秘密のケンミンSHOW! 新潟とりの半身揚げはカレー味!?(秘)赤べこ伝説とは・宮古島の超難解方言解説!…


出典:『秘密のケンミンSHOW! 新潟とりの半身揚げはカレー味!?(秘)赤べこ伝説とは』の番組情報(EPGから引用)


秘密のケンミンSHOW!新潟とりの半身揚げはカレー味!?(秘)赤べこ伝説とは[字][デ]


新潟熱愛!スパイシー&ジューシー!カレー味の鶏の半身揚げが登場!唐揚げグランプリ9年連続金賞の実力とは!?▽福島赤べこ好きすぎる問題!▽宮古島の超難解方言解説!


詳細情報

出演者

【司会】

みのもんた

久本雅美

【出演】

西川きよし

【ゲスト】

尾形貴弘(パンサー)[宮城]

柳澤秀夫[福島]

鈴木奈々[茨城]

荻野由佳(NGT48)[埼玉]

土田晃之[埼玉]

金子恵美[新潟]遠山俊也[新潟]

藤本敏史(FUJIWARA)[大阪]

長州力[山口]

国生さゆり[鹿児島]

垣花正[沖縄]

ガレッジセール[沖縄]

番組内容

ケンミンのケンミンによるケンミンのための赤裸々「カミングアウトバラエティー!!」▽番組ホームページ(PC・スマホ)では、あなたの知っている「ケンミンのヒミツ」を大募集中!!

制作

ytv

番組ホームページ

●番組HP

https://www.ytv.co.jp/kenmin_show/


『秘密のケンミンSHOW! 新潟とりの半身揚げはカレー味!?(秘)赤べこ伝説とは』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

秘密のケンミンSHOW! 新潟とりの半身揚げはカレー味!?
  1. 半身揚
  2. カレー味
  3. スタッフ
  4. 全然
  5. 柳澤
  6. カレー
  7. 一同
  8. 垣花
  9. 金子
  10. 尾形
  11. ホント
  12. 意味
  13. 遠山
  14. 今回
  15. 首振
  16. 新潟
  17. 藤本
  18. 福島県
  19. エエーッ
  20. シーサー


『秘密のケンミンSHOW! 新潟とりの半身揚げはカレー味!?(秘)赤べこ伝説とは』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ関連商品

<ケンミンのケンミンによる
ケンミンのための

赤裸々
カミングアウトバラエティ!!>

(みの)
さあ お待たせ致しました。
カミングアウトのお時間で~す。

(久本)今夜も日本を代表する
主要県民の

皆さんでございま~す!
よ~っ!

は~い ようこそ~!
(拍手)

今日も盛り上がって
行きましょう~!

さあ まずは 初登場で
ございます。
よっ!

元衆議院議員の金子恵美さんは
新潟県民~!

(拍手)

(金子)以前 番組でも
紹介されていましたが…。

よろしくお願い致しま~す。

さあ 同じく
初登場で ございます。

フリーアナウンサーの
垣花 正さんは沖縄県民!

(垣花)ははっ…あの 沖縄県の…。

あの 以前 番組で紹介した…。

アヒル汁!

(一同)エーッ!

コラ。

コラ おいしかったんかい。
おいしかった よかった。

さあ!まずは県民の
熱愛グルメに関する秘密。

今夜も出るぞ~!

<今回は 新潟県民の
熱愛グルメ>

<新潟県といえば 以前の放送で

バスセンターにある 行列のできる
立ち食いそば屋さんで

昔ながらの 真っ黄色なカレー

その名も バスセンターのカレーを
食べまくっていたり…>

<三条市では なんと

たっぷり具だくさんの
カレーとラーメンが

夢のドッキングをした
カレーラーメンが大人気だったりと

新潟県民はカレー味のグルメが
お好きなようだが…>

<何を隠そう新潟県は

カレールウの購入金額が
全国 第2位という

まさに カレーキングダム>

<それは…>

<その名の通り
鶏の半身を

まるごと豪快に
揚げているようだが

アツアツの身を割ってみると

おお!ほのかに香り立つ
スパイシーな…>

<この 新潟の
カレー味の鶏の半身揚げは

日本…>

<この 超うまそうな
カレー味の鶏の半身揚げ

もうすぐやってくる

クリスマスシーズンに
ピッタリじゃないか>

<ということで 早速
新潟県で調査開始>

…っていう感じですかね。

<新潟市内の繁華街に
行ってみると

焼き鳥屋さんの
暖簾のセンターに

お~っと 堂々 鶏の半身揚げ>

<こちらの
ラーメン屋さんでは

ラーメンのサイドメニューに

カレー味の鶏の半身揚げ>

<おでん屋さんにも
伺うと…

おでんとともに
カレー味の半身揚げが

当たり前のようにレコメンド>

<さらに 県民御用達スーパー
キューピットさんに伺うと

お総菜コーナーに
パックに入った

カレー味の鶏の半身揚げ発見!>

<その奥にも…おおっ!

カレー味の半身揚げが…>

<中でも…>

(スタッフ)あ せきとりってとこが
有名なんですね。

<そこで カレー味の半身揚げの
元祖といわれる

せきとりさんへ>

<「やきとり」と書かれた
暖簾をくぐると

レトロな雰囲気の店内には

1日の疲れを癒やす
新潟県民達で大盛況!>

<さすがは 焼き鳥屋さん>

<みなさん おいしそうな
焼き鳥を頬張り 続けて

キンキンに冷えたビールを
幸せそうにグビリ>

<と 運ばれてきたのは…

出ました!唐揚げと言いながら

迫力満点の半身揚げ>

<続いて…>

<こちらのテーブルにも

カレー味の半身揚げが2皿登場>

<さらに…>
失礼致しま~す。

<半身揚げをもう2皿追加か…>

<げげっ もう2皿>

<さらに半身揚げが追加され
テーブルの上には なんと

カレー味の半身揚げが9皿>

<他のテーブルにも カレー味の
半身揚げが続々と運ばれ

さながら…>

(スタッフ)前菜みたいなもん。
なるほど。

<すると 越後兄さん

迫力満点の
カレー味の鶏の半身揚げに

豪快に かぶりつくと

冷えたビールで
一気に流し込んだ>

<男性だけでなく 女性も

さらには キッズ達までもが

無我夢中で頬張っている>

<そして よほど
ビールと合うのか

みなさんガンガン
中ジョッキを流し込んでいる>

(スタッフ)絶対ナンバーワンですか?

(スタッフ)飽きてこないですか?

(スタッフ)あ そうなんですか。

(スタッフ)ああ もう 鶏の?

<そこで 気になる…>

<使用するのは…>

<半身で…>

<味付けは まず 塩>

<そして出ました!味の要

カレー粉を大量ふりかけ!>

<さらに片栗粉をまぶし

フライヤーに投下>

(スタッフ)あ 企業秘密?

<そして 20分ほど
じっくり揚げれば

揚げ油が
おいしさの秘密だという

皮はカリカリで
身はジューシーな

カレー味の鶏の半身揚げが
完成するのだ>

<続いて 新潟市のお隣
五泉市で人気の食堂

「とりかん」さんの
ランチタイムに お邪魔>

<…と運ばれてきた定食は

おおっ 超巨大な
カレー味の鶏の半身揚げが

ご飯とセットで登場>

<よく見ると…>

<すると…>

<パリパリと音を立てて頬張り

ご飯をおいしそうに
かき込んでいる>

(スタッフ)おいしいんですか?

(スタッフ)ハハハ そんなに?

<実は こちらの
カレー味の半身揚げは

鶏肉にカレー粉を練り込んだ衣を
たっぷり まとわせ

油でじっくり揚げているので

皮がまるで お煎餅のように

超パリッパリなのだ>

<ちなみに
こちらでは定食の他に

テイクアウトも大人気
中でも…>

<実は新潟では
クリスマスになると…>

<ご近所のお店で

カレー味の鶏の半身揚げを
テイクアウトして

聖なる夜をスパイシーに祝うのが
定番なのだという>

<「せきとり」の
三代目に話を聞いた>

<そして 唐揚げを
販売しようとした際に

お客さんが喜ぶだろうと…>

<さらに味付けは
当時 学校給食で導入された

カレーにヒントを得て カレー味に
したところ 大ヒットし

カレー味の鶏の半身揚げは
新潟市を中心に

広まっていったのだという>

<そんな…>

<久しぶりの番組のお約束…>

(スタッフ)全国区じゃないですよ。

<…は とっても奥が深かった>

大体ね…。

おっしゃる通り。
ホントに大好きなんですね。

そうですね。

なんか 皆さん…。

(遠山)
そうそうそう。あの 私は…。

へぇ~。

もちろんね カレーって
食欲をそそりますからね。

私は…。

ああ~ ご飯と?

マジ?

じゃあ同じように全国区だと
思い込んでたんですね。
(金子)そうですね。

あの香りが すごい。

(笑い)
まあ まあ まあ…いいよ。

唐揚げ粉ね。
(遠山)それが売ってんですよ
新潟では。

やっぱり…。

あの…。

あれ そうなの?遠山さん?

(笑い)
もちろん 抜いてもいないし。

誰のサインなの?って
気になってたの。

ええ~?すごいすごい。

これ 由佳ちゃんは新潟で
活動してるじゃないですか。

(荻野)
そうですね。なんか普通に…。

二十歳のメンバーで…。

でも さっき言った通り…。

(笑い)

(土田)
俺もう あの味が どうこうよりも。
違う!違う違う。

柳澤さん いかがですか?

(柳澤)僕のふるさと 福島
隣り合ってますけど。

新潟 僕は会津ですけども。

無いか~。

これしかない…?
これしかっつったら

語弊ありますけど。

匂い おっきいですね。
ねっ。

さあ 長州さん いかがですか?

(長州)いや~ もう…。

今日はもう…。

(笑い)
ニ羽?

半身のニ羽。

ああ きた。
垣花さん どうですか?

はい。

なるほど。

おっしゃる通り。

そうなんです。

なるほど。
そこが醍醐味なんだって。

そうだよね。さあ 尾形。
(尾形)はい!

僕ですね…。

(笑い)

ちょっと 喋れないですよ。
みのさんに言われたら。

でも…。

そっか。
やっぱり…。

やっぱり…。

(笑い)
ちょっと…。

バイバイってなんですか?
バイバイってなんですか?
バイバイ。

(鈴木)おいしい~!

<このあと 新潟県民熱愛

カレー味の鶏の半身揚げに
一同 大絶賛!>

<新潟県民熱愛 今回は…>

<…をいただきます>

(金子)はい いただきま~す。
熱々だよ。

香りがね。ガブンチョ。

(藤本)ガブンチョ。
どんな感じです?おいしいか?

(遠山)
さすが みのさん そっからですよ。
そっから いってください。

こっから いく。

どうですか?みのさん。

はぁ~。

僕も…。

そうなんですよ。

シンプルだからクセになるってのは
本当にそうなんですよね。

ねぇ~。
(遠山)僕 ちょっと このむねを
最初に食べたんですけど

ちょっと このもも いきますんで。
もも いっちゃって。

もも また違うんだな 味が。

全然…。

あ~。
おいしい。これだ これ。

うまいっすか。衣がうまい。
そうなんですよ。

でも 肉にはカレー味ないよね。
(金子)そうですね。

口の中で混じって
はじめて おいしい…。

これがうまい。

じゃあ 私達も いただきましょう。
いただきま~す!

(一同)いただきま~す。

≪サンキュー!≫
(尾形)サンキュー!
(笑い)

(国生)どっから食べようかな?
(柳澤)
どの辺がいいですか?オススメは。

(鈴木)めちゃデカい。

≪香りがすごい。香り≫
≪めちゃめちゃおっきい≫

≪うまいわ≫

確かに ビールに合うな。
まいったな。

(柳澤)確かに。
これは クセになるな!

(金子)ですよね。
ねえ!

(金子)クセになる味。
(鈴木)うん…。

(鈴木)おいしい~!
めちゃめちゃうまいね これ。

この肉がもう そもそもうまい。

うまっ。
≪めっちゃうまい≫

噛めば噛むほど うまい。
めちゃめちゃうまいな。
うまっ。

(藤本)おもたっ。

食べられないですから。
めっちゃうまいよね。

(垣花)
鶏本来のおいしさを
邪魔しないですね カレーが。

ほんと そう。

(柳澤)
いや もうちょっとカレーの味が
強いのかなと思ったら

そうじゃないんですね。
そう…。

こんな贅沢ない。ありがたいな~。
うまっ。あ うまいな~。

ほんとに そう。

(国生)…と思って。

カレー。
おいしい。そうなんですよ。

このささみですか?

(長州)ほんとに。
だって…。

(笑い)
手羽先 好きだって言ったじゃん!

(藤本)うそ ついてる~。
これは おいしいですね。

奈々ちゃん すごい食べてない?
全然 食べれます。

なんか私…。

ねえ。
全然!

ガンガン いってるもん。
これ 全然…。

もっといける?

…ってことが分かった。
なるほど。

(垣花)あくまでも…。

言えてる。うん。

めっちゃうまいよね。

やっぱ…。

…って 改めて思いました。
そうだよね~。

そんなことしてないです!

してない してない!
大丈夫?

フジモン どう?
(かじる音)

ワイルドだよ。

今 ちょっと…。

でしょ?
うん。でしょ。
(かじる音)

(笑い)

無理せんでええ。

のっからなあかんのかなと
思いますやん。

<沖縄県の門前に鎮座まします

ウチナンチュ
心の守り神 シーサーや

島根県民が
めっちゃ怖い 般若のお面を

魔除けとして 家の玄関に
平然と飾ってしまうなど

県民達が…>

<あまた 紹介してきたが…>

<今回は
福島県の秘密の守り神>

<それは…>

<首振る イカした赤いヤツ>

<そう…>

<白のラインが映える その名に
たがわぬ 真っ赤なボディー。

空を見つめるキュートな眼差し。

そして 頭に触れると…

首をゆらゆら>

<なんだか とってもかわいい>

<福島県の
ガイドブックを見てみると

おみやげコーナーに 堂々 掲載>

<さらに 県の広報誌でも
赤べこを猛プッシュ!>

<赤べこが 福島を代表する
民芸品だということは

なんとなく知ってはいるが

この素朴な赤べこに

福島県民は 一体どんな魅力を
感じているのだろうか?>

<早速 福島県へ飛び
赤べこの認識を調査>

(スタッフ)え~ そうなんですか。

赤いべこ…。

(スタッフ)でも…。

(スタッフ)ほんとに?

沖縄でいうと。
あ そう そう そう。

ない。

<なに?赤べこの本場は 会津?>

<ということで
会津地方で引き続き 調査>

<スタジオにいらっしゃる
柳澤さんの地元

会津若松市へ行ってみると

駅前に…おお!

いきなり
巨大赤べこが お出迎え!>

<触ってみると
ゆったりと元気に首振り>

<実は 会津地方は
赤べこ発祥の地といわれ

ちょっと町を歩けば おっ!>

<なんと 自動販売機も 赤べこ>

<公園には 赤べこの遊具に

赤べこの水飲み場など

おいおい
赤べこだらけじゃないか!>

(スタッフ)あ そうですか。

…みたいな。

ねえ?仏様。
私も言おうと思った。

(スタッフ)あ~ はい はい はい。

だから…。

<まずは 福島県のご家庭で
赤べこの捜索開始>

<と 指さす方向に…おっと!

第1 赤べこ発見!>

<続いて すぐお隣

なんと 築100年近くの
こちらのお宅に お邪魔>

<ついていくと…>

<見上げた先に おお!

今度は 神棚の上に
3匹の赤べこを発見!>

<すると お母さん
おもむろに指さしたのは…>

<なんだ?>

<さらに 謎の
赤べこキャップまで発見!>

<今度は すぐ脇の坂を下った
こちらのご家庭へ>

<案内された先には…>

<またも 神棚に赤べこが鎮座!>

<なんと!26年モノの
年季の入った赤べこ>

<そんな大事な赤べこを
見せていただくと…>

<続いて
会津地方の本丸…>

<まずは 市長室に伺い

室井市長と面会>

<やっぱり あった!
立派な赤べこ>

<ここで 1つ 疑問が>

<赤べこの アイデンティティーである
この首振りは

一体 どのようなメカニズムに
なっているのか>

<手作り体験ひろば
番匠さんへ伺い

赤べこを作り続けて45年

須藤さんに話を聞いた>

<失礼して
1つ 分解していただくと

出てきたのは…>

<失礼して
1つ 分解していただくと

出てきたのは
新聞紙に包まれた重り>

<中を見せていただくと

登場したのは なんと…>

<首振りの原動力は
金属だった!>

<かつては どの職人も
河原石を重りにして

赤べこを
製作していたが…>

<再び 須藤さんに話を聞いた>

(須藤さん)一生懸命 手伝った
赤毛の牛を

「赤べこ」という風に
呼ぶようになりまして

そのために…。

<ここで 新たな…>

<そこで
情報をもとに

こちらの
町民センターへ>

<中へとお邪魔すると…
おぉ!

福島キッズ達で 超満員!>

<この日は
喜多方市の小学生65人が

校外学習で参加>

<箱から取り出されたのは

あれ?
のっぺらぼうの赤べこ>

<3色の絵の具を使って
赤1色のべこに

自由にペインティングしていく>

<すごいぞ!
福島県の赤べこ英才教育!>

(拍手)
柳澤さん やっぱ 家に
赤べこ ありました?

いや もう…。

すごい数だ。
あの…一家に1台。

エエーッ!
まさかの ちっちゃいやつ。

(一同)エエーッ!

これ以外にも 最近はね
こんなのも あんですよ。

キーホルダー。
≪えっ めっちゃ可愛い!≫

(柳澤)これぐらいな ホント
身近なもんなんですよ。

ホントにね
今 VTRにありましたけど…。

あ~ そっか そっか。

実は VTRにあった…。

えっ あるんですか?
(柳澤)ええ…。

(一同)へぇ~。
ああ いい話だね。

でも それだけ 皆さんにとって
赤べこってのは もう

ホントに身近な…。

(笑い)

あの首振りの仕組みってのは
ご存じだったんですか?

いや…。

でもね…。

ちょんと ちこっとね…これが。
わかる。

ちょっと癒やされるというか。

金子さんは 赤べこ
知ってらっしゃいますか?

そう 多かったんですよね。昔は
そうだったんですよ。だから…。

さっき お持ちだった この…。

あっ そうなんだ!

(金子)だから すごく
馴染みがありますよね。

…と思いますね。
ホントですね。

さあ 隣県として 尾形君
この赤べこは 馴染みある?

(一同)へぇ~。
(尾形)そうなんですよ。

うちの じいちゃんが…。
立派なやつだったの?

そうなんですよ。

そしたら…。

(一同)エエーッ!

それは嘘だ。
尾形さん…。

(尾形)いやいや…。

(笑い)
ガレッジ いかがですか?

(ゴリ)でも なんか…。

やっぱり そうだよね。シーサー。
そうですよね。

(ゴリ)シーサー…。

シーサーね。
似てるっちゃ似てますもんね。

なんとなく雰囲気ね。
で また それが 多分…。

違う違う…違う違う。
(川田)違うでしょ。

違う。
なんで 南から 富山 行くの?

(笑い)

(西川)大体…。

(一同)エエーッ!

アロエね。

(土田)
ジャンル違うけど めちゃくちゃ
食いつきますよ。アロエ?

それなら言うわ。

なかった?久本さんの家。

(藤本)うちも ありました。
≪なんで?≫

例えば…。

そう。
そう。

いやいや まあ…。

えっ それって どこにあんすか?

これは ちょっと…。

ちょっと もう…。

うん 全然!
アロエ あったよね!?

<今回は 沖縄県のケンミン語>

<以前 放送した…>

<…と ゴリさんが
毎度 お馴染み

難解なウチナーグチを
披露した際…>

≪全然 分かんない≫

<あの沖縄県民でさえも

理解できないほどの難しさ>

<そこで今回は 難易度MAX>

<…について学びましょう>

<早速 垣花さんのふるさと

宮古島市で勉強スタート>

<まずは
トラクターを乗りこなす…>

<「だいず あぱらぎ みどぅんやー」
について聞いた>

(スタッフ)これは?

だいず?

という言葉でも十分通用する。

すいません どういう意味ですか?

でも…。

あぱらぎ?
あぱらぎにはね。

どういう意味ですか?

これ キレイ?

「みどぅんやー」っていうのは
どういう意味ですか?

この「みどぅん」で女性。

(スタッフ)この「やー」は?

<島のメインストリートにいた…>

<「まーつき むぬ ふぁうがー」
について聞いた>

意味は?

無理だ。

<ポイントは6つ。それぞれ…>

<…といった意味があり

つまり このような
シチュエーションで…>

<…になるわけです>

<まずは…>

だから…。

…とも言うよ。

そうそう…。

そうそう…。

そうそう。いい香りは…。

2回使うことによって
とっても香ばしいと。

<特に強調したい時は
単語を二度 繰り返しましょう>

<続いて…>

<こちらの三線ティーチャーに
聞くと 意外な事実が…>

はい?え?

今 何て言ったんですか?

(スタッフ)全然 分かんなかったです。

「す」に「○」なんだけど。

「す」に「○」なんだけど
こっちではね。

これ 言えないですよ。

<これこそが
宮古島最大の激ムズ発音>

<マスターするには
かなり時間がかかるので

今日から練習しましょう>

<それでは…>

<学びましょう>

まだ感情が。だいず…。

これ一番 大事?

みたいな感じやけど
これはもう…。

<それではポイントを踏まえ
実際に

ネイティブな発音を
聞いてみましょう>

<皆さん このケンミン語

ぜひ 使ってみては
いかがでしょうか?>

(拍手)
全然 分からない。

宮古島の沖縄県民 改めて
今のケンミン語をお願い致します。
(垣花)はい。

え~?全然 分かんない。

だいたい。おじさん出てきて…。

って言ったでしょ?と…。

同じなんですよ。
なるほど~。

またさ 「す」に「○」って何?

「す」に「○」。
あの発音は 正直言うと…。

≪エーッ!≫
ですけど…。

吸っちゃうの?

うわ すげえ。

難しいね。

単語を繰り返すと強調になるって
さっきね 教えてもらいました。

それも さっき 沖縄の
島の人が言ってましたけど…。

だから…。

私 今それ聞いて 知らなかったら
脱ごうかと思いました 今。

(笑い)
上着が…上着がダメなのかな~。

違うんだね?

同じ沖縄県民のガレッジ
分かるの?

いやもう…。

全然 分かんない?

(笑い)
全然 違うんですよね。

ちなみに…これは どうなる?
沖縄で言うと どうなるの?

えっ!?

(笑い)

どっちも一緒だよ。

3つ違うの?
違うんです。

なに言ってるか分かんないです。

いやあの 皆 そう!

全国一緒だよ それ…
全国一緒。
皆 一緒だわ。

ほんと~。
(川田)僕も…。

出ちゃうね。

エーッ!

(川田)何か怒ってんな…みたいな。

さあ国生さん いかがですか?

私…。

それはさ 例えば鹿児島弁で
言ったら どうなる?これ。

あ~まぁまぁ分かるわね。
全然 分かるわ。

長州さん 山口弁で言うと これは
普通になっちゃいますもんね?

…ていう。
怖いわ!

われ ええ女…怖かった。

そういう…。

なんか…。

…って思いました。
そうだね~。

ほんとね 2回繰り返すよね。

フジモン どうですか?
こういうのって
いつも思うんですけど これ…。

そやわ。
(垣花)本当に初級の初級なんです。

(笑い)

(藤本)え~そうなの?みんな?


関連記事