ダウンタウンDX りんごちゃん&神田松之丞&純烈!今年大活躍スターSP!・純烈が再び女性スキャンダル発覚?…



出典:『ダウンタウンDX★りんごちゃん&神田松之丞&純烈!今年大活躍スターSP!』の番組情報(EPGから引用)


ダウンタウンDX★りんごちゃん&神田松之丞&純烈!今年大活躍スターSP![字][デ]


★今年の顔!りんごちゃんは変装下手!深夜に弁当三個?衝撃の寝言も★神田松之丞が改名!さらに名前が10個の謎とは?★純烈が再び女性スキャンダル発覚?3人が脱退?


詳細情報

出演者

【司会】

浜田雅功(ダウンタウン)

松本人志(ダウンタウン)


【ゲスト】

浅川梨奈

神田松之丞

純烈

チョコレートプラネット

土屋炎伽

Hiro(MY FIRST STORY)

野性爆弾

りんごちゃん


【コーナーゲスト】

森田哲矢(さらば青春の光)

番組内容

★2019年の顔!りんごちゃんは変装下手!深夜に弁当三個をどか食い?衝撃の寝言にスタジオ騒然★今年ブレイクの神田松之丞が改名!さらに名前が10個の謎とは?★お騒がせした純烈が再び女性スキャンダルが発覚?3人が脱退で1人営業?★超大忙しのチョコレートプラネットが仕事の合間に2人で記念撮影?★ミスジャパングランプリ土屋炎伽はストイックなOL!妹の太鳳との(秘)話も★野性爆弾くっきー!はバカだから生徒会長?

制作

ytv

おしらせ

☆「視聴者は見た!」スター目撃情報募集中!紹介された方には番組特製オリジナルグッズをプレゼントしてます★番組終了後、Youtubeにて収録合間にポロリと漏らしたゲストの映像公開!詳しくは番組HPまで★

番組ホームページ

★ダウンタウンDX公式HP★

http://www.ytv.co.jp/dtdx/

★LINE、Facebook、Instagramも是非チェックしてね!

キーワード

立川志らく

ウッチャンナンチャン

坂上忍

ターミネーター




『ダウンタウンDX★りんごちゃん&神田松之丞&純烈!今年大活躍スターSP!』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ダウンタウンDX りんごちゃん&神田松之丞&純烈!今年大活躍スター
  1. 会場
  2. 拍手
  3. 長田
  4. Hiro
  5. エーッ
  6. エエーッ
  7. 一同
  8. 森田
  9. ホント
  10. 名前
  11. ゴング
  12. 松尾
  13. ロッシー
  14. 今年
  15. ベッド
  16. 結構
  17. 酒井
  18. ハハハ
  19. マジ
  20. 仕事


『ダウンタウンDX★りんごちゃん&神田松之丞&純烈!今年大活躍スターSP!』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ関連商品

(浜田)
今回 2019年 大活躍した方々に
お集まり頂きました~!

(拍手)

<今夜の『DX』は…>

<2019年…>

<仕事からプライベートまで
丸裸に!>

<今 最もチケットが取れない

講談界の風雲児…>

<密着すると…>

(神田)わかんないけど。

(笑い)

<モノマネ芸人>

<寝姿を撮ってみたら
ヤバすぎる実態が!>

(笑い)

<さらに 売れっ子スター達の

恋愛・家族・青春時代!>

<おばさま方の…>

<なんと 超…>

(白川)お前…。

(森田)って情報 入ってるんです。

(ゴング)

<そして…>

<初登場!>

<Hiroしか知らない…>

(松本)
母ちゃんていう呼び方 嫌やわぁ。
(Hiro)すいません!

(Hiro)
いや それは お父さんのヤツ!
ややこしいから!

松之丞さん 前回 『DX』出てから
えらい話題になったと。
そうなの。

いやもう 前回ね
僕が悪いんですけど…。

(笑い)
びっくり…いや もう

信じられないぐらい。
そんなことない…。

信じられない。
松之丞さんが言うほど
スベってはないですよ。

で 僕がスタッフさんに…。

で 俺が…。

「助けて」と思って…。

(笑い)
びっくりした。

(ゴング)
びっくりした。

俺も損してる…。
(笑い)

で 終わった後に浜田さんが
優しい言葉を

かけてくれんのかなと思ったら
「松之丞 ちょっと来い」

みたいに言って
「はい」つったら…。

(笑い)
≪すごいなぁ≫

コンビ揃って
やられてんですよね。

いやいや 大丈夫。
本人 思い過ぎですよ。

(笑い)

最高の編集でした。
ありがとうございました。

さあ それでは いきましょう!
まずは こちらのコーナーから!

♬~

(拍手)

VTRで どんどん
ご紹介してまいりましょう。

(酒井)おはようございます~。
(寅二郎君)おはようございます。

8時に来んの?

昼に健康センターがあったんですよ。

なので そこしか入れらんない
っていうことで。

ちょっと息子 不機嫌なんです。

そうですね。顔も まだね

出来てないっていうかね。
笑顔がね。

奥さんにキッチン
プレゼントする取材で。

(スタッフ)おはようございます。

(スタッフ)大丈夫ですか?

(会場)え~!

めちゃくちゃやな これ。

(長田)めちゃくちゃかっこいい。

朝の10時から?

(スタジオ:松尾)これは切る前です。

(くっきー!)美容師
イカツすぎるやろ。

(松尾)白髪も染めて頂き
きれいになりました~。

[ モノマネ ]
(松尾)スッキリ~!

何してんの?
エゴサーチです。

(神田)
ずっと多分 落語とか講談を

いっぱい聞いてくれてる人
なんでしょうけど…。

地味だな 俺だけ。

なかなか できるなっていう
感じはありますね。

♪~

(拍手)

(神田)
かたいのやっても
しょうがないからっていうんで

この鮫講釈という お話を

申し上げる事に
しようと思って。

表門の大将が大石内蔵助

裏門の大将が武蔵坊弁慶。

あ…おかしいぞ。

この義士伝
弁慶が出てきたよ。

黙って
聞いてろってんだよ。

♪~

♪~

≪そのまま行ける≫
そのまま行ってるやん。

(ロッシー)どうも~。
野性爆弾のロッシーです。

何してんの?
これ 鼻笛。

♪~(鼻笛)

ジャーン。

♪~(鼻笛)

バレへんか?これ。

結構バレないんですよ。
あ そう。

分かんないよ これ。

もうええわ もう。もうええわ!

わかんないけど
でも そうですね。

よろしく お願いしま~す。

(拍手)

武蔵も油断なく
じり じりっと

身構えておりますうちに
虚無僧の体が

ひらっと翻った。
えいっと裂ぱくの気合い。

心得たとばかりに武蔵 
左剣を持って

相手の尺八を ぴし~!

♪~

なんか かっこええシーン
出しよるな おい。

ちゃんと仕事もしてるんですよ…。

お疲れ。

ガムシロ飲むわ。

びっくりするよな。急に甘いと

びっくりするよな。
脳と違うもんが来ますんでね。

いろいろね 松本さん
ありましたけども まずは純烈。
純烈。

忙しそうやったね~。
忙しかったですね。

なんか
妻にキッチンをプレゼントして

その女性誌の
取材だったんですけど。

もう朝しか入れらんないって事で
昼には もう

お台場の大江戸温泉に
入らなくちゃいけなかったんで。

いや これキツイな。
まだ ちょっと笑顔も

作れない時間ですよね。
いやもう
ガチガチですね ホントに。

で その後 行って
あのライブでしょ?
行って あのライブ。

(笑い)
死んでない。

(拍手)
≪おくりびとじゃないんで 我々≫

お墓ちゃうわ ホンマに。

(笑い)

オーラ的なもんなんやろね。
そうそう。いや…。

(笑い)

赤に近づいてくほど近いとか。
もうちょっとって…。

(笑い)

俺は ただ入り口を
ちょっと開けただけやから。

これ でも まだ やっぱり
やるんですね?スーパー…。

やります。
全然…はい。

(小田井)だから 僕ら 急に…。

(笑い)

お前 アカンぞ!
(ゴング)

握手…ラウンドといわれる

お客様のとこに下りていって
握手とか させてもらう…。

物もらいにね 下りていくのね。
(笑い)

≪コミュニケーション…≫
確かに 色々もらえますから。

そんで こう 健康センターとか
そうなんですけども

オバちゃんとか
座ってるじゃないですか。

で 僕達 こう 身長 大きいんで

そうすると オバちゃん達が…。

おぉ。
(白川)そうすると もう…。

バチン!って…。
(笑い)

「そう」って言うたよね?
めっちゃイラッとしてる。

一番イヤなやつ。一番イヤなやつ。

そうなんです。
だから もう 握手してると

やっぱり 泣いてる方がいて。

で やっぱり 彼が歌ってた歌を

僕が歌ったり
メンバーで歌ったり。

そうすると やっぱり…。

(一同)エエーッ!
そういう方も…。

抜けたメンバーは…。

(笑い)
(後上)調べていただければ
出てくると思うんで…。

(長田)「コツン」じゃない!
(笑い)

「ん?」やない!
(笑い)

反省して ホンマ もう!

さあ りんごちゃん
あなた 何?あの変装。

(りんごちゃん)これ…。
(笑い)

(りんごちゃん)そうなんです。あの…。
≪すごいよ≫
ええ?

なんか こう…
試行錯誤といいますか

なんか 別に 変装する気も
ないんですけど

でも やっぱり こう
今 顔をさすって言うんですか?

言う言う…。
言いますよね?なんか それが

最近 ちょっと
迷惑になる場所とかもあるので

できるだけ
分からないように なんですけど

なんか 私 もう 分かんなく
なっちゃって ホントに。

(くっきー!)変装が。
変装がね。

あのタクシーん中も
すごいやん あんた。

全部 かぶして。
(りんごちゃん)そうですね。
あれは何なの?

タクシー 嫌がられるでしょ?

あ~ そんな事ないですよ。はい。
ホントですか?

なんか こう タクシーとかも
まあ なんか…

横に 車とか
あるじゃないですか。

もう なんか 乗ってると こう
「ああ!」みたいな なるので。

なんか その…
危ないじゃないですか。

運転なされてるので
周りの方も。

なので もう
見えないようにしています。

誰かに間違えられるとかは
そういうのはないんでしょ?別に。

あっ ないです…。

ああ 私は…。
名言みたいに言う…。
(笑いと拍手)

(笑いと拍手)

「SK-Ⅱ」…。
(笑い)

そうですね。普通に まあ
着物担当ですけどね。

ハハハ…!
で なんか すごい嬉しそうに

「わ~ 会えた~!」つって。
なるほど なるほど。

「会えた…」。

…ってなって。
あれ 何なんでしょうね?

全然 似てないじゃないですか。

何も似てないです。
だから もう
最近 すごく売れてきた

着物 着てる人で ガーって
なっちゃうんでしょうね。

で ちょっと恥ずかしいんです。
「あっ 知られてきたな」ってのが

恥ずかしくって。でも だから
よく伊集院さんがね

石塚さんに間違えられるとか
デブ繋がりで

そんなん嘘だろと
思ってたんですけど

あっ こういうこと
ホントにあるんだって ちょっと

ビックリしましたね。
なるほどね~。

ありますよ。結構 長い期間…

だって
俺 5年ぐらい前でも まだ…。

(一同)エエーッ!

もう 世間の人って
そんな人 やっぱ おるからね。

いや なんでや!
全然…なんで?
(笑いと拍手)

(くっきー!)あんな清潔感ない!
ハハハ…。

アホ!やかましわ!
(笑いと拍手)

さあ 土屋さんは 今年は もう
人生が大きく変わりました。

<今年 創設された
新たなミスコン…>

<これからの飛躍が期待される
注目の美女なんです!>

(土屋)これは 大体…。

4000人…。
(会場)エエーッ!

グランプリですからね。
はい。あの…初めての大会で

今回 こういう賞を頂いて

なので やっぱり 今までは

連絡がついてなかった
友人とかからも

すごい連絡をたくさん頂いて

そこで なんか 「あっ…」。
えっ 誰やねんっていう
感じですか?

っていう…
でも 中には ホントに 「えっ…」。

…みたいな人も たまに。
(笑い)

ねえ!
あるある。

土屋さんって 名前…字 これ…。

すっごい…。
(一同)へぇ~。

(笑い)

(笑い)
ホントだ 焙煎…ホントだ。

うまそやな~。
ホンマや。

字はね。
(土屋)はい もう そうなんですよ。
炎伽。

あなた 普段は
どういうお仕事をされてる?

普段は…。

(一同)エエーッ!
(土屋)はい こんな感じで。

はい。なので あの…。
これ 一般の企業で?

…を基本は していて。はい。

朝 出勤して…。

(笑い)
≪むちゃくちゃ…≫

≪だいぶ エロいですよ≫
だいぶ エロい…。

ほんで…。

そうなんです。あの…。

(会場)エエーッ!

なので あの…
平日だったり 休日は

練習と試合を…はい。
へぇ~ すごい。

普通に じゃあ
お仕事されてるんですね。
普通に お仕事…。

(一同)エエーッ!

じゃあ 純粋なタレントさん
ってわけでもないんですね。
はい。

<そんな二足のわらじを履く
土屋炎伽さんですが

幼少期 妹の太鳳さんと

こんな忘れられない体験を
したそうなんです>

実は 私 あの…。

(笑い)

≪一生 言われるやつやん!≫

まあ よく
ごっこ遊びをしてたんですけど。

ちっさい頃 小学生の頃に

海で 「ほの 助けて~」
っていう風に

ずっと叫んでるから あっ
ごっこ遊び 始まったと思って

「今 助けに行く~!」って
ノリノリで

助けに行ったら…。

多分 こう
渦巻いてたんでしょうね 下が。

海でね。
(土屋)海が。で…。

巻き込まれてるやん!
(笑い)

≪偶然に…≫
確かに 確かに。

(長田)命の恩人やったらね 普通

こう 助けたっていうね…。
なあ!サッと なあ。

ああ!って うわ~!って
なってますよ。
(笑い)

どういうこと?
でも 私がいたから

テトラポッドに
足が引っかかったので

多分 いなかったら
もしかして ちょっと…そう。
エエーッ!

ああ そう。
(会場)へぇ~。

ちなみにですけど…。

ねえ!
(笑い)

≪いいでしょ!仲≫
(Hiro)仲 悪いんですか?

さあ チョコプラは
仕事の合間は

いつも あんな感じなんですか?
そうですね。

僕は 毎週…。

何なん?あれ もう…。
(松尾)「何なん?」って
どういうことですか?

自分で やったらええやん。
いやいや…違うんですよ。

坊主の人って なんか
伸びてくると気になりません?

くーちゃん どうしてんの?
自分で やってんの?

僕は 自分で 今 ちょっと…。

≪エッ!?≫
(会場)エエーッ!

(笑いと拍手)

ちっちゃい嘘やな おい!
(笑いと拍手)

(笑いと拍手)

(長田)メチャクチャしょうもない嘘。
(松尾)最悪ですよ!
(ゴング)

(松尾)ヒドイ!ヒドイですよ!
全員が「え?」って言ったわ 一瞬。

(松尾)ヒドイですよ!
(笑い)

何やねん!

(笑い)
ホントに。

後輩が しゃべっとんのになぁ。
(松尾)ムチャクチャですよ。

松尾 なんか 新しい ものまね
挑戦してると聞いております。

そうなんですよ。
IKKOさんとか

坂上 忍さんとか
やらせてもらってるんですけど

ちょっと
この年末から来年にかけて…。
ちょっと新しいのね。

はい ちょっと…。

(一同)おぉ~!
意外と やってそうで
誰も やってない。

<新作ものまねで
衝撃の結末が!>

まあ でも
ただの梅沢さんじゃなくて…。

あぁ~。
(長田)すぐキレるというの…。

ちょっと いいっすか?

(長田)そこまでは
キレないですけどね。

ちょっと…あの…。

(笑い)
あるよな それは。

言い訳やん!

≪ちょっと パジャマやもん≫
まだ 仕上げて…。

まだ 作ってる最中。
いや まだ…服 着ててもやな。

(松尾)いやいや…。
(長田)作ってる最中です。
完成度が…。

まだ 作ってる。
≪いやいや 服のせいやな≫

完成度 低くないですか?
いやいや…まだまだ…。

まだ まだ…はい。
今年は これで いこうと。

でも チョコプラね もう 今年は
かなりハードスケジュールだったと。
いや そう…。

そうですね。
忙しくさせていただいて。

1月ぐらいから
もう ず~っとでしょ?

そう。休みが 気づいたら…。

…っていうのが
あったんですけど。
(一同)エエーッ!

まあ 舞台もね 1日…。
そうなんですよ。

やっぱ 吉本って…。

(会場)エエーッ!
これが…そうですね。

大阪で 12ステ
やったんですけど。

≪12ステ!?≫
12ステです。

≪すごいな~≫
ハハハ…。

こういう場合は
ネタは どうすんの?変えんの?

あの…まあ 2~3個で
回すんですけど

もう 10ぐらいになってくると

ネタやってる最中に
「あれ…」。

…みたいな感じになって。
(一同)あぁ~。

ちょっと分かる。
(長田)「あれ?1個前の…あれ?

言った。あれ?言った?」
みたいな感じで。
分かんなくなってきて。

もう 下りてきたら
時間 めっちゃ短なってたとか。

相方も気づいてないんですよ
だから。
いやいや あるある…。

もう なあ!
[ モノマネ ]いや もう…。

(笑いと拍手)
言えへん…いや 言えへんよ。

≪格好が違うもん≫
格好をさせてくださいよ。

格好を!
「ぶっ殺してやる」!?

(笑い)

こういうスケジュールですけど
浅川さん どうでしたか?

(浅川)私は あの…お芝居やらせて
いただいてるんですけど…。

<今年
テレビドラマと映画

合わせて
9本もの作品に出演した

20歳の浅川梨奈さん>

<彼女が体感した…>

特に…。

終わって次 終わって次で

また一番最初に撮ってたのに
戻ってみたいな。

なんかもう…。

…っていうのは

あったりはしますね。
ああいうのも やるんですね
あなた チェーンソー持って。

めちゃくちゃやってるやんか。

あれ 実は…。

ふんどし!?
はい。

(小田井)
確かにローアングルのカット
ありましたね。

(笑い)

≪お笑い?≫
≪ドラマ?映画?≫

映画で。

ふんどしでチェーンソー持ち込み。
ちなみに言うと…。

(一同)エエーッ!

じゃあ…。

(笑い)

なんで浮き出るんですか。

浮き出ないです。

まあ そういうのありながら
さあ Hiroも

今年はかなり
忙しかったんじゃないですか?

いや あの~ 僕…
今回のテーマ

2019年 忙しかった芸能人っていう
テーマじゃないですか。

あの 僕…。

なんで?仕事してたでしょ?

今年 僕 あの
大変申し訳ないんですけど…。

(会場)エエーッ!

まあまあ…休みがあるから暇って
わけでもないじゃない。

いやいや…僕だから さっきから
皆さんのスケジュール出てる時

もう どうしようと思って。
(笑い)

なんか分刻みで
動いてらっしゃるとか。

なんか 180連勤とか。

(Hiro)いやもう出来ないですよ。
せやな ドッキリやってたな。

あのドッキリはまた…。
あれ ライブ前なんですけど。

よく うちのドラムに
引っ掛けたりしてるんですけど。

ちょっと このツアー
結構いろいろ 彼の…。

マジで?タバスコ入れたん?
(Hiro)はい。

スタッフの…。

スタッフが預かってるんですけど
それを僕らが…。

(会場)エエーッ!

(Hiro)
めちゃくちゃ詰めるんですよ
スタッフを。

「お前 どうしたの?あの金」
みたいな。

「どうすんだよ?」
そしたらもう てんやわんやに
なるじゃないですか。

(会場)エエーッ…。

≪ドSや≫

(笑い)
いやいや…
そんな急に出てこない。

ここで急に出てこないです。

なるほど。さあ 松之丞は…。

ありがとうございます。
(拍手)

これは いつって
決まってるんですか?

2月の11日ですね 来年の。

で 同時に名前も変わるんや?
そうですね。

名前が…。

…っていう名前になって。
これ 何代目とか?

6代目なんですけど。

<松之丞さんが襲名する“伯山"は
講談界神田派の大名跡>

<36歳の若さにして
派閥のトップになるんです>

すごい 結構いい
名前で…。

(一同)へぇ~。

結構 結構大変な
名前なんですよ。

32年が
5代目ですから。

全員 名人の系譜
なんですよ。

これはでもね
空いてたんでしょ?

伯山は。
空いてたんですけど
杉山さんって方が持ってて。

5代目の伯山の
弟子なんですよ。
なるほど。

その人…今 実業家で
講談やってないんですけど。

もうだから
ずっと後継者みたいなのを

たぶん断って
らっしゃってたんですよ。

だけど 僕が今回 行って
それでOKもらったんですけど。

結構 大変でした。
最初 人を介して

ちょっと お願いしますったら
結構 けんもほろろで。

松之丞君と話したいって言われて。

で 会った時も もうね
のらりくらりしてんですよ。

「今日 いい天気だね」とか
「僕のね 昔の講釈の話…」。

これ くれねぇやと思って
もう いいやと思って。

とらやの すごいデカい羊羹とか
持ってったんですけど。

じゃあ 10日後に もう
たぶん くれないと思うけど…。

10日後っつって。
で もう10日後経ったら

雨も降ってたから
着物でもなくて

普通のなんか
ジーンズみたいなんで行って。

羊羹も こんな…。

(笑い)

どうせ くれねぇやと思って
行ったら…。

(笑い)
(神田)くれるんだ!?と思って。

衝撃。
うわ~ そういう世界…なんだ。

これが…譲跡の
証明書。

名前を譲るっていう。
なるほど。

我々にはない
世界なんでね。

印鑑押して。

でも一応 法律でもOKなふうに
こう…してくれて。

じゃあもう 我々はもう
松之丞さんとは

呼べなくなるわけですか?
だから伯山になるんですね。

せっかく覚えたのに
ちょっと そこ ないですか?

でも それぐらい
魅力のある名前なんですよ。

本人としてはね。
本人として。

名前 変えたら
前の名前の方が良かったみたいな。

変えてから
変な運勢 変わったみたいな…。

(笑い)

≪あら~!≫
≪は~い!≫

(笑い)
≪カワイイ≫

≪カワイイで 許されないですよ≫

かわ…そうなんですね。
これね すごいのは…。

(一同)えっ!?

ハッピーセットみたいになってんです。

≪何これ!≫

(神田)10個ついてくる。

何?何?

(神田)宗家の名前で

伯山が持ってる名前が
もれなく全部ついてくるんです。

(会場)エーッ!

例えば弟子にあげる事ができる?
(神田)できるんです。

(笑い)

え~っと どれや?どれや?
みなみ 南玉 欲しい。

でも僕は その権利があるんです。
ホントにあげる。
そやんね。

ちょっと全く知らなかった
世界の話ですけどもね。

だから名前 変わるんで
よろしくお願いします。

(拍手)

さあ ロッシーは公園で
何をしてたんでしょうか。

もうええわ それもう
忘れてたし。

これ知ってます?

手に持たはります?いいですか?
いいよ。

これ 鼻にこう 当てるんです。

ほんで こん時に…。

ハーッてなるんですよ。
意外と複雑なんや。

ハッ フーン フーンとしたら
フフーンが これに当たって

ここ入って この辺で
音が鳴ってる ハーッて。

(一同)へぇ~。
いうのやりますね。ほんなら…。

(鼻笛)
…って鳴るんです。これ。
(一同)へぇ~。

これで…。

♪~(鼻笛)

(笑い)

♪~(鼻笛)

…ってやるんです。
全然…良かったら はい。
浜田さん やってください。

いやいや 分からへんもん。鼻?
鼻に。

(鼻息)
(笑い)

(ロッシー)意外と口 開けなダメです。

(鼻息)
(ロッシー)ああ 近い!

(鼻息)

≪頑張って!頑張れ!浜田さん≫

(鼻息)

≪鳴った 鳴った≫
≪ちょっと待って 今!≫

いや…いらんいらん
いらん!いらん!いらん!
(笑いと拍手)

鼻 出てるわ!ええ ええ…
アカンアカン…絶対 嫌やわ!

絶対 嫌やわ!
何個か持って来いよ。

難しいよ これ。
いや 何個もないですって
そんなん。

難しいって。
いやいやいや。

(笑い)

特別ですよ ちょっと 今日だけ
ほんなら お持ち帰りしますね。

♬~

<日夜 芸能ゴシップを集める男
さらば森田>

<そんなネタを徹底追究!>

(森田)どうも どうも
どうも皆さん こんにちは。

どうも どうも どうも。
2回目や 2回目や。

新コーナーいただきまして。

「さらば森田の
ネット眉唾ゴシップ」という。

いや 噂は結構
回ってくるじゃないですか。

楽屋にいたら なんか
今度 誰々が週刊誌出るとか。

「それ何?どこ情報?」つって
さらばの森田って言ったら…。

(笑い)
違うんですよ。

いや 違うんですよ。
今日はあるんやな?

ありますよ!長田さん…。

(笑い)
(長田)なんでやねん。

あら!
(会場)エーッ!

あら!
(会場)エーッ!

(森田)
え~っとですね これはもう

ど頭から えげつないのが。

え~ 今年の頭にですね

週刊誌の記事が原因で
世間から

注目されたじゃないですか。
純烈さんはね。

騒動に隠れて 実は…。

マジで?
なんやこれ!

これ あれですよね
偉い人から呼び出されて

一瞬 ピリッとなったんすよね?
白川さん。

まあまあ…なりましたね。
えっ!?

ホンマなん!?
先ほども言ったように

今年 純烈
色々あったじゃないですか。

週刊誌さんに撃ち落されまして
その週刊誌の方に

事務所がね まだありますよね
みたいなことを

まだあるんですと。

…ってことを
言われたらしいんです。

そしたら 僕…。

僕だけ。
(会場)エーッ…。

で 行ったんですよ。
そしたら「お前」…。

(会場)エーッ…。
≪群馬の後援会?≫

ちょっ ちょっと…
待ってくださいって言って。

よくよく考えたんですよ。

あれ?と思ったら…。

そんな人と
ヤらないじゃないですか。
ヤってるだろ!

いや~!分からん。
(酒井)やってるだろ!
(拍手)

(森田)あの ほんとに…。

…って情報 入ってるんです。
(笑いとゴング)

森田の悪いクセ出てる…。

これね ちなみに
後上さんも あるんですよ。

(会場)エーッ!?

(笑い)
いやいや いってない…。

もう~ そうなんすよね?
それ しかも…。

後上さん…。

って言って…。

って言って パッと見たら…。

(笑いとゴング)
「いや いや…」って言って。

ネタやないか お前 ほんま~!
いや~ ほんと…。

ないんですね?これは どうなん…
いやいや ほんまでしょ?

違う 言うてるから。
いやいや 浜田さん。

ん?

<このあと
Hiroが 息子だから知る…>

ハハハハ。
(会場)エーッ!

それは ないやろ~。
(森田)これは どうですか?

でも ネットに書かれてましたよ。
無限ループで流れていたって…。
あ~ そう。

無限ループでは…ノイローゼに
なっちゃうんで こっちも。

(笑い)
そんなに 聴いてられないんで
こっちも。

いやいや…。

(拍手)
(森田)聴いてられるでしょ。

無限はなくても それに近いのは
あったってこと?

よく…。

あ~。
で それにつられて

なんか 僕が歌ったりとかすると
急に やめて…。

(会場)エーッ。
何か 急な熱指導 入るんですよ。

なるほど。
ちょっとね…。

(笑い)

だって だって
すごい前ですよ!これ。

まだ 幼稚園とか
小学校の頃ですよ?
あ~。

それ いいじゃないですか。
ちょっと なんかこう

曲 聴いて 口ずさむぐらい。

…みたいな。
何だよ?ピッチって みたいな。
(笑い)

いや…のは ありましたね。

無限ループではない。
(Hiro)無限ループではないです。

ないんや。
(森田)
Hiroさん もう1つあります。

(会場)エーッ!
これは どうなんですか?

これはですね え~っと まあ…。

あら。はい。どういう感じで?

あの これ なんかこう

結構 あんまり その
連絡とる事は ないんですよ。

正直 うちの家族 基本 そんな
連絡とる事は ないんですけど

あの…。

はい。

え~っと
10月 誕生日なんですけど…。

(Hiro)に なると…。

っていう うざい うざい…。
(会場)かわいい~。

いや かわいくない!
いや…ちょっと待って。
(長田)かわいい。

全然 かわいくない!
これね これね

僕は その
想像できるじゃないですか?

その 母が。

別に…。

実の 自分の母親から
毎年 毎年ね

母の日と誕生日に 「今日は
何の日でしょう?」っていう

なんか その…。

(笑い)
(Hiro)いやいや…。
それは もう 嫌やな~。

違う 違う 違う…。
しかも 俺 母ちゃんっていう
呼び方 嫌や~。

(Hiro)すいません。

(笑い)
ややこしいから!

ややこしい…。

そこ 受け継がないしね 俺は。
(笑い)

受け継がないですよ。

(会場)エーッ!?
(森田)はい。

どうなんですかね?これは。

滋賀県 まあ
高校でですけど。
まあね はい。

間違ってます。
(笑い)

いやいや まあ 実際…。

ワースト1位 2位だった。

おんなじ学校やったんですけど…。

(ロッシー)はい。2位 3位。
それ なんか言うんですよ。

ほんまです。これ ほんまです。
ほぼ 当たってるやん。

(森田)それ なんか言うんですけど
1位は 不登校の子?

(くっきー!)そう そう そう…。
じゃあ いないというか…。

じゃあ 関係ないやん。
そうなんですよ。
関係ないんですよ。

いやいや でも…。
だから…。

そう。
(笑いと拍手)

スゲーな。でもな。

すごい…。
え~ どっちが上なん?
ごめん 野爆…。

僕が 300おったんで…。

298。で?

(笑い)
(くっきー!)で 300。

はい。
マジか。すごいな~。

くっきーさん…。

(くっきー!)はい。
(森田)高校の時。らしいですよ。
(会場)エーッ!

優秀やったんで 生徒会長に…。
いやいや…。

あの ダブりそうになって

生徒会長が ダブったら
おかしいじゃないですか?

学校として。
だから生徒会長になったんですよ。

(笑いと拍手)

只今…。

疲れてんの?何してんの?

(笑い)
違います。

フタを…。
柔軟剤なんだ。

はい。

≪どんな匂いのやつなん?≫
これは マンゴーとか
そっちの。はい。

何してんの?

うお~。
≪うわ すごっ≫

腹筋ですよね。
(浅川)うわ~ キレイ。

すごいな~。

OK。
あ~。

サラリーマンのくせに
やってることは…。

(会場)エーッ!

歩幅 エグいよね~。

どこ行くの?
2人でデパート?

≪かわいい~≫
(長田)違います。

何してんの?
(笑い)

何をしてんの?
(ロッシー)ルミネやろ?これ。

(笑いと拍手)

≪かわいそう≫

(会場)おお~。

奥さん。

何をしてんの?

(会場)エーッ。

(LiLiCo)いやいや ほら…。

(LiLiCo)ハハハ…。

何なん!?
(笑い)

いただきま~す。

でも 2時前やで。
(会場)エェーッ!

(長田)マジで?
(ロッシー)3つと
マヨネーズ置いてある。

だから…。

(笑い)

何を食べてんの?
ハッピーターンです。

ハッピーターン?
(笑い)

むくむで お前 こんな時間に
ハッピーターン 食べたら。

(りんごちゃん)恥ずかしい。

恥ずかしい。

≪え?≫
≪何て言うた?≫

はあ!?
(会場)エェーッ!?

(笑いと拍手)

すごい。
≪寝ながら≫

≪あれ?≫

まあ…地道な作業がね。

≪あれ?≫
まあ…地道な作業がね。

(ロッシー)師匠 師匠 師匠。
お前 ほんまにさぁ。

(酒井)何してんの?これ。
ハハハ…。

この2人 好きやったな~。

≪ちっちぇ~≫
(笑い)

≪名人 ちっちゃいやろ≫
ハハハ…。

まあ いろいろありましたが。
浅川さん。
(浅川)はい。

匂いかぐのが 好き?
あれ 柔軟剤の。
はい。

柔軟剤の匂いが すごく好きで。
なんぼぐらいあるんですか?あれ。

(会場)エーッ!
ありますね。

(酒井)洗濯機の横でしょ?
はい 洗濯機の横に。

すごい。
あれ まんべんなく使うんですか?
30本。

ちゃんと。
そうですね。
まあ 使うというよりも 香り要員。

要員?
(会場)エーッ!

あっ 匂う 匂てるだけ?
あっ もちろん洗濯もしますけど

やっぱり 匂いで
その日の気分でっていう 要員で。

さあ 土屋さんは
仕事 終わりにジムですか?

はい。あの~…。

あの~ もう
ずっとデスクワークして

体カチカチになってるから。
あ~ なるほど。

なるべく動きたいなと思って
動くようにしてます。はい。
へぇ~。

すごいですよね。
すごいな~。

あの走り 言うてたね?

(笑い)
OLの歩幅じゃないですよ。

かっこええ~。
(拍手)

(りんごちゃん)かっこいい~。

(笑い)
液体…。

ガーッ。
液体窒素で
倒すやつやんな?

(長田)手 こうなって…。

ハハハ。
エレベーター
ガッシャーン いう…。

(笑いと拍手)

小田井はさ
お前 何してんの?あれ。
(酒井)ほんまやわ。

違うんすよ これ…。
なあ?

イチャイチャしてんの?
イチャイチャっていうか

僕も見た時ね…。

(笑い)

まあ 今年7月にね…。

はいはい…
そうなんですよ。
どこ行ったんでしたっけ?

(拍手)
いやもう…。
えっ スウェーデン!?

後ろ すごいな。

≪比叡山じゃない≫
(笑い)

スウェーデンって…。
イントネーションだけで
言うてるやん。

≪滋賀!滋賀!滋賀!≫
(笑い)

奥さんの地元という事ですか。
そうですね。もう実家の方ですね。

これ でもさ この1週間
空いてる訳やから…。

ああ…。
僕は旅行 行って…。

え~!
(会場)へぇ~!

何してたん?1週間。

全部 予定キャンセルして…。

うわ 最悪やん!
酒井は何してたん?

お祭りのオファーが来て
で マネージャーが

実は 小田井さんも白川も

みんな海外でオフで
挙式があるんでっていうので

酒井しか空いてないんです
って言ったら…。

1人で?
…って言われて。

(会場)へぇ~!

僕も そんな仕事が入るなんて…。
これ?

(酒井)
はい。分かってなかったんで。

で ソロの曲を3~4曲
歌うんですけど 最後

純烈 『紅白』出たんで 1人で

『プロポーズ』っていうのを
歌わなくちゃいけなくて。

で 結局…。

(笑い)
え~!

それで あの
歌入りの音源を流して

僕は…。

(笑い)

そこまでは 無音だ。無音って…。
≪カラオケみたいな?≫

で まあ ここだけの話…。

(笑いとゴング)

「結局 僕1人になっちゃいました」
みたいな感じですよね。

さあ りんごちゃんが
すごかったね~!

えっ!?そうですか?

(低音の咳払い)
(笑い)

≪何?寝言?≫
違います 違います 違います…。

いや~ でもホントに まあ

現場 現場で頂いた お弁当を
持ち帰って食べるんですけど

ホントに
現場で食べる時間もなくて

最近は…。

…っていうか それを持参して
現場で頂くようにして。

食糧袋?
持って行ってんねや 普段からね。

この日は3つ頂けたので
そのまま…。

で あのまま寝て
色んな寝言 言うて すごいね 君。

(笑い)

こっちは まだ ええねんけど…。

(笑い)

たぶん 何か今日も…。

あまり何か 私 今まで言われた事
なかったような お言葉を

たぶん
最近 言われるようになって

きっと それが
残っているのか…はい。

トラウマというか…。

そうそうそう。
(笑い)

これ 訴えたら勝てるよね。

さあ Hiroは何か
ベッドに こだわってるの?

はい!
たまたまベッド 出たんですけど。

そうなんです。ちょっと 僕は…。

…じゃないですか 人間って。

えっ!?
いや「えっ!?」って。

言われてるんですよ!
言われてるんですよ はい。

言われてるんですけど あの~

なので ちょっと…。

いいのを?
はい。もう一番良くて…。

え~!?
(会場)え~!

≪うわっ 何サイズ…≫
サイズ的には?

サイズ的には…。

うわ すごいな このベッド。

お店に行って とりあえず…。

…って言ったら
「これです!」って

もう1択だったんですよ。
(会場)へぇ~。

「これが一番いいベッドです」って
言われて

値段 パッて見たのが
全部込みで…。

(一同)エーッ!

ビックリして。

マットだけで もう
これぐらい するんやな。
はい。

≪マットだけで!?≫

そうなんや。
エグッ!

確かに寝た瞬間 すっごい
いいベッドだったんですよ。

…の時に ベッドって

誰かが ちょっとトイレに行く
タイミングとかで

同じタイミングで
起きないじゃないですか。

ちょっと先に出るみたいな時に
振動が普通

たぶん来ると思うんですけど…。

このベッド。
え~ 何やこれ。

試してるやん。
え?

試してるやん 来ないって事を。

試してるって どういう…?

(笑い)
そういう時もあります。

≪認めた!≫
≪カッコイイ!≫

このベッド買ったのは えっと…。

ヤっとる!?いや ちょっと…

直接的な攻撃
やめてもらっていいですか?
(笑い)

何か…何か…。
≪横に寝るとか…≫

そうそう そうそう。
んな訳ないやろ!

(笑い)
分かんないじゃないですか。

分かるわ!
何すか!?ヤってるって。

≪パーティーしてとか≫
そう そう そう。

横に寝てる時も
まあ ありますよ そりゃ。

振動せえへんの?
全く来ないんですよ。

アハハ!
(ゴング)

(Hiro)
それは お互い揺れてるから…。
お兄さん!

ちょっと ちょっと
よう分からんけど…。

(笑いとゴング)
(松尾)ごっちゃになってる!

違う違う違う!違う違う…。

混ざって混ざって
一番ヤバいやつなってる。

(笑い)
≪すごいベッドやな~これ≫

こういう事も やっぱりね
体のために ありますという事で。

オフの日ですから。
松之丞さん どうですか?

癒やしとかは あるんでしょうか?
癒やしは 最近
ラジオ聴くの好きで もう今…。

(笑い)
何かね…。

マジで!?

何かもう 何かもう…
些細な事が いいんですよ。

(笑いとゴング)

「え~!?どんな感じなんだろう?」
いや ラジオだから

画が勝手に浮かぶから。

そっちを求めちゃうのかな。
もう 真逆というか。

楽しいラジオですよ ホントに。
ああ そうですか。

チョコプラ 何なの?あれ。
ツリーと一緒に。
あ~そうそうそう。

いや あの…
僕 クリスマスが すごい好きで。
(会場)えぇ~。

夏でもクリスマスソングを…。

(笑い)
クリスマスは 好きでも ええよね。

いいですよね。で ちょっと…。

っていうの やってまして。
クリスマスと僕を

撮るっていう こういう。
≪これ よう見るわ もう≫

ツリーとね。
(松尾)ツリーと僕を撮るって
っていうのを…。

クリスマスと僕を撮る。
…を始めまして。

ルールがあって
クリスマスツリー全部と

僕 全部が入ってなきゃいけない
っていうルールなんですよ。
なるほど。

それなんで 自分じゃ
撮れないんですよ ちょっと。
そうやね。

自撮りじゃ無理なんで ああいう
合間とか終わった時とかに…。

長田が撮ってた訳やな。
相方いたら ちょっと撮ってくれ
っつって色々撮ってもらってる…。

(笑い)
めちゃくちゃめんどくさいんすよ。

もう 自撮りでいいじゃないですか
別に そんなの。
はいはい はいはい。

自撮りじゃ…。
勝手にルール決めて。ほんで…。

これは大変やで。
(長田)やってるんですよ。

だからもう
ちょっとあったら いいわけ。

新幹線 降りて
タクシー乗る合間に

すぐ乗りたいじゃないですか。
あったら…。

(笑い)

「いや もう
タクシー来てるから乗ろう」

「ダメだ。これ逃したら
クリアできない」みたいな。

たまに何か すごい
まとまってる所とかあるんですよ。

商店街とか。こないだ…。

(笑い)

(ロッシー)最高やん。
あるなあ。

まあでも
この写真も そうですけど

あのパソコンね 松本さん。
そうなんですよ あれ ホント。

あれもう 趣味が高じて…。
何なの?
怒られますよ。

(笑い)
執念…。

ホント好きよね。

これ 画像だけじゃないんでしょ?
そうですね。

ね 何か そうらしいです。

こういう かるた…。

今 作ってる。
「お」「お」!

(笑い)
そんなん言わない!

(ゴング)
(長田)言ってない!

マジで言わはったやつやねん。
言わへん 言わへん。

マジで言わはった名言かるた。
プレイやないか これ。

ほんまに言うてるんですよ。
言うかぁ!そんな事。
(長田)誰に言うんすか これ。

俺!言われたの!
(笑い)

「さかい」とか言う訳ない…。
言わないですよ。

他にもあるんで ちょっと
いいですか?お願いします。
他にあんの!?

(笑い)
言いました 言いました。

≪絶対ウソや≫
≪言うてない≫

(くっきー!)実際に言うてます。
ほんまかいな!?

(くっきー!)横で聞いてました。
「け」「け」!

(笑いとゴング)
≪アカン!
これはもうアカン アカン!≫

♬~

<来週は
『ケンミン・DX合体SP』!>

がばい うれしか!ありがたか~!

<『DX』は…>

<…も 一挙大公開!>

<来週も お楽しみに!>


関連記事