偉人たちの健康診断「紫式部“源氏物語”を健康診断」平安貴族の愛と運命を描いた千年ベストセラー源氏物語には大切な…



出典:『偉人たちの健康診断「紫式部“源氏物語”を健康診断」』の番組情報(EPGから引用)


偉人たちの健康診断「紫式部“源氏物語”を健康診断」[字]


平安貴族の愛と運命を描いた千年ベストセラー源氏物語には大切な人を次々と亡くした紫式部の死生観と、宮中で触れた最先端の医学書に基づく健康知識がちりばめられていた!


詳細情報

番組内容

およそ千年前に書かれ、古典文学の最高傑作としていまなお読み継がれる源氏物語。実はこの物語には大切な人を次々と亡くした作者・紫式部の死生観が色濃く反映されるとともに、当時最先端の医学書を読める立場にあった作者の医学知識が随所にちりばめられていた!さらに宮中でその才能を周囲からねたまれ、引きこもり状態に追い込まれた紫式部はある方法で見事立ち直った。現代医学の観点から見ても効果の高いその方法とは!?

出演者

【出演】関根勤,カンニング竹山,かたせ梨乃,倉本一宏,最上悠,植田美津恵,【司会】渡邊あゆみ



『偉人たちの健康診断「紫式部“源氏物語”を健康診断」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

偉人たちの健康診断「紫式部“源氏物語”を健康診断」平安貴族の愛と運命
  1. 紫式部
  2. 源氏物語
  3. 日記
  4. 女性
  5. 感情
  6. 宮中
  7. 効果
  8. 自分
  9. 当時
  10. 源氏
  11. 物語
  12. 健康
  13. 彰子
  14. 倉本
  15. 光源氏
  16. 女房
  17. 写本
  18. 彼女
  19. 天皇
  20. 賢子


『偉人たちの健康診断「紫式部“源氏物語”を健康診断」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

2019年10月 「源氏物語」に関する
驚きのニュースが発表されました。

現存する最古の写本が
奇跡的に見つかったのです。

およそ800年前に書かれた
この貴重な写本を

特別に撮影させて頂きました。

ということで 「偉人たちの健康診断」。

本日は 平安時代に「源氏物語」を書いた
紫式部を取り上げます。

「源氏物語」といえば 主人公・光源氏が

華やかな女性たちと繰り広げる
「恋の文学」として有名ですよね。

その人気ぶりは すさまじく
時の天皇までが夢中になったとか。

権力者たちが 自らの地位を高めるために
利用するほど

大きな影響力を持っていました。

そんな「源氏物語」を よく読むと

当時 最先端の医学知識が
巧みに取り入れられていることが判明!

登場人物を健康診断してみると…。

この女性も! あの女性も!

さまざまな病に苦しんでいました。

その原因は ストレス。

紫式部は 平安時代ならではの

ストレスフルな環境に置かれた
貴族女性たちを

克明に描いていたのです。

更に 彼女が日記に書き記していたのは…

この悪口こそ
高血圧や腰痛などに

効果があるという
驚くべき健康法でした。

これは いいですね。

心の思いとか イラつきとかを

言うっていうか
グァーっと ここに出す ノートに。

知られざる紫式部の人となりと人生から
健康の秘けつを読み解きます!

♬~

健康のヒントは歴史にあり。

「偉人たちの健康診断」。

♬~

(拍手)

皆様 こんばんは。
「偉人たちの健康診断」です。

ご一緒して頂くのは こちらの方々。

どうぞよろしくお願いいたします。
(3人)よろしくお願いします。

かたせ梨乃さん
久しぶりにお会いしますけれども。

こんにちは。

健康の面で
今 気を遣ってらっしゃることは?

今日も ここに来る前に
30分ほど泳いできました。

(一同)え~!?
はい。

歩いたり泳いだり
エクササイズを水の中で。

それ クロールとか平泳ぎとか いろいろ?
いろいろです はい。

すごいですね。
それが この若さと美に

つながるということでございます。
さあ 今日はですね

あの「源氏物語」の作者
紫式部がテーマなんですけれども

「源氏物語」は?

(関根)もう 学校でチラッと
さわる程度ですよね。

いや 僕も もう 教科書だけですね。
昔のアイドルしか浮かばないっていう。

やっぱ 光源氏とか そう言われると はい。

私 吉永小百合さんの主演で
「源氏物語」 紫式部 映画に

光源氏の敵になる
大后の役で やらせて頂きました。

じゃあ もう
物語の中に入った人ですね。

でも 源氏を取り巻く美しい女性ではなく
敵役の方なので。

そっちだった。 そうですか。
そうなの はい。

じゃあ 客観的に
ご覧になっていたというところで

また伺いたいと思います。

さあ 今日はですね
日本の古代史にお詳しい

国際日本文化研究センター教授の
倉本一宏さんと

医学ジャーナリストの植田美津恵さん。
どうぞよろしくお願いいたします。

(一同)よろしくお願いします。
倉本さん 「源氏物語」って

まあ 簡単に言うと どういうお話と
考えたら よろしいでしょうかね?

そうですね 日本でいうと
明らかに日本最高の文学だと思います。

この2, 000年の間で。
外国においてもですね

例えば 1, 000年前ですから 外国でいうと
ちょうど「アラビアンナイト」とかね

その時代ですよね。 シェークスピアは
もっと はるかに後ですから。

そうなると これほどのスケールと
分量と奥深さ。

登場人物が何世代にもわたるわけですから
これほどのものって

まあ 世界最高と見ても
いいんじゃないかと思います。

あ~。
史実なんですか? フィクション?

全くのフィクションですが ただ…

(一同)え~!
(倉本)多分 彼女は政治家としても

当時の男の普通の公卿よりも
ずっと賢かったと思います。

じゃあ 相当 頭良かったってことですね。
(倉本)めちゃくちゃ頭いいと思いますよ。

はあ~!
それでは早速

その「源氏物語」に秘められた

紫式部の思いを
読み解いてまいりましょう。

京都文化博物館に大切に保存されている
古めかしい木箱。

中に入っているのは
「源氏物語」の写本です。

およそ1, 000年前に誕生した
全54帖に上る この壮大な物語は

貴族たちの愛と人生が描かれたもの。

30以上の言語に翻訳され 世界中の人を
魅了する 古典文学の最高峰です。

その冒頭は こんな一文から始まります。

大勢の貴族女性たちが ひしめく宮中で
帝からの寵愛を一身に集める

「桐壺」という名の女性がいました。

身分の低さゆえ 他の女たちから
壮絶な いじめに遭った彼女は

帝との幼子を残し
唐突に この世を去ります。

その幼子こそ 主人公「光源氏」でした。

源氏は 帝の血を引くとともに
学問・芸能にも優れ

輝くばかりの美男子として成長。

しかし その複雑な生い立ちにより
次なる帝の候補から外され

屈折した思いの中 さまざまな女性との
恋を繰り広げていきます。

まず 源氏が思いを募らせたのが
母に うり二つの義母 「藤壺」。

父・帝の妻である彼女は
源氏を避け続けますが

ある日強く迫られ ついに契りを結びます。

次に 源氏の正妻「葵の上」が登場。

プライドが高く
冷たい態度しか取れませんが

本当は源氏が好きでしかたがない
「ツンデレ」の女性です。

ところが 源氏の愛人「六条御息所」が

その妻に激しく嫉妬。

生霊となって祟る その様は
まるでホラー小説のよう。

源氏に関わる女性は
実に10人以上。

「自分好みに育てた美少女」。

「醜い顔だが誠実な女」。

「好色な老婆」など
何でもありの恋が展開。

その中で 源氏が成長し 出世の階段を
上り詰めていく物語なのです。

登場人物の心理描写 設定の巧みさに
書かれた当時から人気が爆発。

多くの写本が作られることで広まり

現代にまで読み継がれる
超大河ドラマとなっていきました。

では そんな物語の作者である紫式部とは
一体どんな女性だったのでしょうか?

紫式部は 中級貴族であった
父・藤原為時の二女として

この世に生を受けました。

幼くして 難しい漢文を
スラスラ理解してしまう天才少女。

名の知れた学者でもあった父が
その才覚に驚き

「お前が男だったら」と
嘆いたと伝わっています。

しかし その人生は
悲しい出来事の連続でした。

物心つく前に母を亡くしていた紫式部。

その後 母代わりとなっていた姉が。

そして 親しくしていた 幼なじみまでもが
この世を去ります。

次から次へと親しい人の死を経験する
悲しく寂しい人生を歩んでいたのです。

その後 20代後半で中級貴族の男性と結婚。

一人娘を生み ささやかな幸せを
手に入れますが 更なる悲劇が訪れます。

夫が病で急死したのです。
結婚して 僅か3年目のことでした。

大切な家族が死に 二度と会えなくなる
この世の はかなさ。

悲しみに打ちひしがれる日々が
続きました。

そんな時 書き始めたのが
「源氏物語」だったのです。

京都先端科学大学の
山本淳子教授は

「源氏物語」を書くことが

紫式部の
生きる原動力になったと考えています。

友達と物語を読み合ったり
その感想を言ったり あるいは借りたり

さまざま 物語について試行錯誤をしたと。
そうした中で 自分の心が

やがて慰められていったと
記しているんです。

ですから 「源氏物語」は
紫式部が

こうした絶望とか
悲嘆の状況の中から

自分の人生に再生していく

そのことの
きっかけと申しますか

手がかりとして書かれた
ということが言えます。

夫の死後 少しずつ書き始めた「源氏物語」。

山本教授によれば 紫式部は
主人公である源氏に

自分の人生を重ねたといいます。

例えば 光源氏の母「桐壺」は
源氏が3歳のときに病で亡くなりました。

これは 幼い頃に母を亡くした
紫式部と同じ境遇です。

また 源氏の妻「葵の上」は
男の子を出産したあとに急死。

これも 夫を病で亡くし
一人娘を残された紫式部と同じ。

つまり 紫式部は
面白おかしい恋話ではなく

愛する人を病で亡くす死別の悲しみを軸に
物語を展開させたのです。

♬~

「源氏物語」の登場人物の病と死。

その背景には 当時の宮中女性たちの
共通の苦しみがあったといいます。

平安時代の病と医療について

半世紀近く研究し続けている
槇 佐知子さん。

1, 000年以上前に朝廷に献上された
日本最古の医学書

「医心方」を初めて全訳した
古典医学研究の第一人者です。

槇先生は 貴族女性たちが

強烈なストレスを感じていたと
考えています。

当時の女性は ストレスを
とっても ため込んじゃって

それで それがまた病気の種になって
はかない一生を終えていたと思います。

ですから 平均年齢が ほんとに もうね
20代 30代で はかなくなって

待つだけの身っていうのは
とてもつらいと思います。

20代 30代で亡くなることも
珍しくなかった貴族女性たち。

そこには 平安の社会ならではの

ストレスフルな生活スタイルが
あったといいます。

顔を見られることが 男女の関係を
結ぶことと同じと考えられた当時

女性たちは表立って出歩くことを
許されませんでした。

これでは 運動や気晴らしが
全くできません。

更に 身分が低かったり
正妻でなかったりすると

夫が自宅に通ってくるのを
ひたすら待つ生活。

他の女性に対する嫉妬や
不誠実な男性への怒りが

女性たちの心身の健康を
むしばんでいきました。

こちらは 主要な登場人物たちが
かかった病です。

いずれも見慣れない病名ですが

現代では このような病気に
あたるのではと槇先生は推測しています。

「源氏物語」には
ストレスで病気に倒れる

当時の女性たちの姿が
描かれていたのです。

それにしても 医者でもない紫式部が

一体なぜ これほどまで さまざまな病を
描くことができたのでしょうか?

槇先生によれば 紫式部は
当時 最先端の医学書だった

「医心方」を読み込んでいたといいます。

「医心方」は インドからヨーロッパまで
世界中の医学知識を集めた書物。

病気の治療だけでなく
出産にまつわるものから

ヨガなどの健康法まで 実に
さまざまな分野が網羅されていました。

当時 天皇と ごく一部の権力者のみ
見ることができた貴重な書物ですが

宮中にいた紫式部は これを手にし
物語に巧みに取り入れたというのです。

例えば 源氏が妻の「葵の上」に
処方したのが サイシン。

ウスバサイシンという
植物から作られる漢方薬で

熱や せきを抑え
気持ちを静める効果があります。

また 物語のサブタイトルの一つ「帚木」。

これは コキアという名の植物のことで
その実は強壮剤として使われるものです。

更に 源氏の母・桐壺の「桐」は
植物の悟桐に由来。

その実は 古代中国において

丸薬の大きさを測る単位として
使われていたと槇先生は言います。

紫式部は 薬にまつわる さまざまな言葉を
物語に取り入れていたのです。

そして 「医心方」の中には

紫式部がいた宮中の女性たちが
実践していたという

美容法も記されています。

取り出したのは 日本酒
そして卵です。

28日間 お酒に漬けた卵を溶いたものを
肌に塗り

3分ほどたったら洗い流すことで
効果があらわれるといいます。

これがね 何と…

1, 000年もの間
読み継がれてきた「源氏物語」。

病による死別の悲しみを味わってきた
紫式部は それを癒やし

健康で美しく生きたいという
願いを込めたのかもしれません。

光源氏がね 紫式部さんの

分身だったっていうのを知ってね
驚きましたね。

自分をモチーフにして
投影してたっていうね。 深いですね。

ねえ 男性を描いてるのにね。
ちょっと意外ですよね。

今 ご覧頂いたとおりにですね
光源氏は さまざまな女性とね

関わっていましたけれども
ちょっとこう 挙げてみました。

すごいですね。 義母に憧れるっていうのは
ちょっと しびれますよね。

そんな年の差がないと思うんですよ
義母ですから。

それは やっぱり 僕は一番 響きましたね。
(笑い声)

でも 社会的には
ちょっと駄目じゃないですか?

義母のめいとか 義理のお母さんの
めいっ子さんとかまででしょ。

(かたせ)紫の上ね。
老婆の愛人の方がいたり

普通に愛人がいたりとか。
愛人 何人いるんですかって。

広いですね。
ストライクゾーンが広い。

はい。
そうですね。

光源氏が正式に結婚した人っていうのは

この中だと
「葵の上」しかいないんですよね。

他は全部 妾だったり
愛人だったりするんです。

平安時代 貴族の男性は 正妻以外に

「妾」と呼ばれる妻や愛人を持つことが
社会的に認められていました。

実は 紫式部も妾の一人。
男性を待つ つらさをよく知る彼女は

同じ境遇の女性たちを物語に登場させ
その苦しみを描きました。

そのため 当時 宮中にいた女性読者たちは
思わず感情移入してしまったといいます。

倉本さん あれですか?
一人一人 キャラクターで

一人一人との恋愛のお話に
なってくわけじゃないですか。

そうなると読んでる人が
「あ 私のパターンと似てる」とか

そういうことがあるってことですか?
多分 そうだと思いますね。

やっぱり 女優として
役を演じさせて頂くと

その役に のめり込むじゃないですか。

そうすると
すごいストレス感じるんですよ。
あ~!

だから たかが役で
それだけストレス感じるんだから

実際に その時代に生きて
このお立場にいらっしゃる方だったら

どれほど大変だったのかなって思います。
(関根)大変ですね。

当時 離婚届がないので
しかも 正式な結婚じゃないと

婚姻届もありませんから
いつから結婚なのか いつ離婚なのか

分かんない状態の人が
ほとんどだったんです。

さあ それにしてもですね
出てくる女性たちが

何らかの病をね 覚えるわけですけれども。

それも ちょっと挙げてみたんですよ。
いかがでしょうか?

(かたせ)え 「もののけ」って病気ですか?
(倉本)精神やまいです。

(植田)「もののけ」っていうのは
科学っていうものがなかった時代なので

何か悪いことが起こると それは何かが

怨霊とかですね 生霊とかっていうのが

どうしても原因と考えられてた
時代ですよね。

何か原因を見つけないと
不安だからでしょうね。

そうですね。
(倉本)身分の高い人はね 病気になると

まず陰陽師を呼んで呪いがあるかどうかを
判断してもらうんですよね。

まず そこから?
で 呪いがあると それを対応するんです。

ないとなると 今度はお坊さんが来て
加持祈とうといって お祈りをするんです。

で 何かに取りついてる
もののけとかあったら

それを名乗らせて それを説得する。
それが なくなってから

やっと薬が お医者が来て
薬を与えてくれる。

え~ 遅いな。
(倉本)ところがね

僕らは 例えば医者に行って

薬自体は昔より今の薬の方が効きますけど
ただ医者にポンと渡されて飲む薬と

「ああ 呪いは なくなったんだ。
大丈夫。 あの偉い坊さんが来て

お祈りしてくれた。 これは効くぞ」って
思って飲む薬と同じ薬だったら

絶対そっちの方が効くと思うんです。
プラシボ効果ですよね。

2日ぐらい家で寝込んでて
「あ やっぱ やばい」と思って

病院行って
病院の待合室で待ってる時に

ちょっと治ってる自分がいますよね。
安心してんのか。

(かたせ)ここまで たどりついた。
そう 俺 病院に来れたっていう。

病院来たら もう大丈夫みたいな。
あとは先生に診てもらうだけだからって

ちょっと調子よくなってる
自分がいますよね。

すごく大きいと思います。
そういう精神的なものっていうのは。

(倉本)名医だったら もっと治るでしょ?
って言われたら そうです。

(倉本)この人だったら。
もっとな気持ちが はい。

(植田)昔から これ ありまして
「ロイヤルタッチ」っていって

中世のヨーロッパでは
その人たちが こうやって触っただけで

あるいは触れただけで病気が治ると。

下手な薬よりは よっぽど
効いたんじゃないかと思いますね。

ちょっと なかなか珍しい「源氏物語」の
味わい方をして頂いたかもしれませんね。

さあ たっぷり
そうして味わって頂いたところで

次は 紫式部が書き残した日記に
注目してみましょう。

滋賀県 大津市にある石山寺。

紫式部が「源氏物語」の
構想を練ったとされるお寺です。

書き始めた当初 親しい友達の間だけで
回し読みする程度だった「源氏物語」。

しかし 途中までしか完成していない
段階で

既に その面白さが口コミで広がり
やがて 宮中にまで うわさが届きます。

その人気ぶりは すさまじく

時の一条天皇が続きを読みたいと
熱望するほどでした。

そして そんな状況に目を付けた
ある人物が

紫式部の運命を
大きく変えていくことになります。

当時 左大臣として
絶大な権力を持っていた 藤原道長です。

道長は 娘の「彰子」を
一条天皇に嫁がせており

皇子をもうけることで その権力を
盤石なものにしたいと考えていました。

しかし 天皇には 既に「定子」という
后が嫁いでおり

つけいる隙のない状態が続いていました。

そこで 道長はある作戦を実行に移します。

それは 紫式部を宮中に呼び寄せること。

彰子のそばで創作活動をさせ
「源氏物語」をエサに

天皇を彰子のもとに
通わせようというものでした。

一条天皇さんは 非常に物語も好きで

なおかつ歴史も好きなものですから

「源氏物語」を非常に読みたい。

でも 途中までしか出来ていない。

彰子さんの所へ行けば
それが読めるといって やって来る。

必然的に彰子が皇子を生む可能性も
できてくるわけなんですね。

紫式部は道長によって
「女房」に抜てきされます。

「女房」とは 后のそばに仕えて
さまざまな仕事を担う女性たちのこと。

紫式部に与えられた仕事は
「源氏物語」の執筆でした。

道長は彼女に 当時 極めて貴重だった紙を
大量に与えます。

できるだけ面白く
壮大な物語を書かせることで

天皇の気を引き続けるためでした。

すると… 作戦は見事成功!
天皇は彰子のもとに足しげく通い始め

やがて彰子は
男子を出産することになるのです。

しかし このように紫式部が
宮中で活躍するまでには

乗り越えなければならない
苦難の道のりがありました。

長崎県 島原市にある松平文庫。

ここに 紫式部が書いたとされる
日記が残されています。

(吉田)こちらは「紫式部日記」といいます。

平安時代に宮中で暮らしていた紫式部の
感情や本音などが うかがい知れる

貴重な資料だといわれています。

「紫式部日記」。
そこには 宮中に出仕したばかりの頃

彼女が遭遇したショッキングな出来事が
記されていました。

「『日本紀の局』
なんて

あだ名まで
付けられたわ!」。

宮中には 紫式部が傲慢な才女に
違いないと警戒する女性たちがいて

冷たい態度を取ってきたのです。

いきなり いじめに遭った紫式部は
数日後 実家に戻り

5か月もの間 引きこもってしまいました。

女性たちが共同生活を送る宮中。

そこは うわさや臆測が飛び交い
複雑な利害が絡み合う

息苦しい職場でもあったのです。

このピンチを 紫式部は
こう乗り切ったと書いています。

人間関係の極意。 それは 教養を

むやみに ひけらかさないことだと
いうのです。 すると…。

と 無事 受け入れられました。

おっとりしてみせることが
紫式部流の処世術なのだとか。

一方 紫式部は 「枕草子」で有名な

清少納言についても日記に記しています。

清少納言は もう一人の后である
定子に仕えていた女房。

彰子に仕えている紫式部とは

異なる派閥に属していました。

宮中にいる時期がずれ

2人の間に面識はありませんでしたが

日記を見てみると…。

「清少納言ほど
したり顔で偉そうな女はいないわ!

利口ぶって漢字まで使ってるけど

間違いが多いったらありゃしない。

自分が
人より優れていると

思い込んでるのかしら」。

現代でツイッターに投稿したら
炎上してしまいそうな

容赦のない言葉の数々。

(雷鳴)

実は 紫式部の怒りには理由がありました。
かつて 清少納言が 紫式部の夫について

「枕草子」に
こんなことを書いていたのです。

「由緒あるお寺に行くなら
落ち着いた服装で来るのが常識よね。

でも あの男ったら山吹色の
派手で仰々しい服を着て

人が驚いて
あきれてしまうほどだわ。

お~っほっほっほっほっ!」。

しかも 清少納言は
紫式部の夫だけでなく

いとこについても 字が下手くそだと
書いていたのです。

(雷鳴)

家族をバカにされた紫式部の怒りは
収まる気配がありません。

「悲しいくらい つまらないことも
感動してみせるなんて

ほんと不誠実極まりないわ!」。

清少納言に対する むき出しの怒りが
記された日記でもあるのです。

実は 紫式部のように 心にたまった
ネガティブな感情を日記に書くことには

驚くべき効果があると
精神科医の最上 悠さんは指摘します。

ご自身の気持ち 本音を こう
紙に書きつけると。

タイピングでも いいんですけども
それを何回かやることで

健康にいいんですね。
例えば 高血圧が改善したりとか

免疫が上がってですね リウマチとか

ぜんそくの症状が改善したりとか
傷の回復が早まったりとか

そういった いろんなメリットが
得られるっていうことが

医学的に証明されてます。

♬~

こちらは
アメリカ・アライアント国際大学の

研究グループが行った実験データです。

ある高血圧のグループに

毎日起こった事実を
日記に記録してもらったところ

僅か1か月で高血圧が改善しました。

更に 別の高血圧のグループに
事実だけでなく

嫉妬・憎しみ・怒りなどの
感情を書いてもらうと

もっと大きな効果が得られました。

最上先生の患者で 主婦の平山さんです。

かつては ケンカの絶えない夫との関係に
悩んでいました。

ささいな理由で怒ることが多く
夫婦ともに かなりの高血圧でした。

ところが 先生の勧めで
感情日記を始めたところ…。

薬を飲むっていうことと同じくらいな

効果があるのかなっていうのは
思いました。

日記に嫌な気持ちを吐き出すと

たまっていた怒りを小さくすることができ
ストレスが解消。

その結果 免疫が向上し 体が健康になる
というメカニズムがあるのです。

感情を日記に書く効果は
高血圧だけではありません。

腰痛 リウマチ ぜんそく 不眠症など

さまざまな体の不調が
改善に向かうというのです。

更に 勉強の成績や
会社の欠勤率が改善されたという

ユニークな研究結果も報告されています。

そして 日記には 体の健康だけでなく
心の悩みを解決できる効果もあります。

平山さんが怒りを感じる度に
それを日記に書き続けると

驚くような変化が あらわれたといいます。

その怒ってる自分を
また もっと遠くから見ると

何で怒ってたのかな? みたいな。

だから結局 まあいいか みたいな
そういう…

娘は すごい変わったって
言ってくれるんですよ 言葉では。

今までだったら
多分 あ ここで言い合いになってるとか

あ ここでケンカしてるとか
そういうのは なくなってると思います。

自分のイライラを文字にすることで

怒っている自分を
客観的に見られるようになった平山さん。

更に なぜ怒ったのか
これから どうしたいのかなど

矢印を使って突き詰めることで
イライラのパーセンテージが徐々に低下。

ささいなことで怒らなくなったと
いいます。

冷えきった夫婦仲が徐々に変わり

なんと 自分だけでなく
夫の血圧まで下がりました。

まさに 感情を書く日記が 家族全員を
幸せに導く究極の健康法となったのです。

紫式部が意図して そういうことを
やったのか分かりませんけど

一つの癒やしのツールとしてですね
この日記がですね

役立ったんではないかなっていうことが
推測できると思います。

「紫式部日記」の前半には

宮中で暮らす彼女のネガティブな心情が
あちこちに書かれています。

しかし 時がたつにつれ
女房としてのプロ意識に目覚め

後輩に和歌を詠む晴れ舞台を譲って
活躍させるなど

紫式部の成長が見て取れるのです。

紫式部は 物語だけでなく
日記を書くことで

ストレスフルな職場を生き抜き

心身ともに
健康になったのかもしれません。

ほ~ いや~
日記書くと血圧下がるんですね。

これは いいですね。
不思議ですよね。

「紫式部日記」と呼ばれる あの作品が
本体はですね お産日記なんですよね。

お産日記?
(倉本)道長の娘の彰子さんが

一条天皇さんの皇子を生むわけです。
道長に命じられて 紙をもらって

中まで行って書いてこいと。
だから お産の詳細な記録をつけたのが

「紫式部日記」の中心だったんですけども
紙が多分 余ってしまって

貴重なもんですからね。
いろんなことを他にも書くわけです。

人から来た手紙を写したりとか。
多分 それでも余ったので

いろんな感情を
多分 書きつけたんだと思います。

吐き出すってことで いいんですか?
心の思いとか イラつきとかを

言うっていうか グァーっと
ここに出す ノートに。

だから
ストレスにいいってことなんですかね?

早速 伺いましょうか。
日記の健康効果にですね お詳しい

精神科医でいらっしゃいます最上 悠さん
よろしくお願いいたします。

よろしくお願いいたします。

今のご質問に対して
いかがでございましょう?

2段階に分かれていて
まず 吐き出す効果っていうのは

すごく大きいんですけども
更に健康効果となると 更に踏み込んだ

より深いネガティブな感情を
見ていくっていうふうに

2段重ねのアプローチっていうのが
言われたりしますね。

つまり なぜ自分が
イライラしてるかを

分析したりするっていうことも
大切なんですね。

こちらですよね。

負の感情のメカニズムを見ていきますと。

(最上)人には 大まかに

2つの感情に分かれてですね

本音に近い深層の感情ですね。

一方で 表層感情といって

人間しかない 人間的な

怒り・恨み・苦悩とか自己嫌悪とかですね

人間らしい感情に
大別されるんですね。

最上先生によれば

人間の社会生活の中で生まれる

怒りや恨みなどを表層感情。

悲しさや寂しさなど

怒りの原因となっている感情を

深層感情と呼び 区別します。

表層感情は 人間特有の感情で

一旦それに とらわれると

なかなか消すことができません。

感情日記によって表層感情を小さくし

その奥にある深層感情に気付くことが
大事だと

最上先生は言います。

今回 平山さんの場合はですね
怒りが すごく強くてですね

恨みとか つらみを
いっぱい書いてたんですけど

本当は私は悲しいんだとか
さみしいんだということを書くことで

怒る意味がなくなって 消えていったと。
(関根)あ なるほど。

悲しいから怒ってたんだと。
だから それはもう関係ないことなんだと。

怒ってることが 要するに
無駄だっていうことだったんですね?

(最上)そうですね。

竹山さんは まあ 芸風として
キレるっていうのを

うたってらっしゃるとは
思うんですけれども。

はい。 もう その表を見た時に
表層感情。

そこだけで仕事してるなと
思いましたね。

どうです? かたせさん こういう。
私 2か月ぐらい海外に

ドラマのロケで行ってて
慣れない環境で

すごく ちょっと
不安定になってしまった時に

宛先のない手紙を書いてたんですよ。
毎日。

それで ロケ終わった最後の日に
読み直して全部捨ててきました。

でも すごく それで心が救われました。
よかったんですね それが。

そうですね。
アメリカのドラマとか映画ではね

精神科医の人にね 行って
バーって しゃべって

聞いてもらってんですよね。
あれが やっぱり効くんですよね?

そうですね。 聞いてもらうというのは

ほんとに そういう
すごい上手な先生とか

カウンセラーに聞いてもらえると
とてもいいんですけど

トラウマの治療 PTSDっていうんですけど
実は それは専門家の治療とですね

この日記を使った治療で
同じ効果というのも

去年 研究で出てるんですね。
あ そうですか!

(最上)ですから 上手にやれば

カウンセラーと同じぐらいの効果を
発揮できる可能性もあります。

こちらは 最上先生がお勧めする
感情日記のつけ方。

まず モヤモヤしている気持ちを
吐き出すこと。

その際使うのは 紙の日記に限らず
パソコンやスマホでもOKです。

慣れてきたら 怒りだけでなく

悲しみなどの
深層感情に目を向けることで

より大きな効果があらわれます。

日記は サボっても大丈夫。

無理せず続けていくことが
重要なのだそうです。

これ でも あんま 先生
SNSとかで好きなの書いちゃったら

それが周りの人が見て
意見来たりするから

それで余計に「あ~!」ってなるってことは
ないですか?

すごい大事なポイントで
ツイッターに書いてスッキリこそが

まさに感情日記の
効果そのものなんですけども

一方で 公開するものは やっぱ止まらずに
ついつい書きすぎてしまうと。

1人だけの秘密に 紙とかで書くという
場所もあってもいいかなと思います。

際限なく書けるってことですよね
意識しないで。

おっしゃるとおりです。 たまってる時は
なかなか制御利かないので。

(関根)そうですよね。
一旦そこで整理したあと ツイッターとかに。

そうですね。 そっから こう 精査してね。

何か 紫式部さんと清少納言さんが
やり取りとか言ってんのって

今もあるなと思ったら
今 ツイッターなんか見てると

論客と言われる人が
お互い ものすごく悪口言い合戦を

やってる時があるんですよ。
すごい言葉で。

だから それと一緒なんだなっていう。
やっぱ 人間の どっかにあるものが

現代にも つながってんだなと
思いましたね。

京都市 上京区。

かつて 紫式部の一族が住んでいた
この場所に 廬山寺があります。

紫式部の本音が
たくさん書かれた日記は

彼女の一族の ある人物のために
書かれたとの説が注目されています。

それは 死別した夫との
まな娘・賢子です。

成長すれば 宮中で暮らす
紫式部と同じように

女房となる運命でした。

離れ離れで暮らす娘のため
何かしてあげたい。

そこで 紫式部は 日記という形で
教育を施したというのです。

自分が個人的に
どれだけ最初は つらかったかということ。

それから なんとかして女房として
成長していったんだという その足跡。

そうしたことは 娘のために書いて

そして 女房指南書として
読んでほしかったのだと思うんですね。

紫式部の心の足跡を
打ち明け話として書いたというのが

現在ある「紫式部日記」ではないかと
私は考えております。

いずれも 娘のために書き残したものと
山本教授は考えています。

日記を読んで育った賢子は
18歳で宮中デビュー。

すると 華々しいまでの
活躍をみせていきます。

他の女房に意地悪されるどころか

幾人もの貴族男性との恋を楽しむ
順風満帆の前半生を送りました。

そして 後に天皇となる皇子の
乳母に抜てきされ

大切に育て上げると 「従三位」という

極めて高い官位が授けられました。

平安時代 およそ200年に及ぶ
宮廷の歴史を描いた「栄花物語」には

そんな賢子を褒めたたえる言葉が
残されています。

歴史に残るほどの成功を収めた賢子は
まさに女性版の光源氏!

それを なしえたのも 母・紫式部が
日記や「源氏物語」など

さまざまな書物を賢子に与え
教養を高めたことにあると考えられます。

実は 近年 読書の習慣は
キャリアアップだけでなく

健康長寿にもつながるという
研究結果が報告されています。

♬~

こちらは アメリカ・イエール大学が
2016年に発表した

死亡リスクを比較する研究です。

50歳以上 3600人を対象に

読書をするグループと
読書をしないグループに分け

12年にわたって追跡調査しました。

すると 週に3.5時間以上
読書をする人たちは

全く読書をしない人に比べ

12年後の死亡率が
23%低いという結果が出ました。

本を読むことで 知的な刺激を受けて
脳が活性化したり

湧き上がった好奇心から
行動的になるためだと考えられています。

この研究では…

…と結論づけています。

紫式部の娘・賢子は
当時の女性としては長生きで

なんと 80代まで生きたと
伝えられています。

また 紫式部が家庭教師となり

熱心に漢文を読ませた彰子も
87歳と長生きでした。

紫式部は 教育を通じ
愛する娘や 仕えた后を

健康な人生へと導いていたのです。

では 肝心の紫式部の寿命は
どうだったのでしょうか?

これまでの定説では
40代で亡くなったとされてきました。

ところが…。

かなり後まで生きていた可能性が高い。

60ぐらいまでは
絶対生きてたと思いますし

もしかすると70ぐらいまで
生きてた可能性もあると思います。

最新の研究によれば 紫式部は
定説の40代よりも

はるかに長生きだったというのです。

倉本教授が注目するのは
紫式部と同じ時代

藤原実資という貴族男性が書いた
「小右記」と呼ばれる日記。

見てみると 「女房」という
文字が記されており

紫式部のことであるという
注意書きが書かれています。

日記を読み進めると 紫式部が60歳ころの
時代のページまで

「女房」という文字が確認できることが

倉本教授の研究で
明らかになっているのです。

若い頃から中国の歴史書や漢詩など
父の蔵書を熱心に読んできた紫式部。

その読書習慣が
作家としての土台を築くとともに

長く健康に生きる力にも
なっていたと考えられます。

1, 000年もの間 日本人に愛される
「源氏物語」を書いた紫式部。

ものを書き ものを読むことの
すばらしさを

誰よりも知っていた
女性だったのかもしれません。

いや~ これは読まないといけないですね
本ね。

読む時間は おありになります?
僕 結構 読んでます。

僕ね 21まで本読んでなかったんですよ
あんまり。

で 妻と つきあい始めて
ショートショートから勧められて。

妻のおかげです。
本を読むようになったのは。

私は なかなか東京にいて本を読むのは
いろんな雑音が多くて難しいので

本を読むために旅に出ます。
あ~ いいですね。

新聞とかでも いいんですか?

本を読む場合は
まず 自分の好きな 関心のある本。

それから新聞でもかまいません。
もうひとつ大事なのは

丁寧に読むっていうことですね。
流し読みで こうじゃなくって

きっちりと読む。
時間がかかってもいいから。

それが大事だといわれてます。
そうですか。

結局 何でいいかっていうと

一つは好奇心とか自分の喜怒哀楽とか

そういう人間らしい感情を
喚起させてくれるっていう

そういう大きな効果が
あると思うんですね。

あと 新聞を読むというのは

社会とつながっているっていうのも
大きいと思うんです。

記憶力の復活っていう点も
影響があるんですけれども

すごく脳にとっても いいですし
免疫力にとっても いい効果がありますね。

娘さんに読ませる 式部の日記が

宮中で こんなことがあったら
こうしたらいいのよっていう。

それから 所作だとか
立ち居振る舞いだとか

いろんな細かいことも
書いてるんでしょうかね?

当時 男の貴族としての教養と
女性の教養は別なもんですから

この人は女房となり
あるいは妻となっていくためには

別個の教養が必要であるということで

まあ 「紫式部日記」にかかわらず
女性としての教養を

いっぱい与えていったんじゃないかと
考えられます。

で お嬢さんの賢子さんも
そこそこね 長寿でらした。

紫式部さんは まずは かなり後まで
重要な役割を担ってたと思います。

彰子さんって ものすごい権力者で
歴代の天皇の母であり 祖母であり

曽祖母であるわけですから

その人の 多分
側近ナンバーワンとして仕えてます。

あと 「源氏物語」を
1人で全部書いたとするならば

あれほどのものを書き切った充実感って
すごいことだと思います。

だから長生きしたかもしれない。
(倉本)それもありますね。

だから かなり幸せな一生だったのかな
という気はします。

さあ 今日の健康診断
いかがでしたでしょうか?

紫式部さんというのは 僕は ほんとに
ぼんやりしか知らなかったんだけど

今日 明確に知ったんでね。

ちょっと僕の尊敬する人物の中の
一人に入りましたね。

54帖 読破というのも
よろしいんじゃないでしょうか。

いや 読むのは つらいと思います。
(笑い声)

漫画でいいですから。
漫画でね。

漫画が一番いいかもしれませんね。
かたせさん いかがでしょう?

どうしても エピソードばっかり
気持ちがいって

読んでしまってたっていうか 今まで。
全部は読み切れてないし もちろん。

そういうところばっかり
頭に残っていたんですけど

その裏側にある やっぱり さっきの感情の
いろんな段階が

今日 初めて分かりました。
勉強になりました。

竹山さん。       う~ん… やっぱ
ちょっと日記ですかね。

最近 ちょっと個人的に
ほんとに血圧高かったんで

日記 全部書いてみようかなと
思うんですけど

でも 読むのが恐ろしいですよね。
(笑い声)

もう たまってることは
いっぱいありますから。

この野郎 この野郎っていうことが。

ご本人はいいけど
他の人が読むことになったら。

だから もう 絶対 嫌ですね。
でも やっぱりグァーっと書きたいですね。

書きたいことは いっぱいあるんで。

はい ありがとうございました。
(一同)ありがとうございました。

2019年10月。

「源氏物語」に関するビッグニュースが
日本中を駆け巡りました。

旧大名家の子孫の自宅で
現存する最古の写本が発見されたのです。

今回 番組のために
特別に見せて頂きました。

およそ800年前の鎌倉時代に
小倉百人一首の選者として知られる

藤原定家が編さんした写本です。

鎌倉時代には 既に原本が失われていた
「源氏物語」。

多くの写本が作られ
文章が乱れる状況にありました。

そこで 定家が さまざまな写本を比較し

より紫式部の表現に近いものを
目指したのが こちらなのです。

現存する定家の本は 54帖のうち
僅か4帖のみとされてきましたが

80年ぶりに5帖目が発見されました。

いろいろ出してるうちに
長持ちから この箱が出てきまして

陶器にしては ちょっと軽いなと思って
開けてみたら これが出てきて。

「源氏物語」が こういうものが
我が家にあるっていうのは

誰からも聞いてなかったんです。

いろんな国文学者の方々が
調査研究されて

この 「若紫」が どういう位置づけになるか
っていうのが決まってくると思います。

「若紫」というタイトルの この写本には

光源氏が「わらはやみ」という病にかかり

その後 義母のめい・紫の上との
運命の出会いを果たす

有名なシーンが描かれています。

これから 本の詳細が
研究者たちに公開されることで

「源氏物語」の新たな一面が見えてくると
考えられます。

♬~

健康で豊かに生きるために
何が必要なのか。

紫式部が込めたメッセージが
解き明かされるかもしれません。


関連記事