遠くへ行きたい 渡辺徹「京都を楽しむコツ発見!師走にふと行ってみたくなる京都旅」京タケノコ料理・かやぶきの里…



出典:『遠くへ行きたい「京都を楽しむコツ発見!師走にふと行ってみたくなる京都旅」』の番組情報(EPGから引用)


遠くへ行きたい「京都を楽しむコツ発見!師走にふと行ってみたくなる京都旅」[解][字]


渡辺徹▽超穴場!幻想的な竹林を独り占め!▽行列のできるサバずし…うまい井戸水が決め手▽絶品!京タケノコ料理▽京都市内にあった!かやぶきの里▽納豆のルーツは京都?


詳細情報

出演者

【旅人】

渡辺徹(俳優・タレント)

番組内容

コツで楽しむ京都の旅▽1)平安から千年続くソウルフード!香ばしい「あぶり餅」▽2)京都のおいしい井戸水が生み出す絶品豆腐&サバずし▽3)超穴場!幻想的な竹林を独り占め…京都市洛西竹林公園▽4)竹林整備はボランティアで…作業の後はタケノコ料理を堪能▽5)「丸竹夷二押御池」…歌で覚える京都の通り▽6)外国人にも人気!かやぶき屋根の宿で農業体験も▽7)茨城出身の渡辺もビックリ…納豆の発祥は京都だった!?

音楽

【テーマ曲】

「遠くへ行きたい」

作詞:永六輔

作曲:中村八大

制作

ytv

テレビマンユニオン

番組ホームページ

http://www.to-ku.com

ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中!

取材地

京都市



『遠くへ行きたい「京都を楽しむコツ発見!師走にふと行ってみたくなる京都旅」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

遠くへ行きたい 渡辺徹「京都を楽しむコツ発見!師走にふと行って
  1. 京都
  2. タケノコ
  3. 納豆
  4. 女性
  5. 渡辺
  6. 発見
  7. コツ
  8. 鯖寿司
  9. 店員
  10. キャッツ
  11. 屋根
  12. 茅葺
  13. 商店街
  14. お邪魔します
  15. 増田
  16. 竹林
  17. 名物
  18. 和紙
  19. お餅
  20. ソウルソング


『遠くへ行きたい「京都を楽しむコツ発見!師走にふと行ってみたくなる京都旅」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ関連商品

(渡辺 徹)
<秋の京都は 発見がいっぱい>

腹ごしらえ。
<渡辺 徹です>

おいしいものがあると聞いて
来たんですけどもね

こちらは神社。

<ここは時代劇にも
よく出て来る

今宮神社の参道>

こうやって あぶってるんですね。

炭火で お~ 炭火で。

昔から あったものですか?

そうですね…。

えっ 1000年!?

1000年ですか?

すいません
それが あぶり餅なんですか?

はい。

あらら かわいい感じで。

<作りたてを
食べさせてくれるんですね>

<きな粉をたっぷりまぶした

ひと口サイズの餅>

<それを焼いて
白味噌を付ければ出来上がり>

いただきます。

うん!

あっ 白味噌が甘いんですけど

この焦げ目がいいですね
香ばしくて。

<1000年の名物 さすが京都>

<店の奥に
珍しいものがあるそうです>

あっ! うわ 深い!

<ほら! 井戸ですよ>

<水が湧いています>

<この石積み

昔は らせん状の石段を下りて

水をくむ
スタイルだったんですね>

<びっくりです>

ありがたい ありがたい。

<京都は奥が深いなぁ>

<渡辺 徹 ディープな京都へ!>

<コツで楽しむ 発見の旅>

<京タケノコを守る人々と

冬もおいしいタケノコに舌鼓>

<路地裏で見つけた
埋もれかけた わらべ歌>

♪~ 夷 二 押 御池

<さらに 世界も注目

茅葺きの家を発見!>

<なんと!
納豆のルーツは京都にあった?>

うまい!

<京都は謎のワンダーランド>

<皆さんも ご一緒にどうぞ!>

<千年の都を流れる鴨川は

水に親しめる憩いの場>

よいしょっと。

よいしょ。

どうも。

アクションスター 渡辺 徹です。

ハハハハ…!

いやぁ 気持ちいいや。

あれ?

<若者たち
何をしてるんだろう?>

♪~夢みるキャッツ
クリティカルキャッツ

♪~批評キャッツ
アレゴリカルキャッツ

♪~シニカルキャッツ
ひねくれキャッツ

♪~ジェリクルソング…

<ハハハ! 楽しそうだな>

何やってる…?

ごめん 全く俺 初めて見る…。

何をやってるの?

今の『キャッツ』だったんだ!

『キャッツ』の一番有名な曲。
あの劇団四季でやってる。

あ~! そうか そうか。

でも いい場所 見つけたね。

こうやって大きい声出して
できるしな。

<鴨川から すぐの所に

古い商店街がありました>

お~! 雰囲気たっぷりだな。

へぇ~。

もう いきなり いいですね。

「パンツ全品490円」。

ヘヘヘヘ…。

いかにも地元の商店街って
感じがしますよね。

<生活に必要なものが
何でもそろう商店街は

出町の台所といわれています>

<昔風の食料品店?>

こんにちは。

(店員) うどん。
生麺?

<乾物の専門店もあって

さすが 食の都ですね>

この商店街のいいところは
どんなところですかね?

人情味ね。

そう 今 目が合っただけで

にこやかに接してくださって
すごくうれしいです。

いやいや…。

(中尾さん) いやいや
よう そんなこと おぬかしやす。

アハハハ…!

こちらは豆腐屋さん?
(木野下さん) はい そうです。

お豆腐屋さん。

<一丁売りの豆腐屋さん
いいですねぇ>

<地下水が豊富な京都では

おいしい豆腐が
毎日 食べられます>

このまま いただきます。

濃厚だな 味が。

まず最初に口の中に
甘みが来るんですね この豆腐。

あっ 「いつもの」。

<お願いしておくと

作りたての豆乳も
分けてくれるそうです>

いいですか?
はい どうぞ。

これ 1本いくらですか?

100円!?

飲み物じゃないね
もう食べ物だね。

そう?
濃い。

おいしい!
それ頂いて みんなで分けて…。

<健康ブームもあって
大豆の総菜も大人気です>

やっぱり…。

そんなことないんです。

ハハハハ…。

<行列のできる店を
見つけました>

ほら ほら…。

おおきに…。
ありがとうございます どうも。

いいな。
おおきに。

うわっ!

この鯖寿司 身厚!

身が厚い。

<京都名物 鯖寿司>

<食べたかったんだよなぁ>

いただきます。

う~ん!

うまい!

鯖のうま味が半端ない。

脂がのってて。

<海から遠い京都には

日本海から塩漬けの鯖が
届いていました>

<その鯖を利用した
晴れの日のごちそう>

<京都といえば
鯖寿司というほどの人気です>

(梅垣さん) よし 完成やで。

この鯖が
生き生きしてますもんね

鯖寿司といいながらも。
ありがとうございます。

あと このご飯が

何で こんな おいしいんですか?

いや…。

やっぱり水?
はい。

…言われたから。
あぁ~ そうですか。

<京都の食文化は

おいしい地下水の
おかげなんですね>

<おうどんと鯖寿司の
ゴールデンコンビ!>

<さて 秋の京都で人気なのは

嵐山の紅葉狩り>

<嵯峨野の美しい竹林散歩も
楽しいですよね>

<外国からの観光客も
大勢 訪れますが

この混雑!>

<静かにゆっくり
竹林を散策したい人に

とっておきの場所があります>

<これも京都を旅するコツ>

あっ 広いんだな ここ。

お~!

いいね 何か…

時代劇の撮影とかに
よく使いそうなとこだね。

<ここは知る人ぞ知る
静かな竹林>

<およそ100種類もの
竹や笹が植えられていて

さまざまな竹の風情を
楽しむことができます>

こういう小道もいいね。

いいな こんな京都もいいね。

<でも 竹といったら

やっぱり おいしいタケノコ>

こんにちは。
≪こんにちは≫

すいません お邪魔します。

<この竹林は タケノコの畑>

(吉田さん) もっと…。

はい はい…。

<おいしいタケノコを育てるには
竹を切って

日が差すようにすることが
重要だとか>

(吉田さん) そういう摘果作業
みたいなことをするんです。

<タケノコをいただくために

冬の間も
手入れが必要なんですね>

<しかし 農家は高齢化して

人手が足りていません>

お~~!

お~ 見事!

皆さんボランティアで
やってらっしゃる?

普段は?

こんな若い方も…。

(笑い)

<…は去年 亡くなった祖父の

後を継ぎたいと
タケノコ農家を志しています>

頼もしいですね。

いや これ 頼もしいわ。

ホントですね。

<竹は暮らしの中で
生かされて来ました>

<犬矢来などに姿を変えて

暮らしを潤して来たのです>

すごい ごちそうだ。

<冬でもタケノコを
おいしく味わいます>

こんな感じで保存したりして。
そうそう 瓶詰めにしてね。

<春にとったタケノコを

水煮にして瓶詰めにしたり

乾燥させたものは水で戻して

一年中 食べて来ました>

<タケノコを使えば
いろんな料理ができるんですね>

<干したタケノコの煮物>

<いや~ どれも おいしそう!>

これは…。

すき焼きで。

へぇ~!

<早速 いただきます>

なるほど。

タケノコが…
この歯触りもいいんですけど

このうま味を
全部 吸ってくれるんですね。

でもそれは
一番の正直なとこですよね。

<タケノコを
一年中 味わえるなんて

いいですねぇ>

<次は
埋もれかけた わらべ歌 発見>


<渡辺 徹

コツで楽しむ京都の旅>

ほんのちょっと大通りから
入って来ただけなのに

違う空気が流れてるもんな。

京都っていうのは
何か懐が深いよね。

<路地裏散歩は
京都の風情が味わえると

ひそかなブームです>

どちらからですか? 今日は。

いいですねぇ
お母さんと娘さんとで。

どっちが行こうって
言ったんですか?

あっ お父さんも いらっしゃって。

どうも すいません。

ここを何で
チョイスしたのかなと思って。

(女性)
今 茶色いのれんが掛かっている。

<ステキな店
教えてもらいました>

お邪魔します。

すいません あっ オシャレだ。

<京都らしい小物が並ぶ
和紙の店>

<多色刷りの版画や

オリジナルのはがきも かわいい>

これは何ですか?

ブックカバー。
(店員) はい。

こういう感じで。
あっ 和紙で?

(店員) 和紙で。

うわ この質感 すごくいいですね。

(店員) 元々は…。

130年?

もう桁が何となく
ピンと来なくなっちゃって。

この2つ頂いていいですか?
(店員) ありがとうございます。

<ということで
妻に お土産に買いました>

<これで
しばらく機嫌が良さそうだ>

<思いがけない出合いがあるのも
路地裏散歩の楽しみです>

これ…。

この雰囲気。

<立派な京町家を発見>

<こちら
国の重要文化財なんだそうです>

今は結構
近代的な建物 増えましたけど

昔は もう こういう家…。

わらべ歌?
(杉本さん) わらべ歌。

つまり あの…。

そういうことです。

♪~ 丸 竹 夷 二 押 御池

♪~ 姉 三 六角 蛸 錦

<碁盤の目のような京都の道>

<通りの名前を覚える歌が
あったんですね>

<昔は誰でも口ずさめた通り歌>

<今の子供たちは
教えなければ歌えないそうです>

(児童たちの声)
≪はい 行くよ!≫

≪せ~の!≫
聞こえて来た。

♪~ 丸 竹 夷…

お邪魔します。

<学童クラブの練習に
お邪魔します>

♪~

(増田さん) だから…。

(増田さん) だから
怒鳴っちゃダメです。

(増田さん) 分かりましたか?
(一同) は~い!

だんだん受け継がれなくなって
来たんですね。

そうですね ソウルソングですね。

ソウルソングなんですよ。
ホントに はい。

♪~

<今は振り付けもついて

子供たちが楽しみながら
覚えられるよう

工夫がされています>

<通り歌を覚えれば
京都をもっと楽しめます>

♪~

<次は京都に
納豆のルーツがあった!?>

<渡辺 徹

コツで楽しむ京都の旅>

<市内に
こんな山里があるとは驚きです>

いわゆる観光地 京都と

全く別世界の

古里 京都みたいな感じだね。

うわ 水が豊富に流れてる。

<この豊かな水が
京都を潤して来たんですね>

あの屋根 茅葺きかな?

まぁ 立派な屋根だ。

<珍しい茅葺き屋根のお宅>

<ちょっと寄らせてもらいます>

いぶされてる感じがいいですね。

(河原林さん) ちょっと煙臭い
臭いがしますけど。

いやいや いいです 落ち着きます。

茅を葺くのは
どうしてるんですか?

職人さん まだいらっしゃる。

<こちらは
空いた部屋を利用して

農家民宿もしているそうです>

<農作業を手伝いながら
滞在する

アグリツーリズムが評判で

世界中から観光客が来ています>

<この家の葺き替え作業を
体験したいと

わざわざハンガリーから来た
家族が宿泊したほどです>

<京都の山里で
昔ながらの暮らしを味わう

新しい旅の形として
喜ばれています>

<今も この辺りには

12軒の茅葺き屋根の家が
残されています>

<こういう京都もいいですねぇ>

これ あれか?

<この地区の特産品

大豆を使った
驚きの名物があるそうです>

ここだ。

<その工場に お邪魔しました>

すいません どうも。

お邪魔しても
よろしいでしょうか?

≪どうぞ≫

<何かを餅に包んでいます>

<これが名物?>

これは何ですか?

納豆もち?

京都ですよね?

<えぇ! 南北朝時代から

京都に納豆があるって

びっくりしますよね!>

我々 関東の人間は イメージとして

関西の方は そうそう納豆は

召し上がらないというふうに
ずっと思ってたんですが

南北朝時代から
京都には納豆があったんですか?

ちょっと待ってくださいよ。

一応 茨城の人間としては。

納豆って京都から

関東に渡ったという説が
あるぐらいに

そんな昔から
あったってことなんですね。

(女性) おいしいですよ。

<納豆に砂糖なんて
生まれて初めて>

<どんな味がするんだろう?>

(女性) 中から…
あっ 出ちゃった! フフフ…。

きな粉をまぶす?
(女性) ここらは きな粉なんです。

あ~。
(女性) 地元の。

柔らかいですねぇ!

<納豆もち 初体験です>

ん~!

(笑い)

甘みがあるから
納豆の塩気をよく感じるし

このきな粉がまた
いい味になって

何とも不思議なのは…。

これは不思議な食べ物に
なってますけど おいしいですね。

(女性) おいしいでしょ。
お餅がおいしい。

お餅も おいしい。

(笑い)

<いや~ 納豆もちには

恐れ入りました>

<いつ来ても
新しい発見がある京都>

<皆さんもコツを見つけて

京都の旅を
楽しんでみませんか?>


関連記事