ごごナマ「橋幸夫」17歳でデビュー以来、放ったヒット曲は数知れず。60年におよぶ歌手人生を振り返る…


出典:『ごごナマ「橋幸夫」17歳でデビュー以来、放ったヒット曲は数知れず』の番組情報(EPGから引用)


ごごナマ「橋幸夫」[字]


ゲストは歌手の橋幸夫さん。17歳でデビュー以来、放ったヒット曲は数知れず。60年におよぶ歌手人生を振り返る。名曲「潮来笠」にデュエット新曲も生披露!


詳細情報

番組内容

ゲストは歌手の橋幸夫さん。17歳でデビュー以来、これまで放ったヒット曲は数知れず。60年におよぶ歌手人生を振り返る。名曲「潮来笠」にデュエット新曲も生披露!▽全国ツアー真っ最中「橋幸夫と仲間たち」▽長年の盟友たちが語る素顔の橋さん▽デュエットアルバムを発表。あの名曲「今夜は離さない」の令和バージョンを熱唱!東京オリンピックに向けた「2020音頭」も!

出演者

【MC】船越英一郎,美保純,阿部渉,【ゲスト】橋幸夫,【出演】白鳥久美子


『ごごナマ「橋幸夫」17歳でデビュー以来、放ったヒット曲は数知れず』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ごごナマ「橋幸夫」17歳でデビュー以来、放ったヒット曲は数知れず
  1. 船越
  2. 阿部
  3. 白鳥
  4. 美保
  5. 本当
  6. デュエット
  7. お話
  8. ファン
  9. 今日
  10. 当時
  11. お漬物
  12. 自分
  13. 潮来笠
  14. 白菜
  15. 橋幸夫
  16. 今夜
  17. デビュー
  18. 成立
  19. 発表
  20. 一緒


『ごごナマ「橋幸夫」17歳でデビュー以来、放ったヒット曲は数知れず』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

阿部≫今日のゲストは…

♪~

阿部≫1960年のデビュー以来
ヒット曲を連発。

歌謡界の大スター。

現在、全国ツアー真っ最中。

豪華共演者と
137か所を回っています。

今回、その舞台裏に徹底密着!

全国のファンのために

橋さんの思いとは?

さらに、スタジオで歌も披露!

橋さんの歌手人生を名曲とともに
振り返ります。

生字幕放送です。一部、字幕で
表現しきれない場合があります。

ニュースをお伝えします。

公立学校の教員の働き方改革を
推進するための改正法が

参議院本会議で自民公明両党など
の賛成多数で可決され

成立しました。

この改正法は公立学校の教員の

働き方改革を推進するため

夏休み期間中にまとまった休日を
取るなど

1年単位で勤務時間を調整する

仕組みを地方自治体が条例で
実施できるようにするなどという

ものです。
きょうの参議院本会議では討論が

行われました。

このあと採決が行われ

改正案は自民公明両党と
日本維新の会などの賛成多数で

可決・成立しました。

きょうの参議院本会議では

会社法の改正案が自民党や
立憲民主党などの賛成多数で

可決され成立しました。

改正法では企業経営の透明性を
確保し

企業統治の強化を促すため上場

企業などに社外取締役を置くこと
を義務づけています。

アメリカ議会下院はウイグル族の
人権侵害に関わった中国の当局者

に対する制裁の発動を求める

ウイグル人権法案を可決しました。

香港人権法の成立に反発する
中国は、

この法案が成立すれば、さらなる
対抗措置を取る可能性を示唆して

います。

アメリカ議会下院は3日、中国の
新疆ウイグル自治区で

多くのウイグル族の人たちが
不当に拘束されているとして

ウイグル人権法案を
賛成407、反対1の圧倒的多数

で可決しました。
法案はウイグル族の人権侵害に

関わった中国の当局者に対する
制裁の発動をアメリカ政府に

求めるとともに

ウイグル族の監視に使用される
おそれのあるアメリカの技術の

輸出を制限する内容です。

下院は同様の法案を
すでに可決している上院と調整し

法案の内容や今後の手続きを
決める見通しです。

アメリカでは香港の人権と

民主主義の確立を支援するための

香港人権法が先月、
トランプ大統領の

署名によって
成立していますが

中国政府は強く反発しアメリカ軍

の艦船の香港への寄港を拒否する
などの対抗措置を発表しています。

中国は
ウイグル人権法案も成立すれば

さらなる対抗措置を取る可能性を
示唆しており

米中関係が一層冷え込むことが
予想されます。

アメリカの大手IT企業グーグル
を傘下に置く持ち株会社の

アルファベットは3日、

共同創業者であるラリー・ページ

CEOとセルゲイ・ブリン社長が
退任し

グーグルの
スンダー・ピチャイCEOが

アルファベットのCEOを兼ねる
とするトップ人事を発表しました。

退任するページ氏とブリン氏は
連名で発表した声明の中で、

経営体制を簡潔にする時が来た。
会社のためになるのなら経営者の

座にいつまでもとどまるつもりは
ないと説明していて

重要な経営判断をより迅速に行う
体制を整えるねらいがあると

見られます。

阿部≫「ごごナマ」。
今日のゲストは

歌手の橋幸夫さんです。

まずは橋さんのデビュー曲から
お聴きいただきましょう。

「潮来笠(いたこがさ)」。

♪~

(拍手)

阿部≫ありがとうございました。

まずは「潮来笠」を
歌っていただきました。

船越≫僕らが生まれた年に
この曲でしょ?

美保≫でも、すごく

乗っちゃうんですよ。

歌謡舞踊で
踊りたくなるんですよね。

なじんでるんですよね。
体が動いちゃう。

船越≫ずっと人生で
聞き続けているっていう

曲ですからね。
阿部≫ものまねをされる方も

多いんじゃないですかね。
ありがとうございました。

橋≫緊張しましたね、今日。

60年前の
デビュー曲なんですけど

洋服で歌ってっていうのは
あんまりないんですよ。

だから形がつかなくて。
新人になった気分。

よろしくお願いします。

船越≫改めまして
本日のゲストでございます。

橋幸夫さんです。
よろしくお願いいたします。

去年も
おいでいただいてになりますが

またいろいろ楽しいお話が
伺えればと思います。

橋≫あっという間ですね。

船越≫ついこの間
いろんな楽しいお話を

お伺いした気がするんですが。

阿部≫テレビをご覧の皆様
橋幸夫さんへの

ご質問、メッセージ
お待ちしております。

今日のテーマは
「名曲でたどる60年の軌跡」。

橋さん
芸能生活、今年で60年目と。

橋≫よく、数え年と
満ってあるじゃないですか。

数えでいうと
ちょうど今月12月が

7か月目なんですよ。

来年になると
あと7か月あるんですよ。

来年が、本当は2020年が
60年なんですけどね。

船越≫満60年たったことに
なるんですね。

橋≫だから両方使わせてもらうと
便利です。

阿部≫橋さんが
頑張っていらっしゃる

取り組みの1つがこちら。

「超豪華メンバーと
全国ツアー真っ最中!」。

本当に各地回られてますね。
橋≫北海道から沖縄まで

あちこち、しかも
場所が変わりますから。1回ずつ。

大変は大変なんですけど。

船越≫普通はお昼の部があったら
夜の部を同じところで

やるものですけど。

橋≫でも、これは
やらせていただいてみて

なるほどなと思いましたよ。
実は、主催者の社長が

そういうことが大事なんです
っていうところから

始まったんです。
我々が来てくださいじゃなくて

行くんです。
そうすると、確かに地域の方は

この間のあっちは遠いからねって
やめちゃうという人を

少なくしようよっていうのが。
船越≫往年のファンの方たちは

うれしいですよね。
橋≫おらが町っていうと

失礼だけど
自分の町に近いところに

来てくれるから
昼夜、場所が変わっても

大変なのは我々だけなんです。
それはいいことだなと思います。

阿部≫そのご出演の皆さんが

とにかく豪華なんです。

そうそうたるメンバー。

船越≫橋さんの後輩ということで
デビューされた三田明さんも。

橋≫私より4つ年も下だし
同じ吉田学校ですから

弟みたいなものです。

阿部≫こちらの皆さんは
どんなふうにして

集まったメンバーですか?
橋≫キャスティングは

全部主催者の社長の眼力です。
今度、これとこれと

これ、やりますよ。
ペーパーがくるだけです。

私が選んだわけじゃないんです。
でもみんな仲間なんですけどね。

それは確かに昭和を歌った
仲間が、みんな多いんでね。

途中で何人か
都合で変わる場合もあるんですよ。

それが変わって、誰かが来ても
こんにちはって言える中ですから。

とても楽しいですね。

阿部≫先日の
コンサートの様子です。

伺ったのは栃木県宇都宮市の
コンサート会場です。

開演の1時間前にもかかわらず
ロビーは大混雑ですね。

阿部≫そして、いよいよ開演です。

♪~

阿部≫橋さんを筆頭に
昭和歌謡を代表する

超豪華なメンバーが出演する
コンサートです。

♪~

♪~

阿部≫橋さんの歌に
ファンも大喜び。

橋≫どうもありがとう。

阿部≫自分の出番のあとは
ロビーで握手会。

ファンとの触れ合いも
大事にしています。

そのまま車に乗り込む、橋さん。

どちらに行かれるんでしょうか?

阿部≫実はこのあと、別の会場で
夜の部のコンサートがあるんです。

しかし、なぜ、わざわざ
別の会場で行うんでしょうか?

阿部≫橋さんの
ファンに対する優しさに

共演者のお二人からも…。

伊東≫それ聞いてね
納得しました、私も。

三田≫そうだよね。
行きたいけど…。

伊東≫見たいけど
あそこまで…っていう。

阿部≫そして
夜の部のコンサートが開演。

今日2度目の
橋さんのステージです。

♪~

橋≫ありがとうございました。

船越≫これは楽しいですよね。

だって、60年、橋さんと
あるいは橋さんの歌とともに

人生のほとんどを歩んで

それで
じかに橋さんにお会いできて

握手までできるわけですからね。
橋≫本当に懐かしそうな

お顔をして

何十年ぶりでしたよって

言ってくださる。
それを聞くだけで

こっちが感動しちゃうんです。

阿部≫これだけの方の歌を
1日で楽しめちゃうんです。

美保≫すごく濃いなと思って。
MCとかも楽しいでしょうね。

橋≫自分で好きなこと言ってます。

阿部≫「橋幸夫と歌の仲間たち」

来年3月まで
公演が続くということです。

船越≫まだまだですね。
お体、お気をつけてください。

阿部≫続いて、橋さんの
歌手人生のスタートに

お話を進めてまいりましょう。

橋さんのデビュー曲といえば
先ほど歌っていただきました

「潮来笠」。
ジャケットはこちらです。

1960年、いきなりの
大ヒットになったわけですよね。

そしてその年の「紅白歌合戦」に
ご出場されました。

NHKの文字が目立ちます。

いきなりヒットで有名になって

がらりと世界が変わりましたよね。

橋≫高校2年でしたかね。

学校、午前中に出て

4時間、早いときは3時間とか

午前中だけで早退させてもらって

それから仕事場に行く。

それが1年の中で
ほとんどですから。

だから、青春という言葉も
忘れちゃったし

忙しさもどんどん次から次へと
新しい仕事をするし。

なんだろうな
このままでいったら。

ふっと思うまでには
3年かかりましたけどね。

そんな感じですよ。

船越≫3年間は脇目も振らず
余裕がない。

橋≫これをやれ、あれをやれ。

衣装もこれを着れ、これを脱げ。
本当にその場、その場で。

船越≫前にお話を伺いましたが
当時ずっと

ご同行されてたマネージャーが
お姉様だったんですね。

橋≫最初はマネージャーが
いたんですけど

あんまりあれだから
お姉さん、できたらついてきて

あげてくれる?ってなって。

姉がたまたま独身だったので
私、やるよって

ずっとついてくれて。

船越≫逆に息抜く暇もない。

橋≫逆にとても邪魔なときも
ありました。

阿部≫しっかりガードされてたと。
美保≫ファンが多いから。

阿部≫橋さんの運命を
大きく変えた「潮来笠」ですが

実は橋さんご自身は
こんな思いを抱いていたそうです。

「正直 歌いたくなかった」。
本当ですか?

橋≫生意気なこと
いえないんですが

股旅という言葉なんでね
シリーズが。股旅なんていうのは

それまで聞いたことなかった。
なんだろう、この意味はと。

「潮来笠」をよく聴いたら
あれ、ラブソングなんです。

それに気付くのに
何年もかかりましたし

とにかく、あるとき吉田先生に
先生、こういう歌で

いいんですか?って言ったら
これがおもしろいんだよ。

そうですかね…って
半信半疑で

デビューにいっちゃった。
船越≫ロカビリーが

全盛のころですからね。
平尾昌晃さんたちが

大変なご活躍をされて。
橋≫日劇ってところで

僕なんかどちらかといったら
あっちのほうへいきたいなと。

ギターもやっていたし。

美保≫ウエスタンブーツとか
隠れて買ってませんでした?

橋≫それどころじゃないです。

阿部≫それでも「潮来笠」が
大ヒットするわけですが

一躍人気者になった橋さんには
1日600通のファンレターが。

そんな大量の
ファンレターに対して

橋さんの
信じられない行動がこちら。

「すべてに返事を書く!」。

橋≫それこそ姉貴をはじめ

うちの家族
一緒に住んでましたので

おやじ、おふくろも

一生懸命書いてあげなさいと。
日々学校から帰ってくると

たまってるわよって
こんなにあるんですから。

船越≫当時
レコードのジャケットとかに

住所、書いてあったんですよね。

橋≫ジャケットにも
「週刊平凡」

「明星」、雑誌に全部
橋幸夫の自宅とか

書いてあるんですよ。

郵便屋さんがショルダーのがま口。
あれ毎回いっぱいで

ふた開いているの。
橋さん、きたよって置いたら

全部、僕のファンレター。
びっくりしました。

一生懸命、書きました。

船越≫あんまりとおっしゃってた
「潮来笠」で

デビューされたんですが
もしほかの曲で

デビューしていたとしたら
どうなっていただろうと

お考えになったことあります?
橋≫大人の皆さん、先生方が

意表をついた
着物姿でというのが

あったからでしょうね。
全国の皆さんが

こんな少年がっていうか
そういうインスピレーションを

持っていただいたんですよ。
あれは普通の学生服かなんか

着てやったら
そんなに目立たなかったな

という気はしますね。
阿部≫この「潮来笠」をはじめ

股旅物で
ヒットを

続けていかれるわけですが
この曲で、橋さん

新たな転機を迎えられたそうです。
1962年の「江梨子」ですね。

この「江梨子」については

ちょっと変わった
プロモーションが

行われたんですよ、純さん。
美保≫スキャンダル!

阿部≫思い切った宣伝ですね。
ヒントは新聞なんです。

橋≫こういうのが
下にあるんですよね。

本当に人捜しでやってるのが
毎日載ってる時代。

これはビクターの
レコード会社の宣伝部が

考えて、これを出そうよといって
出した。

そうしたら全国に、えりこさんが。
相当いたんですね、名前。

私、えりこですけどって
電話や手紙がきて。

係がみんな
なんて答えているかというと

実は、これ
橋さんの新曲なんですけどって。

そこからつながって
買っていただけますかという

作戦です。
船越≫前代未聞ですね。それは。

橋≫奇抜なアイデアでしたね。

阿部≫そして、この曲が
橋さんにとっての

転機となったというのは
どういう意味合いなんでしょうか。

橋≫本当は青春歌謡とか

現代的な歌で出たいと

心の中にはあったわけですよ。
さっきのは股旅だったでしょ。

先生にあるとき言ったんです。
僕、もうちょっと

歌いたいものが
あるんですけどって。

なんだ?っていうから
学生服とか着て歌う歌。

分かった、それを次に作るからと
言ってくださったのが

「江梨子」なんです。

2年たっているんだけど
学生服を洋服屋で作らせて

それを着て、テレビで歌いました。

船越≫初々しいですね。

橋≫本当の学校の制服じゃ
ないんですよ。

洋服屋が作った学生服です。

船越≫確かに、逆に
さっきお話になってましたが

あの着流しの姿から一転して

学生服という、逆にインパクトが
あったのかもしれないです。

美保≫こちらのほうが
近い感じの人もいますもんね。

阿部≫「江梨子」で
青春歌謡路線を切り開いた。

その年に、誰もがご存じの
あの大ヒット曲も生まれるんです。

「いつでも夢を」です。

当時のトップスター
吉永小百合さんとの

デュエットソングで
発売1か月で30万枚。

累計260万枚を売り上げました。

この大ヒットに対して会社から
驚きのご褒美があったそうです。

それが「お忍びで香港旅行」。
これは

吉永さんと一緒ということですね。

橋≫これは違うんですけど。

雑誌が、小百合ちゃんと僕と

男性女性の人気投票を
やっていたんですよ。

両方1位になったので
そのご褒美ということで

旅行に行きましょうと
雑誌社の主催で。

それで、2人とマネージャーで

それで行ったんです。

最初の香港旅行でしたね。
3泊4日の。

でも、何もありませんでしたよ。
もちろん。

船越≫その4日間
何をして過ごしたんですか?

橋≫お互いに観光地に行ったり

ほとんど取材ですから、2人の。
ずっといるんです。横に。

船越≫ずっと観光名所で
お写真を撮って、スチールですね。

橋≫夕食が終わったらお疲れさま
またあしたはこうですと

スケジュールだけ聞いて
部屋に帰る。

別々ですよ、ちゃんと。

船越≫思い出は、吉永さんと
残ったことはありますか?

おありでしょうか?

橋≫何回も言ったんですが

着いた日に
部屋にお互い案内されて

電話しようかなと思って

いたずらしようと。

小百合ちゃんの
部屋番号に電話して…。

中国語みたいにしゃべったんです。
そうしたら小百合ちゃんが

どなたですか?って。

中国語みたいに
どなたでもないよ!って言ったり。

そしたら誰?橋さん?って言って。
分かった?って言ったら

ひどいわ、それわって言って
大笑いしたという。

いたずら好きだったですね
たまには。

阿部≫そういう受け答えも
かわいらしいですよね。

橋≫本当にまじめな人でしたから。

結構怒ってましたよ、まじで。

船越≫そんな
「いつでも夢を」ですけど

この曲、橋さんは
特別な思い入れがあるそうですね。

橋≫すぐに映画化になるんで

翌年の正月映画になったんです。
小百合ちゃんと

僕とはまだみっちゃんが

3人が

青春の男と女の映画なんです。

荒川の土手がロケーションで

僕と、はまやんが
格闘して殴ったりして

小百合ちゃんが
仲裁に入るというシーンで

宣伝部が駆け出してきて
やったよ!

レコ大とりましたよ!って。
船越≫撮影現場で知ったんですか。

橋≫そうなんです。
わーっ!ってみんなで万歳したり。

それから大賞の発表の日になって
年末を迎えるわけです。

船越≫レコード大賞で
お二人でデュエットされるまで

一緒に歌われたことって
なかったんでしたよね?

橋≫ほとんど歌ってないです。

レコーディングも別々なんです。
それで発表会のときのために

レッスンはしないんだけど

1回、テレビに
出たかなぐらいのときが

本当に初めてぐらいです。
船越≫それでレコード大賞という。

阿部≫歌い継がれる名曲ですよね。

船越≫いまだにカラオケ行ったら
必ずこの曲を

誰かが歌うという。
(チャイム)

白鳥≫お邪魔します。
たんぽぽの白鳥でございます。

船越≫ちょっとピンポン
押すの忘れてた?

白鳥≫ごめんなさい。
聞き入っちゃって。

今日は、橋さんが
お漬物が大好物ということで

変わり種のお漬物を
ご用意しました。

毎日召し上がってるんですよね?
橋≫お漬物ないと

だめなんです、僕。

白鳥≫そんな橋さんも
まだ食べてないんじゃないか

というお漬物もあります。
橋≫珍しいですね、これ。

フルーティーな感じするのも。

これはなんですか?

白鳥≫まずフルーティーなもの。
こちらは

フルーツをお漬物にしている
フルーツ漬物です。

フルーツを、だしと
白ワインベースで漬けたもので

手前の茶色っぽいのがイチゴ。
緑がももです、黄色いのが

アプリコットでございます。

橋≫珍しいですね。

白鳥≫よかったら
召し上がってみてください。

橋さんにはごはんもありますので。

橋≫イチゴ、ほう…。
おいしい。

白鳥≫リアルなトーンで
おいしいと。

橋≫これで1個分なんですね。

阿部≫甘いんですか?
橋≫甘いです。

白鳥≫ごはんには…っていう

感じじゃなくて
ワインとかがいいですか。

橋≫お酒のつまみにいいですね。

美保≫見た目はオリーブみたい。
もも。

橋≫桃もおいしいね。

船越≫桃はいけますね。

阿部≫お話の途中ですが
ここで地震の情報が

入ってきました。
栃木北部で

1時27分ごろ地震がありました。
栃木県北部で震度3です。

この地震による
津波の心配はありません。

栃木県北部で震度3を
観測しました。

橋≫これもおいしい。

白鳥≫ちょっと変わり種の
お漬物です。

美保≫しょっぱくないのが
すごくいいですね。

食べやすい。

船越≫デザートでもいいし
お茶うけでもいいですね。

白鳥≫手前にありますのが
漬物ステーキでございます。

橋≫白菜じゃないの?

白鳥≫白菜なんですけれど

お漬物を、おしょうゆとみそ
油なんかで炒めて

卵でとじたもので
岐阜の郷土料理となっています。

橋≫うまい。おいしいです。

白鳥≫初めてですか?

橋≫初めてです。

船越≫お漬物というより
これ、料理ですよね。

美保≫お好み焼き感もある。

白鳥≫居酒屋で定番の
メニューらしいです。

お酒のあてにも
合うんじゃないでしょうか。

お酒用意して!

橋≫これ、なんですか?
白鳥≫この赤いのは

青森の一部で食べられている

すしこというお漬物です。

これ、お米なんですよ。

美保≫しそっぽいような
気がしたけど、お米なの。

白鳥≫最初、しば漬けかと
思いますよね。

橋≫もち米みたい。
白鳥≫ごはんでごはんを

食べるみたいな感じですね。
美保≫これ、いいんじゃない。

船越≫モチモチしてて、おいしい。
美保≫お正月とかに食べたい。

色が。
船越≫しそとキャベツが

入ってるのかな。
シャリシャリする。

白鳥≫橋さんがお漬物を
好きになったきっかけは

何かあったんですか?
橋≫小さいころ、うちは

大家族だったので

必ず、おやじが酒を飲むんで
酒のつまみで、おしんこう。

全部たるで漬けてますから。
うち、毎日11人が食事ですから。

9人兄弟だから。
どうしてもそういうでかいものが

必要だからね。
おいしいです、これ。

白鳥≫お漬物以外にも
橋さんのおうちといったら

思い出の家庭の味があるんです

みたいなものって?

橋≫おふくろが得意だったもの
コロッケを買ってきたり、揚げて

食べさせたあとに
冷たくなるんです。

翌日の朝に必ず出すのが

それを卵とじして
甘辛く煮るんです。

これがおふくろの味で
おいしいんです。

船越≫カツ丼ならぬ
カツコロッケ。

橋≫これは今でもおいしいです。
たまにやると。

白鳥≫皆さんおいしいものを
いただいたところで

ウワサの真相!

ちょと18歳で借りれる
金額じゃないですし

貸すほうも
なかなかだと思ったんですが。

船越≫当時のお金で
5000万ですか?

今だったら換算すると…。

橋≫億でしょうね。
2億ぐらいだったかな、きっと。

これ、僕が何かに使うんじゃなく
デビューして、わっと売れて

家族ぐるみでやってたんで

おふくろ、おやじを
引退させようと思って。

ずっと呉服屋やっていましたから。

それで住まいを作ってあげよう。

そのことをビクターの社長に

じか談判しに行ったんです。
長男の兄貴と一緒に。

それで、兄貴が、実は私が
親孝行のために

家を建てたいと言っている。

そのためには、その資金を。

土地はいいところを
見つけますので

ごやっかいなれませんかって
ずうずうしいあれなんですけど

そしたら、ある銀行にいた
トップが異動して

ビクターの社長になったんです。
銀行マンですから

親孝行のために作るんだね

分かった、お貸ししましょうって。
即決ですよ。

それで、兄貴が細かく説明して

じゃあいくらぐらいにするか
やりましたけど

結果的には
4000~5000万円って

金額を借りて
今でいうローンですよ。

約20年で返しました。
船越≫そのときの社長さんも

橋さんの未来が
もう見えていたんでしょうね

絶対大丈夫って。

橋≫僕はビクターの専属ですから
担保価値はあるんでしょうね。

船越≫その価値をしっかりと
見抜かれていたということですね。

橋≫うれしかったですね。

白鳥≫建てられたおうちが

なんでも、観光名所になってたと
聞きましたが。

橋≫しばらく僕が結婚するまで

おやじとおふくろも一緒に

いたんですけど

善福寺のまん前なんです。

今でいうと早稲田通りという
バスがいっぱい通ってます。

そこであるとき
観光バスが止まっているんです。

なんで、バスが?って。

橋幸夫さんのお宅ですよねって。

名所だって聞いてるので
コースを変えてきましたと。

バスに乗っているみんな
僕のうちを見ていたそうです。

僕はそのとき
いなかったんですけど。

白鳥≫ご両親から
ちょっと迷惑だなとか

なかったんですか?

橋≫おふくろは歌が大好きでした。

おやじは根っからの商人で
反物をやる人ですから

本当はと思ってたら

ファンの皆さんが来てくれるのが

すごくうれしくて、うちの中へ
誰でも入れちゃうんですよ。

僕はたまにしか
帰ってこないくらいだったら

よかったんですけど

そうしたら中に入れて

幸夫が風呂に入るのは
ここなんだよとかね。

それで楽しんでる。

感心したのは、おやじがずっと
小さな祝儀袋に

そこに、当時で言ったら千円札

1枚を必ず入れて
全部持ってるんですよ。

ファンの皆さんが見て
散々遊ばせて

帰り、どこから来た?って
聞くんですよ。

電車に乗って

バスで来ましたって言う。

そう、あまりお金を
使わないほうがいいよって

ご祝儀袋を渡す。

これがファンの皆さんに
すごい評判になって

すごいお父さんだって。

私も行きたいってだんだん増えて。
そんな話がありました。

白鳥≫格好いいお話。
まさかのこのうわさ、本当でした。

船越≫驚愕でございますよ。

美保≫袋を、ファンの分だけ
買ってくるのも大変だと思う。

橋≫年中、用意してあります。

当時、おやじは毎日
着物を着ていますから

懐に入れておいて、いっぱい。

たまには上がった人じゃなく

前に行くとバス停があるので

そこで降りて
うちに来る人もいるんです。

先に呼び止めて
どこから来たの?

中央線乗って乗り換えてきた。

あまりお金使わないほうが
いいから

これ持っていきなって
あげるんです。それが趣味です。

でも、その軍資金は
全部私が出してるんですから。

♪~(コーナー音)

船越≫この音が鳴ったので
船越のクエスチョン5。

船越≫一番上からお話を伺います。

御三家で一番モテたのは自分だ?
イエスでしたね。

橋≫そう言わないと
格好悪いでしょ。

白鳥≫格好いいですよ。

橋≫僕が一番年が上だし

御三家っていってもデビューが

あとの2人は遅いんで。

船越≫3年後が舟木一夫さん
4年後が西郷輝彦さんですね。

橋≫兄貴分みたいな気持ちで

本当の仲間というより
兄弟みたいなものでしたね。

そういう意味では
一番兄貴がモテるだろって

言いたいですね。
船越≫いつも真ん中でしたしね。

そして、ファッションには
こだわりがある、イエス。

橋≫特別なこだわりでもないけど
着物がうちの本業だったので

着物については結構詳しいです。

洋服なんかもこのごろは
着るのも

面倒くさいと思ったりするけど
派手ではないけど、ちょっと

おしゃれだねっていうものとか。
あと、アロハを

毎回ハワイに行くと
必ず買いだめしてくるんです。

船越≫アロハお好きですよね?
橋≫このごろは

あまり着なくなりましたけど
10年、20年ぐらい前は、毎回

何枚か、ため買いして。

阿部≫こちら、鮮やかですよ。

美保≫派手なのは着こなしが
難しいのに、すんなり。

橋≫ハワイは特に
こういう柄がうまいんですよね。

メーカーにもよりますけど
最近は日本でも

ずいぶんこういうのが
ありますけど。

阿部≫赤ちゃんは?

橋≫私の子どもじゃないですよ。
うちのマネージャーの子なんです。

船越≫たくさんコレクションも
おありということで。

美保≫家にアロハが
いっぱいあるんですね。

橋≫あります。

船越≫そして、カラオケでは
ご自身の歌じゃないのを歌われる。

橋≫僕は自分の歌を歌うと
仕事の感じになっちゃうので。

気が入んないですよね。

なるだけ
人の歌を歌おうと思うんだけど

人の歌もあんまり

覚えてないから、一時歌ったのは

「I LOVE YOU」かな。

あの歌は、いい詞だなと思ったし。
いい歌い方してるのでね。

白鳥≫聴いてみたい。

美保≫きしむベッドの上で
聴いてみたい!

橋≫この店はなんていう店だ!

マイクがないと歌えないんだよね。

♪「I love you」
♪「今だけは悲しい歌」

♪「聞きたくないさ」

(拍手)

美保≫子猫になっちゃう。

船越≫突然、大人の歌になる。

色っぽい歌になりました。
阿部≫しびれましたね。

次のテーマはこちらです。

橋さんといえば
「いつでも夢を」をはじめ

これまで30曲以上の
デュエット曲を発表されています。

今年はデュエットの
ベストアルバムも発表されました。

デュエットの魅力は

橋さんご自身は
どうお感じになってますか?

橋≫ソロで自分で歌うのは
当たり前だし、デュエットだと

相手に合わせる。

僕はわりと吉田門下の中でも

よく教えられたことが
あんまり強く

自分を主張しちゃだめだよ。

歌はうまくなりすぎるなと。
これがうちの先生の教えなんです。

だから、あんまりね
いきがってやる人いるじゃない。

それはだめだって言われたんです。

控えめに歌うからデュエットだと

相手が歌う。それに
合わせるぐらいが

ちょうどいいんです。

そうすると、温かみも出るし

歌詞の内容が人に
入るんじゃないかと思います。

船越≫どうしても自分を
出したくなってしまう

ものですからね。

そこが橋さんのデュエットの
懐の深さですね。

阿部≫相手の歌を
よく聴くというのも。

橋≫大体、歌詞自体に
そういう言葉が

出ているわけですから
それ以上、こうやることは

ないでしょうと思います。

美保≫あと、目線が合うとこと

合わない
どっちがいいのかなって。

デュエットのときに
気になるんですよ。

ここで目を合わせてるなとか。
いつもそこを見ちゃう。

橋≫見るところ、違いますよね。

阿部≫そして
ベストアルバムの中に

今回、新たに収録した曲が。

橋≫60周年記念という
アルバムなので

全部で21曲入ってるんです。
ずっと歌を探っていく中で

21世紀、21なので

21世紀バージョンを
1曲入れ直しましょう

リメークしましょうというのを
作ったんです。

それを最後
21曲目に入っているんです。

「いつでも夢を」から
ずっといろんな音頭物まで含めて

デュエットソングが
入ってるんですが

最後の歌は、31年ぶりに…。

全然歌っていなかったんですよ。

デュエットっていうのを

それが

「今夜は離さない」という歌です。

相手役は安倍里葎子でしょ。

彼女とも全然歌う機会がなかった。

それじゃいけないと思って
新しいのを出そうと思って

最新作のデュエットもあるけど
21曲目は一番話題になっていた

「今夜は離さない」の
リメーク版で

ある女性をピックアップして
いれたんです。

アレンジも変えました。

阿部≫新しいバージョンで今日
披露していただけるということで

楽しみですね。

船越≫さっき冗談で
使っていましたけど。

美保≫違うテクニックがきますよ。

阿部≫改めて
当時のレコードジャケットを

ご覧いただきましょう。

もともとは「今夜は離さない」
1983年。

安倍里葎子さんと
橋幸夫さんのデュエット。

船越≫歌詞もドキッと
するところがありますよね。

アフガニスタン東部
ナンガルハル州の警察などにより

ますと、きょう、現地で活動して

いる福岡市のNGO、

ペシャワール会の代表の医師、

中村哲さんを乗せた車が何者かに
銃撃されたということです。

中村さんはけがをして病院で
手当てを受けているということ

です。
繰り返します。アフガニスタン

東部ナンガルハル州の警察などに
よりますと、

きょう現地で活動している福岡市
のNGO、ペシャワール会の代表

の医師、中村哲さんを乗せた車が
何者かに銃撃されたということ

です。
中村さんはけがをして病院で

手当てを受けているということ
です。

阿部≫では、デュエット曲を
お届けしましょう。

今回のデュエットのお相手は
歌手の保科有里さんです。

「今夜は離さない」
令和バージョンでどうぞ。

♪~

(拍手)

阿部≫ありがとうございました。

美保≫いい!

阿部≫いい雰囲気でしたね。

橋≫ありがとうございました。

阿部≫白鳥さんも
勝手にオリジナルダンス

踊ってましたね。
白鳥≫ついダンスフロアのように。

すてきでした。
船越≫オリジナルよりも

ダンサブルになったというか
明るくなりましたね。

橋≫ちょっとラテン的なリズムに
乗ってね。

阿部≫改めてご紹介します。
歌手の保科有里さんです。

保科≫お邪魔いたします。

阿部≫この曲のデュエット相手
橋さんご自身が保科さんを

お選びになったと。

橋≫彼女、歌手なんですけど

いろんな歌を歌ってる中
あるとき、アルバムがあって

全部テレサ・テンの歌なんです。
その12曲を聴いて、すごいなと。

こんな歌い方をやっている子が
いるんだなと思って。

その歌声にほれちゃって
この子にしようと決めたんです。

船越≫保科さんといえば
いろんなジャンルの楽曲を

お歌いになるんですね
ジャズも歌えば。

保科≫いい歌が
もちろんたくさんあるので

欲張りですが、歌いたくて。

阿部≫橋さんからのお話が
あったときはいかがでした?

保科≫バンザイ以前に

固まりまして
私で大丈夫でしょうか…と。

早速ふるさとの母に
電話しましたけど。

お赤飯を炊くとかって。
本当に幸せです。

ありがとうございます。
阿部≫まだ余韻が残っていますが

橋さん
もう1曲歌っていただけると。

来年に向けての曲ですね。

橋≫オリンピックでしょ。

新しいオリンピック音頭です。

これ、息子が作詞して
僕が作曲したんです。

ぜひ聴いてください。

船越≫1964年の
「東京五輪音頭」も

橋さんがお歌いになりましたよね。
橋≫あれ以来、56年ぶりです。

「2020音頭
~来たれ!希望の新時代~」。

♪~

(拍手)

阿部≫ありがとうございました。

盛り上がりましたね。

船越≫汗かくほど
踊りまくりました。

白鳥≫勝手に踊っちゃいましたね。
体がね。

船越≫じっと聴いてることは
無理だよね。

白鳥≫楽しかった。

阿部≫今夜のおすすめ番組です。

≫今夜の「ガッテン」は
今が旬の白菜。

有名フレンチシェフのおすすめは
お好み焼き!?

宮本≫何?これ。
くわばた≫トロトロ。

阿部≫今夜放送の

♪~

「ガッテン!」は
今が旬の白菜ですね。

漬物やキムチ
これからの季節は鍋。

食べる機会も
多い食材だと思います。

白菜、橋さんは
どういう食べ方を?

橋≫白菜は
ぬかみその浅漬けで

おしょうゆをチラッと。
これが最高ですね。

阿部≫今回、番組では
これまで見たことのない

異次元の白菜使いこなし術を
お送りします。

その極意は
調理法別の切り方だそうです。

白菜を煮るのか
焼くのか、炒めるのか。

それぞれに
ベストな切り方があります。

ポイントは、白菜が持つ
水分のコントロールだそうです。

一体、どんな技が
飛び出すのでしょうか?

今夜の「ガッテン!」は
白菜激うま活用術です。

ご覧ください。

船越≫先ほど
御三家で、一番モテたのは

私だというふうに
おっしゃってましたね。

阿部≫証拠写真があります。

船越≫もう、完全なハーレム状態。
美保≫美人さんばっかり。

橋≫ファンクラブのみんなと
撮ったやつですね。

毎年、こういうグループで
いっぱいやりましたから。

白鳥≫橋さん、格好いいですね。

船越≫また、橋さんの髪形も
当時、大流行しましてね。

みんな
このヘアスタイルしてましたね。

美保≫色が白くて。
これ、まずいですね。

絶対自分のものにしようって
全員が思ってる。

船越≫当時、お姉さまが
ガードしてたからね。

阿部≫お便りも
たくさん届いていまして

まずはおなじみ
じーこまろさんのイラストです。

白鳥さんが叫んでます。

美保≫白鳥さん
髪の毛短くなってる。

白鳥≫切ったんですよ。
うれしい。

阿部≫埼玉県の方。

きらきら輝く
橋さんのイラストです。

橋≫ありがとうございます。
うまいですね、みんな。

船越≫皆さん、今日のお衣装で
描いていただいて。

ご覧になりながら
描いていただいたと。

阿部≫それから、お便り。
橋さんは私の青春そのものです。

橋さんの歌に大変励まされました。
ありがとうございました。

これからも聴き続けます。

いつまでも頑張ってください。
多くの皆さんから

いただいています。
船越≫橋さん今日も楽しいお話を

本当にありがとうございました。
橋≫今日は最後の手拍子が

よかったですね。
白鳥≫もう1回やりたい!

船越≫ずっと踊ってたからね。


関連記事