TVタックル 2019年の詐欺を大総括!個人情報が狙われる…進化した特殊詐欺、言葉巧みに犯罪へと誘う…闇バイト…



出典:『TVタックル 2019年の詐欺を大総括!個人情報が狙われる…』の番組情報(EPGから引用)


ビートたけしのTVタックル[字]


年末緊急企画!2019年の詐欺を大総括!個人情報が狙われる…進化した特殊詐欺、言葉巧みに犯罪へと誘う…闇バイトの真実を直接電話で徹底調査!特殊詐欺をぶった斬りSP!


詳細情報

◇出演者

【レギュラー出演者】ビートたけし、阿川佐和子、大竹まこと

【ゲスト出演者】東国原英夫、犬山紙子、多田文明(犯罪ジャーナリスト)、小沢一仁(弁護士)、山田ルイ53世(髭男爵)、パーマ大佐

【ナビゲーター】江口ともみ

◇おしらせ

☆番組HP

 https://www.tv-asahi.co.jp/tvtackle/



『TVタックル 2019年の詐欺を大総括!個人情報が狙われる…』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

TVタックル 2019年の詐欺を大総括!個人情報が狙われる…進化し
  1. 詐欺
  2. 電話
  3. 情報
  4. 多田
  5. 東国原
  6. SNS
  7. パーマ大佐
  8. 被害者
  9. 仕事
  10. 住所
  11. 名乗
  12. キャッシュカード
  13. ナルセ
  14. 個人情報
  15. 手口
  16. 大丈夫
  17. 注意
  18. 保証金
  19. 本当
  20. 万円


『TVタックル 2019年の詐欺を大総括!個人情報が狙われる…』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ朝日関連商品

南米ペルーで…。

記念すべき初開催が行われた。

それは…。

(たたく音)

にわかに信じがたい大会だが

すでに ロシアでは人気らしく

満を持して
ペルーに初上陸したという。

ルールは至ってシンプルで

正々堂々と顔を前に出し

どちらかがギブアップするまで
たたき合うというもの。

あまりの強烈の一撃に…。

(たたく音)

気絶する人も。

大会実施のきっかけについて
主催者に聞くと…。

…と言う。

一方 日本では…。

なんと およそ3億円を
だまし取った

詐欺グループのリーダーが
逮捕された。

職業不詳の大村鯉一容疑者らは

区役所職員を装い
60代の男性に対し

医療費の還付金があると
嘘の電話をかけ

120万円をだまし取ったという。

大村容疑者は
金を引き出す指示をする

出し子役のリーダーで

そこで…。

新しい元号は令和であります。

2019年

今年も世間をざわつかせた
特殊詐欺。

まずは

4月 新元号詐欺。

5月に
新たな元号に変わるのを前に

多くの被害者が出た詐欺。

その手口が…。

金融機関の職員と名乗る者が

高齢者に対し…。

…と 嘘の説明をし

銀行カードを預かり
暗証番号を聞き出し

現金を引き落とす詐欺。

山梨県では 5人の女性が

合計で およそ400万円の被害を
受けたという。

続いて 9月
ブルーシート詐欺。

台風15号で 千葉が
甚大な被害を受けている中…。

…と言って ブルーシートを
養生テープで貼っただけで

18万円などといった請求をする
詐欺が横行した。

茨城県で ある日突然 被害者宅に
警察官を名乗る男から

「電話詐欺に注意してください」
という電話があり

その時のためにと
相談窓口の電話番号を伝えられた。

翌日
被害者の親戚を名乗る男から

「不倫相手を妊娠させた。
示談金を工面してほしい」と

電話が入った。

被害者は すぐに

前日伝えられた相談窓口に
電話すると

警察官を名乗る男から
「犯人を捕まえるため

だまされたフリをして
送金してほしい」と言われ

信用してしまった被害者は

指定された住所に

現金とキャッシュカードを
宅配便で送ってしまい

合計で3250万円を
だまし取られたという。

そして 11月。

首里城正殿を含む7棟が焼失する
火災が発生した。

そんな悲しみにつけ込む
手口とは?

記載されたURLを
クリックすると

詐欺のサイトに
誘導されてしまう。

寄付という言葉と
少額請求という事で

気を許してしまうのか…。

このような詐欺は
あくまで ほんの一部であり

様々な詐欺が
今 日本中で横行している。

そこで…。

山田ルイ53世と パーマ大佐が
特殊詐欺を調査。

結末は いかに?

あれ… 台風の屋根は
詐欺だけども

ああいう被害に
つけ込んでやるヤツは

罪が重くなんねえのかな?

(阿川)でも 今年は また 詐欺が

やたらに多かったっていう
印象はあるんですか?

そうですね。 やっぱり
イベント事がね 多かったですもんね。

令和にしても そうだし… ですね
変わった事も そうですし…。

災害も多かった。
(多田)そう 災害も多かった。

なんか NHKを名乗る詐欺が
あったっていう…。

そうですね NHKは…。
公的機関をかたって

やっぱり
電話をかけるという手口ですね。

ちょっと この音声が
あるそうなので お聞きください。

今年4月 静岡県警は

電話で高齢者の資産を事前に聞く
いわゆるアポ電詐欺で

多くの被害者が出たため…。

(男)「お忙しいところ
恐れ入ります」

(女性)「はい」

(男)「この度ですね…」

(男)「そちらの

(男)「ありがとうございます」

(男)「そしたら安心できますね
重い荷物とかも…」

(女性)「はい おかげさまで」

(男)「最後の質問になりますが

昨年の静岡県の
統計調査によりますと…」

(男)「お願いします」

(女性)「はい」

(大竹)十分 聞いてるよね。

これ
本当の詐欺師の声なんですか?

(東国原)
こんな口調でくるんですか?

これじゃあ 本当にするよね。
この丁寧な聞き方。

で このアンケートが終わったら
どうするんですか? 詐欺師は。

詐欺師は いったん
情報をやって 取ったあと…。

集めて。
集めて 時間が経った頃に

詐欺するつもりでしょうね。

そうすると
買い物は一人で行くから

空き巣しても大丈夫だしとか
そういう情報も売れるわけだ。

そうなんですよ。 実は
あれも すごく大事な情報で

今 銀行に行ったり
お金を持ってこさせたりするんで

歩けないといけないんですよ。

だから 「買い物行けますか?」って
2番目の質問は…。

(大竹)歩けるも大事なの?
(多田)大事なんですよ あれ。

金持ってこさせるから。
(多田)体力関係 聞いてる…。

今年は様々な特殊詐欺が
世間を ざわつかせましたが

今 新たな展開をみせている詐欺に
注意です。

その被害額は
年間 数億円にもなるという。

だが 現在…。

一体 どんなものなのか?

ちょっと これ 見てみます。

これね… あっ! あれ?

なんと サイトのタイトルを
押しただけで

画面は登録完了に変わった。

もちろん登録した覚えはない。

しかも

お支払期日 11月21日って
明日なんですよ。

このサイトは

しかし 本来は 法律上

請求画面の前に

申し込み内容の確認画面を

わかりやすく表示する事が

義務づけられている。

明らかに これは違法だ。

(呼び出し音)

サポートセンターが
サイトに連絡をして

なんと無償で
契約解除をしてくれるという。

まずは

「だから…」

いや 文句は…。

これ ナルセさん
わかってほしいんですけど

僕はね

「俺になっちゃってる」

そう

ジャーナリスト
野島さんによると

特に狙われやすいのは
アダルトサイトや投資話など

欲望に直結したサービスの
利用者たち。

周囲の人に知られたくない
という気持ちから

お金を払ってしまう人が多く…。

さらに

このように
何度も詐欺に狙われる危険性も

あるというのだ。

思いきって聞いてみた。

いやいや…。

「いますよ」

「わかりました」

「いいですか?」
はいはい。 あっ えっと…。

ごめんなさい。
もう一回 お願いします。

本人確認のために会いに行くのに
身分証明書は不要だという。

あっ 追いついてないんだ。

ちなみに じゃあ…。

いったん 電話を切り

ナルセに言われた住所にある
会社に電話をしてみると…。

あっ もしもし。
「はい」

という事で

(呼び出し音)

えっと… すいません お名前…。

と名乗る男。

ナルセの代わりに
話を聞きたいという。

うん?

しかし 実際に
ナルセが指定したビルの1階には

カフェが入っている。

何も入っていないというのは…。

これ なんか その…。

(不通音)

もしもーし。

もしもーし。

スズキさんですか?
「はい はい」

再びかけ直してきたスズキに

自ら

なんで…
なんで あんなちっちゃく…。

すると

明らかに 先ほど
電話で話していたナルセの声だ!

「もしもし」

もしもし。
「はい」

すると

どうしたんですか。

もう終わったの?

(小沢)何もしないっていう事で…。

もう こうなると
世界中だけど

社会生活というのは
詐欺が必ず 商売としてあって

その中で生きていかなきゃ
いけないっていう事…。

当たり前と思う…。
当たり前だね。

だから 車に乗る時は
事故に注意するのと同じで

生きていくためには

詐欺に注意するのが当たり前だ
っていう時代になってきたね。

チャンスさえあれば 金 取ろう
っていう ひどいヤツがいると。

すごいです。
(ルイ53世)最終的に 本当に

あれ 先生 結局2~3時間
しゃべってましたよね?

途切れ途切れ…。
途切れ途切れですけども。

あっ そう。
(ルイ53世)でも 本当に

まず知って頂きたいなと
思ったのは

あの登録完了って
すごい すぐ出てくるんですよ。

なんにも 別に
この… タイトルのところ

ちょっとクリックしただけやのに
バン! って出てきて

45万って言われるんですけど

この時点で 向こうに
なんの情報もいってないって事は

わかってほしいんですよね。
やっぱり 怖いと思うんですけど。

そこは大丈夫なんだ。
そこは大丈夫らしいです。

ただ 相手の詐欺師はさ

2時間も ずっとさ
あなたとしゃべっててさ

途中で
おかしいと思わないのかね?

こいつ おかしいよね?
声もいいし… みたいな。

(多田)実はね 警察に通報されたら
この電話 切られちゃうので

いい対応をして切りたいと
思ってるんですよ。

向こうは なるべく。
(東国原)なるほど なるほど。

(多田)通報されないようにして
切りたいと思ってるので

多分 それだけの時間を…。

ややこしい客だと思って…。
(多田)そう そう そう。

(東国原)こじらせちゃうと
警察に垂れ込まれる…。

それだから 丁寧に。
(多田)そう。

(東国原)自分の住所… 本人確認で
自分の住所を言ったら

仮に 言ったら
どうなっていくんですか? これ。

(小沢)あれは 言ったらですね

やっぱり… その住所宛に
何かしら書面が届いたり

あるいは 訪問されたり。
あとは その…

先ほど 情報を売るっていうような
話がありましたけれども

今回の この人じゃなくて
他のところに情報がいっていて

で その方から 住所を

しゃべってもないのに
いきなり言われたら

信じ込ませる手口にもなるのかな

っていうふうに
思ってますけれども。

ちゃんと知ってますよ
っていう事になったら…。

伺ってると 要するに

45万の事で びびってるけども…
そういうふうになった時。

でも お金じゃなくて

実は 個人情報が
あっちに伝わる事の方が危ない

っていう事なんですか?

先ほどのVTRにも
ありましたけど

手を替え 品を替え…。
一回 済めば…。

一回… 例えば

詐欺に遭って 防ぎましたで
終わりじゃないですよね。

個人情報が出回ってると
他のところから また来るんで…。

別の…。
そうですね。

仮にですよ。
これ 参考までに。

見れないんですか?
(多田)全く見れません。

(ルイ53世)
ガビーンじゃないんですよ。

それは詐欺だわ。
(一同 笑い)

(ルイ53世)ラインを
後ろに持っていきすぎですから。

防衛ラインが後方すぎるんですよ。

あらゆるところで 住所と名前の
個人情報を書く場所…。

例えば ポイントカードっていうのが
今 すごくお得になると

みんな どこでも書きますよね。
(東国原)はい 書きますね。

ポイントカード作りますか?
って言われたら

つい その場で
色んな商店でも書いちゃうけど

あれは危険なんですか?

まあ あの
流用の… 流出だとか

そういうふうに漏洩されたりする
って恐れがあるって意味では

危険だと思います。

なので まあ どこまで その…
なんていうんですかね。

書く目的との関係で どこまで
本来 必要なのかってところは

もうちょっと吟味されても
いいのかな…。

(犬山)あと 落ち度が全くない場合
あるんですよ。

店員さんに カード出してください
って言われて

カード出しますよね。

それを 店員さんが
こっそり 番号 書いちゃう…

後ろのね コードとか。

だから 目の前で
カードを奥に持っていく人は

怪しいと思わなきゃいけないって
30年前ぐらいに教えられました。

あっ そうなんですね。

僕 奥まで ついていきます
こう…。

(犬山)なかなか
でも ついていく事ができない。

(東国原)ただね
今ね 目の前で これ やっても

これね
スキャンされるんですよね。

目の前でやっても危ないの?
(東国原)ええ。

これは もう…
最先端ですよ 今。

どうしたらいいんですか?
どうしたらいいんですか?

基本的に その… カードから
当然 目を離しちゃいけない。

今みたいな事例は
もう どうしようもないですけど。

基本的には
お店側で… 日本のお店側も

目の前で 必ず クレジットを
ちゃんと切るというふうに…

心構えがないと。

持ってって 奥でやられたら
何されるか わかんない。

お客様を招待してたりして
自分が払う時には

「あっ…」っていって こう

下の方で こうやって…
こう やるじゃないですか。

知らない店
行かねえ方がいいんだよ。

いつも使ってる店
行くのがいいんだよ。

小沢さん 話戻りますけども

個人情報を なるべく
漏らさないようにするための

方法って なんかあるんですか?

はっきり言って こちらの方で
なんて言うのかな…

情報の流出というものを

未然に 完全に防ぐ方法って
多分 ない。

だから
扱う側の問題であったりだとか

あるいは ある程度 情報が
流出してしまうであろう事を

見越して 自衛するっていう

そういう
意識の部分から変えていく…。

だって…。

(東国原)個人情報を
きちっと管理している

企業だとか 会社とか 店は

なんかね 行政の方から
安心マークみたいなのがね…。

あれをね
徹底するべきだと思うな。

詐欺グループは 言葉巧みに
甘い誘惑を仕掛けてきます。

携帯電話やパソコンを使った
SNSが

思わぬ落とし穴になる事も…。

オレオレ詐欺など
相次ぐ特殊詐欺の事件。

中でも 今 増えているのが

被害者から
キャッシュカードをだまし取る

受け子の逮捕だ。

中高生から高齢者まで

幅広い年齢層で逮捕されているが

サッカーの
元なでしこリーグの選手や

神奈川県警の警察官までもが

受け子として逮捕されている。

一体 なぜ このような事態に
なっているのか?

今や 多くの人が

パソコンやスマホで
気軽に利用する

コミュニケーションツール…。

この身近なSNSを

詐欺集団が
巧妙に利用しているというのだ。

そこで パーマ大佐が
刑事事件に詳しい弁護士とともに

その実態を徹底調査!

SNSで「闇バイト」と検索すると

山のように書き込みが出てきた。

(パーマ大佐)「お金に困っている方
お仕事紹介します」

「気になった方いたら DMで

メッセージアプリのIDを
教えてください」

いったん ダイレクトメッセージを
送ってみようと思います。

そして 何度かやり取りをすると
連絡が…。

じゃあ 電話…。

あっ…。

保証?

仕事をする前に
こちらが金を預ける

保証金が必要な仕事と
不必要な仕事の

2つがあるという。

多田氏によると…。

だという事が考えられますね。

パーマ大佐は まず…。

「はい。 ちなみに 今…」

「あっ 都内ですね…」

パーマ大佐は まず

「はい。 ちなみに 今…」

「あっ 都内ですね…」

男は あらかじめ 電話で
だましておいた被害者から

キャッシュカードを受け取ると
説明した。

これは

そして…。

はいはい はいはい…。

受け取ったキャッシュカードで

このような犯罪行為に
絶対に手を染めてはいけないが

保証金なしは オレオレ詐欺の
受け子と出し子の事のようだ。

だまし取った
キャッシュカードから

「一応 あの…
ブラックっていうかね

「過去に…」

「リスクはない」などと嘘をつき
受け出しを勧めてくる。

もちろん

さらにパーマ大佐は

保証金がある方の仕事の
調査をする事に。

1回で何十…。

「1回で… そうですね」

「そうですね。
まあ それも あの…」

1回で100万円を超えるという
裏バイト。

一体 どんなものなのか?

「はい」

はい…。

何かを運ぶ裏バイトのようだが

それでも
パーマ大佐が食らいつくと…。

「そうですね。 その…」

より詳しいという男に
代わらせる事ができた。

あっ もしもし?

すいません。 えっと…。

保証金を払ってまで運ぶ
重要なものとは 一体?

このあと明らかに…。

あっ もしもし?

すいません。 えっと…。

「そうですね」

なんと

闇の仕事のようだ。

これだけでも驚くべき事だが…。

へえ~…。

なんと

偽札密輸の罪は重く

2年以上の懲役となる
外国通貨偽造及び行使等の罪

または 10年以下の懲役
もしくは 3000万円以下の罰金

または その両方となる
関税法違反に問われる。

このような犯罪は

ああ…。

「えーと…」

成功率が低い上に

逃げられた場合
利益がなくなるため

男らは
保証金を取っているのだという。

はい。

偽札の密輸は
数が少なく危険だからと

偽札の罪に比べ

受け子の罪が軽いように
錯覚させて

犯罪行為に手を染めさせる
手口なのだろうか?

やっぱり

まあ 説明を聞いた時に…。

スマホを使ったSNSで
簡単に犯罪者と繋がる時代。

正しい知識を持って
犯罪に手を染めない事が重要だ。

なんか 60代ぐらいでも

そういうのに
入っちゃう人がいるっていう…。

そうなんです。 実は
SNSっていうツールは

確かに
若い子たちも来るんですけど

実は 年齢の高い
例えば 60代とか。

50~60代も お金に困ってる人は
スマホ みんな 持ってるんです。

それで SNSから 募集で
行ってしまうというケースは多い。

特に 未成年の場合は
今は もう スーツ着て行けって

マニュアルあるんで。
ところが バレちゃうんですよ。

似合ってない…。
似合ってない…。

「あれ? おかしいな」って
通報されちゃう。

ところが 50~60は どうですか?
社会性あるし…。

そうか…。
ああ! 着慣れてるし。

だから もう 社会性あるから
見抜けないんですよ。

どう規制していいか…。

だって 需要が
いっぱいあるって事でしょ?

そうですよね。
まあ だから 捜査機関は

一定のパトロール隊
みたいなのをね 組織して

それで 常にパトロールしておく。

SNSとか
そういうネット上をですね。

もう これしかないですわ。
それで 怪しいものがあったら

それで もう
アプローチしていくっていう。

その やる人たちは 気持ちが

結構 軽い気持ちで
入っていくんだけど

大本の人と共犯っていう事に
なっちゃうから

罪も 結構かかるわけでしょ?

そうですね。 やっぱり
組織的な犯罪になってくるんで

情状として やっぱり
悪い 普通の…

まあ 普通の詐欺って ちょっと
言うと あれですけれども

やはり 計画的であったりだとか
組織性があったりだとか…。

まあ あるいは そのお金の流れが

やはり 反社会的なものに
繋がっていったりだとか

っていうような事にも
なりがちなので

まあ 犯情は悪い。

でも なんか
電話してて思ったのは

やっぱ 捕まる確率が
1.5パーセントだとか

あとは 近くに監視役をつけるから
大丈夫だとか…。

監視役は だって
その子が捕まったら

自分は逃げよう
っていうだけの事でしょ。

本来は そうなんですけど
多分 そこら辺

軽い気持ちで電話かけてる
子供たちからすると

あっ 監視がいるから
大丈夫だとか…。

絶対に捕まります。

捕まるまで やらせられますから
抜けられなくなりますから

絶対 こうした仕事は
してはいけないという…。

このあと 来年 絶対に

気をつけなくてはいけない
詐欺とは!?

来年にかけて
特に どういう事に…

どういう詐欺に気をつける…。

まあ 当然
オリンピックが開かれますので

オリンピックに
便乗したようなですね

土地の… オリンピックの値段が上がる
とか何かね

それで チケットもそうですし
まずは 一つ。

あと 災害に便乗した詐欺
これも気をつけてほしい。

しかし もう 本当に
これだけ被害が大きいと

詐欺産業が 一つの国の
産業の一部になってるんで

注意をしなきゃいけないね。

そういう産業があるというふうな
認識の元にやらなきゃ…。

とにかく気をつけた方がいい。

でも とにかく気をつけた方がいい
って言ってるおいらが

結構 引っかかって
恥ずかしくて言えなくて

金 取られたりなんかするんだよ。

それが情けないからね
気をつけなきゃいけない。

というわけで…。

(菅)新しい元号は 令和であります


関連記事