ごごナマ おいしい金曜日「あったか~!冬こそ食べたい“かぶ料理”」当時史上最年少の9歳で野菜ソムリエを取得し…


出典:『ごごナマ おいしい金曜日「あったか~!冬こそ食べたい“かぶ料理”」』の番組情報(EPGから引用)


ごごナマ おいしい金曜日「あったか~!冬こそ食べたい“かぶ料理”」[字]


寒くなってきました!そんな冬にこそ食べたいのがかぶ料理。教えてくださるのは、2010年に、当時史上最年少の9歳で野菜ソムリエを取得した森之翼さんです。


詳細情報

番組内容

体を温めてくれる「かぶ」。冬になると店先に並びますよね。みなさんはどのように料理するのがお好きですか?やわらかく煮込んだり、ちょっとかためで食べるのもおいしいですよね!番組では、お好みに合わせた、かぶのおいしい食べ方を紹介します。もちろん、森之翼さんならではの「かぶ料理」も登場。食べておいしいのはもちろん、写真に撮ってもおいしい、「映える」こと間違いなしのオリジナル料理の作り方もお見逃しなく!

出演者

【司会】西川きよし,三戸なつめ,浜本広晃,近田雄一,【出演】野菜ソムリエ…森之翼,【リポーター】土肥ポン太,【気象キャスター】坂下恵理


『ごごナマ おいしい金曜日「あったか~!冬こそ食べたい“かぶ料理”」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ごごナマ おいしい金曜日「あったか~!冬こそ食べたい“かぶ料理”」
  1. 森之
  2. 西川
  3. 浜本
  4. 土肥
  5. 近田
  6. 三戸
  7. 真野
  8. 赤丸
  9. 料理
  10. 今日
  11. 野菜
  12. 食感
  13. お願い
  14. 気温
  15. 師匠
  16. 部分
  17. ポイント
  18. 紹介
  19. 翼君
  20. 酢漬


『ごごナマ おいしい金曜日「あったか~!冬こそ食べたい“かぶ料理”」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

西川≫こんにちは。

始まりました

「ごごナマ おいしい金曜日」。

近田≫今日は

この時間からのスタートです。
今日のテーマは

「寒い冬こそ食べたい!

カラダよろこぶ“かぶ”特集」。

今が旬で栄養満点です。

かぶのとっておきレシピを
いろいろとご紹介します。

ご紹介してくださるのは
この方です。

野菜ソムリエプロの

森之翼さんです。
よろしくお願いします。

森之さん、現在、大学生。

3歳のころから
野菜に興味を持ち始めて

なんと9歳で野菜ソムリエを取得。

14歳でさらに知識が必要な

野菜ソムリエプロの
資格をとられまして

現在までに1300以上の
野菜レシピを

考案されているということです。

現在も大学に通いながら

さまざまなレシピを

開発し続けていらっしゃいます。

西川≫3つのときから?

野菜…。山菜ではないんですか。

森之≫山菜ではないです
野菜です。

西川≫頭やわらかくね。

浜本≫なんやろな?と思ったら

全然無視していただいて結構です。

翼君と親しみを込めて
言わせてもらいましょうよ。

西川≫ゲストですよ。
浜本≫師匠に翼さんって

言われたほうがね。
西川≫翼さん。

森之≫翼君でお願いします。

西川≫翼君
今日はよろしくお願いします。

三戸≫でも、子どものころって
野菜とか

私もそうですけど
すごい嫌いだったんですよ。

なんで好きになったんですか?

森之≫親が
農園に連れて行ってくれて

それで野菜を収穫したりとか

その料理を食べたりとかして
好きになりました。

浜本≫収穫とかも
楽しかったんですね。

収穫したものが

こんなおいしい料理になるんだと。

森之≫自分で手伝いをしながら
作ったりしてたので。

西川≫「スカーレット」に

ゲストで出てほしいね。

近田≫かぶのお料理というと
漬物や煮物が一般的ですけども

今日教えていただくのは
そういう料理じゃないんです。

浜本≫これ、かぶ?

森之≫かぶ料理です。

浜本≫この料理も翼君が

考案したんですか。

森之≫はい。

西川≫あれは卵や
思ってたけど、かぶ?

浜本≫あれは卵でしょ。
西川≫こんな雰囲気で

現場は楽しいです。

近田≫森之翼さんに
教えていただく

かぶ料理のポイント
「生で!鍋で!シメで!」。

皆さんからも
かぶに関するメッセージ

お待ちしております。
「わが家のオススメかぶ料理」

教えてください。
生で味わうかぶレシピは

こちらです。

「まるでスイーツ!
かぶと柿のかぶレーゼ」です。

森之さん
このお料理のポイントは?

森之≫かぶと柿の相性が
すごくよくて

柿の甘みとかぶの食感が
おいしいんです。

西川≫奈良出身の三戸さん。

三戸≫柿、うれしいです。

西川≫柿食えば
鐘が鳴るなり 法隆寺。

浜本≫そっちは苦手でして。
シンプルな柿の味のみで。

近田≫早速
召し上がっていただきましょう。

ぜひ、かぶと柿の相性を
味わってみてください。

三戸≫合う!
浜本≫おいしい!

西川≫テレビやから言うて

なんか全部いいほうへって…。
おいしい。

浜本≫ワインに合いそうな。

西川≫ぜいたく言わない!

近田≫それだけ、おしゃれな
お料理ということですね。

西川≫翼君
白ワインに合いそうですね。

森之≫そうですか。まだお酒

飲めないので分からないですけど。
三戸≫かぶって

かたいイメージだったけど
生でも

やわらかく食べられるんですね。

森之≫これを使って
説明するんですが

かぶって食べている部分は
茎の部分なんです。

似た野菜で
大根があると思うんですけど

大根は下に伸びて
土に埋まっている

あの部分は根で、かぶは
土の上に載っているような感じで

生えているんです。

この下は根なんですが
かぶの膨らんでる部分

ここは茎なんです。

三戸≫茎は
やわらかいってことですか。

森之≫やわらかくて

生でも食べやすいんです。

浜本≫この柿に合わせようとした
発想というのは

どこからきたんですか?

森之≫柿とかぶで
柿なますというのが

日本料理であるんですが
それで相性がいいなと思って

合わせてみました。

西川≫僕、これ見て

からすみと大根を
挟むじゃないですか。

あの感じに
よう似てるじゃないですか。

違うんですね。
森之≫違うんです。

近田≫かぶの栄養素を
押さえておきましょう。

栄養満点で
葉っぱにはビタミンC

鉄分、βカロテン
そして、茎にはビタミンC

カリウムなどが

含まれてるんですが、本当に
たくさん含まれてるんですね。

森之≫両方に含まれている

ビタミンCって
血行をよくしてくれて

体を温めるともいわれているので
これからの時期にいいですよね。

西川≫さっきから

温まってきた。

浜本≫本番前から
温まってましたよ。

抑えなあかんと思ったくらい。

森之≫特徴的なのが

葉の部分なんです。

葉っぱの部分は
鉄分とかβカロテンも

たくさん含まれていて
緑黄色野菜とも

いわれているみたいで。
鉄分はほうれん草より多く。

βカロテンも
ブロッコリーより多いと

言われているんです。
浜本≫捨てるとこ全然ないですね。

近田≫まずは
生でかぶをいただきましたが

葉を使ったお料理も
後ほど紹介していただきます。

続いて、中継にまいりましょう。

野菜芸人の土肥ポン太さんが

今日は滋賀県から赤かぶの魅力を

紹介してくれます。

西川≫みんなで呼ぼうか。

せーの…。

≫土肥ポン太さん!

土肥≫どうも!
「ごごナマ」準レギュラー

野菜芸人、土肥ポン太です。

僕が今いるのは滋賀県米原市の
朝妻筑摩(あさつまちくま)地区

というところです。

あちらが雪が積もった

伊吹山でございますが

ちょっと雪が積もってて

むちゃくちゃのどかで

ええとこなんですよ。
そして師匠、こちら。

色とりどりのかぶ。

これはすべて
滋賀県を代表するかぶなんです。

日野菜なんて有名ですけども

なぜこんなに

種類があるかといいますと

琵琶(びわ)湖に注ぐ
河川が運んできた

砂を多く含む土が
かぶの栽培に適していると

いわれていて
いろんな種類があるわけです。

今日、注目するかぶは
「赤丸かぶ」

滋賀県の伝統野菜です。
中継でお送りするのは

「元気モリモリ
真っ赤な農家メシ」。

地元農家さんの
とっておきの赤丸かぶ料理を

紹介します。
生産農家の真野丈治さんです。

よろしくお願いします。
ひいおじいさんのころから

この地で赤かぶを
栽培しているそうで。

これは
いつごろからあるんですか?

真野≫諸説あるんですが
江戸時代に彦根城内の庭園で

栽培されていた赤いかぶが

庶民に広まったと聞いております。

土肥≫江戸時代からずっとあると。

歴史が古いんですね。

収穫時期はいつなんですか?

真野≫11月の中旬から
1月中旬くらいまでです。

土肥≫まさに

今が収穫時期なんですね。
収穫体験させてもらって

いいですか。
真野≫どうぞ。

土肥≫こちらが赤丸かぶの畑。

茎が赤いから特徴的ですよね。

そして、後ろにどなたか…。

真野≫父が作業しています。

土肥≫紺色のかぶじゃないですね。
お父様。

浜本≫誰も思ってませんわ!

土肥≫そして、こちらが赤丸かぶ。

こういう感じでできてるんですね。

真野≫半分出ているような感じで。

土肥≫ちょっと大根と違って。

真野≫大根は

地面の中にあるんですけど
赤かぶは、半分くらい出ていると。

土肥≫浮いていますよね。
また茎が赤いから

きれいですよね。

抜かせていただいていいんですか。

収穫させてもらいます。

スッととれました。

めちゃくちゃきれいですが

これは生でいけますか。

真野≫生でも食べれるので
食べていただけますか。

土肥≫とれたてを
食べられるいうのが

ありがたいですね。

結構土がついてますので。
きれいになってきましたね。

スッと包丁も入りますね。

きれい!これ、見てください。
こんな感じなんですね。

中は白く。
いただきます。

甘いですね。

辛みは全くないです。

甘くて、すごく食べやすいです。

次の中継では

赤丸かぶを使った

「元気モリモリ
真っ赤な農家メシ」を

紹介していきます。お楽しみに!

近田≫ポン太さん
また後ほどお願いします。

スタジオでは
翼君こと森之翼さんに

かぶ料理を
紹介していただきますが

続いては

鍋で味わうかぶレシピです。

「コリコリ&とろ~り食感!
豚肉とかぶのしゃぶしゃぶ」。

三戸≫おいしそう!

西川≫珍しい!生まれて初めて。

森之≫しゃぶしゃぶが
大好きって聞いたので。

西川≫僕、しゃぶしゃぶ大好き。
それ、どこからの情報ですか。

浜本≫いい情報だから

いいですやん。

近田≫では、師匠に…。

森之≫手伝っていただこうと
思いまして。

近田≫この料理のポイントを
お願いします。

森之≫ポイントは
かぶの切り方です。

かぶのスライスなんですが
普通のかぶと赤いかぶを

スライスにしていて
スライスのほうは

コリコリ食感になるんです。

そして、こちらは厚く切って
これはとろ~り食感用のかぶです。

三戸≫意外!

逆かなと思いますけど。

森之≫火を通す時間がポイントで

薄いほうはサッとで
厚いほうはじっくりとやると

コリコリととろ~りになるんです。
浜本≫かぶ自体も

しゃぶしゃぶなんですね。

西川≫テレビをご覧の皆さんにも
やってもらいたいですね。

近田≫熱の入れ具合で
食感が変わると。

お鍋のだしは

どうすればいいですか?

森之≫昆布とかつおで
とってあればいいです。

分厚く切ったかぶは

先にお鍋に入れておいて

20分ぐらい煮ると
とろっとします。

近田≫さくっと
しゃぶしゃぶする一方で

厚めのものはじっくりと煮込んで
とろ~り食感をと。

西川≫本当に
お野菜が好きなんですね。

浜本≫かぶの葉も
入れるんですか?

森之≫かぶの葉は
栄養たっぷりなので

これも使います。
食べやすい大きさで

7cmぐらいに切って
これも豚とかと一緒に食べると

とてもおいしいです。
三戸≫巻いて食べるんだ。

近田≫そして
仕上げがあるんですよね。

森之≫これをきよし師匠に
やってもらおうと思います。

西川≫仕上げというのは
全部終わったあと

洗い物が私ですか?

浜本≫言うてません。
そうじゃなくて、料理の仕上げ。

森之≫かぶのすりおろしを
作っていただきたいと思います。

浜本≫ざっくり言うと
すれってことですね。

森之≫赤かぶなんですけど

すりやすいように
縦にしたほうがいいですね。

切った断面、きれいです。

赤かぶでやるメリットが
色がきれいになるんですよ。

すってもらうと
分かると思うんですけど。

三戸≫結構濃い色が出る。

森之≫皮の部分は濃い色が出て
そこに、真ん中の部分の

白っぽい色が合わさって
すごくきれいな色になるんです。

三戸≫グラデーションに
なるんですね。

浜本≫インスタ映えでもあるね。

三戸≫師匠がやってるとこ
インスタに上げようかな。

西川≫これは生でかじっても
いいね。

森之≫もちろん。

近田≫色がいいですよね。

西川≫きれいやね!

近田≫仕上げを

師匠にしていただきましたので
試食へとまいりましょうか。

熱の入れ具合で
2つの食感が楽しめる

「豚肉とかぶのしゃぶしゃぶ」。

おだしを用意して火が入ってます。

まず、師匠にコリコリ感を
味わってもらいましょうか。

森之≫まずはかぶのコリコリから。

薄切りから。時間がポイントで

5秒くらいというのが
ポイントです。

西川≫別に僕オリンピックへ

出るわけじゃないし。

近田≫ボコボコし始めましたね。

森之≫ちょっと長めにやれば
大丈夫です。

ちょっと長めにいきました。

ポン酢と
かぶのおろしが薬味になるので

好きな量をつけて
食べてみてください。

西川≫どっちを先にしたらいいの。

森之≫かぶおろしを上にのっけて
ポン酢につけて

食べてみてください。

西川≫僕、ポン酢大好きですので。

浜本≫まずポン酢の味ですか。

できればかぶのコリコリ

食感をぜひ。

西川≫ポン酢で食べるいうのが

またいいね。

浜本≫ポン酢が
万能だということですね。

近田≫浜本さんと三戸さんにも
かぶの食感を味わっていただいて。

師匠もぜひ豚肉と葉を。

西川≫このコリコリ感
ほんまに最高。

森之≫やりましょうか。

三戸≫豚と一緒に

しゃぶしゃぶしようかな。

浜本≫コリコリしてる、確かに。
おいしい。

かぶの甘みも出てますよね
かめばかむほど。

三戸≫おいしい!

食感がいいです。

西川≫なんか、料亭で
サービスしてもらってるみたい。

近田≫とろ~りのほうも

召し上がってください。
鍋の底に入ってます。

師匠はお肉と一緒に。

西川≫抜群やね。

僕、熱かんが好きやけど

これ、合うな。

浜本≫師匠、今

ポン酢と熱かんの話しかしてない。
今日、かぶなんで。

近田≫とろ~りかぶもあるので
ぜひ召し上がってください。

三戸≫お箸がめっちゃすんなり。

近田≫とろ~りのもの
20分間煮込んだものです。

三戸≫めちゃめちゃやわらかいで
す。

おでんの大根みたい。
しゅんでる。

近田≫2つの食感を

皆さんも楽しんでください。
しゃぶしゃぶを引き続き

楽しんでいただいて
気象情報にいきましょう。

西川≫せーの…。
≫坂下さん!

坂下≫では、天気お伝えします。

まず昨日からの天気の移り変わり
見ていきますと

昨日のうちは北日本
広い範囲で雪が降っていました。

ただ、今日にかけて
この雪の範囲が

だんだんと狭くなってきています。
一方で西日本から

東日本にかけては
この時間、晴れているところが

多くなっています。
天気図を見ていきますと

昨日のうちは北日本を中心に
冬型の気圧配置と

なっていましたが
この大陸にある高気圧

今日にかけて
日本付近に移動してきています。

このため、西日本から
東日本にかけては晴れていますし

北日本も次第に雪の範囲が
狭くなってきています。

ただ、あすになると
前線を伴った

低気圧が
北日本付近へと進んでくる

見込みです。
雨や雪の予想です。

このあと夕方6時からです。

西からは
雪雲、雨雲が北日本に向かって

近づいてきます。
日付が変わったあと

あす朝には北海道は雪

東北は雨となりそうです。

そのあと午後にかけて
北陸でも雨の範囲が

広がってくる見込みです。
このあとも北海道では雪

東北や北陸では雨の範囲が

広いですが、夜以降は

東北や北陸でも
山沿いを中心に雪となりそうです。

そして、あさってにかけて
雪や雨の降るところが

多くなりそうです。

その低気圧が

日本の東の海上に進みますと

あさっては北日本を中心に

再び
冬型の気圧配置となる見込みです。

ただ、この冬型となるのは
北日本が中心となります。

一方で高気圧に覆われる
西日本から東日本は

晴れるところが多くなりそうです。

この土日の各地の気温です。

西日本から東日本にかけては

土日ともに晴れて
お出かけ日和となりそうです。

一方、北陸から北の日本海側では

雨や雪のところが多いでしょう。

この時間の各地の気温です。

1時20分現在の気温ですが

西日本では15度以上のところも
出てきました。

ようやく気温が
上がってきています。

一方でまだ東京
8.5度しかありません。

今日はこのあとも
寒さが続く見込みです。

これからお出かけの方は
防寒対策を

しっかりとしたほうが
よさそうです。

ただ、あすになると
気温が上がるところがあります。

こちらは
上空の暖かい空気の予想です。

あすにかけて、暖かい空気
徐々に北上する見込みです。

特に流れ込んでくるのが
関東・甲信です。

暖かい空気に広く覆われそうです。

気温が上がります。

この先の予想最高気温です。

明日は各地

平年を上回る気温になりそうです。

あすは東京では16度くらいまで
上がる見込みです。

そのほか大阪や福岡でも
15度以上となるでしょう。

あさってはいったん
この時期らしい寒さが

戻りますが、来週も比較的
気温が高めの日が続きそうです。

さらに
向こう1か月の予報を見ても

来週は気温が高い予想。

そして再来週、クリスマス前後は

西日本から東日本は

平年より気温が高めと
なりそうです。

一方で年末年始
年末から年明けにかけては

北日本を中心に平年並みか
低い予想となっています。

この年末年始は寒波が北日本に
やってくる可能性があります。

今日このあとの予報です。

坂下≫ここまで気象情報
お伝えしました。

近田≫次は全国のアナウンサーが

お伝えする「おでかけ中継」です。
宮城県の丸森町からです。

屋形船からの絶景を
楽しんでいただけるということで

池野さん。

池野≫舟から眺める
この雄大な景色。

山並みが迫ってくるようですが

今、本当に日ざしが照って鮮やか。

赤い岩があるのが見えますか。

およそ1500万年前の
マグマが固まってできたという

非常に珍しい岩です。

宮城県の南部を流れる
阿武隈川です。

福島と宮城にまたがる
およそ240kmの川です。

この川をゆったりと

およそ8kmの道のり

1時間ほどかけて回るのが
阿武隈ライン舟下りなんです。

私、今日は安全のために
厚手のライフジャケットを

身に着けていますが
それでも外の風に当たると寒い。

でも、中に入ると非常に
ありがたいものがあるんです。

こたつです。
舟いっぱいに細長いこたつが

用意されています。

20人ほど
乗ることができるんですね。

今日は特別にこの舟

1そう借りています。

私も
こたつに入らせていただきます。

ほっとしますね。

家の中でくつろいでいるような
感覚になります。

足元から温まってくるんです。

この阿武隈ライン舟下り

今、運航してますが

2か月前の台風19号では
この阿武隈川も

大変な被害を受けたんですね。

川沿い、舟から撮った写真ですが

倒れた標識があったり

あるいは河川の監視カメラが
横倒しになったまま

そのままの状態で残っています。

この舟下りを運営する会社の
木幡さんに

お伺いしますが台風の被害、実際
どのようなものだったんでしょう。

木幡≫紅葉シーズンということも
ありまして

約1000人ほど

ご予約をいただいてたんですが
すべてキャンセルと

させていただきました。
池野≫これから復興に向けて

皆さん
どんな思いで働いていますか?

木幡≫また皆さんに安心して
楽しんでいただけるように

みんなで頑張っていこうと
思っています。

池野≫観光客の呼び戻しに
奮闘しているというわけなんです。

そのための
切り札となっているのが

実は、この鍋なんです。
湯気にのって甘いだしの香り

そして、中は
たくさんのきのこや野菜が

ふんだんに入っている寄せ鍋です。

きのこは何種類あるんですか?

木幡≫本日は約6種類ほど
入っております。

池野≫どんなきのこですか?

木幡≫えのき、しめじ、エリンギ
まいたけ

なめこ、しいたけに
なっております。

池野≫そして、野菜。
白菜などの野菜は

地元・丸森産の野菜を

使っているんですが

今回の台風で
多くの収穫期の農家が

被害を受けた中で
台風の被害を免れて育った野菜を

直売所から仕入れて
使っているんです。

おいしそうなだしの香りが
鼻の奥に入ってきますが

一口いただきます。

これも地元でとれた野菜です。

温かい。

野菜の温かさが

そのまま体の芯に

じわっと伝わってくるような。

野菜もやわらかい。
こういった鍋が

今、魅力ということなんですね。
木幡≫そうです。

ぜひお客様皆様に
いただいてほしいものです。

池野≫さらに、この鍋に続いて

お客様呼び戻しのための
切り札となっているのが

こちらの歌声なんです。
♪~

池野≫このつややかな歌
地元の盆踊りなどで歌われている

「丸森音頭」です。

歌っているのは
船頭の瀧野さんですが

実は瀧野さん
30年前の「NHKのど自慢」で

チャンピオンに輝いて全国大会に
出場したほどの方なんです。

その歌声で観光客を
呼び戻そうと奮闘しているんです。

この情緒たっぷりの屋形船

そして渓谷美を楽しみに
丸森町へいらしてください。

近田≫池野アナウンサーでした。
宮城県丸森町からだったんですが

一部、字幕が
宮崎県になっていました。

大変失礼いたしました。

西川≫おいしかったんでしょうね。

NHKのアナウンサーで
あの顔の表情。

くしゃおじさんみたいでした。

近田≫見事な表情でした。

浜本≫温かい鍋だったんですね。

近田≫心からの表情でしたね。
池野アナウンサーでした。

続いて、滋賀県からの
中継にまいりましょう。

再び土肥ポン太さんに
伝えてもらいます。ポン太さん!

土肥≫どうも!

「ごごナマ」準レギュラー
野菜芸人こと土肥ポン太です。

僕は滋賀県米原市
朝妻筑摩(あさつまちくま)地区

に来ています。

滋賀県の伝統野菜、赤丸かぶの
生産農家に来ております。

早速、地元農家さんの
赤丸かぶ料理を

紹介していただきます。
生産農家の真野丈治さんです。

引き続きよろしくお願いします。
ここは一体

何をしているんですか?
真野≫ここで滋賀県の

伝統野菜である赤丸かぶの
酢漬けを作っております。

土肥≫手作業なんですね。

真野≫繁忙期には

近所の方々に手伝ってもらって
酢漬けを作っております。

土肥≫寒い中、冷たい水に
手を突っ込んでやってますけど。

真野≫うちの酢漬けを
食べてください。

土肥≫きれいなピンク。
インスタ映えしますよね。

いただきます。

おいしい!

ちょっと甘みも出てますね。

その中でさっぱりさがあって。
いくらでも食べれるやつですね。

これは完成まで
どれくらいかかるんですか。

真野≫酢漬け、酢に漬けてから
1週間ぐらいで

食べれます。

土肥≫僕も何か
手伝わせてもらっていいですか。

真野≫赤丸かぶを洗うところを
お願いします。

土肥≫これを洗うんですけども
軍手を渡されましたが

これはなんでですか?

真野≫かぶを洗うときに
軍手をつけて

洗ってもらいます。

土肥≫めちゃくちゃ冷たいです。

こういう感じでいいですか。

真野≫大丈夫です。

土肥≫めちゃめちゃ
きれいになりましたね。

まるでルビーですけども。

色が洗う前と全然ちゃいますね。

これは僕の嫁にルビーや言うて

クリスマスプレゼントに贈ります。

真野≫かぶを切っていただいて。

土肥≫これはどういう感じで?

≫酢漬けをするのに

ちょっと薄く切っていただいて
味がよく染みるように。

土肥≫包丁で1個1個

やってはるんですね。

僕も切らしていただきます。

見てください、このきれいな色。

そして、酢漬けにすると
こういう色になると。

なんでこういう色になるか

分かりますか?

赤丸かぶの果肉に含まれる成分の
アントシアニンという

成分がありまして
これが変化して赤くなるんです。

アントシアニンは
ポリフェノールの一種で

血液さらさら

疲れ目防止
コラーゲンの合成促進などが

期待されると
いわれているんですね。

≫そうです。
さすが野菜王子さんです。

土肥≫てへ!
ありがとうございます。

かぶを食べているお母さんも

肌がピチピチ。

マスク取ってもらっていいですか。

≫恥ずかしいです…。
土肥≫ほら、肌がきれい!

今おいくつですか?

≫77歳です。

土肥≫見えないでしょ?

僕、同級生や思って
ずっとしゃべってましたから。

48ぐらいかと思って。
皆さんも元気ですね!

真野≫父も83歳で

今も畑で作業してます。

土肥≫バリバリ働いてはりまして。
すばらしい。

この酢漬けは
どこで食べれるんですか?

真野≫近所の道の駅で
販売させてもらってます。

土肥≫「元気モリモリ
真っ赤な農家メシ」を

紹介してもらえますか。
楽しみにしていますから。

こちらの方は?

真野≫妻の愛です。

土肥≫きれいな奥様で。
よろしくお願いします。

どういう料理を?

真野愛≫今日は赤丸かぶの味が
一番よく分かる

赤丸かぶのソテーを作ります。

土肥≫ソテーは焼き方1つで
いろいろ味が変わりますから。

愛≫火加減は中火くらいで
焼いていきます。

土肥≫どうしても赤かぶいうと
生で食べるイメージがありますが

こういうソテー。

愛≫火加減や焼く時間で

食感は変えられるので

シャキシャキ感がほしければ早め
とろとろ感がほしければ

長めに炒めてください。

土肥≫好みによって
焼き加減を変えるんですね。

すごいええ音がしてます。

真野≫こちらができたものです。

土肥≫できたのあったんですか。

愛≫塩とこしょうで仕上げた
赤丸かぶのソテーです。

土肥≫いただきます。

これは、さつまいもっぽい感じに。

甘いです。食べやすい。

芋感が急に出てきました。

これは野菜嫌いなお子さんでも
食べやすいかも分からないですね。

おいしいです。

愛≫続いては、炊き込みごはん
「赤丸かぶの宝石箱」です。

土肥≫確かに宝石っぽいです。
きれい!

これもインスタ映えしそうですね。

愛≫こちらの炊き込みごはんは
赤丸かぶを丸ごと使ってます。

特徴は、赤丸かぶを一度
別でゆでておりまして

そのゆで汁を使って
炊いております。

土肥≫これがゆで汁。

ちょっとワインっぽい色が。

このゆで汁をごはんの中に
入れているわけですね。

これだけ色が出るんですね。
いただきます。

おいしい!

これ、かぶが
とろとろになりますね。

これの味付けは?

愛≫こちらもお塩だけで。

土肥≫塩だけでこれだけ
甘みが出るんですね。

すごい。お母様。

≫こちらも召し上がってください。

土肥≫お母様のタイミング
ちょっと早かったですけども。

こちらがみぞれ汁ですね。

いただきますね。

これはいいです。

これも赤丸かぶで。

ほんのり甘い
かぶらの甘みがありまして。

非常に飲みやすい。おいしいです。

≫これがぬか漬けです。

土肥≫ぬか漬けにすると
これだけ色が出るんですね。

酢漬けよりも
かなり色が濃くなりました。

いただきます。
おいしい!これも。

また、ちょっと違って

塩分がきいてすごくおいしいです。

全部、皮がついてますけども

なんでなんですか?
愛≫わが家では

新鮮な赤丸かぶは皮をむかずに
全部調理してます。

皮と実の間に栄養があると
聞いておりますので

そのように食べてみると
おいしいと思います。

土肥≫今日はいろいろと
おいしい料理を

ありがとうございました。

「元気モリモリ
真っ赤な農家メシ」を

米原市朝妻筑摩地区から
お伝えしました。

西川≫皆さん
ありがとうございます。

おばあさま、77歳。

おめでとうございます。

近田≫スタジオでは
野菜ソムリエプロ、森之翼さん

翼君に
かぶ料理のレシピを

教えていただいています。

スタジオでも、いよいよ
シメの料理へまいりましょう。

「かぶの葉をたっぷり味わう
ガパオライス」です。

いよいよ葉を
たくさん使っていきますよ。

このポイントは?

森之≫かぶって大根と違って
葉っぱ付きで

よく売ってるじゃないですか。
なので今回

栄養たっぷりの葉っぱを
たくさん使った料理を

作りたいということで
ごはんものにしてみました。

近田≫どなたに
手伝ってもらいましょうか?

森之≫浜本さんに。

浜本≫いいですか?
じゃあ、ハマモコズキッチン

ということで
やらせていただきます。

森之≫材料を炒めていきます。
まず火をつけてください。

強火で大丈夫です。

たまねぎとひき肉を
炒めてあるので

ここにさらに
かぶを入れて炒めていきます。

かぶを切ったものです。

浜本≫結果、翼君が
やっている感じですね。

炒めるのは僕やりますので。

森之≫かぶの軸の茎の
かたい部分ですね、かぶの葉の。

そして、オイスターソースと
しょうゆと

みりんと黒こしょうを
合わせたものです。

混ぜて、入れます。

浜本≫入れ方、いいですよ。

そして?

森之≫じゃあ、炒めていただいて。

浜本≫じゃあ、どうぞ。

森之≫お願いします。

軽く混ざったら
ここに米粉を入れていきます。

炒めていると水分が出てくるので

それを米粉で閉じ込めて

まとわりつかせるという
役割があります。

浜本≫なんか、ええにおい
してきてない?

近田≫炒めている間に

翼君からクイズがあります。

森之≫実は、かぶの葉って
おいしい理由があるんですが

その理由は
ある有名な漬物のルーツって

いわれているんです。

西川≫うちの母親なんかは
昔から干してましたよ。

浜本≫正解分かってるんですか?

西川≫俺は知ってるよ。
柿と一緒でしょ。渋柿を干すのと。

森之≫いや…。
ちょっと今回のは違いますね。

西川≫甘くなるんじゃ
ないんですか。

森之≫それもあるんですけど
今回、かぶの葉の話なので。

かぶの葉は長野県の名物の

野沢菜のルーツと
いわれているんです。

なぜかというと
なにわの伝統野菜に

天王寺かぶというのが
あるんですが

それがおいしいから
種を持ち帰って

長野で育てたら
葉っぱだけが育って

その葉がおいしいということで

野沢菜漬けが
生まれたといわれています。

四天王寺には

野沢菜伝来の石碑みたいなのが
あるみたいで。

三戸≫知らんかった。

西川≫見に行こう、1回。

森之≫炒まったので

かぶの葉っぱの
やわらかい部分を入れます。

これを混ぜて、最後ここに
ごま油と

バジルを入れたら完成です。

三戸≫バジルか、いいな。

浜本≫いい感じに
炒まってきましたよ。

浜本≫完成品、こちらです。

近田≫「かぶのガパオライス」
完成です。

試食しましょう。

西川≫今日はいろいろ
ニュースがありましたから。

浜本≫俺が作ったか分からんけど
できたできた。

西川≫浜本君が作った気持ちで
いただきます。

森之≫卵とからめたりしながら
食べていただくといいです。

近田≫かぶの食感
いかがでしょうか。

浜本≫おいしい!

我ながらうまいことできた。

かぶの食感も味わえるし

卵と合うし。

西川≫おいしい。

浜本≫おしゃれなカフェで
出てきそうな。

三戸≫ガパオライス
大好きなんですけど

こんな野菜がとれるものは
初めて食べました。

浜本≫葉っぱが
しっかり味わえますよね。

森之≫葉っぱをたっぷり
使ってみました。

西川≫これはおいしい。

近田≫ガパオという意味は?

森之≫バジルというのが

ガパオという意味で
今回、バジルを使ってるんですが

生のバジルとかを使ったりしても
いいと思います。

今回、作るときに

かぶの葉をしっかり生かすために

あまり炒めないっていうのが
大事で。

近田≫入れる順番が

ポイントですね。
かぶの葉は終盤に

さっと炒めて食感を楽しむと。
皆さんからメッセージ

いただいています。石川県の方。
かぶが出ると

おみそ汁にして食べます。
やわらかくて甘みも出て好きです。

石川県の方。
自分では作ったことがないですが

かぶら寿司が好き。
ぶりが入ってると最高においしい。

お正月には必ず食べます。

神奈川県の方。

かぶは甘くて水っぽくて

ジューシーで

おいしい。
かぶは冬、株を上げるなと。

浜本≫きました。
今のだじゃれ、あんまり

かぶらないから
いいんじゃないですか。


関連記事