NHKスペシャル 体感 首都直下地震「DAY3 命の瀬戸際 新たな危機」発災から50時間を迎えた人々の避難生活…


出典:『NHKスペシャル 体感 首都直下地震「DAY3 命の瀬戸際 新たな危機」』の番組情報(EPGから引用)


NHKスペシャル 体感 首都直下地震「DAY3 命の瀬戸際 新たな危機」[解][字]


命と暮らしを守るために、首都直下地震にどう備えるのか、シリーズ3日目はドラマ「パラレル東京」で発災から50時間を迎えた人々の避難生活の厳しさを描く。


詳細情報

番組内容

シリーズ体感首都直下地震、3日目はドラマ「パラレル東京」で発災から50時間以上たった東京の姿を描く。大規模火災はようやく鎮火に向かいはじめるものの、各地の避難所では食料や水など物資の不足目立つ。そして、揺れや火災から生き残った人々の命が、また別の形で脅かされ始めるという事態に突入する。新たなフェーズに入った首都直下地震の被災地の被害の詳細を見ながらゲストを迎えてその脅威に向き合っていく。

出演者

【司会】井ノ原快彦,小野文惠,【ゲスト】テリー伊藤,北斗晶,新川優愛,首都大学東京名誉教授…中林一樹,【ドラマ出演】小芝風花,高橋克典,伊藤淳史,室井滋,【リポーター】赤松俊理


『NHKスペシャル 体感 首都直下地震「DAY3 命の瀬戸際 新たな危機」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

NHKスペシャル 体感 首都直下地震「DAY3 命の瀬戸際 新たな危機
  1. 倉石
  2. 小野
  3. 井ノ原
  4. 避難所
  5. テリー
  6. 大森
  7. 赤松
  8. 地震
  9. 江口
  10. 想定
  11. 中林
  12. 東京
  13. 日目
  14. ミサオ
  15. 状況
  16. 男性
  17. ドラマ
  18. 通電火災
  19. 電気
  20. 万人


『NHKスペシャル 体感 首都直下地震「DAY3 命の瀬戸際 新たな危機」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

倉石≫これまでに
1200人以上の死亡が確認され

この地震で死亡した人は
2万人を超えるとみられています。

有紀(ゆき)!
ミサオ≫誰?

倉石≫妹です。渋谷で
地震に巻き込まれたみたいで。

現在もビルに閉じ込められている
被災者の女性と

電話がつながっています。

島村由希(ゆき)さん。

私の妹も、「ユキ」なんです。

由希さん!
由希≫助けは、来ないんでしょ?

みんなが由希さんに会えるのを
待ってるから。

だから、諦めないで!

大森≫毒ガスってどういうことだ。

田所≫ネット上で拡散している
映像です。

大森≫今すぐ避難を
呼びかけましょう、編集長。

江口≫誤報によるパニックで

犠牲者を出すわけには
いかないんだ!

大森≫俺たちが、助かる命を
選ぶことになってもですか?

倉石≫起きたことだけを
伝える報道に

意味は、あるんでしょうか。

高取≫みんなで協力し合って
頑張ってほしいの。頼んだわよ!

小池≫全日本化学の工場が
爆発したそうです!

(携帯電話の着信音)

倉石≫もしもし。
由希さん?

ミサオ≫えっ?

由希≫倉石さん…。

倉石≫どうしたの?由希さん。

由希≫いいんだよね?
諦めなくても。

倉石≫生きて…。

お願い、生きて。

ユキ…。

井ノ原≫昨日の時点で電話も
つながらなくなってしまった。

由希ちゃんどころか
誰ともつながらなくなった。

圏外になっていましたもんね。

小野≫DAY2、2日目の状況を
まとめてお伝えしましたが

おとといからお送りしています
ドラマ「パラレル東京」。

首都直下地震が起きた場合の
東京を

国の被害想定
そして最新研究に基づいて

できるだけリアルに描いた
ドラマです。

今日は地震発生から3日目
DAY3です。

井ノ原≫30年以内に
70%の確率で

地震が起きると。

とても大きな地震が起きるって
この30年以内に70%が

なかなか
ピンとこないとは思うんです。

だけど、このドラマを見ていると

その30年以内というのは

もしかしたら
あしたかもしれないし

5分後かもしれないっていう
そういうことを、ちょっと

意識しなきゃいけないんだなと
思いました。

小野≫そして、直下型地震は
東京だけではなく

日本のどこで起こっても
おかしくありません。

ほかの地域、街にお住まいの方も

ぜひ備えの参考に
なさってください。

井ノ原≫首都圏では、昨日と今日
震度4の地震が続いてますよね。

それも気になってしまうというね。

小野≫ドラマでは
地震発生から1日目、2日目が

ちょうど今、床に描かれている

火の海のように
東京がなってしまいましたが

実は3日目になると
こうなるんです。

後ろも見てください。

スカイツリーの明かりを残して…。

テリー≫ゴーストタウンに
なっていますね。

小野≫そして、火が消えたのは
よかったんですが

これ消し止められたのではなくて

焼け止まった。

つまり、燃えるものは
燃やし尽くして

火が消えた。

井ノ原≫燃えるものが
なくなったぐらい全部…。

テリー≫においも
すごいんでしょうね。

小野≫火災が収まる3日目辺りに

ようやく被害の全貌が
おぼろげながら見えてきます。

井ノ原≫最初の1日目
そして2日目は

とにかく生きるのに
精いっぱいでしたけど

3日目はどうなったんでしょう。

小野≫やっと揺れや火災を
免れた人たちを

新たな危機が襲う。
そういうタイミングなんです。

ドラマの舞台はもう1つの東京
パラレル東京にある

架空の放送局です。

「パラレル東京 DAY3」
どうぞ。

滝沢≫地震発生から
3度目の夜を迎えた避難所では

物資の不足が
深刻な状況になっています。

避難所では
乳幼児や高齢者、女性などの

特別な物資ニーズに対応した
救援物資が不足しています。

粉ミルクや、おむつ
生理用品などが不足し…。

≫よその連中が、食い物

盗みに来るんだよ。

自分とこらにあんだろ避難所がよ。

役所のやつも
みんなで分けろって。

頭おかしいから、うちらで
ボコボコにしてやんぞって。

≫なんか変だなと思って
夜中に目を覚ましたら

知らない男の人が
目の前にいたんです。

夜中だし、怖くて声も出なくて。

避難所に誰も
知り合いがいないから

眠れなくて…。

避難所に誰も
知り合いがいないから…。

山田≫その人
妹さんに似てんのか?

まだ、見つかんないのか?

倉石≫…はい。

≫水が止まってんでしょ。
トイレが流せないのよ。

穴掘ってしなさいって
いうんだけど。

ねえ…。

女の人は、おトイレが嫌だから

水分とらなくて
みんな体を壊してしまって。

倉石≫これ、遺体ですよね。

山田≫遺体の身元確認も
追いつかないんだ。

だからって
外に出すわけにもいかないし。

発災から50時間を超えて

もうみんな、限界にきてる。

くるみ≫山田!
山田、どこにおるの!

ちょっと山田、全然足りひんやん。

山田≫ニュースセンターの分は
もう、とっくにないんですよ。

くるみ≫あんた一体
どないしてくれんの!

倉石≫どうしたの?くるみさん。

くるみ≫食べるものが
足りひんのよ!

番組見学に来た人たちが
まだ残ってるの。

ごめんね。

少ないけど
みんなで分けて食べてね。

ここは、こんなんで済んでるけど

ホンマの避難所は
えらいことになってんねやろうな。

倉石≫あの、よかったら
これ、どうぞ。

≫ありがとうございます。

倉石≫どちらに
お住まいなんですか?

≫立川なんです。

倉石≫立川…。

≫中央線も、火事でだめで

この子、抱えて帰るに帰れなくて。

倉石≫そうなんですね。

≫この子の上に、3つ年上の
お兄ちゃんがいるんですけど

私、置いてきちゃって…。

(悲鳴)

(子どもたちの泣き声)

滝沢≫落ち着いて
行動してください。

揺れが収まってから
火の始末を…。

(悲鳴)

倉石≫大丈夫?けがない?
怖かったね。

くるみ≫東京は
どないなってしまうんや!

江口≫倉石。

ハイパーレスキューが
動き出したぞ。

倉石≫えっ?

江口≫あの子を
助けられるかもしれない。

放送中に救出の動きがあれば
中継つなぐからな。

倉石≫はい!

あっ、江口さん。あの…

ありがとうございます。

何もできない自分を
使ってもらって、感謝してます。

それと、あの女の子
島村由希さんのことも。

江口≫ブリーフィング始めるぞ。

倉石≫ありがとうございます!

蜂村≫木村さん、お願いします。

倒壊した、渋谷の公園坂ビルです。

ようやく現場に重機が到着して
がれきの撤去が進められてます。

放送中に、島村さんが救出される
可能性もあると思います。

山田≫警察の発表では

閉じ込め被害に遭っている人は
首都圏全域でまだ4万人もいます。

エレベーターには1万人。
すでに、死者も多数出ています。

江口≫救助の動きがあれば
中継に切り替えよう。

尾田≫了解です。

江口≫倉石、状況を見ながら
コメントつけてくれ。

倉石≫分かりました。

大森≫中田、道路の状況。
中田≫はい。

都心部に向かう幹線道路が
ようやく開通し始めています。

確保された救援ルートでは
重傷患者の郊外への搬送と

重機や給水車、救援物資の車両を
優先しているそうです。

江口≫映像はあるのか?

尾田≫中継のヘリを
飛ばす予定です。

玉城≫これでやっと
避難所に救援物資が届きますね。

田所≫うちにも届きますよ
食い物が!

倉石≫あの…

こういう希望の持てる情報を
発信すべきだと思うんです。

尾田≫どうした?新人。
玉城≫言うじゃないか。

倉石≫息がつまるような
ニュースが毎日、続いて

不安がどんどん大きくなってる
時期だから

少しでも希望が持てる情報が
必要だと思うんです。

近藤≫いいんじゃない?

被災者だって
楽しい気持ちになりたいよね。

大森≫道路開通で、物資が
運ばれていく画を見せられるなら

トップ項目でも
いいんじゃないですかね。

小池≫中継のヘリから
新しい映像が入ってきました。

今メインに出します。木村さん。

港区中麻布のタワーマンションで
火災が発生してます。

大森≫タワーマンションで!?

尾田≫タワーマンションじゃ

こんな火災は
絶対に発生しないはずだろ!?

≫屋上に人
いるんじゃないですか?

小池≫管理組合が、どうしても
エレベーターを動かしてほしい

という住民からの要望に押されて
全戸の安全確認が取れないまま

電気を通して、留守の家で
通電火災が起きたようなんです。

山田≫住民の要望で…。
ありそうな話だな。

大森≫それにしたって
タワマンは防災対策の固まりだろ。

なんで、こんなんなってんだよ。

スプリンクラーは
稼働してないのか?防火扉は?

高野≫急いで調べます。

大森≫消防にも確認取ってくれ。
中田≫分かりました。

江口≫トップニュースは
これでいく。

タワーマンション火災だ。
大森≫ちょっと待ってください。

トップは道路開通で
いくんじゃないんですか?

江口≫今はまだ
希望を口にするときじゃない。

大森≫だからって、タワマンの
火災なんてレアケースですよ。

トップで取り上げる意味が
ありますか?

江口≫この火災は
東京を象徴してる。

タワーマンション火災は

都会の死角だ。

東京に地震が起こったら、大変な
ことになるとみんなが思ってた。

それでも俺たちは、東京に
一極集中するのをやめなかった。

高くそびえるタワマンは
東京の象徴だ。

絶対に安全だと言われ続けてきた。

そいつが燃えてるんだ。

株価はどうなった?

すさまじい大暴落だ。

東日本大震災のときの比じゃない。

金の流れはな
物事の本質を見抜いてる。

外国人たちはみんな、日本株を
投げ売って

一斉に国外に逃げた。

誰にも止められないパニックだ。

国債だって、例外じゃないぞ。

破綻すれば、円は紙くずになる。

そうなったら、食糧の輸入は?
治安は?

国の守りは一体どうなる。

俺たちは、もういい加減
目を覚ますべきなんだよ。

このままいけば…

日本は滅びる。

水谷≫あの…

放送30分前です。

大森≫中田、確認取れたか?
中田≫はい。

倉石≫あっ、お疲れさまです。

滝沢≫すまんな、倉石。
倉石≫えっ?

滝沢≫あとは頼んだぞ。

倉石≫滝沢さん?

滝沢≫申し訳ないです。
小池≫お気をつけて。

ミサオ≫奧さんと息子さんと連絡
取れなくなったのよ、滝沢さん。

倉石≫えっ?

ミサオ≫滝沢さんち高円寺なのよ。

あの辺りは、延焼火災で
全部、燃えちゃって。

何百人も亡くなったって。

奧さんから避難所に向かうって
連絡があったきり

行方不明なんだって。

江口≫滝沢、ありがとう。

倉石≫行方不明…。

ミサオ≫だから現場を離れるのよ。

うちの年寄りもさ
今、避難所にいるんだ。

倉石≫ご両親が?
ミサオ≫うん。

お父ちゃん、腎臓悪くてさ。

ちゃんと病院行けてるか
心配なんだよね。

倉石≫帰らないの?ミサオさん。

ミサオ≫そういうあんたは
どうなのよ。

倉石≫私は…。

(LINEの着信音)

倉石≫有紀が生きてる!
ミサオ≫えっ?

どういうこと?
どういうことなの!?

ねえ、今、妹から
LINEにメッセージが届いたの。

でも、私のメッセージが
既読付かないの。ねえ…。

大久保≫ちょっと見せて。
倉石≫なんで?どういうこと?

土井≫まだ読めてないだけかも
しれないよ。

青田≫すぐ返事、出したの?
倉石≫すぐに出した。

今まで既読付いてなくて
今、来た瞬間に送ったのに

既読が付かないの、なんで…。

田所≫おとといのメッセージが
今、届いたのかもしれない。

遅延して届いた可能性も
あると思う。

倉石≫でも…、でも有紀は
無事だってことですよね!?

青田≫そうだといいんだけど…。

倉石≫だって…
だって、ずっと応答なかったのに

今、来たんだよ!
それって、有紀がどこかで…。

青田≫美香ちゃん、落ち着こう。

蜂村≫救出開始!救助隊員が
建物内に進入しました!

倉石≫ユキ…。

大森≫高野、原稿はまだか?

高野≫今、出稿しました。港区
中麻布タワーマンション火災出稿。

尾田≫ヘリ、つながってるよな。

玉城≫画、間もなく出せますよ。

水谷≫港区タワーマンション火災
原稿です。

ミサオ≫美香…。

美香!

こっち見て。

いい?あの子

島村由希ちゃんは
あんたの妹じゃないんだよ!

分かってるよね!?

倉石≫うん…。そうだね。

ミサオ≫安心して。

大丈夫だから。

倉石≫ミサオさん。
ミサオ≫ん?

倉石≫ありがとう。

ミサオ≫ほら、スタジオ行って。

近藤≫放送10秒前。

尾田≫ヘリ空撮からいくぞ。

江口≫アドリブで
コメントをつけろ、倉石。

倉石≫了解です。

近藤≫5秒前、4、3、2、1…。

(これはドラマです)

倉石≫タワーマンションから
火の手が上がっています。

現在の東京・港区中麻布です。

40階建てのタワーマンションの
一角が激しく燃えています。

大量の煙が
大きく立ち上がっています。

屋上に、手を振っている人の姿が
見えます。

10人近くいるでしょうか。
救助を待っています。

タワーマンションが
炎と煙に包まれています。

この火災は、停電のあと
電気が復旧したことによって

起きる通電火災とみられています。

(これはドラマです)

こんばんは。地震発生から
3日目の夜を迎えました。

首都圏各地で、思いもよらない
被害が拡大しています。

近藤≫次、通電火災。
玉城≫了解、準備できてます。

編集長、映像準備できてますよ。

倉石≫倒れた電気器具などが
引き起こす、通電火災が

原因ではないかとみられています。

通電火災は
どのようにして起きるのか。

こちらは、今回の震災と
同程度の揺れを

シミュレーションした映像です。

激しい揺れによって
電気製品が壊れたり

破損したりすることがあります。

倒れた電気ストーブや

破損した電源ケーブルに
停電のあと、電気が通電すると

火災が起こる可能性があります。

これが、通電火災です。

今回のケースでは、住民が
エレベーターが使えないなど

生活が不便だとして管理事務所に
通電するよう強く求めていました。

そのため、管理事務所は
すべての部屋の安全を確認せずに

通電を再開させたということです。

タワーマンションは

スプリンクラーや
防火扉の設置など

延焼防止の対策が
何重にも確保されています。

管理事務所は

今回の火災のきっかけとなった
長時間にわたる停電や

住民の強い要望などは
想定外だったと話しています。

大森≫想定外か…。

蜂村≫大森さん!

タワーマンション近く

港区白金の住宅街で
ヘリコプターが墜落しました。

ヘリの墜落です!

木村≫中継映像が上がっています。

住宅街にヘリが突っ込んで
炎上してます!

竹内≫あった、出します。

蜂村≫墜落したのは、タワマン
火災を取材していた報道ヘリです。

現場では、ドローンとの衝突が
原因だといわれてます。

大森≫ドローンを
飛ばしたやつがいたのか。

中田≫事故の瞬間の天カメの映像
です。メインのモニターに出ます。

玉城≫誰だよ、そんなバカなこと
したのは!

東京上空には、今
200機のヘリが飛んでんだぞ!

おもしろ半分でドローン飛ばす
なんて、自殺行為だろう!

尾田≫1000万の
人間がいるんだ。

そういう大バカ野郎がいたって
おかしくないんだろうよ!

大森≫都会の死角か。

近藤≫編集長の
言ったとおりじゃない。

小池≫おいおい…。
日本が滅んでたまるかよ!!

大森≫高野、ヘリ墜落の速報原稿。
中田はパイロットの

通信記録を当たれ。
警察に確認取れ次第放送に出すぞ。

倉石≫地震の強い揺れによって

想定外の不具合が生じている
可能性もあります。

江口≫倉石…。

何が起きても、おかしくない。

現実を見ろ、倉石。

気を抜くなよ。

ここは、被災地だ。

大森≫江口さん、江口さん!

おい、誰か手ぇ貸せ!
手、空いてるやつ!

尾田≫救出現場が動いたぞ!
救出だ、救出だ!

渋谷公園坂ビルで1人救出!
木村≫玉城さん、映像送ってます。

玉城≫映像、センターにきました。

公園坂ビル救出現場
救出に動きです!

近藤≫大森さん!
大森≫ヘリはあとだ。

渋谷の中継、突っ込むぞ。
近藤≫了解です!

大森≫倉石、渋谷公園坂ビル
救出現場に動き。

倉石≫東京・渋谷区のビル倒壊
現場で、今動きがあったようです。

ハイパーレスキュー隊による
救出作業が続けられていますが

今、ビルの中から担架でしょうか

運び出されています。

このビルには17歳の
島村由希さんら、少なくとも

3人が閉じ込められていますが
たった今、担架が…。

人が乗せられているようです。

今、1人

ビルから救出されています。

男性のようです。

救助されたのは男性のようです。

レスキュー隊員が
担架で男性を運び出しています。

目を閉じていますが
意識はあるのでしょうか。

大森≫頭動かすな。ゆっくり。
竹内≫女の子は次か。

倉石≫救助隊員が
何か呼びかけています。

救出された男性に対して
大声で何か呼びかけています。

≫あなたの他に
まだ誰かいますか?

倉石≫男性が呼びかけに
応えているようにも見えます。

男性の意識はあるのでしょうか。

今、救助隊員が
大声で呼びかけています。

男性の首に、何か巻きつけて
固定しているようです。

今、手が動きました!

玉城≫男性1名、生存確認。

倉石≫レスキュー隊員数人が
ビルに戻っていきます。

救助作業が続けられています。

倒壊したビルの中には少なくとも
あと2人が閉じ込められています。

そのうちの1人
島村由希さんとは

昨日、この番組の中で
電話で話すことができました。

島村さんは、けがをしていますが
意識はしっかりしていました。

地震発生から54時間余りが
経過しています。

一刻も早い救助が必要です。

倒壊した渋谷区の公園坂ビルは
9階建ての雑居ビルです。

おととい発生した地震によって
1階と2階部分が潰れ

中にいた人が閉じ込められた
状態が続いています。

回想・由希≫いいんだよね?
諦めなくても。

回想・倉石≫生きて…。
お願い、生きて。

ユキ…。

山田≫倉石、2人目救出。

倉石≫今、2人目が
救出されたようです。

今、2人目が救出されたようです。

大森≫見えないな、女の子か?

倉石≫頭に包帯が
巻かれているのが見えます。

2人目も男性のようです。

頭に白い包帯が巻かれています。

崩れ落ちた、がれきなどで
体に強い圧力がかかると

救助されたあとに
容体が急変することがあります。

男性の容体が心配です。

今、運び込まれてきた男性に
救助隊員が声をかけています。

呼びかけています。

今、男性の胸が大きく
動いているのが見えました。

呼吸があるようです。

倒壊した渋谷公園坂ビルから
今、2人目が救出されました。

2人目も男性のようです。

また、新たな動きです。

数名の隊員が次々と
建物の中に入っていくようです。

(地鳴り)

倉石≫揺れています。

東京NNJのスタジオが
大きく激しく揺れています!

(悲鳴)

尾田≫気象庁の速報、震度6強!

(悲鳴)

倉石≫由希さん…。

回想・倉石≫有紀…。

回想・由希≫いいんだよね?
諦めなくても。

倉石≫ユキーッ!!

井ノ原≫やっぱり
リアルじゃないですかドラマはね。

小野≫みんな、ああ…って。

テリー≫最後の地震って
余震じゃないですね。

本震に近いような。

井ノ原≫1回で収まるとは
限らないんだなって…。

テリー≫弱くなってますよね
建物が、最初より。

そこにまた
さらに追い打ちですから。

井ノ原≫これだけリアルだと

思い出したくない方も
いらっしゃるだろうし

本当に怖い思いをされる方も

いらっしゃるかも
しれませんけれども

でもあえて、ここはリアルに
放送させていただいています。

小野≫私たちの身に迫る危機を
ちゃんと受け止めるために

あえて衝撃的な映像も
お送りしています。

ご理解ください。

井ノ原≫舞台は
テレビ局じゃないですか。

こうやって見ていると
ドラマを見て気付かされることは

冷静に働かなきゃいけない
現場ですけれども

その中でも一人一人に家族がいて

これだけの大地震が
起きたりすると

冷静を保っているのが
本当に大変なんだなということと

これはまた

レスキュー隊の人たちにも
いえることですよね。

ご家族がまだ見つかっていない
状況の中で働かなくちゃいけない。

職場や家庭、学校に
取り残された人たちのことも

考えると、冷静に動かなきゃ
いけないっていうのは

分かるんだけど取り乱して
しまうんじゃないかなと思います。

テレビ局っていう設定だと
やっぱり、全体的に東京の…。

小野≫いろんな被害の情報が
入ってくるので

地震の被害の全体像が
見えるというか描けるというのが

テレビ局が舞台になっている
理由ですね。

井ノ原≫こうやってリアルに

描かなければいけない
状態だということで。

深刻に考えていったほうが
いいですよね。

小野≫今日もDAY3の出来事
考えていきたいのですが

まずDAY1、DAY2
DAY3ときました。

ここまでの被害の状況を

赤松アナウンサーに
まとめてもらいます。

赤松≫3日目は

ようやく被害の全体像が
おぼろげながらですが

見えてきました。
まず建物からです。

最初の揺れで全壊した建物や

その後、焼失した建物を
表した図です。

色が濃いほど

被害が大きい場所です。

合わせて

およそ61万棟が失われると
想定されています。

これ、被災地全体ですと

24棟に1棟が
焼失するということです。

そして、亡くなった人は
2万3000人。

負傷者は12万人以上と
想定されています。

そして壊れた建物などに
閉じ込められた人は

3日目の時点で

まだ4万人以上いると
見込まれています。

井ノ原≫今みたいな

余震があったらまた、状況も
変わってきますからね。

小野≫帰宅困難者の人たちは…。

赤松≫どうなったかというと

地震の当日に
1都4県で800万人

東京だけでも490万人と
想定されています。

帰宅困難者は
3日目になってもまだ

かなりの数がいると
考えられています。

電車は大部分で

まだ運転再開のめどが
立っていないということです。

テリー≫東京に食べ物が
ないわけですもんね。

小野≫家が焼けたり
それから壊れたりして

避難している人って
どれぐらいいるんですか?

赤松≫3日目ですと

およそ300万人が
避難生活を送っている

避難者になっています。

そのうち避難所に入ると
想定されている人が

そのうちの180万人。

そして残りの120万人は

避難所以外の建物や
公園などで

避難生活を送っていると。

そして、自動車の中で

寝泊まりする車中泊をする人も
出てくると考えられます。

井ノ原≫何百万人の話ばかり
出ているから

ちょっと、まひしそうですけど

300万人とか
すごい数ですよね。

赤松≫避難者300万人が
まだ増えるんです。

2週間後、720万人まで
増えると想定されています。

小野≫そうなると
避難所には、入れるんですか?

赤松≫入りきれなくなります。

なぜかというと

自宅にいた人たち
在宅避難していた人たちが

停電や断水によって
生活できなくなってくるので

避難所に
集まってくるということなんです。

その中には本来、避難所には
来ることが想定されていない

マンションの住民の皆さんも
含まれると考えられているんです。

新川≫マンションに
住んでる人っていうのは

基本的には、お家に戻る
ということなんですか?

避難所というよりは。

赤松≫基本的には在宅避難を
してくださいということに

なっているんですね。

井ノ原≫例えばトイレが
使えないとか水が出ないと…。

赤松≫停電ですとか
断水になっていると流せない。

階段の上り下りも大変なので

本来、避難所の人数には
カウントされていない人たちが

避難所に行きます。

北斗≫行っちゃいけないって
ことですか?

赤松≫行っちゃいけない
ということではなく

避難所の人数には入っていないと。

テリー≫例えば海外から来る
旅行者もいますよね。

赤松≫そういった方たちが

来ることも想定されています。

中林≫そもそも避難所は家が
壊れたりして、住むことが

できなくなった人に対しての

提供なんですね。

だからマンションは

実は非常に強くて木造のように
簡単に壊れないんですね。

だから、食料その他は
救援するから

家にいてくださいっていうのが
本来の姿なんです。

ところが、誤解が多くてですね

避難所に行かないと
食事がもらえないと思って

みんなが押しかけると
もう、入りきれなくなってしまう。

それをなんとか
止めてくださいということで

在宅避難してくださいと。

テリー≫食べ物だけもらって
帰ると。

中林≫ところが
今の避難所のマニュアルでは

来ないともらえないような
運営になっているんです。

つまり、体育館に
避難してきた人のための

運営になっちゃっていて。

小野≫体育館に
避難してきた人だって

食べ物は十分あるのかどうかの
問題もあります。

自宅に住めなくなった人たちが

身を寄せる東京23区の
指定避難所です。十分

たくさんあるように見えますが
これでも入りきれなくなり

食べ物も
足りなくなってしまうんです。

くるみ≫食べるものが
足りひんのよ!

ごめんね。少ないけど
みんなで分けて食べてね。

ここは、こんなんで済んでるけど

ホンマの避難所は
えらいことになってんねやろうな。

≫よその連中が、食い物
盗みに来るんだよ。

自分とこらにあんだろ避難所がよ

小野≫食べ物が
足りなかったりすると

心配ですよね。

井ノ原≫精神的にもね。

テリー≫食べ物がないと
イライラしますよね。

小野≫今、皆さんの
目の前にあるのが

避難所とは、どういうものか
どんな環境なのかです。

もちろん、これよりも

もう少しスペースが
大きいところもありますが

それでも…。

井ノ原≫もっと狭いところも
きっとありますよね。

小野≫自治体によっては

これぐらい
小さいところもあります。

よかったら
寝てみていただけますか。

北斗≫全部段ボールなんですか?
小野≫そうです。

クッションがあるつもりで
横になると痛いです。

テリー≫意外といいような気が
するんですけど。

井ノ原≫避難する方が多いと

毛布が
回るかどうかも分からない…。

テリー≫枕はどうなんですか?

小野≫枕は自分で
持ってこないといけません。

ここは物を置くところだそうです。

テリー≫家族の場合は
これは抜けるんですか?

小野≫もちろん、抜けますし

もともと
これがない場合もあります。

家族同士ならいいですけど

隣が他人でも
これがない場合もあるそうです。

北斗≫隣にテリーさんが
いるじゃないですか。

この段ボールに高さがあるので

自分の空間があるんですよ
寝てしまうと。

テリー≫意外といい感じです。

小野≫食べ物も体験して
いただきましょうか。

新川≫こちらがごはんだそうです。

小野≫自治体によって
違いますけど

これが1人分。

テリー≫乾パンと、白いのは…。

小野≫クラッカーと

水を入れると食べられる
アルファ米。

そして水のペットボトル。

これはそのまま
食べられるようになっています。

北斗≫テリーさん
私のはわかめです。

井ノ原≫場合によっては
わかめが入っているものもある。

小野≫でも、こういうふうに
わかめが入っていたりするのは

ものすごく
恵まれた環境だそうです。

テリー≫ちょっと
ぱさぱさしますけど。

北斗≫こちらは
恵まれていると思います。

井ノ原≫今、この状態で
寝てみたら

この空間は保たれているとか
あるかもしれないけど

これが何日続くのかとか。

小野≫それが3食続くと…。

北斗≫ぜいたくは言えませんけど
いざというとき。

ただ、やはりごはんと乾パン…。

私の体では、多分
足りないでしょうし

2週間これが続いてしまったら

栄養バランスとか
どうなのかなって考えますね。

テリー≫とはいってもね

亡くなられている方も
いらっしゃるじゃないですか。

小野≫でも、それすらも
足りなくなるそうです。

赤松≫今
用意されている食事ですら

足りなくなってくると
想定されています。

内閣府の想定ですと
1週間で3400万食

そして水が1700万リットルも
不足すると想定されているんです。

ですから、避難所へ行くと
ごはんがあるですとか

しっかり備蓄が足りているとは
思わないほうが

いいかもしれません。

北斗≫私、ドラマの中で

冒頭のあのシーンが

すごく気になったんですよ。
ほかのやつらが来やがってという

シーンがあったじゃないですか。

避難所に先にいた人たちが

のちのち、ほかの人が来たときに
けんかになったりとか

追い出されるようなことに
なったりするんじゃないかって

あのドラマのシーンが
すごく印象に残ったんですけど。

井ノ原≫ないとは言い切れないと
思います。

ただ、今までの状況じゃない
首都直下地震というものですと

桁違いの人数の避難者が

いらっしゃるということですね。

中林≫そもそも避難所というのは

その地域に住んでいる人で

家を失った人のためのものですが

東京はそれ以外に
いろんな人がいますから。

今度のように夕方の4時に
地震が起きると

勤めに来ている人
用事で来ている人

観光客含めてたくさんいます。

そういう人たちを
どこまで受け入れるかが

実は今、大きな課題で。
台風のときにもありました。

小野≫ご紹介したい
ツイッターがきています。

「私も津波てんでんこで
助かった命。

どんな防災、備蓄にも
勝るのが正しい知識です。

今すぐに始められる。

東日本でも正しい知識があれば
助かった命がある。みんなで

正しい知識をまずは持とう。

最善の選択はできなくても

最悪の選択は
避けられる。

過去の震災を
むだにしないで」という

声が来ています。

中林≫基本的には避難所へ行って

もらうんではなくて
一人一人が食糧の備蓄を

しないといけないんですね。

最低3日分、できれば1週間
あるいは10日ですね。

その間、避難所ではなくて

家があれば
在宅で生活をする。

避難所というのは

地域の避難生活の

運営センターにしないと
いけないんです。

避難所へ来ている人
在宅で避難生活している人。

お互い、両方に食事が届くような

手配をする拠点に
しないといけないと思います。

テリー≫家族で前もって
話し合っておいて。

ああいうときに人間性って
出るじゃないですか。

だから、ああいうときにこそ
助け合う。

本当に当たり前なんですけどね。

小野≫ちょっと
知っておきたい知識が

もう1つあるんですよ。
食事を足りなくなる原因。

これを知っておかないと。

赤松≫食料が足りなくなる

理由の1つに道路の状況が
あるんです。こちらは

建物の倒壊状況により
道路の閉塞状況、道路が

通れなくなっているところを
示した図です。

赤いエリアは道路の20%以上が
通行できなくなっているところ。

茶色は30%以上の道路が
通れなくなっていることを

示しています。

ドラマでは一部開通している
ということでしたが

こうやって見ると
厳しい状況が続いています。

テリー≫道が狭いというのも
あるんですか。

赤松≫道路というのは
幅が5.5mぐらい。

大体、ふだん私たちが使う道路の

赤ですと20%が
通れなくなっているという図です。

これだけじゃないんです。
幹線道路を見てみます。

環状八号線や
環状七号線がありますよね。

緊急道路になって救急車両や

救援食料の輸送用の車両が
通るんですが

赤い部分がありますよね。

この赤い部分は建物が壊れて

通れなくなってしまう
おそれがある場所。

井ノ原≫これは想定ですけど
なぜここなんですか?

赤松≫ここは倒れやすい建物が

あるということですね。

中林≫東京都は条例を作って

こういう緊急輸送路線の

沿道のビルについて

耐震化を義務付けているんです。

その前にまず診断を
義務付けているんですね。

耐震性に問題はあるけど

まだ工事していません
というところが

どこにあるかが

分かっているんですね。

小野≫でも、怖いですね。
ほかの土地から

救援物資がやってきても

じゃあ、世田谷方向へ行こうと
思ったら、道路が

通れない。

降りて小さい道、行こうとしても

さっきみたいな状況
ということですよね。

井ノ原≫新川さん、心配ですよね。

新川≫これだけの人が
避難していて

足りないと言っている中で
通れないと、物資もそうですし

救急だったり
病院だったりとか

そういったものも
怖いなと思いますね。

井ノ原≫東京だけじゃなくて

全国でいろんなものが
足りなくなりそうですね。

小野≫首都直下地震が起こる前に

知っておきたいこと
備えておきたいこと

まだまだありますので
どんどん聞いてまいります。

小野≫お聞きしたいこと
というのは

水道や電気などの

ライフラインを見てから
また改めて聞きたいと思います。

赤松≫ライフラインの状況です。

電気やガスですね。

電気は3日目になっても

およそ5割870万世帯が

停電したままになっています。

一部復旧するところもありますが

こうした状態が

1週間続きます。

そして、ガスは150万戸が
止まったまま。

水道は1都3県の3割

1300万人で
断水が続いています。

東京23区では、およそ5割が
断水したままということですね。

新川≫生活っていうレベルじゃ
ないですよね。

生活ってできないじゃないかなと
思っちゃいますけど。

テリー≫病気の方も増えてくるし
けがの方もいますしね。

井ノ原≫そのときに、中林先生が
おっしゃっていましたけど

電気が復旧したときが
危ないということでしたね。

中林≫通電火災。
小野≫見ていただきましょう。

倉石≫火の手が上がっています。

停電のあと、電気が
復旧したことによって起きる

通電火災とみられています。

赤松≫この通電火災は
どのようにして起こるんでしょう。

これは地震のあと、停電から
復旧する様子を再現した実験です。

電気が今、つきました。

そして、こちら
ちょっと分かりにくいんですが

電気ストーブがあります。

地震の揺れで
倒れた状態になっています。

電気が復旧して20秒後

煙が出始めました。

そして、近くにあった衣類から
炎が上がります。

こうして通電火災が起こるんです。

通電火災、地震以外でも
最近も起きました。

9月の台風15号で

千葉県の一部が停電になったあと
8件の通電火災が発生しました。

木造住宅が全焼した家では
男性が負傷しています。

井ノ原≫これ、どうしたら
いいんですかね。

赤松≫対策が
今日お伝えする2つです。

まず、消火器です。

初期消火に使います。

そして、もう1つは
何か分かりますか。

中林先生がおっしゃっていた
感震ブレーカーです。

赤い丸い部分が
重りになっていまして。

中林≫地震の揺れを感じると
重りが落ちて

メインのブレーカーを
切るんですね。

テリー≫これ、いいですね。
知らなかったです。

赤松≫揺らしてみてください。

井ノ原≫重みで切れるんです。

北斗≫普通に販売しているもの
なんですか?

赤松≫販売しています。
ホームセンターなどで。

井ノ原≫アナログですけど
これ、かなり…。

テリー≫消火器ですと

避難所にいっている可能性も
あるじゃないですか。

これ、忘れていましたよね。

井ノ原≫またブレーカー
下ろすの忘れて

また戻るのが危険だったりする
場合もありますからね。

赤松≫大きくなると落ちてきます。

こうした

感震ブレーカーの対策などで

どうなるかというと

内閣府の報告書に

示されているんですが

電気関係の出火を

防止すると被害想定が半分に。

43万棟、それが半分に。

通電火災、電気関係の対策を

することによって。

さらにもう1つ。初期消火すると

20分の1。

死者も焼失棟数も20分の1まで
被害が減らせるとされています。

ただ、初期消火というのは
消火器だけではなくて

お風呂に水をためるですとか

みんなで防火訓練を
するなどといった

意識を上げるということも
含まれています。

井ノ原≫これだけ減るなら
やっぱり今、やるべきですよね。

北斗≫どこの家にもブレーカーは
あるわけですから。

小野≫それに1回
ちゃんと消火器で

何か消したりしたほうが
いいですよね。

テリー≫メインブレーカーだけで
いいんですか?

中林≫メインを切ると

全部切れます。

コンピューター内蔵で

バシッと切れるブレーカーも
ありますし。

それとコンセントが、揺れると
飛び出すやつもあるんです。

ストーブを使うコンセントは
飛び出すようにしておけば

戻ってきても
ストーブに電気がこないから

火事は起きない。

テリー≫自分の家の
ブレーカーの種類を

把握しておいたほうがいいですね。

中林≫電気の火災が
半分なんですよ

地震火災の原因の。だから

みんながブレーカーつければ
半分減る。

だけどそれ以外の火種で
燃えますから

それは初期消火をしようと。

街ぐるみで訓練をして
火事だ!って叫ぶ。

そうすると、隣近所が
あれ持ってきて、みんなで消すと

消えるんですよ。

井ノ原≫町内とかマンションで
避難訓練とかね。

だって、勝手にやっちゃうと
怒られちゃうでしょ。

赤松≫直接使ったことある方は
ほとんどいないでしょうから。

握って黄色いのを

引っ張るってことを知らないと
出ないんですよ。

井ノ原≫先端、ホースを外に
取らなきゃいけないですよね。

小野≫この黄色いピンですね。
でも今は抜かないでくださいね。

首都直下地震が起きる前に
知っておきたいこと。

引き続きお伝えします。

小野≫パラレル東京で地震が
発生してから

今、54時間47分が
たちました。

救助を待っている人たちのことも
気になりますけれども。

でも、救助された
そのあとに病院に運ばれる。

実は、そこから先にも
また怖いことがあると。

赤松≫今、番組を
ご覧になっている皆さんも

けがをして病院に行ったとき
どういう状況になっているのか。

ご覧ください。

これは首都直下地震を想定した
病院の初動訓練の様子です。

押し寄せる患者に対して

限られた医師ですとか看護師で

対応するために

優先順位をつける

トリアージを行います。

赤い札は、すぐに治療しないと

いけない、命に関わる人。

そして黄色は緊急性が
そこまでは高くない人です。

こうして
1人でも多くの人を救おうと

態勢を整えているんですが

衝撃的な事実が
最新の研究で明らかになりました。

≫日本医科大学の布施明さん。
地震発生直後に駆けつけられる

医師や看護師の数と

病院に運び込まれる患者の数を
時間を追って検証しました。

医師は、まず
赤の患者の治療に専念しますが

患者の数が多いため
全員は治療できず

3時間後には
亡くなる人が続出します。

その間に黄色の患者の容態が悪化。

24時間後には、およそ9割が
赤に進行してしまいます。

ますます治療が間に合わなくなり
亡くなる人が急増。

最終的に、3人に1人が
命を落とすのです。

赤松≫この研究では、地震のあと

医師や看護師の皆さんも
被災しているので

病院に駆けつけることが

できなくなるということを
想定してるんですね。

数なんですけども

最終的に治療を受けられずに

死亡する人は、8日間で

6500人と想定されています。

この数なんですが内閣府の想定の

2万3000人とありましたが

ここには含まれていないんですね。

井ノ原≫中林先生
どうしたらいいんですかね。

中林≫トリアージを

専門家がするんですけども

全部、それもできないので

自分の判断で

軽いけが、歩けるけが

そういうときは病院ではなくて

避難所なんかでは

医療救護ができますから

救護所で診てもらう。

そういうことが非常に大事ですね。

大病院で重篤の方を

診てもらうということになります。

それから、あとは

避難所、その他で薬がいる。

毎日のむ薬を持っている人は

必ず、それを持って避難をする。

できれば、食料と一緒で

2週間くらいストックして

それを持っていく。

でないと避難所で

体調を悪くして
病院へまた搬送される。

そうなると病院はますます

混んじゃうんですよね。

井ノ原≫それも含めてですけど

まずはけがをしないことが

大事になってきますね。

中林≫そうなんです。だから

家具の固定が非常に大事で、特に

台所、危険なんです。

それから絶対

足を守るようにしましょう。

スニーカーで。

足をけがすると

歩けなくなるんですよ。

テリー≫あと軍手とかね。

中林≫スニーカー。

多くの人は
スリッパって言うんですけど

スリッパは暗がりで脱げたら
拾えませんから。

小野≫家具の固定とか
ブレーカーを落とすとか

今まで聞いていたことが

こうやって
先生に解説していただくと

なんか、全く違う角度で
見えてくるというか。

井ノ原≫つながっていきますね。
だから大事だったんだと。

小野≫けがを
しないためだったんだって。

中林≫なおかつ、家具を固定して
活動空間があると

消火器ですぐ火が消せるんです。

火が見えていても
家具が倒れていたら

届かないんですよ。

だから家具を固定する

けがをしない、家を守るに

つながるんですね。

テリー≫毎日家具を固定しろと
言いますもんね。

小野≫ずっと大事なことを
教えられてきたのに

なんか、ずっと聞き流してきてた
ような気がします。

ここでちゃんと受け止めなくては。

ツイッターでもこんな声が。

「リアルすぎて言葉に詰まります。

それでも
これぐらいじゃないと

危機感持たない人間いるから。

何事も大げさぐらいで
結果的に被害が少なければ

よかったねと言えるようにしたい

という声がきています。

井ノ原≫備えましょう
備えましょうとは言ってても

この番組が終わって、また

のど元過ぎればじゃないですけど

とはいえ大丈夫でしょ、みたいな

気持ちになりがちですから。

今、この期間にやっておくのが

大事ですね。

中林≫阪神大震災は
寝ている時間に起きましたから

実は寝室で亡くなっているんです
ほとんどの人が。

だから、これから皆さん寝るから
寝る前に

ベッドに横たわって
寝ないで、周りを見て

自分に倒れてくるような
家具があったら向きを変えて。

とりあえず、あした固定する
ということをしてください。

それが実践なんです。

テリー≫僕はね
車、好きじゃないですか。

車で、どこで止まっちゃうか
分からない。

でも自分は
避難しなくちゃいけない。

だから車のキーを
持ってるんですよ。

そうしないと今度
移動するときにキーがないから

ほかの人が移動することが
できないから残しておく。

小野≫先生、車を

運転している人への注意って

まだ、この番組では
お伝えしてないんですが。

中林≫車のときは、揺れると
分かりますので、左へ寄せて

止まるんですね。

そして車を離れるときは

今、テリーさんが
おっしゃったように

鍵を置いておいてください。

そこで火事になって

消防車が来て
車が邪魔しないように。

車が移動できるように
鍵を置いて、出てください。

車をとられる心配があるなら
車検証だけ持って出てください。

小野≫帰宅困難者の人たちは
無理して帰っちゃいけません。

車の人たちも
そこへ止めておいて…。

井ノ原≫止めて
どこか建物に入るとか。

中林≫とりあえず

どこか安全なところへ
入るということです。

渋滞がひどいと車に乗っていても

ガス欠で止まったら
本当に大変なことになります。

基本的に
車は動かさないでください。

井ノ原≫そういうことも

その場になってみないと
状況が違うから

分からなかったりするから

いろいろな想定をすることが
大事ですよね。

小野≫あすはいよいよ

ドラマ「パラレル東京」
4日目を迎えます。

井ノ原≫何が起きるんですかね。
テリー≫怖いですね、毎日。

小野≫このあとは地震から

命を守るノウハウをお伝えする
「生きるスキル」です。

今日は
「揺れからのサバイバル」。

井ノ原≫怖いっていう話
出ましたけど

この怖いが大事。

北斗≫怖いと思うことが
必要だと思いました。

井ノ原≫心にとめながら
またあしたもお会いしましょう。

ありがとうございました。

倉石≫先ほど突入した隊員たちが
ビルの中から次々と出てきました。

田所≫堤防が
余震で崩壊したんです!

推定の犠牲者数は
3万7000人です。

倉石≫逃げてください…。

今すぐに逃げて!


関連記事