松岡修造の「聞いてください!先生も悩んでます」悩める学校の先生達と本気で徹底討論・知るべき教育現場の今が…


出典:『松岡修造の「聞いてください!先生も悩んでます」悩める学校の先生達』の番組情報(EPGから引用)


松岡修造の「聞いてください!先生も悩んでます」[字]


2019年様々な形で噴出した教育現場が抱える問題点を総ざらい!

松岡修造・川淵三郎・長嶋一茂が悩める学校の先生達と本気で徹底討論

知るべき教育現場の今がここに!


詳細情報

◇番組内容

2019年様々な形でニュースとなり噴出した教育現場が抱える様々な問題点

実際に現場の先生達に悩みを聞かせてもらったら…

「スマホを没収したら生徒に職員室の会話を盗聴された…」

「部活はほぼボランティア…」

「運動会で保護者のクレーム対策でビデオ判定…」「給食費の未納 先生が請求の電話をしなくちゃいけない…」などなど

昔から続く悩みや我々が想像もつかないような「今」ならではの悩みが続々!

◇番組内容2

そんな先生達の悩みをVTRで総ざらい!

そして悩める先生達と松岡修造、長嶋一茂、川淵三郎をはじめ親世代の芸能人達が徹底討論!

先生達の悩みに本気で向き合い、本気で討論し、本気で応援!

さらに「先生の気持ちを理解したい!」そんな熱い思いで、松岡修造が悩める先生を再現ドラマで熱演!

世界各国と比べても過酷な労働環境の学校の先生達

我々が知らなかったそして知っておくべき教育現場の今がここにあります!

◇出演者

【MC】

松岡修造、滝川クリステル、川淵三郎、劇団ひとり

【スタジオゲスト】

カジサック、菊池桃子、長嶋一茂、東尾理子、山口もえ

現役教師や教育の専門家の皆様

【再現VTR】

阿佐ヶ谷姉妹、カミナリ、くわばたりえ、トレンディエンジェル、バービー、平野ノラ

◇おしらせ

☆番組HP

 https://www.tv-asahi.co.jp/sensei_nayandemasu/


『松岡修造の「聞いてください!先生も悩んでます」悩める学校の先生達』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

松岡修造の「聞いてください!先生も悩んでます」悩める学校の先生達
  1. 先生
  2. 部活
  3. 学校
  4. 生徒
  5. スマホ
  6. 自分
  7. 滝川
  8. 本当
  9. 問題
  10. 長嶋
  11. 一同
  12. 時間
  13. 保護者
  14. 運動会
  15. 必要
  16. 実際
  17. 給食
  18. 大変
  19. パーセント
  20. 先生方


『松岡修造の「聞いてください!先生も悩んでます」悩める学校の先生達』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ朝日関連商品

って その時に言ってったら

必ず 大人になった時に
あの先生が言ってくれたから

俺は変われたって
そういう職業だから。

無駄な時間だよ はっきり言って。

…と思わないですか? 先生。

バカみたいに。
その話 聞いた時ね

ぶん殴ってやりたくなったね
本当に。

今夜は 現場の先生が
本気で訴える!

2019年 本当にあった

教育事件簿 総ざらい。

先生の悩みを

徹底的に聞き出します。

大阪市内で行方不明になっていた
12歳の女の子が

一昨日 無事 保護された事件。

SNSを使って
言葉巧みに連れ去った容疑者の

人物像が明らかになってきました。

先月 大阪市に住む
小学6年生の女の子が

行方不明となり
栃木県で保護された事件。

少女が 男と知り合う
きっかけになったとされるのが

スマホを使ったSNS。

同様の誘拐事件は 他にも…。

9月には 千葉県で
小学校高学年の女子が。

10月には 埼玉県で

2人の女子中学生を
誘拐したとして

男が逮捕されるなど
日本各地で相次いでいる。

警察庁によると

去年 SNSを通じて

事件に巻き込まれた子どもは

実に 1811人。

子どもたちを
巻き込んだ事件は

去年 検挙された事件で

小・中学生が巻き込まれた数は

実に 825件。

しかも 子どもたちの
聖域であるはずの学校現場でも

数多くの事件が起きている。

つい先日 小学5年生の男子が
同級生に

「お金を持ってこないと遊ばない」
と現金を要求され

総額20万円も
支払っていた事が判明。

部活でも

今年4月 顧問に 「殺すぞ」などの
暴言を吐かれていた

茨城県の中学3年生女子生徒が
自殺。

そして 運動会では…。

日々 繰り返される これらの

しかし…。

子どもたちの悩みを
解決するはずの先生が

この深刻な事態に
頭を抱えて悩んでいた!

早よ 払えや! みたいな。

そんな先生たちの 切実な悩みを
松岡修造が熱演!

スタートです。

尊敬してます。
そして 僕自身を作り上げたのも

先生だと思ってる。 でも…。

今日は 皆さんと…
そして 皆さんとともに

先生を ぐっと盛り上げて…。

今日 でも すごいですよ
松岡さん 気合の入りっぷり。

なんか さっきもね…。
(ひとり)自ら 前説しましたから。

なかなかいないですよ そんな人。

(滝川)そして 今回は
実際に現場で働く

学校の先生たちに
お集まりいただきました。

(ひとり)よろしくお願いします。

危うくなったりしないんですか?

(一同 笑い)

(滝川)実はですね 米岡先生は

今回 教育委員会から
推薦していただいた方なんですよ。

(ひとり)大丈夫ですね?
大丈夫 大丈夫…。

更に 今回は
子育て経験のある

親世代ゲストの方々にも
来ていただいています。

(拍手)

一茂さんはね 今日は…。

なんで そういう…。

(ひとり)
それはそうでしょ。 やっぱ…。

(長嶋)マジで?
(ひとり)カジサックは…。

ありがとうございます!
(ひとり)えっと お子さんが…?

僕 4人いてるんですよ。

おなかには
5人目もいまして。

(長嶋)すげえ!
(ひとり)すごいよね!

(長嶋)なれるよね。
タオル巻いてますし。

2019年 本当にあった
教育事件簿 総ざらい。

最初の先生の悩みは?

そういった部分に現れてきますね。

(スタッフ)成績も ちょっとずつ

落ちていく傾向にあるんですか?

ガタッと落ちてっていう事も
やっぱりあるので。

スマホ問題。

昨年には 男子中学生が
歩きスマホが原因で

駅のホームに転落し
死亡するという事故が。

更に 親の知らぬうちに
ネットゲームで課金を続け

その額が100万円になるという
問題まで起きている。

いまや 高校生の
スマホ所有率は

実に 97.5パーセント。

小学生でさえ
45.9パーセントが

スマホを持っている時代。

実際に スタジオ観覧に来ていた

お子さんを持つ保護者に
聞いてみると…。

これ あのね 保護者の方
いらっしゃいますけども。

子どもたちにね スマホを
持たせていらっしゃる方

どのぐらい いらっしゃいます?

(ひとり)あっ 多い!

実に およそ9割が
子どもにスマホを持たせていた。

いくら
学校への持ち込みを禁止しても

家では スマホざんまい。

その結果 学校では
とんでもない事が起きていた!

嘘…。

400…。

「400件?」って聞いたら

「みんな スタレンすんねん」
って言うんですよ。

「スタレン? 何? それ」
って聞いたら

「スタンプ連打の事です」って
みんな…。

スタンプ
ババババーッて押すやつで…。

スマホのやりすぎで睡眠不足。

学校生活に支障が。

内閣府の
調査によれば

1日の
インターネット利用時間は

小学生でも
3時間以上が

20パーセント以上。

高校生にもなると
61パーセント以上と

スマホ依存は深刻。

しかも この問題

…と ここまでは

スマホの持ち込み オーケーの
学校では

学級崩壊の危機を迎えていた?

やっぱり 本当は…。

普通に…。

更に スマホを預かる事で

先生たちは
恐ろしい危険にさらされていた。

それは…。

スマホの

このカッコの中に入る
単語っていうのは

何になるのか?

(山口)ああー!
(菊池)あれ? 修造さん…。

(ひとり)あれ…?
出ちゃってるんですか?

(スマートフォンの操作音)

はい。

放課後
職員室まで取りにきなさい。

そして 放課後。

どうすりゃいいんだろうな…。

はあ…。

(一同 笑い)

あっ バービー先生。 いや…。

ええー! 無理?

すると…。

(山口)「ああ 平野君」

「どういう事」? 先生…。

な… なんですか? これ。

そう 実は これ…。

すごい…。

こんな危険にさらされる事も。

ああー!

痛っ!

うーわ…。

(シャッター音)
イヤ…! イヤ!

いや この先生 マジで…。

何かあると すぐに

スマホのカメラで
撮られてしまうのだ。

そして…。

今年1月 50代の男性教師が
生徒に体罰をする動画が

SNSに広まったが その後…。

その手前で

先生を わざと挑発しているような
動画が拡散され 物議を醸した。

スマホが原因で

こんな問題まで起きる時代。

そもそも

そもそもなんですけども
うちの娘たちが行ってる学校は…。

(長嶋)学校は。
これ スマホを やっぱり…。

先生方って どう思います?

だって スマホ持ち込んで
リスク デメリットの方が

全然あるじゃないですか
はっきり言って。

多分 賛否両論
あると思うんですけども。

先生を志す学生を
指導する

熊本大学
教職大学院

前田康裕准教授。

自身も 35年間
教師を務め

教育現場の
リアルな声を

知り尽くす人物。

私は スマートフォンを
全面 学校禁止にしちゃうと

問題は解決しないと思っていて。

スマートフォンは 逆に きっちり
教えた方がいいと思うんですよ

学習で使う道具として。

今 日本の子どもたちが
よくやってしまうのは

動画を見るかゲームで使うか。
あるいは

そういったメッセージの
やり取りにしてしまうか

この3つが圧倒的に多いんですよ。

他の国の子たちは
どちらかというと

情報を得たりだとか
ニュースを見たりだとか

学習の手段として使ってる事が
多くて。

そこが
一番問題だと思うんですね。

学習として
活用するっていう経験と

こういう活用の仕方は
本当はダメなんだっていった事を

特に 中学生 高校生は

自分たちで考えさせなくちゃ
いけないと思うんですね。

そこは やっぱり
ある程度 子どもたちに

信頼して任せるっていう教育も
必要だと思う…。

スマホを持ち込ませる事によって
これはダメなんだと。

(前田)はい そうです そうです。
(長嶋)そんなに しかし…。

物分かりがいい生徒さん
いると思うんですよ。

…っていう人もいるけども

だって スマホって もう
依存症って言葉があるぐらいだし。

それを わざわざ

学校の教育の中に
持ち込ませていいのかなって

親としては思うんだけど…。
(前田)わかります。

僕 実際
持たせてないんですけども

小学生とか中学生とか よく
YouTubeを見てるんですけど

その辺の層が 恐らく…

親御さんが見せるべきだと 僕は
思うんですよね 見たかったら。

自分で買い与えて
自分で見させるんじゃなくて。

ちょっと怖いやつだったりとか
いやらしいやつだったりとかも

見れたりしちゃうので。
だから 僕は個人的には

見せたくなかったりするんですよ。

私も まだ…
今 息子 小1になって

今 テレホンカードを
持たせていて。

ガラケー自体も
持たせてないんですよね。

それは まだ なんとなく
持たせたら 彼は きっと…。

(東尾)いつも 彼に言うのは
「私が あなたの事を…

ちゃんと ルールを守れるように
信頼できるような関係ができたら

その時は買ってあげるからね」
っていう風に言ってるので

一般的に 何歳って決めなくても
親子の関係で

この子は
ちゃんとルールを守れる

約束を守れる年齢になった
っていう事を

親が判断できた時点で
買い与えたら

それで 親も安心できると思うし。

ここで これまで

数千人の悩める
学校の先生の

相談に
乗ってきた

精神科医の
真金先生が

未成年のスマホ使用に
警鐘を鳴らす。

特に15歳未満のお子さんとか
スマホ 持たない方が

むしろ いいんじゃないかな
っていう風に。

結局 道具に
振り回されてしまうんですよね。

やっぱり そこのコントロールって
すごく難しくて。

LINEで よく 即レスしないと
仲間外れになるってありますけど

やっぱり それで…
もう いつ来るか わからないので

ずっと 肌身離さず持ってて

ごはんを食べるのも
ままならなくて

最後 お風呂も入れなくて

ついに明け方になっちゃった
とかですね そんなのもあって。

いろんな先生たちに聞いても…。

…っていうと 大体の方が

「はい」って
おっしゃるんですよね。

僕はスマホ使ってますけどね
やっぱり 今

学校でスマホ使わすっていうのは
僕は大反対なんだけども。

番組のご意見番。

Jリーグ初代チェアマン
川淵三郎。

83歳にして
スマホを

使いこなす
というが…。

基本的に

(川淵)社会的な
必要性からいうと…。

(川淵)だから それは
子どもが持つのも当然の話で。

だから やっぱり 親がですね

そういう事に対して
どうチェックしていくのか。

社会も そういう事に対して

最低限 こういう風に
しなければならないよっていう

そういうベースのものを
決めていくっていうかね。

そうでないと その…。

やっぱり 使っちゃいけない
とかいう話じゃない。

はっきり言って

だから 学校の話だから
それは 川淵さん言ったように

必要か必要じゃないか
っつったら

将来的には絶対必要ですよ
誰もが。

あればあった方がいいと思う。
ただ 今

学校教育でのデメリット…
リスクの話をしてるから。

うちも 多分…
今 持たせてないけど

来年から高校生なんだけど 多分
スマホ 持たせると思いますよ。

やっぱり
高校になったら それなりに

必要な部分も出てくるだろうし

真金先生が
おっしゃったようにですね

15以下? 中学校まで?

俺 いらないと思うよ
はっきり言って。

それはそうですね。
(長嶋)全く必要ないと思う。

わかってますよ。
(一同 笑い)

しかし スマホの悩みは

生徒の問題だけではない。

保護者との関係でも

大きな悩みの種に。

それが…。

お疲れさまです。
お疲れさま。

ちょっと聞いてくれる?
何?

テーブル。 あっ 机か。

どうしたの?
これなんだけどね…。

もう どうしましょう?
どうしましょう?

♬~「チャララ」
♬~(2人)「どうしましょ~?」

(一同 笑い)

「…っていうのが
あったんですよね」

「その結果 直接…」

「…っていうのは 結構
しんどかったですね」

逆に 絶対に

こんなケースも。

そんな 親とのスマホ問題で

先生を最も悩ませているのが…。

このあと

はあ…!

スマホにまつわる先生の悩み。

続いては…。

例えば 今日11月5日は

B君が 学校の先生に
怒られたと。

そしたら 夜 B君が
お母さん… 保護者に

「いや この先生の怒り方
おかしいと思う」

「あの人は教師失格だ」
みたいになったら

その保護者の方が

LINEグループに
書き込んで

全員で共有をして
敵対視するとか。

言わないです。

もし なんか

次に 大きな問題が
起きた時に

「実は 何々先生って
うちの子を

ある時に こんな言って
怒りましたよね」って。

「あれ おかしくないですか?
みんな知ってますよ」と。

そういう ネタに
してるみたいですね。

はあー…!

えっ?

何やってんだろう。
(長嶋)えっ そうなの?

「うちの子が こういう事
されてるんだけど

情報 知らない?」って
言った瞬間に

「うちの子どもは こんな事
言ってるよ」って

LINE上に 一気に
上がってしまうんですね。

「こんな事やってるよ
あんな事やってる」って

だんだん
色が付いていきますね そこには。

(スタッフ)なるほど。
そうすると そこの子どもたちが

それを 学校に
訴えてくるとかですね。

そして
スマホにまつわる先生の悩みで

断トツに多かったのが…。

スマホによる いじめ問題。

「だしね」って文字が
出てきたら

逆に それは
そういうつもりじゃなかったのに

「死ね」って打ってしまって
相手に出してしまう。

(スタッフ)それで そういう
ケンカの引き金になったり…。

はい なる時もありますね。

「3人で遊んでて 1人が
ズボンを脱ぐ ふざけをしたと」

(スタッフ)なるほど。
「それを別の子が動画で撮ってて

二十何人ぐらい入ってるとこに
バーッと送ってしまったと」

実は 今 中高生の
ネットいじめによる被害は

年間1万件超え。

高校生では
いじめ全体の

19.1パーセントを
占めるほど。

そんな中 多かった いじめが…。

女子が15人だとしたら
女子15人のグループがあります。

裏で14人のグループが。

すると その対応のために
こんな問題が。

絶対
そこに誰も入れないようにして

一人ひとり呼ぶとか。

そういうところまで
実は 考えてるんですよ。

「明日 こう
先生に聞かれると思うから

こう言おうぜ こう言おうぜ
こう言おうぜ」っつって

口裏を合わせるとか。

生徒だけでなく
先生も追い詰める スマホいじめ。

一体 どうすればなくなるのか?

…っていうとこですよね。
スマホを通した。

そこを どのようにしたら…。
なくならないかって。

いや だから 持ってない方が

いじめに遭わない可能性が
高いとも言えるんだよ。

あるから
つながっちゃってるから

いじめになるって事
あるわけじゃん。

さっきの15人から…
14人だけの裏のLINEの友達を

やってるから
じゃあ その1人 省かれる。

それ じゃあ もともと
その人が持ってなかったら

そこも全然ないわけじゃん。

でも 学校外の中で
例えば 1つのグループで

LINEで
みんながつながってて。

LINEがないと
そのグループに入れないから

あなた出ていきなさい
っていう事もあるわけですよ。

残念ながら。 だから そこで

スマホを持ってるから
持ってないからとかって

俺は関係ないと思うよ。
(菊池)うん。

陰口で悪口を言うのもですよね
ある意味。

それを どうにか 教育として
できないのかなと思ってて。

…みたいなもんじゃないですか。
言ってる方は気持ちいいけど。

でも 陰口 言うんだったら

そこを褒め口に
できないかなと思って。

褒める陰口って
「こういう事 言ってたよ」って

聞いた時 むちゃくちゃ
うれしいじゃないですか。

どんどん どんどん いいものが…
ポジティブってのは

周りにいくはずなんですけど

そこら辺って
先生方でどうにかなりません?

ならない?
(カジサック)今 聞いてましたけど

絶対ならないですよ。
ならない?

悪口は 僕 絶対なくならないと
思うんですよね。

だから 悪口を受けた時に

どうやって対処するかだったり
すると思うんですよ。

それこそ 僕 親御さんだったり
親の仕事なのかなって。

絶対なくならないでしょ
悪口って。

「悪口はなくならない」。

「絶対なくならない」
っつってました。

今 一番 子どもたちが
問題になってるのは

既読かどうかって事でしょ?
一番の…。

だから 「既読」っていう字を
なくせばいいんだよ。

学校で使うLINEだけは
既読をなくすとか。

わかんないですけど 学校用の…
子どもたちの年齢制限の…。

メールは 前は
ガラケーの時はなかったよね。

(滝川)ないです。 でも これって

東日本がきっかけで
既読ってできたんですよ。

そういう災害の時には すごく
LINEって活用されるので

子どもたちの安全を
守る事にもなるので

難しいですね そこはね。

なんか それで 既読問題で

既読してないけど
見れる方法 知ってますよ。

(一同 笑い)

(ひとり)既読がつかないのが
不安になるって話なの。

いや でもね 今 もえちゃん
すごい全力でね

今 この情報を伝えたら

いじめがなくなるんじゃないか
っていう事を

真摯に考えたんだよ。

そこを だから

多分 カットの第一候補なのは
俺もわかる。

(一同 笑い)

ここで…。

修造さん。
ここで ちょっと

暗くなってしまうところも
あるので

ポジティブになれる言葉をね
やっぱり 欲しいんですよ。

お願いしたいです。
はい。

(ひとり)これ 難しいですね。
(菊池)お願いします。

…とかね 言葉遊びでしようかな
っていうのを

いろいろ思ったんですけど。
(滝川)はい。

そんな中の1つを ぜひ。
(菊池)お願いします。

この携帯っていうものに関して
言うと

正直 時代の中で

使い方っていうのは
間違いなく変わってきます。

でも
絶対に変わっちゃいけないもの

僕は あると思います。

それは… モラル。

自分の良心。
自分の良い心に聞いて

これは正しいかどうかって
問いかける。

そういう力を持ってほしい。

だからこそ
心にモラルを携帯していこう!

(拍手)

素晴らしい!
(ひとり)決まりましたね!

2019年 本当にあった教育事件簿
総ざらい。

続いての先生の悩みは…。

(一同)1 2 3 4 5 6
せーの!

こちらは 組み体操の技で

人間起こしと呼ばれるもの。

実は この技
去年までの3年間に

全国で145件もの事故が
起きている事が発覚。

そんな

それなのに…。

それは 保護者から
クレームがあったから?

それとも
全く自発的にやってるわけ?

俺 はっきり言ってんだよ。
(三好)そう… そうですね。

まず 最初は…。

「我が子の出番はいつなのか?」

事前にくる問い合わせへの対応。

(平野)「あっ そうですか」

「“運動会があります"とか

お知らせをした時に
お母様から

“じゃあ
どの辺で踊るの?"って

やっぱり カメラで…
配置とかあるので

そういう話を聞く事が
あるんですけど…」

(東尾)ねえ。

そのため

イヤだ…。

「学年通信で 踊りの隊形とか

何パターンかあるじゃないですか
…を出して

“自分が どの辺か
色を塗りなさい"って塗らせて

持って帰らせないと…」

「どこかを おうちの人に
知ってもらっておかないと

そうやって
“どこか わかりません"とか

言われたらイヤなので」

実は このお便り

スタジオの

どこが 誰の… 何番目を走るとか

どこの場所で踊るかとかっていう
お手紙を

事前に学校から いただきます。
(ひとり)ええー!

どこで踊るかも
やっぱり 来るんですか?

「初め ここにいるけど
そのあと ここに移動します」

「そして このあと
ここに直線になります」とか。

ちゃんと お手紙で
ちゃんともらいます。

(ひとり)そっか。 だから もう

僕 ちょっと誇張してるのかなと
思いきや やっぱり

そういう問い合わせって
相当あるって事ですね。

(山口)多分 あったんでしょうね。
それでの対策だと思います。

(三好)ダンスとかって 結構
移動するんですね あちこちに。

なので その
ダンスの隊形も全部 載せて

そこも こう
赤印 付けてっていうのを

結構 時間かけてやりますね。

(長嶋)そんなの だって
自分が踊る場所とかさ

徒競走で
何番目ぐらいになるって…。

無駄な時間だよ はっきり言って。

俺は そう思うよ。
はい。

いや だから 三好先生ね

それは なぜやったかっていう事を
聞いてるわけ。

それは やっぱり…。

どこに配慮してるんですか?
(三好)それは 保護者の方ですね。

自発的にやってる方は
いいんじゃないですか?

そうそう そうそう。
責めないで…。

(ひとり)先生は 良かれと思って
やってるんですから。

高圧的!
(山口)怖い 怖い…。

(一同 笑い)
(長嶋)俺 はっきり言ってんだよ。

高圧的ですよね?
(三好)そう… そうですね。

先生の悩みは
もちろん 運動会当日も山積み。

まずは…。

♬~

(シャッター音)

(シャッター音)

保護者の方…。

いやいや…。

「本来
入っちゃいけない場所を

一応 フェンスとか
してるんですけど

なだれ込んできた時は
結構 ありますよ」

「保護者が入ってきて

カメラを構えているという
状況があって」

「最初 注意するんですけど
何十人も入ってきたら

収拾つかないですよね」

「平気で
車椅子コーナーに入ってきたりとか

敬老席に座ってるとか
ありますね」

「本部席の入っちゃいけない所に
入ってくるとか」

「“撮りたい"とか“前で見たい"とか
そういう感じですかね」

ちなみに 最近の運動会では
こんな驚きの取り組みが。

外でやっている運動会の様子を

(滝川)すごーい!
(長嶋)ええー!

我が子の出番だけ
運動場に出て 観戦するんだとか。

修造さんは なんか 相当…
行って はしゃぐっていう

噂を聞いたんですけど。

僕は 正直 自分の子どもより
みんななんですよ。

だから 1年生から6年生まで
徒競走 あるじゃない?

ハハハハ…!
(カジサック)素晴らしい!

途中の所 行って…。

(一同 笑い)

(ひとり)でも どうですか?
親目線で

気持ち わかったりする部分も
ありますか?

やっぱり 撮りたい? 近くで?

このアングルとあっちのアングル
撮りたいって思って

違う友達と二手に分かれたりして
シェアする形にしたら

なんか ガチャガチャしなくて
済むかなっていう。

うちも やっぱり
運動会 大好きなんですよ。

走るのも1回しかないから

もう そのチャンスは
絶対 逃したくないんです。

夫に ビデオカメラも
お願いしたんです。

でも
すごい緊張しちゃったみたいで…。

(ひとり)
なんちゅう ベタなミスを…。

(一同 笑い)

運動会での問題点とか
そういう事なので

おっちょこちょいエピソードは
いいんです。

先生の悩みは

保護者の観戦マナーだけではない。

徒競走では今 こんな問題が。

ええー!
(ひとり)写真判定?

…を導入。

(滝川)「でも そういう時代が…」

いや うちの子が…。

(ホイッスル)

「いくら なんか
複数の教員で見てて

“こうでした"って言っても

やっぱり 信じてくれない時って
あるじゃないですか」

「証拠というかね
何か言われた時には

“こうでした"っていう…
見せられるように」

実は

なんか でも 一時期 言ってた
ゆとりみたいなのは

なくなったって事ですか?
逆に言えば。

いやいや あるんです。 これで…。

決めておいて みんな1位…。

…っていうところもある。

更に 運動会で 今

全国的に
廃止にする学校が増える中

騎馬戦では
こんな悩みを抱える先生が。

「危なそうだったら
みんなが寄っていきます」

「帽子 取り合ってる周りに
教員がいるっていう

なんか ちょっと滑稽な…
変な感じです」

「…って私は思うんですけど」

そして 運動会で

更に 運動会終わりで起きる
鉄板トラブルが…。

えーっと…。

ちょっと!

これは もう…。

ハハハ…。

保護者のクレームがすごすぎて…。

(堀口さん)例えば…。

(堀口さん)
玉入れとか 鈴割りってなると

始まりの時に 円陣を組むので

その時点で まず全員を…
内側から 全員撮って

必ず 1競技で
必ず 1枚ずつの写真が

しっかり残るように…。

だから リハーサル行ける時は
リハーサル 見に行ったりとか

事前チェックなんかも
できる時はします。

もはや 誰が主役なのか

わからなくなってしまった運動会。

そもそも…。

(ひとり)はあ…。
(東尾)けど 先生方で

運動会がなくなった方がいいって
思われてる先生方が

いらっしゃるって事なんですか?
(長嶋)大変だからでしょ?

今は 午前中だけで
終わらそうっていうのは

結構 増えてきてます。
暑さ対策もあるし…。

授業を 少し 運動会とか
体育祭のために使う事になるので

そういった意味でも ちょっと
短くしようっていう学校は

ちょっとずつ出てきてます はい。
(東尾)なるほど。

実際に 名古屋市では 今年

公立小学校の実に6割が
運動会を半日にしたという。

入退場の行進をやめて
最初から整列。

騎馬戦やダンス 代表児童による
リレーをなくすなどして…。

運動会って 保護者サービスのために
あるものじゃないので。

保護者サービスのための
運動会なら

もう 必要ないと思うんですよ。

子どもたちの… 例えば
自分たちの企画をしたりだとか

共同して こう 頑張ったりだとか

あるいは その
運動の技能を高めるっていう

その行事の目的があるので。

保護者に きちんと それを
伝えるべきだと思うんですよね。

「運動会は
保護者のためではありません」と。

「子どもたちのためなんです」
っていう。

そこは スパッと
言っていいと思います。

(長嶋)それは言った方がいいよ。

もう なんだろう?
話 聞いてたら 別に…。

(菊池)実際に
うちの長男の学校は…。

(滝川)ええー!
(ひとり)そうですか。

生徒会が中心となって やって…。

そういう学校もあります。

でも 考えたら 別に
自分が中学生の時

「親に見られたい」みたいな感覚
なかったですからね。

俺は 親がいた方がいいと
思ってるんだよね 運動会は。

それが高圧的。

(前田)なんか あの… VTRでは
どうしても そういう

クレーマーの保護者の方が こう

ピックアップされるんですけども
実際は もっと 8割方ぐらいは

学校の応援団の人が
すごく多くて。

前田さん おっしゃったのは ほら
8割の親はいい。

残りの2割
その ごく少数の親御さんに

振り回されなくちゃ
いけないわけでしょ?

それが苦しいですよね。
2割は多いですよ それは。

ここで ご意見番 川淵が

先生の立場が
失われている現状に

怒りをぶちまける!

僕は 10年前ぐらいにですね

東京都の教育委員
やってたんですよね。

だから 先生の いろいろな
問題とか悩み事なんかを

よく聞いて
大変だなと思ってましたけど

その中で 今でも覚えている
ショックな事は

ある先生が 生徒に対して
なんか ものを注意した時に

その生徒がですね

「これ 教育委員会に
言いつけてやるぞ!」と

言ったって言うんですよね。
その話 聞いた時ね…。

更に このあと…。

先生の悪口を 子どもを前にして
平気で言ったり。

そういう事で
先生をリスペクトしようったって

無理なとこがあるんでね。

そして この男も…。

って その時に言ってったら

必ず 大人になった時に…。

…って そういう職業だから。

僕らの時代っていうのは

親も ともかく 全ての社会が

先生を
リスペクトしてたわけですよ。

ところが
戦後 いろんな事があって

まあ 教壇だってなくなるわ
起立 気をつけ 礼もなくなるわ

やっぱり
リスペクトするような事を

一切 やらなくなって。
親もですね

先生の悪口を 子どもを前にして
平気で言ったり。

そういう事で
先生をリスペクトしようったって

無理なとこがあるんでね。

じゃあ どういう風な そういう
親御さんと先生の関係の

あるべき姿っていうのがね
今まさに 中途半端で

どうなってんだろうという。

そこの方に変わっていかないと
なかなか

今の教育の現場から見て
先生方が大変な思いをして

今日 このテレビを見てた
若い子どもたちが

先生になりたくねえなと
思わないか

僕は ちょっと 心配ですよ
本当に。

すると ここで 劇団ひとりから

今どきの

…って言われてるじゃないですか。
例えばね

「うるせー バカヤロー
お前ら出てけ」みたいなのも

ダメなんですか? 言っちゃ。
(真金)それは 暴言に入りますね。

僕らがね 子どもの頃は そんなの
しょっちゅう言われてたから。

でも それも ぐっと…。

僕は 結構
気持ちをぶつけてしまうので

強い指導とかも… ちょっと
強めの指導もしちゃいます。

ダメな事はダメだって言います。
やっぱり 子どものためなので。

江澤先生。
(江澤)そうですね。

基本的には
僕は 荒らげないようにしてて。

それが授業中なら
まあ 授業は続けて

終わってから その子と
2人になって話はしますけど

そこで 声を荒らげる事は
あんまり…。

だから 怒鳴るかどうかって
別として

やっぱ 学校の先生って
他の仕事と違って

いわゆる 業績とか
そういう事じゃなくて。

子どもたちが

だから 僕は 子どもから
どう思われようと 本気で…。

って その時に言ってったら

必ず 大人になった時に…。

…って そういう職業だから。

でも 今は…。

(長嶋)先生は
もちろん 全能ではないし

完璧な人間なんて
どこにもいないわけだから

だから もうちょっと先生方も
気を抜いてね

もう この生徒
言う事 聞かねえんだったら

殴る事もできない
「出てけ」とも言えないんだったら

本当は 40人みんなに
愛情を注いでほしいけども

そんな事 言ったって…。

生徒も親も。
だから そこは 先生たち…。

もう なんか 冷める部分は
冷めてもいいんじゃないかな。

もうちょっと
肩の力を抜くというか

背負うものを
もうちょっと軽くしても

いいんじゃないかなっていうのは
僕は思ってますけどね。

(滝川)どうぞ。

でも 修造…。

(一同 笑い)

まだ 全然 言ってないですよ。
いや お前が言いたい事 わかるよ。

修造は
自分のセッションの中で…。

(ひとり)
それが言いたかったんですか?

果たして

お前が言いたい事は わかるよ。

修造は自分のセッションの中で
全員の生徒に

自分の愛情 情熱を
注げるんだよ 修造は。

(一同 笑い)

生徒が 先生に対して
うわーってやったりするのは…

僕も そうだった。
やっぱ…。

やっぱ 見てほしいっていうのは
あるんですよ。

だから 親が 僕は
クレーム言ってくるんだったら

「はい」って聞いて…
「うるせえ」って心の中で

僕は思ってていいって
僕は正直 思ってる。

ここで…。

いや…。

(ひとり)大変ですね。
毎回やんなきゃいけない。

(滝川)そうなんです。
やっぱ そうじゃないと…。

運動会っていうのは

心を一つに
全員でやっていくものだと

僕は思いますよ。

その中で 1位をとる。

1位を
目指さなきゃいけないものが

1つ 僕はあると思います。

それは マナーだと思います。

マナーこそ 全員1位をとろう!

素晴らしい!
(拍手)

素晴らしい!
(ひとり)素晴らしい。

もう 毎回 最初から
これ 書いてもらえば

いいんじゃないですか?
(滝川)最初からね。

2019年 本当にあった教育事件簿
総ざらい。

続いての先生の悩みは…。

(スタッフ)えっ?
はい ほとんど。

「まずは…」

ハハハハ…!

ある調査によると

部活の顧問が
苦痛だと感じる先生は

中学校で45パーセント。

小学校で
65パーセントにも上るという。

中でも断トツに多かった悩みが…。

…という
感じなんですね。

「うちの学校は
全員顧問制なので

どの部活か
必ず入ってください

って言われる学校が
多くありますね」

「そうなった時にですね

自分が経験した事のない
部活の顧問にされる事は

たくさんあります」

よし!

さあ こい!

はあ… わかりました。

ハハハハ…!

木村先生には 引き続き
合唱部を お願いいたします。

はい。

松岡君。
はい!

茶道部?

いやー…。

えっ! 誰だ? たかし!

みんな 俺を待ってる!

いや…。

うん… あっ どうも。
マイケル・チャンです。

アガシです。

逆に 未経験であっても

空いている部活に
つかされてしまう。

よし…。

もちろん 先生方も
必死になって勉強をするのだが

限られた
わずかな時間でしかない。

そのため 実際に

よろしくお願いします。

これが フクサさばきでしょ。

これ こうして こうだよね…。

いや…。

いや でも…。
あーあ…。

やはり
突貫の勉強では限界があり

生徒との信頼が
築けない場合があるそう。

(菊池)「シュン造さんになった…」

(山口)ねえ 本当ですよね。

更に この悩みは
運動部の方が より切実なものに。

見本をせがまれ
大恥をかく事も ざら。

こうやるんだよ!
(生徒たち)先生 ハゲてる!

そして 未経験の顧問になる事で
一番の悩みは…。

部活のせいで
授業でも生徒にバカにされる。

炭素がC 窒素がN。
はい じゃあ…。

誰に口 利いてんだよ お前!
斎藤さんだぞ! お前! えっ?

覚えて帰ってくれよ!

(男性)何が大変かっていうと
一番大変なのは

部員が…。

最悪の場合
学級崩壊になる事もあるという。

(滝川)これ 大げさではなく

本当に こういう事が起こってる
っていう事なんですよね。

先生も 可哀想で
大変だなと思うんですけど

教わる生徒も
なんか 可哀想だなと思って。

どちらも
いい事ないじゃないですか。

やりたくないんだっていうのを

やっぱり 教員側から
間違った風に伝わってしまうと

非常に 問題もあるのかなと。

自身も
公立学校の

教員を務めた
経験を持ち

現在は 教師専門の

カウンセラーである
平田さん。

現場の先生の
生の声を知る人物。

でも 実際…。

そうですね。 やりたい先生と
やはり ご家庭の問題とか…。

そこで やっぱり やれる先生と
やれない先生に対して

そこを きちんと分けて

やれる先生は
「じゃあ 部活 今年度は

これだけ頑張ってください」。
でも 例えば

「他の委員会の指導とかは
今年度は外れてください」とか。

そういったところで なんか
調整できるような職場であると

うまく回るんですけれども…。

問題なのは 松岡先生が

茶道部を
半ば強制的っていうか

「これ お願いだから」みたいな
「1年間やってね」って…。

そこが すごく問題で。
やりたい先生は やる。

子育ての問題とかある先生は

今年は ちょっと難しいですって…
そういうシステムができると

すごく もっと働きやすい…。
じゃあ 僕は あそこで

「できねえ!」って
言っていいんですか?

厳密に言うと仕事ではないので
理論上 できない事もないです。

それを 誰かが…
結局 シワ寄せがきて

俺が やる羽目になった
みたいな事を考えると

多分 俺がやんなきゃ…。
「頑張れー」とかって言われると

やっぱ やりますよ…。
(ひとり)ですよね。

先生たちの
ストレスは 今

かなり危険な状態まで
きていると

真金先生は言う。

どうなんですか? やっぱ その…
鬱になっちゃう先生の方とか

多いんですか?
先生方のストレスの一番って

実は 人間関係なんですね。

(真金)…っていう
すごく複雑な人間関係なので

そこに 何か また もう1つ

引き金になるようなものが
加わってくると

やっぱり
鬱を発症したりっていう事は

もう どなたにもあり得る…
可能性があると。

(ひとり)ここ 数年
最近で増えてきたんですか?

それとも 昔からそうなんですか?

最近は 非常に
増えてきてる印象はありますね。

実際に
ストレスを調べるテストでは

5点以上で 「高ストレス」と
診断されるところ…。

小学校の先生は 平均で5.49。

中学校の先生は 平均で5.69。

これは 他の仕事の平均値を

大きく上回る数値。

これ でも
先生 おっしゃったね…

人間関係がストレスになるって
おっしゃったんだけど。

自分が 例えば
40人の生徒を受け持ったら

毎年 毎年 いろんな生徒さん
親御さんがいて…。

そうですね。
人間関係の質が大きくて。

うまくいってる時は ものすごく

生徒とのやり取りで
パワーをもらったり

とてもいい やりがいになってきて
ポジティブな感じに…。

そっちもあるけどね。
でも いろいろいるから。

(真金)そうなんですよね。
何かの事で

掛け違って うまくいかなくなると
強烈なストレスになるっていう…。

うまくいかないっていうのは
どういう事があるんですか?

(真金)先ほどの部活動の中にも
ありましたけど…。

(ひとり)バカにされたりだとか?
(真金)そうですね。 やっぱり…。

部活の顧問になったばっかりに

強いストレスを感じる先生が
多い中…。

更に 先生を悩ませているのが…。

やっぱり…。

顧問になると避けては通れない…。

かつては
勝つためのレギュラー選びが

当たり前だったが

どうやら 最近は 事情が違うよう。

補習に引っかからないか
どうかとか。

しかし

思わぬトラブルに
巻き込まれる事が。

「…とか クレームが」

部活にまつわる先生の悩みで

最も多かったのが…。

ええー…。

そんな中 今 この問題をめぐり

新しい言葉が生まれているそう。

ちなみに…。

…という意味。

そして…。

…という意味の造語。

ちょっと こればっかりは
なかなか やっぱり…。

ちょっと暑いですね…
はい。

しかも 部活は

それは大変ですね。
頑張ってください。

ストライク!
ボールだって。

ストライク! バッターアウト!

誰に言ってんだよ お前。
斎藤さんだぞ お前。

誰だよ?
バッターアウト!

自分のチームではなくても
審判などの手伝いで

想定外の時間を
割かれてしまうそう。

更に

はあ…。

なんと 部活にかかる交通費は
自腹である事が多いそう。

そんな

いやあ みんな お疲れさま!

(滝川)「こういうのも出ないんだ」

「本当 言わないですよ。
これ お礼とか」

自腹を切って 差し入れしても

生徒からは 一切 お礼がない。

子どもたち 知らないケースが
多いですからね。

ジュースの差し入れなんかも
子どもたちは きっと これは…。

先生もね これ 俺の

ねえ! 言えない。

実際の

先生の善意だけで
成り立っていると言っても

過言ではない部活。

それなのに
こんな切実な事態まで。

これほどまでに
先生を追い詰める部活。

果たして
続けていく意味があるのか?

これを 皆さんと
話をしていきたいんですけども。

これは 先生

江澤先生。
現状の部活動は…。

過熱しすぎている部分が
結構あるので。

過熱?
(江澤)過熱。

長時間… 土日もやったり

平日も 2時間 3時間いたり
大会が長時間あったり。

でも 僕ら 教師からすると

やっぱ 勉強以外の面を見れるので
子どもたちの。

僕 英語なんですけど

英語を勉強してる姿以外の
ところも見れるっていうのは

すごく楽しいですね。

どうですか?
(長嶋)いや だから

勉強以外での
コミュニケーションを取る

ツールにもなってるっていう
お話だから

それは やっぱり 先生の
また違う面が見れるじゃない

生徒からすると。
俺は あった方がいいと思うけど

でも VTR見てると まあ 部活
本当に必要なのかって言われると

必要のないというか…。

だって 専門的に
教えられない人がいるんだったら

そこは… ねえ。 どうなの?

そう だから これは 今
カズさんの言うように…。

ものすごく 部活は必要だという
感覚が多いから。

前向きな思いも
聞きたいんですけれども

三好先生 どうでしょう?
僕は その…

今の形は 必要ないと思うんです。
ただ もう少し 形を変えて

ゆる部活動みたいな感じで…。
ゆる部活動ってありますよね。

(三好)続けていったら
いいんじゃないかなと思いますね。

っていうのは その…
運動部とかに入って

将来 その競技で
ごはん食べていくほど

稼ぐ人って
ほんの一握りじゃないですか。

…ってなったら
週に2回 3回とかに

簡単に それそのものを
楽しむために集まるような形に

部活が変わっても
いいんじゃないかなって

思いますね。

今年1月
先生の働き方改革の一環として

部活動で…。

更に
名古屋市の公立小学校では

教員の長時間労働を理由に

2020年度限りで

部活動を
廃止する事を決定。

しかし 一方で

先生方の大変さは わかりますが

子どもサイドから見たらですよ?
親サイドから見たら部活って

子どもたちは楽しい! っていう
イメージが 僕にはあった。

僕の子どもも そうでした。

実際 必要かどうかって
考えた時には どうでしょうか?

僕は絶対に必要だと思いますね。

僕は やっぱり…。

…だと思ってるんですよね。
やっぱり 学業の中で

同じクラスの子ばっかりで
友達 作るんじゃなくて

他のクラスの子たちと
仲良くするには

じゃあ どうしたらいい?
クラブ活動で一緒になって

友達になったりとかするのが

僕はすごく大事だと
思ってるんですよ。

(菊池)
私 子ども2人いますけども…。

運動しない。 娘は…。
(長嶋)生物部ってあるんだ。

あるある。 で 吹奏楽部が娘。

で 2人とも それなりに そこで
クラスとはまた違う

先輩 後輩っていう関係性を
築いたり

その喜びも すごく こう 確実に

自分の… 身に付けていたので

私は 部活は 基本 賛成です。

生徒 児童である時間
っていうのは

それぞれの子どもが

いろんなものを見るチャンス…
機会だって思うんですね。

例えば テニスにしても
茶道にしても

プロフェッショナルな先生に

教わりにいける
おうちのお子さんは

それで 行くかもしれない。

けども それが 生まれたおうちの
所得とか資産によって

できないっていう場合も
あるわけだから

学校っていうのは
いろんな可能性を

見せてあげる場でもあると
思うんです。

子どものチャンスを
広げるためにも

部活は必要と主張する

保護者ゲストに対し

数々のスポーツ協会を
改革してきた川淵三郎が

あのね
皆さんの話を聞いていると

部活は
教育の一環であるかのような事を

言っておられるんだけど
それは違うんじゃないですかと。

部活っていうのは 本来

そのスポーツを
楽しみたいと思って

子どもが参加するんであって。
それが ベースですよ。

その延長線上で
社会性が身に付くとか

まあ いろいろ プラスになる事は
いっぱいあると思いますね。

僕の孫が 来年
小学校の先生になるんですけどね。

だから
僕も いろいろ勉強していて。

この部活の問題にかえって
さかのぼると

やっぱり

バカみたいに。 僕はね 本当にね
信じられないんだけど

うちの孫が中学生で
卓球部に入っていて

毎日 朝練
5時か6時から行ってるってね…。

朝早くから練習してさ

プロになろうっていうわけじゃ
ないだろうって。

そんな事… その気は 毛頭ないと。

なんで 中学校辺りで
朝練するのか よくわからない。

やっぱり
練習っていうのはですね…。

まあ ヨーロッパ辺りの一流の…
サッカーの話ですが

小さい頃は 大体 週3日ぐらい。

しかも1時間とか1時間半だとか
短い時間に集中して

いい指導者の下で指導を受けて
それが育っていくんでね。

子どもたちが
楽しくスポーツをやる。

その
楽しくやるスポーツっていうのは

やっぱり 試合が楽しいんだよね。

練習ばっかり楽しみで来てるのか
っていったら

そんな事は ないんでね。

…っていう事で
やっぱり その中で

どんどん どんどん
コミュニケーション能力も高まり

社会性が身に付くように
変わっていってほしい…。

これは 僕は

だから 例えばなんですけど…。

全体的に 部活動は
縮小していく方向にあってですね。

そもそも 法律で 教育課程
っていうのが決まっていて。

例えば国語だとか社会だとか数学。
これは 学校で

ちゃんと教えてくださいね
っていうのがあって。

その教育課程外なんですよ
部活動っていうのは。

だから 言うなら…。

(前田)どちらかというと 今…。

地域とかに… そういった方向に
任せていこうという方向に

いってますね はい。

社会体育とは
自治体や保護者が責任者となり

スポーツクラブのような形で
運営していくクラブの事。

フィンランドでは
学校の部活は一切なく

社会教育を導入する事で

教員の長時間労働を大幅にカット。

実際に 日本と比べてみると

1週間当たりの労働時間が…。

もしかしたら

4時15分までの
6時間目までの授業は…

これは
僕は 必要だと思いますけども

そこから部活となると

これは
スポーツ… 運動の方ですから

これは もしかしたら

1回 切り離して
議論をした方がいいかもしれない。

僕は 部活あった方がいいという
タイプの人間ですよ もちろん。

頭だけじゃなくて
体も動かすようにできてるんだ

人間っていうのは 間違いなく。
でも そうは言っても

先生方の負担を考えると
もう1回 議論をして

部活を縮小するのか
時間を短くするのか

もしかしたら もう
なくしちゃってもいい部活が

あるのかもしれない。

ここで…。

部活は みんな 必要だっていう
捉え方として考えた時に

正直 この「部活」っていう
字自体なんですけど やっぱり

活き活きする場所じゃなきゃ
いけないと思うんです。

先生にとっても生徒にとっても
僕は 最も成長する時間だと思う。

だからこそ みんなが 前向きに…。

こういう活き活きとポジティブに。

(滝川)ポジティブ? なるほど。

ちっちゃい「ィ」いります?
「ポジィティ部」。

ポジティブに取るの!
そういうところも。

(一同 笑い)

だからこそ
やっぱり 心をひとつに

先生も生徒も 部活を
「ポジティ部」にしていこう!

(拍手)

2019年 本当にあった教育事件簿
総ざらい。

続いての先生の悩みは…。

なんも指導しなかったら… もし

本当に好きな分だけ食べていいよ
ってなったら

本当に残っちゃうんで
それは。

学校給食。

現在 全国の小学校では

99.1パーセント。

中学校でも 89.9パーセントと…。

給食の残菜を減らそうと

配膳後に 残ったおかずを
少しずつ全員に配ったら

「うちの子は野菜が苦手だから
不登校になってしまう」と

親からクレームが来た。

学校給食の驚きの実態に
一同あぜん。

いつも笑顔で
一緒に食べてる時…。

(三好)そうですね。

先生もいて 一緒のもの食べて
共有しながら

「先生!」って… そういう時に
なんでも話せるわけですよ。

(滝川)先生が 各グループに入って
みんなで囲んでとか…。

日替わりで 回ってきてくれてね。

「一緒に食べてくか」みたいな…。
(一同 笑い)

給食に関する先生の悩み。
まずは…。

「アレルギーが増えてます」

「牛乳 卵 小麦粉とか」

「牛乳の子は
お茶が出たり」

「だから おかわりを
しちゃわないように

そのメニューで。
気にかけてます」

「だから 休憩じゃないですからね
給食は」

「人によっては…
なんですかね」

「先に薬を飲んでおけば食べれる
とかいう子もいるんですよ」

「すごく複雑なんですよね
アレルギー」

食物アレルギーを持つ
子どもの割合は

16.7パーセントと

ここ15年で およそ2倍に増加。

実際 死亡事故も起きており…。

栄養士と保護者が話し合って
除去食一覧表を作成し

児童のアレルギーに合わせ
食べられない料理を明記するなど

対策を講じている。

しかし

子どもたちの

えーっと…。

(まなぶ)次は 太郎君。
はい。

(まなぶ)あー… ダメだ。

はい。
はい。

ハハハハ…!

(一同)はーい!

「1学級に3~4人くらい
アレルギーがいるなっていう

感覚なんですよ」

「その一人ひとりの
アレルギーの対応を

担任1人で見られない」

「アレルギーの子が3人いたら
まあ 3人のアレルギー表を見て」

「日々 毎日 変わるんですよね。
変わりながら

1人で対応しないといけない
っていうのが大変でした」

先生の仕事は
アレルギー対応だけではない。

最近 急増しているのが…。

「なんとなく
食べてるように見えるけど

実は 全然 箸の持ち方できてない
っていうのに気付いて」

「それで よくよく 数えてみたら

1クラス
30人ぐらいいるんですけど

ちゃんと お箸 持ててるのが

2人くらいしか
いなかったんですよね」

こう持つの。

ちょっと待ってね
ちょっと待っててね。

「お箸を持つのに
グーで持って

高学年… 5年とか6年で
本当に ちっちゃい子が

食べるみたいに
食べてる子もいます」

お箸の指導もする先生は
食事どころではなく ぐったり。

大急ぎで食べてる間にも

テストの採点やら
宿題チェックと大忙し。

(菊池)
「先生… 体に良くない」

(三好)「いただきます」… 丸付け。

こう ハンコを押したり…。

過酷すぎる先生の現状に
またしても この人が…。

先生の休暇の時間を
どう確保するかって事が…。

(三好)っていうのは その…

提出物とかが
100か200かくらいあるので

連絡帳とか ノートとか
全部 見ないといけないんで。

それって 休み時間は見れないし

掃除時間は
まあ 掃除しないといけないし

ゆっくり見れるのは
給食時間になるんですよ。

(川淵)今ね 給食時間の時に

子どもと一緒に
給食 食べてるわけでしょ。

やっぱり 自分の休養を兼ねて

ごはんを 食べてる
っていうんじゃなくて

やっぱり 子どもたちを見ながら
食事してるから

それは 働いてるわけですね
言ってみれば。

だから 僕に言わせれば
栄養士みたいなのを雇って

その人が ちゃんと
コミュニケーションを取って

給食の時には
外部のね そういう人を

見さすっていうような事を

例えば 校長が決断すれば
できるんですか?

(前田)その給料を どうするか
って問題がありますよね。

(川淵)要は先生の休暇の時間を
どう確保するかって事が

今 一番大きな問題でしょ。
(前田)おっしゃるとおりですね。

(川淵)そういう事に対して
校長先生の権益内なのか外なのか。

それは教育委員会に言えば
その辺は

栄養士が そういうとこで
ちゃんと担当してくれるのかとか

そういう事を考えないと
時間 増えませんよね

どう考えたって。
(前田)本当 だから

仕組みを変えなくちゃいけないと
思いますね いろんな意味で。

分業制ですよね。
だって 野球界だって

昔は 先発完投
当たり前だったですよ。

今 そんな事する球団
どこもないんだからさ。

(前田)OECDの
加盟国の中でも

公教育に予算を使ってる
っていうのは

日本が すごく…
最下位というか

すごく
下の方なんですね。

いろんな意味で
予算を 他の国は

教育に
使ってるんですけども

そういった意味では
日本の

学校教育に対する
予算のかけ方は

すごく少ないなと思ってる。

でも 子どもたちの成績は
すごくいいんですよ

加盟国の中でも。

だから ある意味 先生たちは
ものすごく頑張って…。

教育の力って すごく
やっぱ 高めてるんだと思います。

給食にまつわる悩みは
まだまだ尽きない。

喜んで走り回って
よかったですよ。

かみね公園 行きました。
かみね公園?

そう コンパクトで。

給食の

実は これ
完食指導と言われていて

多くの先生を悩ませていた。

「栄養教諭が…

“先生のクラスが食べないのよね"
っていう話をされて

“どういう風に
食べさせてるの?"って」

「そんな食べさせ方したら
どうたらこうたら… って

こう… 指導を受けたり」

「完食がいいよねっていう文化は

やっぱり なんか あるのかな
っていう感じはします」

そんな教育現場では

(一同)はーい!

待って 待って! ダメ ダメ!

そのうえで…。

はい じゃあ まずは

嘘! えっ?

はい。

「戻すの?」

「えっ…」

はい 次は…。

はい。
はい。

「全員に同じ分 配ったあと
減らしを呼ぶんですよ

“減らしたい子"って」

「で “増やしたい子 おいで"
って言って

減らしたものを増やしていく」
(スタッフ)なるほど。

「だから できるだけ 食缶を
最初に空にした方が

残食 少なくできるっていう
僕の経験則ですね」

「言われたら そうですね」

先生にとっては
とにかく大変な学校給食。

三好先生は

「楽しく食べていいよ」って
言ったら 残るし

「全部 食べなさい」って言ったら
これは もうね

会食恐怖症っていうか…。
(長嶋)強制的になって

口数も少なくなると。
(三好)そうなんですよ。

この間を どうするかっていうので
すごく悩みますね。

今は…。

「無理に食べろ」は
言わないですね。

えー! そうなんですか?

僕らの時なんて
放課後とか残されましたよね。

残しましたよ。
もう ずっと 後ろの方に

みんな 片付けてるのに 机のね。
(三好)それによって

外食が怖くなるっていう子も
出てくるので

「会食恐怖症」って言うんですけど。

実際に 教師の
行き過ぎた完食指導で

生徒が5人も

嘔吐してしまった
という事件も。

先生方は やっぱり

(長嶋)いくらか知らないよ 僕は。
うん。

確かに でも
これだけ苦労してて 大体

(カジサック)ここにきて?

自分が働いてる感じに
見合ってますか?

それとも
もうちょっと もらっても

いいんじゃないかなって
感じしますか?

いや まあ でも 十分かなと。
(長嶋)そこは先生だからね

お金のために
やってないっていう部分もね。

そうなんですよ 僕 8000万…。

やかましい! やめてくださいよ!
(一同 笑い)

(滝川)どうですか? 淡野さんも

元保育士で
いらっしゃいますけれども。

給食の時間は
大体 1時間半ぐらいは

取ってるんですけど
「自分で気付いて 自分で考えて

行動する子になってほしい」
っていうのを狙いとして

1時間半の中で
どのタイミングで来てもいいよ

自分が おなかがすいた
タイミングで おいで。

でも 一番最後の終わりは
決まってるっていう

話をしてあって
結構 もう 自発的な…。

(滝川)インタラクティブな感じですね。
(淡野)そうです そうです。

先生ね
可愛いだけじゃなくてね…。

(ひとり)みんな 「可愛いな」って
思ってましたけどね。

お前が…。

俺も…。

そして 先生たちを
最も憂鬱にさせる悩みが。

今も給食費の未納者はいます。

口座引き落としにしても

残高不足で
引き落とせない事があったりで

引き落としの手数料問題も
発生しています。

(ひとり)「本当に
払えない人もいるから…」

(滝川)「そうなんだ」

文科省の調査では

41.6パーセントの小学校

54.5パーセントの中学校で

給食費未納の生徒がいる事が判明。

金額に換算すると…。

その回収問題が
現場の先生を追い詰めていた。

電話連絡してましたね。

「すみません 給食費が

払われてないんですけど」
とか

「未納になってるんですけど」
とかいう

電話してましたね。

うーん… 大変ですね。

なんか 気まずいですし。

取り立て屋みたいな気分に
なってくるんですよ

「早よ 払えや」
みたいな感じで。

(滝川)「やる事 多すぎる」

そんな 一向に

未納になった給食費は
どうなるのか?

(ひとり)「ええー!」

「噂では “校長先生が
立て替えてるよ"とか

もう そういう噂は
よく聞きますよね」

なんと 校長先生自ら

ポケットマネーで
払っているという話まで。

更に 給食費未納の

驚くべき実態が明らかに。

もう 借金取りのような
気持ちになった経験

先生たち ありますか?
(ひとり)三好先生…。

やっぱり
電話は かけづらいですね。

(滝川)気分 いいものでは
ないですからね。

聞いた時の 向こうの対応は
どんな感じなんですか?

…とは
言ってくれるんですけどね。

でも 結果 払ってなかったり…。

払っていなかったりする事も
ありますね。

それって なかなか
わかんないかもしれないけど

払いたくないから
払ってないって感じなんですか?

…みたいな感じは まあまあ。
(ひとり)そりゃ 悪質だよな。

そしてね
給食費未納問題なんですが

昨年 発表された
こんな調査結果があります。

(滝川)この調査では 払えるのに
払っていないという保護者が

小学校では64.6

中学では
75.8パーセントも

払っていない。

(ひとり)あの26億円を

全国の校長が
払ってるわけですもんね。

(カジサック)だから 校長って
頭 薄い人 多い…。

ストレスでね。

(前田)基本的に 私は
経済的な問題で払えない方は

きちんとした 就学援助っていう
制度がありますから

それを ちゃんと申請すれば
自治体が払ってくれるんですね。

で しっかり そういった制度を
利用していただくのは

まず第一と
それから 私は個人的には

学校の教員の仕事じゃないと
思うんですよ

給食の… 徴収っていうのは。

やっぱり 銀行
引き落としの形にしておいて

そして
銀行口座が 足りなくなったらば

やっぱ その担当の人が
きちんと伝えるという風な形で

学校の教員の仕事から
切り離すべきだと思います。

(長嶋)そりゃそうですよ。

これはね 弁護士マターだと
思いますよ 僕 ハッキリ言うと。

言葉は悪いけど 親の義務責任を
果たさないがための

子どもたちが無銭飲食っていう
結果になってるわけですよ。

だって 払えるのに
払えないんだから

司法が介入して 払いなさい
っていう国の命令が下りれば

それは
払わざるを得ないわけですよ。

だから 三好先生が
親御さんに電話して

「払ってください」なんていうのも
やる必要は全くないですよ。

…と 思わないですか? 先生。
自分の これ 範ちゅうですか?

やってる間は 何してるんだろう?
とは思いますね それは。

(長嶋)それは だいぶ 言葉がね
今 穏便な言い方だけども

ふざけんなっていう言葉でしょう
基本。 いや それでいいんですよ。

ここで…。

「食」 食べるっていうのは

「人が良くなる」って
書きますけども

実際 生きていくうえに
食がなければできない

ものすごく
大事なものだと思います。

その中で 「給食」っていうのが

みんなが一緒に
みんなが同じものを合わせていく。

そう考えると 僕は この給食って

究極の食じゃないかなと
思うんです。

だからこそ みんな

給食で人を良くしていこうぜ!

(カジサック)よっ! すごい! よっ!

(東尾)最高!

やった事のない部活に戸惑い

給食を飲み物のように
飲み込みながら

保護者の対応に四苦八苦し

日々 子どもたちの笑顔のために
奔走している。

今日は 暗い話が たくさん
あったかなと思うんですけど

やっぱり それを上回る喜びも
たくさんあって。

僕は だから こう 植えている種に
水やりするような

はかない事だなっていう思いは
あるんです。

まあ 今ね すぐ 芽は出ないし

それは 10年後 20年後に
出るかもしれない事だけど

まあ そこでね
過ごしている中で見える

小さな成長とか 逆上がりが
できるようになったとか

その時の笑顔っていうのが
やっぱり 喜びなので。

それは 明日も頑張ろうって
思えますね。

(滝川)江澤先生。
(江澤)そうですね。

本当 1年間 学校にいて
担任したり 部活の顧問してると

本当 いろいろあるんですけど

やっぱ 学校の
最後の一番大事な行事で

卒業式があって。
(カジサック)ああ…!

自分が何百時間っていうか…
長い時間 教えて

最後 卒業していく姿を見ると
すごく感動的なので。

かなって思います。

(滝川)米岡先生。
やっぱり 自分の思いがあって

それを生徒に伝えるんですけれど
その思いが 生徒に通じて…。

が やっぱり 一番
いいなって思うんですけど。

それ 一番感じられるのは
やっぱり 卒業式。

その日を迎えると
いろんな事あったけど

やっぱり 教員やってて
よかったなって思います。

この3月
今 3年生 持ってるんですけど

また卒業式 迎えて
寂しいんですけれど

やっぱり 教員って
やめられないなって思います。

素晴らしい。
(拍手)

(滝川)淡野さん いかがですか?

本当に
3歳でも 4歳でも 5歳でも

乗り越えなきゃいけない
壁みたいなところは

やっぱり
あるように思えていて。

それが こう
ちょっとした手助けで

できるようになった時の

みんなの表情みたいなところは
すごく好きで。

なので ずっと
続けてこれたかなと思います。

(拍手)

いかに大変な条件の中で

子どもたちを 愛情を持って
育てていくかという事の

ネガティブな部分が
中心にあるんだけど

それより もっと上に
ポジティブな…。

こんなに 子どもたちの笑顔
何かが完成した時の この顔。

そういったものの喜びを

先生は 楽しみにして
育ててるのでね。

だから 今のネガティブな話は
先生を勇気付けようと思って

今 これだけ 苦労してるんだよ
って事を出したんだけど

実は それに
数倍 数十倍 何百倍もある

子どもたちとの
教育の場を通じて得るものが

先生には
たくさんあるというのが

今日の結論でよろしいでしょうか。

(拍手)

そんな頑張っている先生のために

松岡修造がしたためた
エールとは?

先生は 教育を支えています。

先生の頑張りっていうのは

人を幸せに 喜びに変えていける

こんな素晴らしい仕事って
ないと思う。

先生が 生き生きすれば
子どもは変わる。

先生は 笑顔になれば
子どもたちも笑顔になる。

そう 「先生は
みんなにとっての金メダル」!

(拍手)


関連記事