ザ・カセットテープ・ミュージック「KOTOSHI NO OWARI特集」#54 King GnuにOfficial髭男dismに…


出典:『ザ・カセットテープ・ミュージック「KOTOSHI NO OWARI特集」#54』の番組情報(EPGから引用)


ザ・カセットテープ・ミュージック「KOTOSHI NO OWARI特集」#54[字]


令和元年ももう終わり。今回は打って変わって最新音楽を取り上げます!King GnuにOfficial髭男dismに、マキタスージーが注目するアーティストとは?


詳細情報

出演者

【出演】マキタスポーツ、スージー鈴木、外岡えりか

番組内容

今年もあとわずかということで、今年流行った曲を中心に最新の令和JPOPを特集します!BiSH、Official髭男dism、King Gnu、BAD HOP、眉村ちあき等々、マキタスポーツとスージー鈴木の二人が注目する最近のアーティストとは?若年層にも番組を知ってもらいたい・・・おじさんががんばって最新音楽を分析します!

番組内容2

「カセットテープ」のリバイバルブームがきている昨今。 昔懐かしのカセットテープから流れる、珠玉の『80年代歌謡曲』を聴きながらトークを繰り広げていく、オトナたちのための音楽トーク番組。 毎回MCや特別ゲストがテーマに沿い"マイ・ベスト・カセットテープに入れたい曲"をセレクト。80年代ヒット曲はなぜ人々の心を掴むのか?歌詞やメロディーに隠された仕掛けにも踏み込んで解説。

おしらせ

番組Twitterもあるよ!

@BS12_cassette

#カセットテープミュージック


『ザ・カセットテープ・ミュージック「KOTOSHI NO OWARI特集」#54』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ザ・カセットテープ・ミュージック「KOTOSHI NO OWARI特集」
  1. 歌詞
  2. Gnu
  3. 自分
  4. POP
  5. 音楽
  6. アーティスト
  7. 今日
  8. King
  9. 番組
  10. BiSH
  11. ギター
  12. 世界
  13. 日本人
  14. ウェーイ
  15. バンド
  16. 一番
  17. 去年
  18. 人間
  19. 独特
  20. 日本


『ザ・カセットテープ・ミュージック「KOTOSHI NO OWARI特集」#54』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓BS12 トゥエルビ関連商品

奥さん の
お時間ですよ~

さぁ 始まりました
今回もですね

御茶ノ水Rittor Baseを
お借りすることができました

ありがとうございます
ありがとうございます

リットーミュージックの
スタジオですかね? Rittor Base

なんかね Rittor Base…
あれ!? 何や これ


茶番 茶番 茶番

リットーミュージックから
絶賛発売中でございます

Rittor Base!

Rittor Baseから何かが生まれる
ということでございます

♬~

今年最後のカセットテープは…
「KOTOSHI NO OWARI」

コトオワ! 「KOTOSHI NO OWARI」
ローマ字で書いてくださいね

このわが番組でですね 初めて

新人アーティストを
取り上げようじゃないかと

すばらしい 最新の音楽ね
最新の音楽ですから

かなり守備範囲になかった
新しい企画ですよね

そんな新しい音楽
聴いてんのかっていうね

とにかく 僕なんか身の回りで
ほんとに中年層

ほんとに入れ食い状態ですね
この番組は

いやらしい話
もうワッシャワッシャ…

ザルッとこうね すくえるぐらい

ちょっと見てくださいと
知らない人にも言ったらね

次に会った瞬間
「マキタさん ありがとう!」

「ありがとね~!」って

何か知らないけど
ありがとうって言われたり

いきなり抱きつかれたり

目がウルウル
しちゃってたりとかするわけ

ところが若い人に届かない これが
全然知らないでしょうね

若い人が全然見てないというか

刺さりようがないというか
当たらないんですよね

それがとの違いですね
(一同 笑い)

やっぱり
出てる人間の問題でしょうね

だけど
一番ね いやらしい話をすれば

若いアーティストの検索とかで
引っかかったりすることで

その当たる面積を広げたい
えらい やらしい話

それ言っちゃうんですね
いや …というのと あと

とにかく おじさん
おばさんたちっていうのは

気持ちは分かるんですけど

ほっといたら 昔のことが
最高のことになっちゃうから

それは一番危険な兆候ですね
ですよね だから そうではなくて

今現代も過去からつながってるし
現代のアーティストは

いいですよって ちゃんと
紹介しておくべきだと思って

なるほど
うーん

ちなみに あなたは
今年 一番聴いた曲は何ですか?



おぉ~ 角度が びっくり…

ということで スージーさんから
参りましょうかね

私は実はですね
という新聞で

「オジサンに贈るヒット曲講座」
っていう

最新のヒット曲を
オジサンに説明する

まさに今日のようなですね
連載をしておりまして

去年 おととしと
年間ベスト10を決めておりますね

ちゃんと じゃあ
いつも聴いてるわけだ

去年のベスト5見ましょうか
1位 米津玄師

2位 米津玄師

3位 BiSH 
これ歌唱賞になってますね

4位 DA PUMP 
うん 話題賞

5位が椎名林檎のカバーで
木村カエラ

まぁ オヤジの耳で聴いてええ曲を
毎週選んでおりますので

今日ご紹介するのはですね
とりあえず現段階で

今年のスージー鈴木の年間ベストに
必ず入るであろう曲を4曲

はい まず1曲目は
この曲でございます どうぞ

♬~()

♬~

この番組でこういうイントロが鳴るの
新鮮ですね

ほんとだね 音圧とかも
なんかちょっと…

♬「ふわりふわりふわり」
うわぁ…

奥さーん
奥さん見てくださいよ ちゃんと

ですよ
感じてくださいよ

♬「かわすのが君です」
今日はサブスクリプションミュージック

♬「しぼんだ
自信の中の奥に見えた」

♬「わずかな光信じて」

♬「どんな時でも笑顔貼り付けた」

さぁ 来ますよ
ザ・BiSHタイムです

♬~

♬「いつも僕らにかまわず
引き裂き続ける夕日」

ハハ…
これで流れてる

♬「今僕はあなたなしでは
難しいの」

血糖値が下がっていく
血圧も下がる

尿酸値が5を切りました
♬「すぐ壊れる」

♬「でも僕は君と一緒がいいな」

はい ありがとうございます
かっこいい

BiSH 
(一同 笑い)

スージーさん
今えらいことが起こりましたよ

テレビの前のご婦人方も
ギョッとしてチャンネル替え…

ちょっとインパクトがありすぎて
ちゃんと説明してください

その代わり 今ツイートで
若者がガッと来てますよ

「この番組 エモくね?」
いや この言い方も数年前かな?

ただですね 新しい音楽に
あまり詳しくないので

ネットからの情報を棒読みします
えー Wikipediaより

BiSHは
日本の女性アイドルグループ

「楽器を持たないパンクバンド」
と言われてます

メンバーは アイナ・ジ・エンド
セントチヒロ・チッチ

モモコグミカンパニー
ハシヤスメ・アツコ

リンリン アユニ・Dの
6人から構成されるそうです

価値観が新しい
なんかもう名前が 独特だもの

「i」だけ小文字なんですね BiSH

「Brand-new idol SHiT」
新生クソアイドルの略で

ファンのことを「清掃員」と呼ぶ
これは前身のBiSが

ファンのことを「研究員」と
呼んでいたことにならい

BiSHは
「清掃員」と言うらしいですね

まぁ そういう
経緯とか情報はさておき

私は音として
実は去年も3位に挙げてますけど

このBiSHの音楽
非常に買っております

マキタさんが日本人のダンスは
振り付けだとおっしゃった

その流れで行くと
日本の歌は斉唱なんですよ

みんなで集まって同じ音程で
一糸乱れぬ形で歌う

斉唱っていうのが
日本人のボーカルだと思うわけです

日本の文化全体に
いたいけな若者が

一生懸命頑張って

同じようにそろえるのを
頑張るのが好きなんですよ

そうね~ ほんとそれはそう
その根源の1個が音楽教育で

さぁ みんなで歌いましょうと

声をそろえるっていうことは
自分の個性的な声質を殺して

さぁ きれいにそろえましょう

ユニゾンでっていうのが
強すぎたんじゃないかな

結果として
今のアイドルって見事に

男性アイドルも女性アイドルも

同じような服を着て
同じような振り付けをして

みんな斉唱 ユニゾン
ほんとそうだな

僕はアイドル音楽っていうのは

早見優さん
大好きだった時代もあったりね

いわゆるアイドルは
大好きだったんですけど

一番違和感感じるのは
なんで斉唱やねんっていうね

ソロあってもええやないか
いろんな格好でいいじゃないかと

洋楽生まれの私は思うわけです
そこでBiSH!

誰か知りませんよ
さっきの誰かが すっげぇ高音で

個性を主張する形で
絶叫してるっていうね

これは僕 新しい可能性感じますね
うーん

アイドルとかの なんとなく
セオリーみたいなものがあると思う

これを セオリーを
外してきてますよね

日本人が おのずと知っている

好きなツボっていうのを
絶妙にズラしてきて

新しい新提案をしてる
っていうのは分かりますよね

たぶん今ね 清掃員が
めっちゃツイートしてますよ

「よく取り上げてくれた」
ありがとうございます

でもね
普通のアイドル好きの若者は

「分かってねぇな スージー鈴木」
って言ってると思いますね

おじさんたちが
頑張って取り上げてるから…

悪気はない
悪気はない…

今年の たぶんNo.1候補ですね

一昨年のSuchmos
去年の米津玄師のような

時代を席巻するという意味では

このバンド… バンドなのかな?
ユニットなのかな?

この曲でございます

♬「時には誰かを
知らず知らずのうちに」

あぁ King Gnu
King Gnu

♬「失ったりして初めて
犯した罪を知る」

♬「戻れないよ、昔のようには」

♬「煌めいて見えたとしても」

♬「明日へと歩き出さなきゃ
雪が降り頻ろうとも」

♬「今の僕には何ができるの?
何になれるの?」

♬「誰かのために生きるなら」

♬「正しいことばかり
言ってらんないよな」

♬「どこかの街で
また出逢えたら」

♬「僕の名前を
覚えていますか?」

♬「その頃にはきっと
春風が吹くだろう」

♬「真っ新に生まれ変わって
人生一から始めようが」

何メロだ? これ
♬「へばりついて離れない」

Dメロかな?
Dメロぐらいまで行ってる

♬「真っ白に全てさよなら
降りしきる雪よ」

♬「全てを包み込んでくれ」

♬「今日だけは
全てを隠してくれ」

イェイ 2019年 圧倒的ですね

うーん 来ましたね~
King Gnu

バンド名は由来である
ヌーっていうね 動物ですかね

春から少しずつ合流して
やがて巨大な群れになっていく

って習性があるらしいですね
ヌーにはね

自分たちも老若男女を巻き込み
大きな群れになりたい

という思いから名付けられたと
えっ そんな野心があるバンドなんだ

これね Wikipedia情報ですけど
(一同 笑い)

「J-POPをやる」ということが
King Gnuの大きなコンセプトらしい

だから これは
彼らの考えるJ-POPの1つの在り方

っていうことじゃないですかね
ほう~

Wikipedia先生によりますと
音楽面においては

オルタナティヴ・ロックのみならず
ジャズやヒップホップ クラシックなど

幅広いジャンルの要素を
取り入れながら

歌謡曲然とした
親しみやすいメロディー

日本語による歌詞を乗せることを
重視してるということですね

やっぱ音として
すごい新しいなと思いまして

J-POPとは何かって話に
なってきますが

1個は複雑なメロディー
複雑な構成

楽器の数の多さっていうので

端的に言えば カラオケボックスで歌って
満足感の高い音楽

っていうのが
J-POPだと思うんですけど

これね ちょっと私世代には
歌えないですね

これ カラオケでチャレンジして
なんか ウェーイ…

ウェーイって言うでしょ 若い人は

そうなんですか?
ウェイウェイ系ね

「ウェーイ ギター」みたいな感じのことを
言ってるのは見える

われわれの思う若者像
バブルガム・ブラザーズで止まってませんか?

Hey Hey! Yo!
そうなんだよね

俺たちは そのぐらいのところで
まとまってるんですけどね

こうね …で あとね

やっぱり いいなと思うのは
ボーカルですよ

ボーカルの地声とファルセットが

オクターブでユニゾンで
ずっと鳴ってるんですよ

ちょっと中盤も
もう1回聴いてみましょうかね

♬「いつものように…」
これこれ ファルセットと地声が

両方とも2回か3回重ねてるから
計4人か6人ぐらい

♬「…見落として
途方のない間違い探し」

♬「季節を越えて また出逢えたら」

♬「君の名前を 呼んでもいいかな」

♬「その頃にはきっと
春風が吹くだろう」

あっ! 何だ? これ
ギブソンのSGって言うんですかね

ギブソンのSGですよ これ
あぁ! アンプ

ちゃんとアンプもあるー!

ちょっと いつもにはない
だいぶインフラが…

だいぶインフラが整えられてる
ここで毎回やりたーい!

ボーカルがファルセットと地声で
ユニゾンすると

King Gnuっぽくなるんじゃないか
ということで ちょっと実験を

King Gnuのような休符の少ない
息継ぎの難しい曲っていうのを

私の頭の中ではですね
やはり中島みゆきメロディーだろうと

おぉ~ そうですか

中島みゆきの
ここに歌詞があります

マキタさん地声で歌って頂いて
わたくしがファルセットでやると

Miyuki Gnuになるんじゃないかと
Miyuki Gnu…

北海道に生息してるといわれてる
Miyuki Gnuですか

♬~(ギター)

♬「途に倒れて だれかの名を」
♬「途に倒れて だれかの名を」

♬「呼び続けたことがありますか」
♬「呼び続けたことがありますか」

♬「人ごとに言うほどたそがれは」
♬「人ごとに言うほどたそがれは」

♬「優しい人好しじゃありません」
♬「優しい人好しじゃありません」

ウェーイ!
ウェーイ!

イェーイ
ウェーイ

えーっと… 伝わりました?
今のOKテークでいいですか?

Miyuki Gnuは
King Gnuっぽいなって思いました

よかった…
よかったじゃないですか

分かんないですけどね
ぽいな~ みたいな

結構 今 おもしろい遊び
してたと思うんですよ

コードも実は
少しだけ いじってあるわけです

King Gnuっぽく
あっ そうなんですね

ちょっとセブンス入れたら
今っぽいかなと思いまして

セブンスっていう
成分を入れることによって

しかも2声ね 高いのと低いのと

共存させてやったりする
っていう仕掛けをやるだけで

ずいぶんJ-POP風になったりとか

聞こえたりするのは なぜかって
気になりません?

…で みゆきさんまで
つながってんだよ?

つまり 日本人が好きな
メロディーとか構造って

昔から変わんねぇんじゃねぇかと
それは深いかもしれませんね

仕様だけ ガワだけ変わってるだけで
本質はあんま変わってない

やっぱりJ-POPっていうのは
歌って聴いて

すごくおなかいっぱいになる
音楽とすると

こんだけ 声ようさん入ってると
やっぱ得したなって…

QUEENはそうじゃないですか

私も あるところの記事で
「QUEENはJ-POPだ」って書いて

いろんな意見も
もらったんですけど…

(一同 笑い)
僕は分かりますよ

QUEENとJ-POPの共通項は

いろんな音が
てんこ盛りに入ってて

おなかいっぱい
っていう感じですよね

だって アルバム1枚分のやつが
1曲の情報量に詰まってる

って考えたら どんだけお得?
コスパ的には

そういうの日本人はみんな
大好きだと思いますけどね

今言ってるようなJ-POPとは何か
っていうのの本質論が分かってて

もしかしたら半笑いというか

計算ずくで こういう音を作ってる
可能性もありますね

うわぁ それやられてると

おじさん気が付かねぇケースが
あるからなぁ…

実は半笑いでやられてたら
すごい傷つくんだけど…

私ね これ聴いて 世の中的に
こういうふうに評価してる人は

いないんじゃないかと
思うんですが

これ いい曲だと思ったんですよね
この曲でございます

♬「ただ俯いて歩いていた」

♬「僕は春を見落としてた」
歌もうまいし

♬「どれくらい時が経ったのだろう
桜の花びらが舞っていた」

♬「すぐに忘れられるはずだ」

♬「胸の奥にしまい込んで
日向を探すの」

♬「こんな道の脇 咲いていた
あなたはひとりきり」

♬「真っ直ぐに 煌めいて
強く強く」

♬「いつの日か 枯れること
知ってるかのように」

♬「今という瞬間を 儚く生きてる」

はい
来ました

これは えっと
どなたの歌なんですか…

山本彩さんですね
あぁ!

発足当時から
NMB48のキャプテンを務め

8年間中心メンバーとして活動

2016年自身の夢・目標である

シンガーソングライターとしての活動を
始動させたんですね

2018年の10月
万博記念公園のコンサート

「SAYAKA SONIC ~さやか、
ささやか、さよなら、さやか~」

…を開催 3万人を動員
言いたかっただけなんですけどね

…で これが
デビュー曲じゃないですかね

作詞・作曲 山本彩
えっ 自分で曲作るんだ…

自分で曲作るの?
はい 曲名は

リットーミュージックさんが
出してらっしゃる

アコースティックギターの
専門誌がありまして


表紙を飾っております これですよ

あ~ ほんとだ~
の表紙だ

という
リットーミュージックで絶賛発売中!

かわいいですよね これね

この人 ギターうまいんですよ
えぇ そうなんだ

NHKの某番組で アコースティックギター
弾き語りして 生で弾いてたんです

こういう雑誌でも
取り上げられるぐらい

ギターへの意識も高くって
作詞も これいい歌詞なんですよ

ざっと詞を読んでみると
グループから離れて

ソロで頑張っていく
っていうふうなことを

イチリンソウに託してて

作詞作曲 歌 演奏・ギター
全部 平均点以上で

あんまり過大評価もあれですけど
偏差値50は超えてますね

55とか
行ってるんじゃないですかね

これが全部70まで行くと
日本のジョニ・ミッチェルになれますよ

アハハハッ
すごいところから出てきた

日本のジョニ・ミッチェルに
なれるんだ

全然 俺 そんなことで
意識してなかったから

そんな実力があるとは…
恐らく元アイドルっていうことで

色眼鏡で
これからも見られると思うんです

そういう話は
さもありなんな話なんですけど

それはそれ これはこれで
僕は逆にAKBの時の

とか
ああいうのよりも

自分で作った曲のほうが
いいなと思ってて

この子 かなり伸びるんちゃうかな
と思って期待しております

プロデューサーが
亀田誠治と寺岡呼人

あぁ~
僕 思うんですけど

亀田誠治とか寺岡呼人の
力借りるのもいいと思うんですが

音楽業界の大きな力じゃなくて
ほんとに生の板の上でね

ギター1本でやっていくと
かっこいいんじゃないかなって

それはでも ほんとにまさに
真なりだと思いますよ

亀田さんみたいな
ビッグネームのとこでやると

その名前の重圧で
また妙なバイアスがかかっちゃうから

どうせ大人の作ったお膳立てとか
プロダクトでやってんでしょ

みたいな感じに見えちゃうから

そうじゃないところのほうがいい
逆に そういうことですよね

今大人気 バンドの読み方も
分からなかったですが

読めるようになりました
この曲でございます はい ドン

♬~()
甲子園は清原のためにあるのか!

どういうこと どういうこと?
ごめん ついて行けなかった

日本文理の夏はまだ終わらない!

♬「心臓から…」
ですね

あっ そうなんだ
この曲は俺聴いたことあるんだよ

♬「…振り向いた未来」
また高いんだよね~

♬「君から溢れだした声と」
令和の原田真二

あっ ほんとだ 原田真二だ
うわ 腑に落ちる

♬「夢じゃない 夢じゃない…」
原田真二は広島 これは山陰

あっ そうなんだ
島根大学と松江工専の

あ~ 松江工専なんていったら
また理系ということでしょ?

♬「肩を組んで叫びたい
僕らの想い 届け!」

♬「奇跡じゃなくていい
美しくなくていい」

♬「生き甲斐ってやつが
光り輝くから」

♬「切れないバッテリー 魂の限り」

♬「宿命ってやつを燃やして
暴れ出すだけなんだ」

♬~
次の歌詞 注目してください

♬「沈黙が続いたイヤフォン」

♬「自分の弱さに
遠ざかってく未来」

♬「や
って歌詞に」

♬「苛立ってしまった
そんな夜もあった」

今年 チャートを席巻したのは
やっぱりこのバンドでしょうね

Official髭男dism 通称ヒゲダン

ルネッサンス!
(一同 笑い)

…じゃないんですよ 奥さん

夏の甲子園の 
って番組のテーマソングだったんです

あっ! そうなんですね

のテーマソングは
この10年ぐらいですね

FUNKY MONKEY BABYS GReeeeN
コブクロ 関ジャニ∞ Superfly

AKB48 高橋優?
高橋優 はい

嵐という感じで わりとね
夏・汗・青春みたいな感じで

わりとベタッとした曲が
多かったんですよね

去年がもう第100回でね
すごい盛り上がったんですよ

吉田輝星 金足農業ね

…みたいな感じで盛り上がって
もう大騒ぎになって

でも今 世の中的に
野球ファンの胸を痛めてんのは

若者が
あんな暑いとこで酷使されてね

何百球と投げてプロに行かずに
故障しちゃうとかっていう中で

球数制限とかね

若者の体を守ろうじゃないか
っていう動きがありまして

何を言いたいかというと

頑張れ 夏だ 汗だ 青春だ!

オーッ! プシュッ!
みたいな感じじゃなくって

この曲は やや夏とか汗とかに
距離を置いてるといいましょうか

さっきの歌詞よかったでしょ?
歌詞 なんか気になりました

(高い声で)♬「沈黙が続いた…」

普通にやってください

「沈黙が続いたイヤフォン」

あんまり音楽聴いてなかった
ってことですね

「自分の弱さに遠ざかってく未来」
次ですよ かぎかっこ付いてて

「って歌詞に

苛立ってしまった
そんな夜もあった」

おぉ~
そういう「頑張れ」とかね

「大丈夫」みたいな
あるじゃないですか 今のJ-POP

それが一番 人を追い詰める…

のタイアップが

決まってから作ったかどうか
定かではないですが

明らかにそういうムーブメントに対する
距離感っていうのがあって

去年あんだけ盛り上がったのは
第100回記念大会

今回は101回っていうことでね
ちょっと出場校も減ったりして

わりとシュッとした感じ
だったんですが

それとこの曲は合うなと
思ったんですよね

それと なんと言ってもアレンジですよ
蔦谷好位置

あっ 蔦谷好位置さんで
らっしゃるんですか

人脈が
ライバル番組に塩をまくみたいな

いやいやいや 蔦谷好位置さんは
名プロデューサーですけど

名アレンジですね

後半は わたくしでございます

僕ね ノリのいいとことかで
ちゃんと用意してございますから

青春を思い出してくださいよ
奥さん ねっ

この曲を選びました
聴いてください

♬~()

♬~

♬「レッツパーティ
踊れ♪ヒットビート」

ダンス☆マンですか?
アハハハ まぁ でもね

そんな感じで受け止めて頂いて
いいと思いますよ

♬「…エビバーディ」

♬「悪ノリして ブンバリバリ
ブンマワシテブン」

♬「ブッ飛んだりして
頭がブン!!」

♬「悪酔いして
ブンバリ 乾杯してたら」

♬「アノ子の様子もブンブン」

♬「1・2(what?) 3・4(SAFE)」

♬「5・6・7・8もう飛ばして10
もうギブアップ?」

♬「ビーボーイ・パーティピーポー」

♬「トイレにかける
架け橋はレインボー」

♬「ニーハイ・ダンディー・
ランボー」

♬「パーリラ♪ パーリラ♪
パーティキングは我ら!!!」

♬「レッツパーティ
踊れ♪ヒットビート」

♬「レッツパーティ」

♬「踊れ♪ヒットビート
エビバーディ」

今日の僕の気分で選んでますから
日々変わると

2週間後に
もう1回リサーチして頂いたら

結果は
全く変わってるかもしれません

C&Kというですね
2人組のユニットなんですけどね

つい先日ね ご一緒したんです
彼らと イベントで

そこの空間の中で 楽屋で
モニターで見てたんですけど

なんだ この
いけ好かねぇヤツらと思いまして

大っきい人と小っちゃい人
あっ CとKが

そうなんです CとKっていうか…

その辺の詳しいのは
ネットで調べてください

とにかく僕が
一番最初に見た時のインパクトは

デコボコしたコンビだけど
すごく軽薄な感じで

踊りとかステージパフォーマンスはもう
キレッキレですよ

どこか軽薄な感じと

でも 見てるうちに
ワクワクさせられるものが

ちょっとグッと来ましてね

ただ この人たちは 別に
こういった曲ばっかり

歌ってるわけではないんです
調べると

ちゃんと シリアスな
マジな曲とかも歌ってるんですよ

何なんだろうなとか思って
調べてみたところ

ジャンルバスターと みずからのことを
言ってるらしいんですけど

お笑いとか ヒップホップとかレゲェとか
いろんなジャンルありますよね

そういったものを全部総合して
全部咀嚼して

1個のステージで見せると

とにかく楽しい ウキウキすること
だけを特化してやるっていうね

だから 僕は形を変えた

米米CLUBが
2人になったらみたいな

そういうエンターテイメント性の高い
人たちなんじゃないかなと思って

すごく1つ気になったのは
彼らがお笑い的な要素を

ステージに
持ち込んでたりしてるんですけど

こういうものの系譜って
どこから始まったのか

決定づけたのはサザンオールスターズ
じゃないかなと思うんですよ

サザンから米米にも続く あるいは
爆風とかもそうでしたかね

いろいろ そういうものとかを
考えた時に

これが一番 最進化形じゃないかな
と思いまして

僕は おふざけロンダリングとも
呼んでますけども ちょっとこう

マジなものをやったことで
息が詰まりそうになった時に

ふざけるっていう方向に
浄化させることによって

お客さんも安心したりする
っていうこともありますし

かと思って 油断して笑ってたら
急にシリアスないい曲やられたり

そういう
寒暖療法っていうんですかね

そういうものを ふるまいとして
あるいはプロダクトの中で

プロデュースの中に ワークとして
それを埋め込むっていうことも

わりとやりがちなんですよ
アーティストって

それができる人間と
できない人間がいるんですよね

一歩間違うと
ただの こけおどしになっちゃう

だって スイッチヒッターで成功した
すごい打者っています?

柴田勲ぐらいですよね
柴田勲かピート・ローズか

高橋慶彦か
そんなにいないんですよ 実は

成功率は低いですね
成功率は実は低いんですよ

僕はこういう
スイッチしたりすることによって

うまくできる人間が
しばらくいないので

ほんとに老若男女が楽しめる
エンターテイメントを追求してるようなので

彼らが
それができそうな感じがするので

是非とも見て頂きたいと思います

もうすでに かなりの人気が
ある人たちなので

これまたね
大化けする可能性がある

アーティスト見つけちゃったんで
奥さん

是非ともね
聴いて頂きたいと思います

声! 歌世界に注目でございます
こちらです

♬~()

♬~

スージーさんは知ってましたか?
ジャケットの写真は知ってます 独特な

音楽は知らなかったです

♬~

何が始まるんだ…

♬「ねえ どこにいたの」

♬「窓辺には空白んで」

♬「僕につげる」

♬「と」

♬「真新しい街に
海鳴りがきこえて」

♬「手を振る誰かが 笑っている」

♬「ここに 願う 願う 願う」

♬「君が朝を愛するように」

♬「ここに 願う 願う 願う」

♬「その庭を選び今に咲く、花!」

はい 美しい
あぁ これはいいですね

いいでしょう?

ちょっと 地方のフェスとかで
すれ違ってるんですけど

生歌とか聴くと
やばいですね この人は

非常に 声一発で

空間を制することができる
アーティストっていうのもね

いろいろあるじゃないですか
楽器の演奏とか

出し物というかギミックとか
いろいろあると思うんですけど

ノットギミック 声だけ
…で 歌世界

あと 独特の 彼もね ギター弾きで
ガットギター結構使うんですけど

ガットギターでの
コードワークとか

ボイシングがあるんですよね
独特の

背景として
バンドも抱えてやるんですけども

とにかく彼の歌世界が
そこにドーンとあって

一番ミニマムな世界で
成立しているんですよ

もうすごく胸を打つというか
食らわせられるんですね

僕はなかなか だから
男性アーティストでそういったものを

感じられるというか

近頃 生では あんまり
体験できてなかったんですけど

彼はもうバッチリ
しかも奥さん 耳よりな情報

所属事務所アミューズなんですよ
おぉ~

超でかいとこにいるでしょ

こういうのは
インディーズ系というか

マイナーなニオイのするところに
いてはいけないと思うんです

ちゃんと
大きいところにいてほしい

2年後 3年後辺りに

星野源クラスまでいってほしい
という願いも込めておりますし

おぉ アミューズだ
そうなんですよ

とかには近いうちに
出るんじゃないかなと思うんです

今の曲 いい曲ですね~
いい曲でしょ?

育ちがね この方はね いろいろ
転々としてるらしいんですけど

柏のフリースクールに通ってたり
外国での暮らしも

お父さんの仕事の都合で
あったらしいんですけど

日本人らしさとか
自分らしさみたいなアイデンティティーを

1回外に出て感じてる
タイプの人間なので

そういう内生を持ってるのが
歌から感じられますね

だから 日本人でもなければ
外国人でもなくて

折坂悠太という視点でもって
作られてる

おとぎ話のような
歌世界なんですよ

これはですね 本人はそれを
ポピュラーなものとして伝えたいと

すごい意志を持ってるらしいです

で 宇多田ヒカルさんが
大好きなんですって

宇多田ヒカルさんが 何だ あれはと
折坂悠太に目をつけてると

それを すごく喜んだけど

ある種 同じ性質を持った
者どうしの結びつきということを

出会い的には必然である
というようなことすら言ってると

大衆に迎合するだけじゃない

宇多田ヒカルの世界って
あるじゃないですか

アーティスティックな世界

だけど ものすごく大衆のとこに
あてて やってるじゃないですか

そういうところでお互い
響き合ってるようです

貧乏くさい 俺さえ分かれば

一部の人さえ分かればいい
ということだけでもないようです

違いますけど 井上陽水的なね

あまりにも独特な世界って
あるじゃないですか

だから 独特な声ですよね
…を持っている

そういうものにも通じるかなと
思ってるんです

「折坂くんは いい声してますね…」
はい

あれ? 陽水さん…

見てらっしゃるとは
聞いてましたけど

続いてはね 奥さんね ちょっとね

要注意人物を今日はですね
用意致しましたので

現代のゴールデン・カップス
あぁ~ それはピクッと来ますよ 私

あるいは現代の横浜銀蝿
来た来た来た来た

令和の半グレポップ
ハハハハハッ!

聴いてください
響き悪っ…

♬~()

♬「Kawasaki 跨り全国
ハンドルきりLowからTOP」

♬「昨日の俺振り切る今日」

♬「アクセル全開で行こう」

♬「街のfame,  金にチェンジ
するぜこのFlow」

♬「壊すchain,  吹かすエンジン
街をドリフト」

♬~

♬「街から国へ 大師橋の上」

♬「東京から川崎国 仲間の元へ」

♬「東京が俺のパワースポット」

すごいでしょ?
ですよ 奥さん

♬「火を噴くマフラー 見惚れる女」

♬「速さは川崎Ninja H.2.R」

♬「見える俺はtoughboy
残すタイヤ痕」

♬「必死に背中追ってるだけで
お前の旅はlong way」

スージーさんの顔が…
あっ いやいや…

新種の生き物を見てね
動物か植物かも分かんないですね

♬「振り切った昔のダサかった俺」

曲として 歌謡曲フィールドに
あるものではないと思う

その魅力が ひょっとしたら
伝わりづらいかもしれません

ただ 彼らはですね
川崎の本物の不良なんです

最近テレビの露出とかも

普通のところで
出てきてはいますけど

本来的には
ほんとに映していいの? 的な

ですから 僕 さっきね
あえて言いましたけど

現代の横浜銀蝿って

横浜銀蝿って
ギミックじゃないですか

ギミックというか
1個のパロディーですよね

ガワだけは不良というか
当時のヤンキーというか

そういうカルチャーに
寄せたものとして

それを大きく見せるというのが
横浜銀蝿だったんですけど

彼らの場合はノットギミック
そのまま

メンバーのほとんどが
みんな少年院ですよ

あぁ なるほど それはなかなか
はっきりした話ですね

来年見れないかもしれませんし
なるほど そういう意味でね

いや そうですよ

誰かメンバーが何かを起こさない
とは限らないです

書かれている歌詞をリリックと
彼らは言いますけど

そこで書かれてる
歌詞っていうのが

ほんと切迫する
彼らの日常なんですよ

川崎のとあるところから
出てきてるわけですけど

帰ってきて顔を拭くと
黄色くなっちゃうようなところの

そういう工場地帯とかで
生まれ育ってきて

貧困であるとか
家庭内暴力であるとか

盗みとか そういったものが
当たり前にあるって

ファンタジーじゃないんですよ
彼らにとっては

僕らは だって身近にないから
そんなのは

彼らは そういうところで

たくましく生まれ育って
生きてきて 犯罪はしてきてる

かもしれないけど
今 音楽を手にして

ようやく救われたって
言ってるんですよ

やっと日本にも そういう
本物が出てきたと

歌詞の世界で言うとね
という曲ですが

「Kawasaki 跨り全国
ハンドルきりLowからTOP」

「昨日の俺振り切る今日
アクセル全開で行こう」

「街のfame,  金にチェンジ
するぜこのFlow」とかですけど

なんかもう
漫画みたいなラップじゃないですか

わりとオールドスクールな
感じもありますね

説得力で言うと
やる人が資質が問われるというか

彼らの歌詞とかにしても
めちゃくちゃ拝金主義的

俺は金をつかんで
めちゃめちゃいい高級外車

ランボルギーニ・カウンタックに
乗るぜってことを歌うんですよ

あとね インディーズなんですよ
彼らって

ですから ガッポガッポもうかるんですよ
って言ってるんですよ

おぉ いいことですね

俺たちが育ってきた環境には

ラーメン大盛りみたいな世界しか
ないんですって

ラーメン大盛りだと
とにかくガッツリ

腹いっぱい食べれたらそれでいい
みたいなことじゃないですか

俺 それだけじゃ不満足だから

最近いいところに行って
いいもの食べてるんですよって

打ち合わせもカフェとか
道端みたいなところでやらないで

高級ホテルのラウンジみたいなとこ
指定してやるんですよと

すごいでしょ? ただ俺たちは

もともと 川崎の
そういうところしか知らないから

両方知らないと価値がないでしょ

っていうことを
あけすけに全部言ってる

本人たち メイクマネーするために
テレビに露出して

もっと真ん中行きたいって
言ってるんですよ

あぁ でも それなんか
気持ちいいですよね

とはいえ メンバーの誰かが
何かするかもしれない

脱椎名林檎できてない
女性シンガー

脱椎名林檎できてない
女性シンガー

脱椎名林檎っていうのが

次なる
令和のテーマだと思うんですよ

それが なかなか
見つけられてないんですよ

僕は脱椎名林檎の先兵としての
あれを感じてるんです

それはもう革命じゃないですか
革命が起きますね

革命して頂きたいなということで
こちらの女性アーティスト

聴いて頂きましょう
全部 曲知らんな 今日は

♬~()

♬~

♬「私はライブで
手応えがなかったと落ち込んでも」

♬「ネットでは良かったと
書かれることもあります」

♬「自分の100%出せなくたって」

♬「周りが求めてるものは違う」

♬「大丈夫 もう大丈夫」

♬「ほら あなたたちはみんな
素晴らしいから」

♬「わからなくても大丈夫」

♬「今ここにいる私は
少なくともすごく楽しかったよ」

はい~
眉村ちあきちゃんと言いまして

即興ソングがお得意で
ある番組で

芸人がね 悪い顔しながら

「ゲロ」で曲作ってくださいよ
って言ったら

「ゲロ」で めちゃめちゃいい曲
作っちゃったりとか

自分の個人事務所を経営してる
経営者なんですよ

おじさんばっかりなんですよ
ファンが

おじさんと そのファンと
ものすごく距離が近くて

代々木公園に集まってください
遊びましょうって言って

おじさんたち
のこのこ行くじゃないですか

そしたら そのおじさんたちと
鬼ごっこやるんですって

えっ…
だから 何だろうな

それ 単なるパフォーマンスで
やってるって

話題作りのためにとかって
思うでしょ?

別にそうじゃないんですよ
この子の場合

もうとにかく生き物として もうね
めちゃくちゃおもしろいんです

完全にニュータイプ
でも会社の経営者よ?

彼女の場合は 音楽の環境とかに
そんなに左右されずに

まず創作をしたいというエネルギーが
強くあるタイプの人間だということで

1曲 もう1つ聴いて頂きたいのが


っていう曲があるんですけど

録音状態を中心に
聴いて頂きたいと思います



♬~()

♬~

(物音)
これ どっかたたいてるんです

ギターなのかな?
ギター以外のものなのか…

♬「はーあああーあー
はああーあー」

♬「はーあああーあー
はああーあー」

♬「タッタッタッタッ
タッタッタッタッ…」

これデモ音源でしょ?
デモだなぁ

でも これ売り物なんです

♬「タッタッタッタッ
タッタッタッタッ…」

♬「タッタッタッタッ
タッタタタタタタ…」

♬「ボーボボボボー」

♬「ボーボボボボー」

このものとか録音してるのは
自宅のお風呂場でとってるんです

へぇ~
そこが一番落ち着くんですって

さらに言うとですね
純正な状態で

例えば「iPad」とかに入ってる

「GarageBand」っていうソフト
あるんです 知ってます?

知らないです
あれで曲ほとんど作っちゃう

「GarageBand」っていうソフトは
そういうのが作れる…

多重録音が
簡単にできるものなんですよ

つい最近
メジャーと契約はしたから

そういう手法じゃないものとかも
やり始めたんですけど

それまでは基本的に全部DIYで

「GarageBand」とかで
全部曲作っちゃう

だから レコーディングする環境とか
何とかっていうことも別に

そろえたりするようなことを
目指さなくても

別に この子の場合はいいんですよ

作曲方法とかジャンルとか

どこかに影響受けてきた
みたいなことも

気取ったこととかも言わないし

例えば 椎名林檎さんみたいな
そういう大きな存在とかに呪縛が

今のアーティストに
どっかあると思うんですよ

女性アーティストにしても
売り出す側とかね 特に

そういうものとか
あんまり関係ないんです

なぜなら 全部DIYで作ってるし
椎名林檎みたいなものとかも

パロディーの要素として
自分の中に入れちゃったりする

1曲目の曲って 椎名林檎の
初期の曲に似てません?

言われてみれば
そうかもしれませんね

ねっ …っていうことも
言えると思うんですけど

歌詞の世界は 彼女でなければ
書けないような

ライブであった自分の充足であるとか
悲しみであるとか

そういったことを歌にしてる
っていう

で 昨今のJ-POPの
安直な大丈夫ソングとも違って

非常に個人的なことを歌ってる

恋愛とかも全部ネタにするし

病んでるような歌世界も
歌っちゃうんですね

それをネットに書かれたことも
むかついたって

その場で適当なラップとかにして

お客さんとかをののしりながら
みたいなこととか

しかも その直後に
すげぇ愛あるステージングをしたりとか

もうとにかく生き物として
めちゃくちゃおもしろいんです

僕は彼女を「歌うアウトサイダーアート」
というふうに思っております

アウトサイダーアート
っていうのは

いわゆる
美術界とか芸術業界の中で

生前 評価されてなかった
アーティストですね

それが死後 その人の部屋から
数万点の訳の分からない絵画が

発掘されたっていうやつとかが
アウトサイダーアートですけど

今 たまさか才能が
時代とリンクするかのような形で

注目され始めてる
子ではあるんですけど

この子 時代と沿わなくても

死後この子の部屋から
1万点の作品が出てくるっていう

そういった
アウトサイダーアート的なものを感じるし

単なる既成の
音楽業界の枠組みの人たち

それがインサイダーですが

その人たちが
評価するだけじゃないものを

パワーを僕は… 感じております

まだ今のところ
まだ分からないですよ

椎名林檎さん的なポジションに
行くかどうかは分かりませんけど

見守りたいなと思ってる
アーティストでございます

どれが一番
コンサート行ってみたい?

えぇ~~…
8組

眉村さんが即興でやるって
生のところで…

でも 即興の部分だけ あんまり
期待しないほうがいいかな

即興っていう芸に
消費されてってほしくない

埋没してってほしくない
アーティストなんですよ 彼女の場合は

即興もものすごい
見どころではありますけど

各局 スージーさんというのが
結構 進出…

だから今 一番あれですよ
推しのアーティスト・スージー鈴木

音楽評論界の
眉村ちあきと呼ばれてますけど

ほんとに
今年1年間お世話になりました

この番組があってですね
かなり飛躍させて頂いてる

ほんとありがとうございます

マキタさんの1年どうでした?
2019年

まぁ 安定横ばいといった感じで…
それが一番ですよ

ただ 僕もね あの~

この番組は すごいとこまで
今来てるんじゃないかと

来てますね~
だって生放送やったんですよ?

ねっ 生放送楽しかったです
いや 生放送楽しいけど

家に帰って落ち着いて考えたけど
やっぱりやる必要あったのかな?

まぁね まぁね…

はい というわけでございまして
1年楽しかったでございますね

また来年もお会い致しましょう
さようなら また来年

良いお年を
良いお年を


関連記事