井ノ原≫突きつけられるものって
あったんですかね。やっぱり。

小野≫起きていた
地震の被害自体は

本当に起こりうることなので。

もし、これが本当に起きたら
ということは…。

井ノ原≫冷静に伝えなきゃ
いけないんだろうけど

冷静になってもいられない
状況じゃないですか。

テリー≫火災旋風のときに
それをどういうふうに判断するか

本当に大変なことですよね。

SNSで、皆さんも教えたくて。

そして、不確実かもしれないけど
もし、本当だったらというんで

善意のもとで
やってくれてるんですけども。

判断を間違えてしまうと。

小野≫デマの問題も考えて
いかないといけないですよね。

井ノ原≫例えば、家を出るときに

家族と、どういうふうにして…

毎日のことですけど
今日、もし何かがあったときに

こうしようねっていう話を
しなくちゃいけないなって

思いますよね。

もし、何かあっても
会社から絶対出ないで

そこにいてねとか
家族で話し合うことなんて

今までなかったわけですし

こんなことになるんだったらと

思うと
家を出るときに

つまらないことで
けんかなんかしていられないな

という思いになりますね。
テリー≫冷静なときに

家族みんなで
会社の仲間と

どういうふうにしようかという
シミュレーションをすることが

ものすごく大切だということが
分かりましたね。

小野≫題材をぜひ今日
手に入れていただきたいなと

思っております。
2日目の今日

明らかになった被害を
こちらにまとめました。

昨日、午後4時4分
震度7の首都直下地震が

パラレル東京で発生しました。

各地でビルが倒壊し
大規模火災が

発生。そして、火災旋風。

炎の竜巻が
都内100か所を超えると。

テリー≫風の向きでどこに行くか。

どこへ避難していいか
分からないですもんね。

北斗≫またどんどん竜巻と同じで
大きくなってしまうわけで。

テリー≫200mって
すごい高さですよ。

井ノ原≫高さ200m

幅130mが想定されています。

逃げられないですね。

テリー≫高層マンションの
上にいたとしても

被害受けてしまいますよね。

北斗≫ちょっと離れても
熱風でやられてしまいますよね。

小野≫まだまだ今日は
被害の情報が入ってまいりました。

倒壊建物に閉じ込められた人が
5万人。

SNSの
デマだったわけですけども

その情報が混乱を招いて
将棋倒しが発生した。

東京湾岸では化学工場が爆発した。

井ノ原≫判断が難しいですよね。
テレビで呼びかけるというのも。

小野≫携帯が通じない
広域通信ダウンも発生しました。

まずは火災旋風から
振り返りましょう。

江口≫まるで、巨大な竜巻だな。

被害者は?

小池≫確認されただけでも
500人以上です。

尾田≫火災旋風が
通り過ぎたあとは、家が壊れて

車もひっくり返っています。

小野≫今、スタジオに火災旋風が
現れていますが下に出ている

ブロックのようなもの
あれは全部、建物です。

建物と比べていただくために。
ビルの大きさと比べてください。

井ノ原≫怖すぎるでしょ、これ。

テリー≫いろんなものが
噴き上げられているわけですよね。

それが落下してくるわけですから。

井ノ原≫風がもし強かったら
スピードも…。

小野≫2kmぐらい
移動するらしいです。

井ノ原≫通ったあと
全部、黒くなってましたもんね。

小野≫気付いていただきたいのが

火災旋風の中には
こんなのもあるんですって。

火元を離れると
黒い竜巻のように

襲ってくるんですって。
井ノ原≫分からないですよね

暗かったら。
赤松≫これが夜ですと暗くて

見えなくなっちゃうんですけど
独特の音がするそうなんです。

大雨のように
ゴーという、ごう音とともに

近づいてきたという
証言があるんです。

テリー≫世田谷方面は
2階建ての民家が多いですからね。

赤松≫実際の火災旋風の映像も
あります。

これは、アメリカの山火事で
発生した火災旋風の映像です。

竜巻のような感じがします。

そして日本でも
関東大震災で発生しました。

これは
火災旋風の映像ではないんですが

地震のあと
4万人が避難していた広場を襲い

3万8000人が亡くなりました。
絵が残っています。

こちらが、そのときの絵です。

巨大な渦が人や
家財道具を巻き上げてる様子が

描かれています。

この火災旋風に遭遇して

生き残った人の証言です。

井ノ原≫今の話を聞いて
知っておかなきゃ

いけないんだけど

何かあったときに
本当にデマに注意して。

逃げようってなっちゃいますから。

小野≫最近、火災旋風が
現れたことがあるんですね。

赤松≫東日本大震災で
気仙沼の住宅街で

230mの火災旋風が
目撃されています。

そのときは
津波のあとだったので

住民の皆さん
避難していたので

火災旋風による犠牲者は
いませんでした。

小野≫デマも

出回りはしなかったんですね。

新川≫でも、なんか
この火災旋風というのが

やってきちゃったら
先生、どうしたらいいですか?

中林≫やってきた
逃げられないってことだと

その場で安全な場所を
探すんですが

もし、小さくてもいいから
鉄筋コンクリートの家があれば

そこに入る。
奥へ行って窓から離れる。

身をかがめて
体を守るしかないです。

実は、それは
もう逃げ遅れなんですよね。

先ほどの、4万人が逃げた広場で
3万8000人が死んだ。

95%死んでるわけですよ。

ということは、あれが起きる前に

避難しておかないと
いけないわけです。

北斗≫どうして

あれが起きるんですか?

中林≫火事が起きて
どんどん燃え広がって

それが増えていって
竜巻が起こるんですね。

たくさん同時多発するから

たくさん竜巻も
起きてしまうわけです。

だから、火事が広がる前に
避難をする。

内閣府の被害想定では
火を見ずして避難しろって

書いてあるんですね。

つまり煙が方々で上がってきて
火事がたくさん起きているなと

思ったときには
避難場所へ

避難をしておいてください。

これは実は、津波のときに
助け合ったりするよりも

家族ばらばらでも一人一人自分で
逃げましょう。

津波てんでんこっていうんです。

私は火災のときも
炎のてんでんこで

一人一人がその場所で
最も安全な方法で

助かるようにしていくと。

テリー≫老人の方とか
お子さんもいるじゃないですか。

そういう人たちはまた大変ですね。

中林≫近くにそういう人がいたら
早めに助け合って

避難をする。土壇場になると
助け合うことができないですから。

テリー≫避難が遅れたときに

例えば家の中
コンクリートに入りますよね。

どれぐらいなんですか?
立ち去っていくのは火災旋風が。

中林≫炎からずっと走ってるのは
外に

抜けるのも早いんですけども

炎の旋風は
そんなに早く動かないんです。

相当長い間、熱せられるので
本当に危険なんです。だから

旋風を見てから避難するのは
もうほとんどできないと

考えておかないといけない。

遠くでチラチラ見えているときに
念のため避難をする。

津波だって津波がくる前に
避難するんですよ。

テリー≫200mもあると
遠くから見えますもんね。

中林≫炎の前に煙が見えますから。

小野≫今、お年寄りの避難のお話
出ましたけど

ツイッターでも
そういうご心配の声が

きていまして、母が

網膜色素変性症です。

震災時、周りの状況が
分からず判断が難しいだろうと

感じています。老いた祖母と
一緒に暮らしているのもあり

より心配です。
私の周りには

耳の障害がある人もいます。
ケースごとの避難は

難しいですねと
おっしゃっています。

実は、あすの夜8時から放送の
教育テレビの番組で

「ハートネットTV」。
そこで逃げ遅れを出さないための

災害弱者と呼ばれる人の
避難を

特集することにしていますので
よかったら

そちらもご覧ください。
そして今、先生から

お話がありましたとおり
火災旋風を発生させないためには

やっぱり火事を減らす。

中林≫火事を減らすんです。

初期消火ですね。

初期消火の方法も
このあとの放送する

「生きるスキル」で
詳しくお伝えします。

小野≫地震発生から
2日目に起きた

出来事の中で広域通信ダウン
というのがありますが

これ、なんだか
お分かりになりますか?

新川≫つながらない
ということですよね。

でも、世代的に
SNSもたくさん見ますし

すごい困ることだなと思いました。

小野≫ドラマでも
こんなシーンがありました。

倉石≫ユキ…?ユキ!

ミサオ≫あたしの携帯
圏外になってる。あんたのは?

田所≫広域通信ダウンだ。
携帯は完全に通じなくなったぞ。

山田≫通信手段が

断たれてしまったら

閉じ込められて
救助を待ってる人たちには…

絶望しかない。

赤松≫このドラマの中の
広域通信ダウンという言葉は

今回、私たちが取材に基づいて
作った言葉なんです。

実際、地震のときに携帯電話が
どうなってしまうかというと

消防や救急への連絡を
優先するので

通信制限がかかります。
ですから、つながりにくい状態が

続いているんですね。
それが突然

全く通じなくなってしまう地域が
出てくる恐れがあるんです。

今年9月の台風15号で
大きな被害が出た千葉県。

広い地域で、携帯電話での通話や

インターネットへの接続が
できなくなりました。

携帯電話の通信に
障害が発生した市町村は

ピーク時には
全体の8割に達しました。

なぜ、大規模な
通信障害が発生したのか。

原因は、停電によって
携帯電話の基地局の一部が

電波を出せなくなったからです。

基地局は通常、停電になっても
バッテリーなどで

24時間程度は稼働できます。

ところが、今回の台風では
道路が寸断。

バッテリーを交換するなどの
対応ができなかったため

2500か所の基地局が
機能を停止。

大規模な通信障害に
つながったのです。

井ノ原≫2500か所も
あるんですね。

全部行くわけにいかないですけど。

テリー≫けがする方も
いるわけでしょ。

緊急を要する
救急車を呼びたいときも

連絡のとりようがない。

赤松≫最悪の場合
首都圏では電力が

一斉に失われるブラックアウトに
なる恐れもあります。

そうすると、広い範囲で
大規模な通信障害が

起こる可能性があるんです。

北斗≫でも、そうなった場合

テレビとかだって
電気がだめになったら

落ちちゃうじゃないですか。
その場合、私たちは

どう周りの情報を仕入れる?
そのすべってラジオですか?

中林≫車のカーナビとかですね。

車は衛星だから。

NHKが放送するとか
放送局から放送して

それを遠いところの人は
見てるんですけど

被災地では見れない。

被災地で受け止めるためには
カーナビが1つありますね。

井ノ原≫最悪の場合
ラジオ局とかテレビ局が

被害に遭わないとも
言い切れないわけですよね。

中林≫言い切れないし

ブラックアウトは
そこの電力も

消えてしまいますから
非常電源で回して。

3日間とか
できれば1週間ぐらい非常電源で

放送できるようにしておかないと。

小野≫そういうふうに、NHKも
そして、ほかの放送局も

災害時にちゃんと役に立つよう
どんどん体制は整えています。

テリー≫携帯ラジオを
持っているのは

すごく大切なことですね。

小野≫DAY2の気になる出来事
まだまだ振り返ります。

小野≫2日目の出来事で
もう1つ話し合って

おきたいことがあります。
デマの拡散についてです。

倉石≫デマで50人が死亡!?

山田≫火災旋風がくるぞって
誰かがデマを飛ばしたせいで

将棋倒しが起きたんだ。
倉石≫将棋倒し…。

江口≫これは人災だ。
倉石≫人災…。

せっかく生き延びたのに
どうしてデマで

死ななきゃいけないんですか。
そんなの、絶対に間違ってる。

井ノ原≫これは難しいですよ。

何が本当でうそなのか
分からないし

出してるほうも、本当だと思って
出している場合があるので。

もし最初に悪意でやったとしても

次の人は善意で回すから。
これは怖いですよね。

北斗≫ライオンか何か
あったじゃないですか。

あのときだって、ふざけて
やったのかもしれないけど

ほかの人は、本当に危険ですよ
逃げてくださいって

回してしまったって。

テリー≫例えば千葉の出来事を

世田谷の人が
発信したらってことは

ないんですか?
そうすると怪しいなって。

井ノ原≫発信元が分からないで
焦ってると

そのまま伝えてしまって…。

小野≫放送で
SNSの情報を扱うときは

もちろん入念に確認して
真実性をチェックして

何回も何回もチェックして
出すんですけども。

井ノ原≫個人個人でできますから。

小野≫本当は一人一人が
最初の拡散希望って

書いてあるものに接したとき
正しい判断ができるといいなと

思うんですが。

テリー≫今回、悩む気持ち
分かりますね。

赤松≫過去の災害でも
実際にデマは起きています。

こちらの映像をご覧ください。

東日本大震災で起きた
千葉県市原市の

製油所の火災の映像です。

このときに、SNSで
こんな情報が飛び交いました。

「有害物質の雨が降るので

傘やレインコートを
使用しましょう」。

これは全く根拠のない
情報だったんですが

今、お話にあったように
信じてしまって

ツイッターなど多くの人に
拡散してしまったんです。

テリー≫信じて、善意のもとで
やってしまうんですよね。

井ノ原≫そのほかに拡散しないで

自分の中でとどめておくことが
いいことなのか

それでもやっぱり
本当に家族には知らせたいから

教えちゃうとか。

そして、その家族が
ほかに送ってしまうってことも

あるから。

中林≫最初に
その情報を見たときに

えー!本当って思ったことは
拡散しないで確かめる。

隣の人に伝えて
隣の人も、えー!って思ったら

ちょっと怪しいなって
しばらく待ってください。

拡散希望で
いいかげんに出したものは

結局、同じものが
どんどん広がっていくんです。

たくさん次々くるんだけど
文章は全く同じ。

ライオンの写真も
同じ写真がたくさんくるわけで

これは怪しいと。

本当にその事象が起きてると

いろんな方がいろんな角度で
写真を撮ったりしますから

同じ事象でも
写真が同じにならないんです。

そうであれば
正しいかなってことになる。

赤松≫1つの基準になりますね。

今もお話がありましたが

デマを見破ることは難しいですが

パターンがあることを
知っておくと

役に立つかもしれません。
典型的なパターンが3つあります。

今ありましたが
まずは拡散希望型です。

熊本地震でもライオンが
おりから逃げたというのが

ありましたが

びっくりするような情報とともに
拡散希望と書かれていることが

多いです。
多くの人にデマが広がることを

狙うパターンです。
次は犯罪発生型。

これは犯罪が起きたというデマ。
関東大震災のときには

外国人が
井戸に毒を入れたというデマが

広がって
朝鮮人が殺害されました。

そして地震再来型。
専門家や研究機関からの情報と

偽って
地震が何時間後に

またくるといった
偽の情報を流すことです。

井ノ原≫先生
こういうことってあるんですか?

中林≫時々、流れるんですけども

再来型で何時間後とか
何日後っていうのは

絶対、うそです。

余震で、大きい地震はきます。

でも、何時間後って
絶対に分からないんです。

それは、本当に分からないので

何時間後って
確定的な時間が書いてあったら

絶対にバツです、デマです。

井ノ原≫知っとくだけでも
全然違いますね。

小野≫それでも
この中に正しい情報も

入っているかもしれない
というのを見抜くためには

さっき先生がおっしゃったことが
1つ、参考になるだろうと。

中林≫同じ事象を
いくつかのパターンで

教えてくれていると本当らしい。

北斗≫さっきのドラマを見てると
結果、テレビを見て

正確な情報を仕入れたほうが。

こういうことをやっているほうが

デマに惑わされる可能性もあるし
電池がなくなるんじゃないのって

思うんです。
いざというときに。

テリー≫あまり使わないことだよ。

井ノ原≫さっきの火災旋風が
くるぞってデマだったりとか

その現場にいる場合は
本当に五感を研ぎ澄ませて

本当かというのは
考えるしかないですね。

中林≫周りが
よく見えるはずなんですよね。

本当に煙がきている。

赤い炎がある。

それがあるかないかで

全然、違うんです。

小野≫デマからどう自分たちを
守るかについては

このシリーズの中で考えていく
機会があると思われます。

地震発生から2日間の出来事を
今日は見てきました。

井ノ原≫皆さん、どうでしたか?

テリー≫ますます
怖くなってきました。

井ノ原≫2日目で
これだけのことが起きて3日目

4日目になってくると
どういうことになるのか。

想像もつかない。

テリー≫オンエア
すごい反響でしょうね。

皆さん真摯な気持ちで。

特に若い人たちが
見てくれていて。

小野≫うれしいツイッターが
きています。

夜の貴重なテレビ時間ぐらい
気楽な番組を

見たい気持ちを我慢して

怖いし想像したくないけど

夫婦で話し合いながら
見ていると。

家族が無事でいるために
知識を身に着けようと

言ってくださっています。

中林≫災害は、悲観的に想像する。

対策を1つでもいいから
楽観的にやる。

1つやったら
絶対1つ効果があるんです。

井ノ原≫試しに、みんなで

楽観的に試してみることが
大事ですよね。

中林≫自分でやれることから
やればいいんです。

テリー≫あとは、家族で
話し合うってことですね。

小野≫ドラマ、あすは3日目
DAY3です。ここまで

なんとか生き延びた人たちに
新たな危機が訪れます。

井ノ原≫ビルに閉じ込められた
女性の

島村由希さんがどうなるか。
妹の有紀さんも心配ですよね。

小野≫番組ホームページや
LINE

そしてツイッターでは
このあとも

パラレル東京の様子が
随時、伝えられるんです。

井ノ原≫僕らが見ていない間に
何が起きているかも

細かく皆さんのもとに

送られています。

小野≫あすは、また同じ時間

夜10時からお伝えします。

このあとは、地震から命を守る

「生きるスキル」
ぜひご覧ください。

また、あした。

江口≫タワーマンション火災は
都会の死角だ。

ハイパーレスキューが
動き出したぞ。

あの子を
助けられるかもしれない。

尾田≫渋谷公園坂ビルで
1人救出!

倉石≫東京・渋谷区の
ビル倒壊現場で

今、動きがあったようです。

江口≫現実を見ろ、倉石。
ここは、被災地だ。

(テレビ)「至る所から火災が起きています。


関連記事