ロンドンハーツ スポーツテスト&奇跡の1枚カレンダー2020 お笑い第7世代が参戦・どんぐり、奇跡の若返り…


人気No.1デリケートゾーンの黒ずみケア専用 薬用イビサクリーム臭気判定監修の足の消臭パウダーデリケートゾーンの臭いなんて気にしない!専用ソープ

出典:『ロンドンハーツ 3時間SP 白熱!!スポーツテスト&奇跡の1枚カレンダー』の番組情報(EPGから引用)


ロンドンハーツ 3時間SP 白熱!!スポーツテスト&奇跡の1枚カレンダー[字]


男性芸能人21名が本気で戦う!『ロンハースポーツテスト』&スタジオ騒然の写真が!『奇跡の1枚カレンダー』

豪華企画2本立ての3時間スペシャル!!


詳細情報

◇内容Ⅰ

『ロンハースポーツテスト』

今回は新メンバーとしてお笑い第7世代が参戦!!

大ブレイク中のEXITや宮下草薙・草薙航基、四千頭身・後藤らの運動神経とは?!

競技は、50m走、走り高跳び、リレーに加え、ピッチングサバイバルも!


注目は5年ぶりのスポーツテスト参加となる有吉!

久しぶりの参戦と思えない、まさかの活躍ぶりは必見!


淳やザキヤマも頑張るぞ!!

果たして、栄冠を手にするのは誰なのか!?

◇出演者Ⅰ

田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、有吉弘行


EXIT、尾形貴弘(パンサー)、狩野英孝、カンニング竹山、草薙航基(宮下草薙)、コージ(ブリリアン)、後藤拓実(四千頭身)、品川祐(品川庄司)、ジャングルポケット、チョコレートプラネット、バイきんぐ、藤本敏史(FUJIWARA)、山内健司(かまいたち)、山崎弘也(アンタッチャブル)

◇内容Ⅱ

『奇跡の1枚カレンダー2020』

今回は新メンバーが多数参戦!!

奇跡のブサイク?アインシュタイン・稲田がイケメンに!!

草薙航基はキャラと真逆のチャラ男系に挑戦!!

人気YouTuberフワちゃんがクールビューティーに!!

カメラを止めるな!で話題の女優・どんぐりも、奇跡の若返り!


人気女優・芳根京子もア然!

2020年のカレンダーに選ばれるのは、一体誰だ!?

◇出演者Ⅱ

田村淳(ロンドンブーツ1号2号)/芳根京子


稲田直樹(アインシュタイン)、オカリナ(おかずクラブ)、川村エミコ(たんぽぽ)、ガンバレルーヤ、草薙航基(宮下草薙)、薄幸(納言)、隅田美保(アジアン)、高岸宏行(ティモンディ)、津田篤宏(ダイアン)、どんぐり、布川ひろき(トム・ブラウン)、長谷川まさ子、藤本敏史(FUJIWARA)、フワちゃん、山内健司(かまいたち)、山崎弘也(アンタッチャブル)

◇おしらせ

☆公式ホームページ

 →https://www.tv-asahi.co.jp/londonhearts/



『ロンドンハーツ 3時間SP 白熱!!スポーツテスト&奇跡の1枚カレンダー』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ロンドンハーツ スポーツテスト&奇跡の1枚カレンダー2020 お笑い
  1. 山崎
  2. 一同
  3. 藤本
  4. 有吉
  5. 弘中
  6. 竹山
  7. 頑張
  8. 奇跡
  9. 草薙
  10. コージ
  11. 後藤
  12. ホイッスル
  13. 可愛
  14. 本当
  15. オカリナ
  16. 山内
  17. 写真
  18. 月部門
  19. フワ
  20. 太田


『ロンドンハーツ 3時間SP 白熱!!スポーツテスト&奇跡の1枚カレンダー』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ朝日関連商品

〈『ロンハー』久々のゴールデンは
3時間スペシャル!〉

〈人気芸人21名が
スポーツバトル〉

〈大ブレーク中の

〈草薙ら お笑い第七世代が
初参戦〉

〈5年ぶり参戦の有吉が
この年で まさかの成長!〉

(一同 笑い)

〈もちろん 珍プレー連発〉

なんて評価だ!

〈今年は どんな結末が!?〉

〈そして

〈人気YouTuber
フワちゃん他

今年 話題の16名が

一流プロの技で大変身!〉

〈もちろん
腹筋崩壊の

〈まずは
ロンハー スポーツテストから〉

今回は お笑い第七世代から
4名が初参戦です。

お願いしまーす!
(竹山)違うぞ お前。

第四世代…

第四世代だから 違う…。
ハハハハ…!

『お笑いポポロ』世代だよ。

(一同 笑い)

『ポポロ』出たかったな…。

さあ 四千頭身 後藤と草薙。
(山崎)よっしゃー!

スポーツは?
僕は でも バスケットを 中学…。

あっ そうだっけ?
はい。

バスケ部なんだっけ?
バスケットを1年半ぐらい はい。

(竹山)辞めたの? 途中で。
辞めた理由 何?

ちょっと その…
うまくできなくて。

(一同 笑い)

(山崎)シンプルだね。
後藤は?

僕は 中学校で
野球 3年間やってました。

(山崎)おお! いいね!
ポジションは? ポジション。

いいね! すごいね。

僕は 大学4年まで
サッカーやってたんで

チャラチャラ チャラチャラ
ぶっかましてましたわ。

一生懸命やってたんだろ?
お前 どうせ。

一生懸命やった事ないっす。
(兼近)僕は もう ずっと

ノンストップ チャラ男で
やってるんで

ほぼ初めての運動みたいな感じ…。

ハハハハ…!
かましたいっすね!

〈そして 前回 ダブル総合優勝が

ブリリアン コージと
ジャンポケおたけだが…〉

太田 前回
50メートル走で こけて

いろいろ おたけにね

おいしいとこ
持っていかれてますからね…。

もう おたけの
太田に対する態度が

ちょっと変わりましたね。

ザキヤマさん ナイスですね!

(山崎)早い…。

(一同 笑い)

太田 でも 負けられないよね?
今日はね。

そうですよ! 僕 今のとこ
名前呼ばれて前に出てきたのに

(おたけ)かまそう… じゃあ。
(太田)誰も僕のコメント期待してない。

さあ チョコプラと かまいたち。

今回は 普通の格好で
呼んでいただいたので。

そうだね。 やりやすいよね。

それだけで 僕は満足しています。

そろそろ ちょっと もう
IKKOさんと元彌さんも

寿命きてると思うので

(有吉)じゃあ
こっちは もらっていいのね?

我々が。
(山崎)あっ いい?

TT3兄弟
いい? TT3兄弟もらって…。

(有吉)TT3兄弟…!
(竹山)やりてえな!

まだまだやります。

山内は?

今日は 行きのバス
濱家 一瞬 見たんですけど…。

(藤本)いたよ!
(山内)いましたよね?

(藤本)一番後ろ 乗ってたよ。

着いて 携帯 見たら
LINEで 濱家から

「痛風発症しましたので帰ります」
っていう…。

すげえな!
痛風 発症?

(山内)痛風が出たらしくて。
なんか 濱家から

「今日一日 M-1のネタを
しっかり考えます」って

きたんですけど
あいつ ネタ考えた事ないんです。

(一同 笑い)
(山内)何をする気なのかな…。

(山崎)
どういう言い訳なんだよ。

おじさんたちはね
気を付けてくださいね。

水分補給も しっかりと。

タピオカとかも
用意してますからね。

(山崎)うわ うれしい!
(拍手)

(山崎)タピオカ欲しい!
(竹山)タピオカあるんだ。

すみませんでした!

(有吉)なんで? なんで?

おじたん! なんで謝るの?
(藤本)「おじたん」って言うな。

〈ロンハー スポーツテスト〉

〈今年の総合優勝は

全4種目で しのぎを削る〉

〈最初の競技は 50メートル走〉

〈果たして 今年は?〉

〈第七世代の走りにも注目!〉

〈なお 各レース1位が
決勝に勝ち上がり 直接対決!〉

〈第1レースは 小峠 コージ

EXITの2人〉

(山崎)イエーイ!
(弘中)頑張れ!

(竹山)1人違うわ 絶対。
あのハゲ違うわ。

なんちゅうメンバーで
やってるんですか? これ。

若えもんの中に
じじい交ぜやがって。

勝てるわけないでしょ!
こんなの。

ここからいくんですか?
やっぱ ここからのスタート…。

「なんて評価だ!」から…。
今回 いかないですよ これ。

ずっと 俺 これ
やってるわけじゃないんですよ。

さあ コージ。
(コージ)はい!

総合優勝が
懸かっておりますからね。

そうですね。 だから ここで 絶対

決勝にはいかないと
いけないんですよ。

まあ だから 今回
ちょっと アメフトスタイルで…。

アメフトスタートで?

お得意のスタイルで
いかせていただきます。

「おなじみの」みたいに言うけど
知らないんだよね。

(山崎)テレ朝の深夜ね。
(小峠)眼中ねえじゃねえかよ!

さあ EXITのお二人
どうですか?

まあ 正直 走るのダルいんで…。

だから まあ 俺のご機嫌取り
みんな 頑張ってください。

(山崎)チャラいな 本当に
EXITは。

めちゃくちゃ
ストレッチしてたじゃねえか。

迷ってんだろ?
どのスタイルでやろうかって。

(スターター)用意…。

(号砲)

(弘中)あっ! あっ!
あっ!

(弘中)あっ 速い 速い 速い…!

(山崎)でも EXIT
やっぱ 速いね。

速い!
(竹山)それでも あれ?

シューズ脱げて そうなの?
(兼近)すみません。

お前 孫悟空みたいな事するなあ。
(有吉)チャラいね。

踏んでたんだろ。

(山崎)出ました 谷口浩美。
(兼近)脱げちゃいました。

靴しも…
靴ひも結ぶの面倒くさくて。

「靴しも」って
言っちゃってんじゃん。

江戸っ子みたいになってるじゃん。

いやあ 危ねえ!

いや 自分 その
靴 脱げてるの知らなくて

スタートの
多分 10メートルぐらいは

兼近さんの方が
速かったんですよ。

多分 靴 脱げたのが
助かりました 僕。

靴 脱げてなかったら
1着なんじゃない?

勝ってたら 2回目 走らなきゃ
いけなかったわけでしょ?

必死な顔で 走ってたよ お前。

(山崎)すげえ真剣に
走ってたじゃん。

あんな真剣に走って…。

ちょっと… りんたろー。
体 重くなっちゃって…。

ちょっと ブランクが。

トタトタしてたね…。

いや 知らないですよ!
志願したんでしょ?

してないですよ。 こんな老人…。
第七世代 ぶっ倒したいって…。

でも 諦めてはなかったよ。
見てたけど 最後…。

(一同 笑い)

(小峠)一生懸命 走りましたよ
それは。

それは 走りましたよ。

〈兼近 無念〉

〈ブリリアン コージが
決勝進出〉

〈第2レースは 山内 西村

松尾 斉藤がエントリー〉

(拍手)

山内が 決勝進出してるんだよね。
はい!

でも そこから2年経ってるから
体力が落ちてるのかどうか。

定期的に

体力自体は落ちてないと思います。

今 僕 家は
天王洲アイルに住んでます。

いい いい…! そんな詳しく…
そんな詳しく言わなくていいよ。

さあ 西村。
(西村)はい!

前回 50メートル走が
2位の実力者。

はい。
(山崎)天才 西村。

あの大きな体をね ものすごい
スピードで運びますから。

…与えたいと思います。
(有吉)ありがとう!

ファンがいるね。
(竹山)もう 1人いるよ。

さあ IKKOさん。
何~?

自信のほどは?
え~? もう…。

どんだけ どんだけ
どんだけ~!

やっぱ いいね。
やっぱね ノッてますね。

さあ 斉藤さん きました。

どのスタイルで 待つんですかね?

やっぱ これかな?
ああ ああ… 構え始めましたよ。

どんな …がご希望ですか?
(一同 笑い)

(竹山)ダメだよ ダメだよ!
(有吉)はっきり言うな!

〈第2レースを制し

(スターター)用意…。
(号砲)

(弘中)あっ!
(山崎)ああ 西村さん。

(弘中)西村さん 速い!
速い 速い!

(弘中)速い 速い! 断トツ!
すごい!

(山崎)なんで
あんな走り方で…。

おなか こんなだけど…。
なんで速いんだよ。

(弘中)速い!
(有吉)すごいね。

歩幅も ちっちゃいよね。

(西村)伸びましたよね?
伸びた 伸びた。

(西村)今日 ちょっと
いけそうです。

相方さんが すごい感じで…。
(小峠)こいつ 1回

えっ! ドーピングしてんの?
(山崎)ちょっと! 怪しい!

ドーピング?
『ロンハー』でドーピング?

山内が だから
すげえ悔しそうだもんね。

あの走り方に
負けちゃうから。

途中から めっちゃ…
速くなったんですよ 加速が。

最初 いけそうなのに。
全く追い付かないね。

(山内)全然 途中から…。
(山崎)見てて速そうじゃないのよ。

筋肉 ちょっと
見せてもらっていい?

筋肉ですか?

いやいや… えっ
ひざ 痛めてるの?

ひざ 痛めてんだよ?
(長田)えっ! それで?

やっぱり
やった方がいいんじゃない?

(一同 笑い)
どこに… どういう検査なんだよ。

なめるの?

IKKOさん
全然ダメじゃん。

ああ ごめんなさい。
まぼろし~!

(藤本)現実…。
(一同 笑い)

(藤本)そんなん やれへんやん。
最近の?

プクプクやるなよ。
『ロンハー』でやるやつ!

一般的には 覚えてないよ
そのプクプク。

相当コアだぞ
それ。

〈第2レースは

ひざを負傷しているのに
速かった

モンスター 西村が
決勝へ〉

〈第3レースは 狩野

前回 この種目1位の おたけ

初参戦 後藤と草薙〉

事実上の決勝戦と言っても
過言ではないんじゃないですか?

死のグループ…。
おたけもね 優勝候補ですから。

前回 これ やっぱ
1位だったんで。

もう ここは 絶対に
落とすわけには いかないんで。

おたけサイコッチョー!

(一同 笑い)
(山崎)珍しく 淳さんも…。

(竹山)あれ? 言わないんだ。
(山崎)一番好きなやつでしょ?

だいぶ 飽きてきちゃった。

(有吉)よかった よかった。
(おたけ)待ってくださいよ…。

(山崎)いよいよ?
全然 笑ってない。

狩野さん。 いかがですか?

(狩野)実はですね
フルマラソン 42.195キロ…。

フルマラソンに向けて
ここ数カ月間

ずっと
トレーニングしてたんですよ。

本当に プロの方つけて
走り方のフォームとか…。

そういうのも
改善していただいたんで。

見せてよ。

走る時 見せますから。
(山崎)急に見せられないと。

急に見せられると
ビックリしちゃうから。

前までは こうでした。
(狩野)前までは…。

(有吉)そんなだっけ?
で 今は?

ああ…! いいね。
(有吉)前は? 前は?

昔は こんな…。
(山崎)でも 確かに…。

(有吉)前にいくんだ。
今は? 今は?

今は もう…。

ああ…。 前は? 前は?

(狩野)えっ?
前は?

疲れますから。
1周できる。 全然… 1周してよ。

ゴールで。
(山崎)見せて 見せて。

どういう感じなの?

1回 あそこから出てから
入ってくればいいじゃん。

あそこ出てから 入ってくれば…。
早く 早く。

(山崎)あそこ 1回出て。
(竹山)あそこ出て 入ってきて。

(山崎)トップでね。 左… 左行って
左 1回… 左に入って…。

消えてね。 消えて。
(山崎)もうちょい… うん。

(弘中)来た 来た! 頑張れ!
(拍手)

1周できる。 全然 1周してよ。

マラソン こういうとこ
入ってくるじゃん ゴールで。

〈という事で…〉

(弘中)来た 来た! 頑張れ!

頑張れ!
頑張れって!

(弘中)あと もうちょっと!
もうちょっとだよ!

頑張れ! もうすぐだ!

(山崎)独走じゃん!
いいぞ! もうすぐ!

(弘中)頑張れ!
(藤本)狩野!

このあと50メートル走やるんだよ
あいつ。

第七世代も頑張ってね!

このままスタートしちゃうから。

(竹山)英孝ちゃん来たらスタートよ。
(草薙)はい。

(一同 笑い)

(有吉)遅い…!
(弘中)頑張れ!

頑張れ!
(弘中)頑張れ 頑張れ!

(竹山)頑張れ 英孝ちゃん!

頑張って!

来たら… 来たら
「用意」から始まるからね!

来たら「用意」だから。 頑張れ!

(竹山)頑張れ 頑張れ!
英孝ちゃん!

(山崎)スピードに乗ってるから有利だ。
(弘中)頑張れ 頑張れ!

(スターター)用意…。
(号砲)

(一同 笑い)

(弘中)あっ 速い! 速い…!

(一同)おおー!

(弘中)頑張れ 頑張れ 頑張れ…!
頑張れ! 頑張れ!

(拍手)

(有吉)後藤 速かったな。

後藤がね すごい伸びを…。

速いじゃん!
(後藤)いや 速いです。

ちゃんとしたスタート
切りたかったよな じゃあ。

(一同 笑い)

でも 感動もあったから。
(竹山)すごい いいレースだったよ。

(山崎)グッとくるもん あったよ。
(有吉)感動があったよ 狩野。

すごいじゃん 完走だよ。
(有吉)どうした?

本当に! マジで ちょっと
地味に狙ってたんですよ。

独走だったよ 独走。
途中まで。

途中まで独走だったんだけど…
最後がね。

途中参加がいたからね なんか。

なんなら あのタイミングでいくなら
ちょっとフライングしてたなと思って。

申し訳ないと思って。
(おたけ)難しいですよ こっちが。

草薙は なんか…
ちょっと あんまり 草薙の事

見れてなかったんだけど。
僕は その… 普通に遅くて。

普通に遅いんだよね。
(草薙)普通に遅くて… はい。

すげえ遅い人がいたから
なんだったら 速い側…。

(草薙)僕 後ろの人に…。

今までの人生で初めて?
(草薙)はい。

これ 後藤 決勝あるよね。
(弘中)速かったです。

後藤の決勝あるよ。
本当ですか?

次は もう 彼はいないから。
予選敗退だから。

ちゃんとやりたかったな…。

もういいです。
全然 待てるけど。

いいです いいです いいです…!
いいです!

マジでしゃべんな! しゃべんな!
しゃべんな しゃべんな…!

しゃべんな しゃべんな!
400… 400…。

しゃべんな!
みんな しゃべんな!

〈英孝ちゃん お疲れさま〉

〈前回の最速王
おたけが決勝へ〉

〈第4レースは
有吉 竹山 ザキヤマに

チョコプラ長田 ジャンポケ太田〉

〈ちなみに 太田は1年前…〉

〈屈辱の転倒〉

おたけサイコッチョー!

〈スポーツキャラを相方に奪われ

今回

さあ… すげえ練習してんじゃん
3人が。

いまだかつて そんな練習
した事ないだろ スタートを。

(藤本)嘘やろ 有吉。
嘘つけ!

(藤本)嘘ばっかりやん。

太田。
はい!

おたけと決勝で戦うには これ
勝たないといけないですからね。

そうですね
絶対に ここで 1位取って…。

邪魔なのよ!

(太田)あの… コメントしてる時に
有吉さんが行ったり来たり…。

(長田)違う。
レーンが違う レーンが違う…。

(太田)でも 本当に
おたけ倒すために

ちょっと ここで1位取って…
頑張ります!

でも 隣の長田が速いからね。
そうですね。

長田 前回 決勝いってるもんね。
そうですね。

だいぶ 僅差だったんで
0点何秒差だったんで。

だから そこは…
もう ここは確実に なんか…。

すごい かぶってくる なんか…。
音楽聴いてる人 音楽。

集中できないだろうけど…。
(長田)「ハァハァ」言ってる…。

(品川)ボケで疲れちゃって。

ちゃんと走れるんだろうな?
そこの3人!

鳴らしてくれ 早く鳴らしてくれ!

〈ここは 太田 長田の

(スターター)用意…。
(号砲)

(弘中)速い 速い 速い…!

ああ… 速い!

すごい…!

握手いらない いらない。 抱擁も。

抱擁もいらないの その3人。

ジャージー3人組 意味ないから。

脱がないで 脱がないで
もう ややこしいから。

なんで交換したの?

たたえ合うほどの走り
してないのよ。

あと こっち 1着だから!

写真撮るな 写真!

いい成績 残した人がやるの
それ。

長田は決勝進出だけど

太田は
ちょっと危ういよね。

おたけが もう
ニヤニヤしてるのよ。

お前が決勝いけれない…。

(一同 笑い)

(おたけ)決勝までは ちょっと
壁があるんですよ まだ。

やっぱね 子ども生まれたから
もうちょい頑張るかなと

思ったんですけど
やっぱ足んないわ!

やっぱ まだ深夜枠なんですよね。
ゴールデンは ちょっとまだ早い。

まだ決勝いくチャンス
ゼロじゃないですよね?

ゼロじゃない。 タイム次第だよね。

(一同 笑い)

(竹山)こらえて… こらえて…。

いやいや…! いやいや…!

いい いい! いい いい!

スポーツマンシップがある
みたいな感じで出てくんなよ!

(おたけ)ないんですよ
そもそも いくとか。

走って脱ぐなら
最初から脱いどけよ 3人!

(一同 笑い)
(有吉)暑くて…。

〈チョコプラ長田
これで2年連続決勝へ〉

〈第5レースは 品川 フジモン

過去 種目制覇の尾形
そして モモ神 淳〉

(山崎)お嬢ちゃん
どうしたの? えっ?

さあ 尾形さん!
(尾形)はい!

(弘中)優勝候補ですけれども!

まあ このおじさん4人には
負けないです。

お前も入ってんじゃねえか
「おじさん4人」って。

いや 僕は 若手…。
(藤本)お前も おじさんやん!

若手ですから! 僕は全然…!
全然 違います 世代が。

これは もうね 余裕です!

おかしいでしょ それ!

そして 品川さん!
(品川)はい!

淳さんと一緒のレーンだと
淳さんしか みんな見ないから。

(有吉)そうだね。
(品川)あの…

おいしくない回だと認識してます。
(有吉)やめろ。

IKKOさん どうですか?
IKKOさん。

イヤだ イヤ… イヤだ…!

イヤだ! えっ? イヤだ…!

言えよ!
(藤本)イヤだ…! イヤだ…!

何? イヤだ…! 何? イヤだ…!

言って~!

(弘中)そして 淳さん!
はい!

どうですか? 仕上がりの方は。
今日は…。

(山崎)そういう事だ!
彼の分も背負って走るんで

いつもの走りとは
全然 違うと思います。

徳井は しょってねえんだよ 俺!

(山崎)違うんですか?
(竹山)ええー!

徳井は しょいきれないのよ。

アンジェリカさん
アンジェリカさんですね。

アンジェリカも しょってねえよ!
(竹山)ええー!

〈不祥事社員の分も頑張れ!〉

〈果たして
モモ神 淳の走りは?〉

(弘中)間もなくスタートです。

(スターター)用意…。

(号砲)

(一同 笑い)

(有吉)なんだよ!

(竹山)期待 背負っちゃってるから
ひでえんだよ 余計に。

(有吉)ゲームだよ!
ゲームのキャラじゃないか もう。

よし!
(弘中)1位 尾形さん。

1位ですよ!
(山崎)あっ そうだったの?

いやいや おかしいでしょ!
1位で…。

毎回 そうなんだよ これ。

(山崎)いや だって
すごいんだもん。

(品川)必死で走ってんのに

おっぱい おっぱいしか
聞こえてこないのよ!

(竹山)2人分だから
重くなっちゃってんのよ 走りが。

そのくせ 生意気にスタート前に

「初めてのスパイクだからな」…。

(藤本)保険 保険。
(品川)うるせえのよ!

それ すげえ気にしてるの。
なんか 対策講じないとな。

このままじゃ 本当…。
いいかげん みんなに…。

言われっぱなしは
趣味じゃないしな。

(藤本)もうええねん!
(山崎)趣味じゃないんだね。

去年の流しとけよ もう!
(竹山)ずっと言われてるよ。

去年の流しとけ! 一緒やろ。

〈あまり見てなかったが

尾形が1位で決勝へ〉

〈そして 残る もう1枠〉

〈各レース2位の中で
最もタイムが良く

ファイナルに進めるのは…〉

後藤さんです。
(一同)おおー!

(拍手)

後藤は 決勝でも
本当 勝負になるからね。

(弘中)楽しみ。
兼近 残念。

まあまあ… でも走るの
ダリィ~し 別にいいかな。

後藤の名前 呼ばれた時。

おじさんのダルさだろ!

俺ら2位は 1年 ちゃんとした
トレーニング積んだら

もしかしたら…。

ただ…。

(有吉)まあな。
不安なの?

俺は だって 今年こそ
最後かもしれないと思って

走ってるから…。
いいよ じゃあ 連携するから。

『ハーツ』が続いてたら出るのね?

来年 やってくれるんですか?
1年 仕上げる?

じゃあ 1年仕上げてきますよ。
(一同)おおー!

(品川)本当っすか?
ストイックですからね

マジでやるからね。
(山崎)確かに。

R-1は なんで ついでに
出なきゃいけないんですか。

なんで 俺
ついでにR-1出て…。

絞って。
(品川)えっ?

R-1 絞って
なんで出なきゃいけないのよ。

〈という事で
決勝ガチンコ対決は

四千頭身 後藤を加えた
こちらの6名〉

〈果たして
最速キングに輝くのは?〉

〈続いての競技は

〈15メートル先のパネルに投球し

的中した者だけが
次のステージへ〉

〈的は どんどん小さくなり
難度も上がっていく〉

〈注目は ザキヤマ
四千頭身 後藤などの

元球児と

前回1位の
山内

2位の
コージ〉

〈まずは EXIT兼近〉

さあ 兼近は 野球経験は?

「ちょいカジリ」?
じゃあ 投げ方はわかるレベル。

(ホイッスル)

(藤本)関係ないでしょ? 的。

(一同)おおー!

いいね!
(弘中)いい球。

(山崎)めちゃめちゃ真面目だな
おい。

めっちゃ速い 球。
(弘中)速かった。

一応 あの 中学の時
札幌市で優勝はしました。

(弘中)すごい!

だから 抑えてるもんね 球を。

そんな事 言うなよ。
(有吉)悲しいね。

寂しくなるから。
(山崎)いい話だ。

〈続いて 相方 りんたろー。〉

サッカーっす。
でもキーパーだったんで。

(山崎)あっ ボール投げる?
(りんたろー。)はい 投げます。

うまそう。 なんか でかいから…。

大リーガーみたいなね。
(有吉)大リーガーっぽい。

(山崎)下半身もでかいし。
剛速球でお願いします。

オーケーっす。
りんたろー。 まいりましょう。

(ホイッスル)

ヒア ウィー ゴー!

(有吉)ああー! 下手だな!

(弘中)ええー!
どこ射抜いてんだよ。

(有吉)ドッキリみたいに
なっちゃったじゃん。

黄色…。
(山崎)どういう落とし方してんだ。

(りんたろー。)
黄色 打ち抜きましたよ。

えっ? 黄色い方 いいのよ。

〈次は 野球経験者
四千頭身 後藤〉

(有吉)セットポジションがね
いいね。

的を射抜く事ができるのか?
(有吉)いけ!

(ホイッスル)

(藤本)頑張れー!

(一同)おおー!

(山崎)最高!
(後藤)やりました。

無気力なんですけど
成績は残しますからね 後藤。

(有吉)現代っ子ですよ。
現代っ子だね。

(山崎)あれ? 誰だ?
どうした?

誰だ? あれ 遅刻…。
(山崎)おい! おい!

(有吉)おかしいだろう!
何やってんのよ?

どうした?

おなか痛くなっちゃって

「振りだけ撮って

トイレ行っていいですか?」
って言って…。

いや 後藤 投げてたから。

許可 得たの?
許可は…。

弘中ちゃんの許可 得たの?
聞いてないです 私。

罰金ですよね?
罰金です!

いくらですか?
5万円!

(一同 笑い)
ちょっと待ってよ!

高くない?
(竹山)高えなあ!

おなか痛かった…。
俺 言ったもん! だって。

おなか痛くなるのはしょうがない。
生理現象だから。

だけど 司会者に言わないと。

〈続いて チョコプラ長田〉

(弘中)えっ すごい肩!

(有吉)漫画だよ 漫画。

中1の時の写真
見た事あるんですけど

もう あれだったんですよね。
ずっと あれなんだ。

(松尾)はい。
もうなってるんっすよ もう。

まいりましょう。
(ホイッスル)

(一同)おおー!

あの体で?
(竹山)あんな優しいボール。

剛速球タイプじゃないのね。

〈続いて 小峠〉

小峠は 野球は?

3年間。
(山崎)あら!

いや 稀哲じゃないですね。
(山崎)稀哲さんじゃないんだ。

稀哲の人ではないんですよ。
(竹山)稀哲でしょ あれ。

(有吉)サッカーもやってたじゃん
だって…。

サッカー?

(一同 笑い)

ベルマーレじゃないの?
ベルマーレ!

(有吉)雑なんだよ! お前。

(ホイッスル)

(山崎)おっ いい!

(拍手)

(有吉)やってて あれ? 3年間。

〈その後 狩野〉

〈バイきんぐ西村と
チョコプラ松尾〉

〈パンサー尾形と品川〉

〈前回 この種目を制した山内〉

〈前回2位のコージ〉

〈総合優勝を狙う
ジャンポケおたけもクリア〉

〈そして 相方 太田〉

ここで射抜けないって事になると

またね
おたけに負けちゃいますから。

もう そんなの
絶対許されないですから。

ここだけは
難なくクリアしていただきたい。

(ホイッスル)

(一同)ああー!
(有吉)あんな外す?

(山崎)ひどいな これは。
(竹山)ひどいな 太田ちゃん。

(竹山)何ができるんだ?
太田ちゃん!

(山崎)何ができるんだ? マジで!

可哀想に見えてきますね
ここまでくると。

あんまりにも
差がつきすぎちゃってね。

(一同 笑い)

続いて 斉藤。
(斉藤)はい わかりました。

これ
私が見せなきゃいけませんからね。

でも私も 幼稚園の年長から
高校3年生まで

ずっとやってましたからね。
(有吉)何を?

野球です。
(有吉)何をやってたんですか?

AV監督です。

(一同 笑い)

(有吉)嘘つけ!
(太田)幼稚園から…!

監督の挑戦です。

(ホイッスル)

(一同)おおー!
クリア!

ありがとうございます。

〈続いて フジモン〉

チャーリー・シーンの行き方です。
チャーリー・シーンの行き方。

(山崎)チャーリー・シーンかな?
大仁田かな?

どっち? どっちだ?
(有吉)大仁田…?

ああ 大仁田だ。 大仁田だ!

(有吉)大仁田の方だったわ。
大仁田!

(山崎)ねえ
チャーリー・シーンでやってよ。

チャーリー・シーンの方が
いいと思うけどな。

まいりましょう 藤本さんの挑戦。
(山崎)電流に気を付けて。

(ホイッスル)

(竹山)危ない 危ない!
後ろ危ない!

(竹山)大仁田!
(山崎)いけいけ いけいけ!

(有吉)大仁田!
(竹山)大仁田!

(有吉)早く…。
(山崎)投げて!

頑張れ 大仁田!
後ろ 気を付けて!

後ろ 気を付けて!

(一同 笑い)

頑張れ 大仁田!
マイク付けて マイク付けて!

(竹山)手 気を付けて!
(有吉)危ないよ そこ!

(竹山)そこ ないよ!
(有吉)ない ない そこ!

(竹山)手が当たってんだ。

(一同 笑い)

藤本さんです。
(ホイッスル)

(一同 笑い)
(有吉)やめろ!

(有吉)早くやってよ!

(山崎)ダメでしょ! あれ。

もう ダメでしょ あれ。

(一同 笑い)

(有吉)ふざけすぎよ!
投げるまで…。

(有吉)チャーリー・シーン!
最後だけ…。

最後だけ チャーリー・シーン。
危ないよ! そこ。

(竹山)危ない!

(一同 笑い)

(有吉)いいかげんにしてよ。

〈その後 電流に関係なく 草薙〉

(一同)ああー!

〈前々回 この種目2位の
竹山が失敗〉

〈そんな中
元高校球児のザキヤマ〉

一度も
的を射抜いた事ないですから。

意外と失敗してんだよね 毎回ね。

ちょっと!

(竹山)見てるぞ!
みんな見てるぞ!

(竹山)意外とね ハート弱いのよ。

「得意」とかって言われると
もうね かかっちゃう。

そう。 あと…。

(一同 笑い)

ガヤガヤしてないと?
(山崎)そう そう そう。

もう 騒いでてほしい みんな。
静かになんないでね。

では まいりましょう。
(ホイッスル)

(一同)ああー!

(竹山)弱えなあ!
(弘中)ええー!

(山崎)毎回 そうなのよ!
毎回 それ言われて…。

あんな… あんな手前にいく?

今日 すげえ練習したのに!

(一同 笑い)

球 握りすぎなんだよ
緊張しすぎて。

離さないと いいタイミングで。

自然といきたかったのに…
何も言われず いきたかったのよ。

5年前に この種目
制覇しております 有吉。

球も速いんだよね 有吉。
近いわ!

余裕だわ!
ああ そう…。

(藤本)えっ? もう投げる?
(山崎)ふてぶてしい。

(竹山)可愛げがないな!
(藤本)緊張してる…。

〈有吉 緊張。
大丈夫か?〉

〈有吉が緊張?〉

では まいりましょう。
有吉の挑戦です。

(ホイッスル)

(一同 笑い)

(弘中)ええー!
(小峠)ほら!

メンタル弱すぎる…。

あれだけ 人の緊張をあおって。

(一同 笑い)

緊張をあおりすぎて
自分が緊張しちゃってるの。

(山崎)言わなきゃいいんだよ
だから まず 俺に。

〈ラストは マサカリ投法の淳〉

(藤本)何して… あの顔 腹立つ。
(有吉)いいんだよ どうでも。

外せ 外せ さっさと。

(竹山)なんで当たるの? あれ。
(弘中)すごい!

(竹山)なんで当たるんだよ…。
(山崎)マジ悔しいわ。

当たんねえもんな。
(一同 笑い)

(弘中)スピードも出てましたね。
スピードも出てた。

今日は スピードが乗ってたから。

〈第1ステージ

180センチクリアは14名〉

〈的は一気に小さくなり
120センチ〉

〈まずは しっかり野球少年だった
兼近から〉

的が120センチになっております。
まいりましょう。

(ホイッスル)

(弘中)おおー!
(兼近)ギリ!

(有吉)微妙。
審議。

「ガーン」って音したよね?
(兼近)半分は当たってました…。

(藤本)枠。

兼近… 残念 失格。

マジかよ。

残念!
(弘中)残念。

パシャパシャですよ。
パシャパシャなんですか?

パシャパシャかどうかも
わかんないすけど。

〈続いて 四千頭身 後藤〉

さあ…。
小さい。

(有吉)小さかないよ そんなの。

乱されないで 乱されないで。
心 乱されないで。

もう ガヤに徹するって
決めてるんだから。

(一同 笑い)

心 乱されないで。

真ん中に投げりゃいいんだから
真ん中に。

では 後藤の挑戦です。

(ホイッスル)

(一同)おおー!
(拍手)

球筋が…。
(弘中)いいですね 全然ブレてない。

(後藤)やりました。
(藤本)ブレてない。

〈続いて 見た目はすごい
チョコプラ長田〉

長田の挑戦です。

(ホイッスル)

(一同)ああー!
(竹山)枠だ。

クッソー!
(山崎)残念!

よいや よいやですね
よいや よいや。

よいや よいや。

いや よくない…。

パシャリ パシャリ。
(一同 笑い)

(山崎)ナイトプールで?
ナイトプールで?

〈お次は
相方 松尾だが…〉

(山崎)あら…。
もう1人いる。

何?
(松尾)誰?

(山崎)えっ?
私だけじゃないの?

やだ。
(松尾)誰?

(一同 笑い)

(長田)こっちや。
こっちにいるやん だから。

さあ まいりましょう。

(ホイッスル)
(山崎)頼むぞ。

(松尾)あっ…。
(一同)ああー!

やだ。
(松尾)えっ?

何?
(松尾)誰?

何?
(松尾)誰? えっ 何?

呼び掛け… 呼び掛けたら?
呼び掛けなよ。

やだ… 誰?
(藤本)何? 誰?

誰? えっ? 誰? 何?
(藤本)えっ? 何?

やだ。
何? えっ?

ああ~!!

(一同 笑い)

(藤本)IKKOさん!
IKKOさん 壊れちゃった。

〈このあと IKKOさん同様

的が小さくなった事で
脱落者が続出〉

〈前回 この種目制覇の
山内も…〉

(一同)ああー!

〈ここで脱落〉

相方ね… 相方の分も 今日
頑張らないといけなかったのに。

「ちなみに」 ちょうだい。
「ちなみに」情報。

いや これ まあ
余談になるんですけど

(一同 笑い)
言うなよ!

いいよ 言わなくて。

〈続いて お待たせしました
斉藤監督〉

さあ 監督。 どうですか?
的が だいぶ ちっちゃくなって…。

小さくなりましたけど この前

千葉ロッテで
始球式をやってきたんで

その的なんて考えたら
全然 余裕です。

始球式って どういう…?
(斉藤)どういう始球式?

AV監督です。
(一同 笑い)

(有吉)何 言ってる…。
(太田)無理やりすぎるだろ お前。

さあ まいりましょう。
監督の挑戦です。

(ホイッスル)
(藤本)監督の始球式。

(一同)おおー!

(弘中)すごい ゆったりとしてる。
(斉藤)確実にいきます。

〈その後 バイきんぐ小峠…〉

(一同)おおー!
(弘中)すごい!

〈総合連覇を狙う
ジャンポケおたけがクリア〉

ど真ん中!

〈そして 前回
この種目2位のコージ〉

見てるぞ あの… 女も。

いやいや…。
「女」っていうのやめてください。

ブルゾンです。
ブルゾンちえみ。

ジャンパー…
ジャンパーちえみさん見てるよ。

いや ブルゾンです はい。
違います。

総合優勝かかっております
コージ。

まいりましょう。
(ホイッスル)

(弘中)頑張れ!

(一同)おおー!
(コージ)よっしゃ!

あそこに投げれるんだったら
もう2つぐらい平気だもんね。

カットソーちえみも喜んでるよ。
(コージ)いや ブルゾンです。

ブルゾンです。
(藤本)カットソーちえみでしょ?

〈ラストは マサカリ淳〉

(一同 笑い)

スケベベースの
悪口ばっかりなんだよ!

(一同 笑い)

(山崎)スケベ投法ね。
(弘中)では まいります。

(ホイッスル)

(有吉)もう外すでしょ そろそろ。
(山崎)見てないよ…。

ああー!
(弘中)ああー! 惜しい!

実力どおりだよ。
(藤本)態度悪いな。

(有吉)態度悪いね 本当に。
(藤本)グローブ たたき付けたやん。

〈優勝争いは
この5名に絞られ…〉

〈的の大きさは90センチに〉

後藤 どうですか? 的。

小さいです。

かなりね。
射抜けないかもしれません。

本当は ボール1個の
出し入れだから プロはね。

(山崎)そうよ。
(品川)うるせえな…。

(竹山)後藤だったら やれるよ。
(後藤)はい。

後藤の挑戦。
(ホイッスル)

(一同)おおー!
(弘中)上手!

(おたけ)かっけえ!
(後藤)やりました。

(弘中)すごい! 上手。

草薙…。
(草薙)やったよ…。

(有吉)「オ~イ!!」って なんだよ?
(一同 笑い)

〈続けるか? 小峠〉

(一同)ああー!
(小峠)うわー…!

的が ちっちゃくなると
緊張しちゃうんでしょうね。

いや ちっちゃいんですよ。

あんたたち

あれは でかすぎてね。
あれは でかすぎちゃって。

さあ おたけも
総合優勝が懸かっております。

(有吉)ひでえ野次 飛ぶな。
(竹山)ひでえ野次 出たぞ 今。

当たんねえよ どうせ
投げたってよ。

おたけの挑戦。
(ホイッスル)

(一同)ああー!

(竹山)終わったぞ。

(太田)ナイス! ナイス!
サイコッチョー!

おい! おたけサイコッチョー!

ハハハハ…!

おたけサイコッチョー!

(一同 笑い)

(斉藤)いいよ… いいよ!
太田 見付けたよ。

サイコッチョー!
(斉藤)太田 見付けたよ。

(有吉)フルコース…。
(おたけ)やられた…。

さあ 残るは2人。 斉藤…。

これ 2人とも失敗したら
もう後藤君ね?

(斉藤)
ここは いかないとですね。

ちっちゃく
なってまいりました。

でも ストライクゾーンを考えたら
全然広いですからね。

(有吉)そういう事。
(竹山)そういう事だ 監督。

さあ 監督まいりましょう。
90センチ。

(ホイッスル)

(一同)おおー!
(斉藤)よしっ!

抜きました!
(弘中)素晴らしい!

ナイスですね!
(斉藤)ナイスですね!

やりましたよ!

〈ラストはコージ〉

コージが外すと
監督と後藤の一騎打ちとなります。

(斉藤)ありがとうございます。

さあ コージが続くか?
まいりましょう。

(ホイッスル)
いけ!

(一同)ああー!
(コージ)クソー!

力が入りすぎた。

力が入りすぎて
ここでコージが脱落。

怒られるよ!
(有吉)誰に?

ダイソンちえみさんに。
(コージ)いや ブルゾンです。

ブルゾン。
(有吉)もう めちゃめちゃだよ。

〈パネルは更に小さくなり
60センチ〉

〈一騎打ちを制するは
勢いに乗る第七世代か?〉

〈それとも 監督か?〉

一騎打ちまで
やってまいりました。

草薙
ここまで上ってきてるからね。

(草薙)いや もう… おい!

いけー!

(山崎)怖いのよ。

(有吉)雑だな。
(山崎)声が すごいでかいな。

これ 射抜いたら 本当
だいぶ 優勝に近付きますよ。

(藤本)後藤 頑張れ!
(後藤)頑張ります。

任せてください。
では まいりましょう。

四千頭身 後藤。
(ホイッスル)

(一同)おおー!

(弘中)すごい!
(後藤)やりました。

(有吉)フォームが…。
(山崎)野球部だわ。

(品川)これが第七世代か!
流れるようなフォーム。

やったよ。
やったよ 草薙!

イエーイ! ポーイ ポーイ!

(一同 笑い)
(後藤)ポンポン!

EXITみたいに
なってきちゃった…。

すごい!
斉藤にプレッシャーを与えました。

(山崎)いけ いけ いけ!
さあ 監督も黙っていられない。

〈ピッチングサバイバル
一騎打ち〉

〈四千頭身 後藤が成功し 王手〉

さあ 監督も
黙っていられない!

(有吉)オーケー オーケー。
後藤 ナイスよ。

いい終わり方。
どうですか? 監督。

相当 小さいですね。

ちょっと
監督が甘めになってますね。

(有吉)ちょっと緊張しちゃって…
緊張が強いという。

1回 緊張ほぐした方が
いいんじゃないですか? 監督。

ちょっと
緊張監督になってますんで。

(山崎)緊張監督 ダメよ。
(藤本)リラックス監督ね。

緊張してる…!
(一同 笑い)

取れない… 取れない…。
(山崎)あのモードに入ると…。

構えた方が いいんじゃない?
いや いきましょう。

さあ 外した瞬間に
後藤の優勝が決まります。

(弘中)おっ!
(後藤)外せ 外せ。

では まいりましょう。
斉藤の挑戦。

(ホイッスル)

(一同)うわー!

という事で
この種目トップは後藤!

(拍手)

ああ… うーん…! うーん…!

ああ セクシーだ。

(一同 笑い)

(斉藤)もう これ以上は
何もありません。

〈白熱のピッチングサバイバル〉

〈第七世代 後藤が初の種目制覇〉

〈うーん ファンタスティック!〉

〈いよいよ 続いては

〈予選を勝ち抜いた
ファイナリストは

この6名〉

〈アメフトスタートで
初制覇なるか?〉

〈左足負傷をものともしない
モンスター〉

〈元陸上 幅跳び選手の実力が
炸裂するか?〉

〈最速王 返り咲きなるか?〉

〈予選2位から決勝へ

(尾形)サンキュー!
(弘中)頑張って!

コージね 総合優勝のためには
ここ 取りたいですからね。

そうですね もう… あとは もう
やるだけですね。

いいの? ジャージーは
着たままでいいのね?

いや ちょっと 僕も本気出すんで
ちょっと 脱ぎます。

(竹山)あれがいいとこなんだから。
筋肉美をね。

女性ファンが待ってる。
(山崎)女性ファンが…。

ああー!
(山崎)おいおい おいおい…!

さあ 小峠 相方が決勝進出。

1位取ったら
小便 出させましょう。

ハハハハ…!
疑ってんのね?

疑ってる… さっき 楽屋で
なかなか出てこなかったんで。

(山崎)怪しいな!
また入れてる可能性ある?

(小峠)可能性ありますんで。
さあ おたけ。

種目連覇へ向けて。
総合優勝もあります。

今日はですね やっぱり

マハロの団長
藤本さんがいますんで。

最近 ちょっと
団長 元気ないみたいなんで

これ 優勝して
マハロの株を上げたいと思います。

もし優勝したら
マハロ太夫 出てくるかも…。

(山崎)ちょっと待って。

東京でもしんどいのに お前
茨城で マハロ太夫なんて

絶対やりたくないねん お前。
(山崎)最寄りの駅まで。

(藤本)もうええねん!
どこの駅かも わからへんし。

一応 用意だけはしてるんで。
絶対やめて。 ホンマに… お願い。

さあ 長田。 前回3位。

そうですね
本当 コンマ何秒だったんで。

あと もう 太田の思い
背負ってるんで ちょっと…。

お願いします 長田さん!
(長田)任せといて!

ええ~! ガチムチ~!

ハーッハッハッハッハ…!
出てきた 出てきた…!

さあ 尾形!
お願いします! サンキュー!

さあ ここで いいとこ見せたい。
いや 見せますよ。

後藤。
(後藤)はい。

2位から はい上がってきたのは
後藤だけです。

(後藤)はい。
おたけのとこの2位だから。

でも 本当 クソみたいなスタート
切ったんで。

そうな さっきはな。

ちゃんとスタートできるんで

1位 取ってやってください。

(竹山)出てるな おい。
声 出てる 声 出てる。

(一同 笑い)

〈ガチンコファイナル〉

〈最も早く
ゴールテープを切るのは

一体?〉

(スターター)用意…。
(号砲)

(兼近)いいぞ いいぞ いいぞ…!
(竹山)後藤じゃない?

後藤! 後藤!
(弘中)ああー!

(有吉)いい勝負だったな!
(弘中)いい勝負!

すごい!
おたけ1着!

ああ チームマハロ。
オーケー!

チームマハロ!
(有吉)名勝負じゃない? 今の。

いい勝負だったよ!
(山崎)世界陸上みたいな。

決勝っぽい。
白熱した試合でしたよね。

後藤も もう 本当 僅差だけどね。
(山崎)最後ね…。

スタートは
後藤の方がリードしてたけどね。

(山崎)つかまえたね おたけ。
(有吉)コージは もう

すっかりだな。
すっかりだな あいつは。

(竹山)すげえ遅えな
コージ。

調子こいて スタートで
脱いでたけどね。

長田も悔しいね。
(長田)悔しいっすね マジで。

もう 本当 僅差だから。

(有吉)お前 絶対

(有吉)でかすぎる。 でかすぎ…。

(西村)絞ったら ありますかね?
俺 あります?

どんどん筋力付けていけば…。

アホなタイプの
アスリートなの。

(おたけ)バランス
おかしいんですよ。

いや もっと…
筋肉を もっとって。

西村 残念。

前回2位でね
調子がいいって言ってたけど

1位取ったら
尿検査が始まると思って

ちょっと
力抜いたんじゃないかなって。

やってねえ…!
出しますよ じゃあ。

出しますよ じゃあ。
(小峠)大体 お前が その体形で

4位っつうのも おかしいんだよ。

(小峠)小便出せ この野郎!
(西村)なんで怒ってるんだよ。

やってるだろ この野郎!
出せ 小便を…。

(一同 笑い)

なんで飲もうとしてるんですか。

なんで 俺の小便
飲もうとしてるんですか。

おたけが この種目 2連覇達成!

(弘中)すごい。

とりあえず
ここは落とせられないので。

そうか。
ちょっと待って…。

そんなん言うてなかったよね?

(有吉)マハロ太夫
見たいでしょ?

お前 東京まで何時間かかんねん
お前 ここから。

マハロ400メートルもあります。

(尾形)見たい! 見たい!
(おたけ)お願いします。 団長!

(山崎)あの太夫400ね。

マハロ太夫400って なんやねん!

今日の…。
(藤本)訳わからなすぎるって!

大フィナーレでお願いします。
(藤本)誰が見たいねん!

400メートル マハロ太夫男子ね。

〈おたけが激戦を制し 種目連覇〉

〈ピッチング1位の後藤が
2位に入り

総合ポイントを 大きく加算〉

〈続いての競技は

〈瞬発力 下半身の筋力が
求められ

運動不足が 如実に現れる〉

〈優勝候補は 前回1位のコージ〉

〈背面跳びの尾形〉

〈後藤 兼近ら

〈まずは
115センチからスタートし…〉

〈まずは かまいたち山内〉

去年もチャレンジして
背面でダメだったんで

今年 ベリーロールっていうのに
初めてチャレンジしてみます。

大丈夫?
初ベリーロール?

(山内)はい。
人生初めてのベリーロール。

(ホイッスル)

(弘中)おおー! ああ…。

(有吉)いいかげんにしろ。

何してんだよ!
(山崎)逆じゃないの?

何? 今の入り方。

(一同 笑い)
ダメよ!

〈続いて 草薙〉

(竹山)お前もだよ!
お前 同じ結果だよ 草薙と。

太田プロ
一緒なんだよ。

まいりましょう 草薙の挑戦。
(ホイッスル)

(藤本)なんか言うてるよ まだ。

いけ いけ! いけ いけ!
うわあ…。

(弘中)頑張れ!
(藤本)パニクってる…。

いける いける いける…!

(藤本)跳び方が わからへんのよ。

いけ いけ! いけ いけ!
(藤本)絶対 アカンやろ。

(弘中)おお…!
(草薙)やった!

跳んだよ。
(草薙)やった…!

(西村)すごい! なんだ? 今の。
(山内)あれ ベリーロールですか?

(藤本)あれ ベリーロール。
(山内)あれ ベリーロール?

いけたじゃん!
はい 初めて こういうの…。

初めてできました 人生で。
すごいじゃん!

スター誕生だな。
(草薙)ありがとうございます。

〈お次は 狩野だが…〉

(弘中)おおー!
狩野さん 門が開きましたよ。

やろう!
(山崎)いこう! いこう!

頑張れ!
(竹山)頑張れ 英孝ちゃん!

1周してね!

えっ 1周!?
(竹山)ここで成果 見せろ!

狩野さん お昼
めちゃくちゃ食べてました…。

ハハハハ…!
大丈夫かな?

(有吉)狩野!
(弘中)狩野さん!

(竹山)頑張れ!
ラストだぞ!

(弘中)頑張れ!
ラスト 頑張れ!

1周 1周…!
1周 1周…!

(山内)ラスト1周!

頑張れ!
(弘中)頑張れ!

後ろから来てる!

後ろが 来てるぞ 飛ばせ!
(弘中)頑張れ!

(山崎)いいね いいね。
(有吉)英孝 急げ!

(竹山)後ろ 来てるぞ!
英孝ちゃん!

これ 実際 500だからね。

ペースが上がってるね。

いいペース! いいペース!
(弘中)頑張れ!

(おたけ)後ろ 来てるよ!
(有吉)練習してるんだな…。

記録 出るよ! 記録!
絶対 跳べる!

(弘中)頑張れ! 頑張れ!
(有吉)跳べ…!

(竹山)回り込んで 回りこんで!
走って… 走って 走って…!

(ホイッスル)

(弘中)頑張れ!

(一同 笑い)
(藤本)ゴールテープ。

(藤本)ゴール!
(弘中)ゴール!

(一同 笑い)

跳べるわけない…
ちょっと待ってください。

いやいやいや…。
(有吉)バレてんだよ。

めっちゃ食ったっつってたよ?

今の嘘 なんだよ。

嘘つくの まずいですよね?
(弘中)嘘は罰金です。

罰金ですか? おいくらですか?
15万円。

(有吉)高いんだ この人の罰金。

淳さん…。

(竹山)すげえ取るから… 罰金。

〈続いて チョコプラ長田〉

前回は 両足跳びで失格に…。

ちょっと 余裕ぶっこいて
両足跳びで やっちゃったので。

ちょっと そこ
気を付けていきます。

まいりましょう。
(ホイッスル)

(一同)おおー!

(弘中)危ない 危ない!
ギリギリですが…。

足やばいでしょ? 今。
(長田)えっ?

えっ!
(有吉)あの跳躍だと なんか…。

(山崎)片足の場合って…。
結果 こうやって跳んでるのか。

(有吉)両足の なんか…。
(山崎)足がそろいすぎてるもん。

両足!

嘘だ!
(有吉)なんでだよ…。

バカなの?
こんなに注意して できないって

どういう事なの?
(藤本)もう癖ついちゃってるのね。

緊張するな! このぐらいで。

お前だよ!
ガチガチに緊張してただろ。

〈お次は 相方 松尾〉

(藤本)何?
(松尾)誰?

(有吉)やめなさいよ。
来てない 来てない 来てない…!

誰もいない 誰もいない。

誰?
(松尾)何?

何?
(松尾)誰?

どんだけ~!
まぼろし~!

(一同 笑い)
(有吉)なんでも いいんだよね。

(藤本)誰でもええねや。
(長田)ガバガバやん。

まいりましょう。
(ホイッスル)

ああ…! 惜しい。

跳んでたけどな。

お尻が当たってしまいました
IKKOさん。

嘘? 触って~?
なんでだよ。

〈続いて 小峠だが…〉

なんでだよ!

じゃあ これ跳べたらいいよ。

えっ!

(山内)本物だ。
本物だ。

跳べるんじゃない? じゃあ。
あれ 跳べてるもんね?

(ホイッスル)

うわー…!

(弘中)ああ…!
(有吉)ダメじゃん。

(弘中)跳べてない!
なんだよ 嘘じゃん…!

なんて評価だ!
(一同 笑い)

嘘じゃねえかよ!

(西村)
全然跳べねえじゃん。

嘘じゃねえか
跳べねえじゃねえかよ。

〈お次は フジモン〉

藤本さん。

なんか 踊ってるな。
(弘中)踊ってるな…。

『NIGHT OF FIRE』?
これ。

あっ 小力だ!

長州さんと
思わせておいてでしょ?

(山崎)気を付けてね。

ああ… あれ?

(竹山)電流あるから!

(有吉)急に…。
(竹山)電流 気を付けて!

跳ぶ事ができるのか?
(ホイッスル)

(有吉)そこ気を付けて!
(竹山)電流あるよ 気を付けて!

電流 よけてってくださいよ。

(竹山)途中 電流あるよ。
(有吉)そこ危ないよ!

(一同 笑い)

(山崎)もうちょい そっち!
もうちょい そっち!

よけながら よけながら。

(山崎)大丈夫かな? 今回は。
ああ 今回…。

ああ
危ない 危ない…!

そっちもあるよ!
そっちもあるよ!

(竹山)気を付けてよ!
うまい うまい うまい…!

(有吉)ダメだ!
ああ…! そこ危ない!

(一同 笑い)

ちょっと 誰よ? 電流!

電流が多いね。
(藤本)多いよ!

(竹山)めちゃくちゃ張ってある…。
(山崎)危ない 危ない! 危ない!

(一同 笑い)

(有吉)なんだよ…
そんなんじゃないから。

〈その後…〉

〈そして 竹山も…〉

(一同 笑い)

〈失敗で…〉

現在 成功者 1人だけ。

(弘中)草薙さん すごい。
このまま誰も跳べなかったら

草薙 優勝だよ?
(竹山)すげえな。

さあ 有吉。
おっ!

草薙が跳んで 俺が
跳べないわけにはいかないから。

事務所の先輩。

ああ もう…。

(山崎)余裕だ。
(竹山)余裕で跳べ!

(藤本)いけ いけ いけ!
では まいりましょう。

有吉の挑戦。
(ホイッスル)

(竹山)軽やかだね。
(山崎)入り いい…。

(藤本)いけるんじゃない? これ。

(弘中)おお! すごい!

すごーい!
(有吉)余裕だわ!

余裕 余裕。

最後まで… 最後まで
余裕の感じ 出してほしいのよ。

ちょっと電気がある。

ちょっと電気が…
ちょっと電気 ありましたよね?

2人目ですね。
2人目! 太田プロ。

〈このまま
太田プロ勢が優勝か?〉

〈走り高跳び 115センチクリアは

なんと 草薙

有吉の 太田プロ勢のみ〉

〈吉本も続くか?
EXITりんたろー。〉

では まいりましょう。
(ホイッスル)

(有吉)いくだろ。

ああー!
手が当たった。

(弘中)当たっちゃった。

〈跳ぶ前に腕で落とすという
大失態〉

手が 俺 どこまで入ってるか
わかんないですよ。

でかすぎるから…。
でかいからね。

兼近 相方 りんたろー。は
ここで脱落です。

そうっすね。
まあ チャラ男なんで

これぐらいが
妥当だと思うんすけど。

俺は ネオチャラなんで

ナイトプール! パシャパシャ!

パシャパシャ!

(藤本)昼のプール!
(兼近)パシャパシャ!

「プール」言ったら
パシャパシャしちゃうんだよ。

では まいりましょう。 兼近。
(ホイッスル)

(藤本)いけ!
(弘中)いけそう!

おおー! ああー!

バカ… バカだな!

(山崎)ちょっと 何? 今の…。

高く跳びすぎたんだね。 こう…。
(山崎)もうちょい横に跳ばないと。

真上に跳んで落ちてきた…。

(一同 笑い)

降りるときに
バーに当たってんだもんね。

(兼近)越えたなと思ったら
ここにぶつかってたんで。

(藤本)もったいない。
(有吉)すげえ跳んでたけど…。

〈そして 50メートル走を制した
おたけ〉

〈敵対視する 相方 太田〉

〈パンサー尾形〉

(弘中)おおー! キレイ!

〈前回
この種目制覇のコージと…〉

危なっ!

〈有力どころがクリア〉

越えちゃうんだね。

〈続いて
総合優勝へ一歩リードの後藤〉

(ホイッスル)

(山崎)本当に期待しちゃうよね。
(有吉)うまいんだよ。

(一同)ああー!
(弘中)惜しかった!

これは痛い!

1回戦で脱落!
(山崎)これは ちょっと

何やってんの これ…。
体 抜くだけでいいんだけどね。

いや 初めての高跳びにしては
ちょっと 背景が豪華すぎました。

(有吉)うまいね おい!
なんだ? お前!

(山崎)古いな 返しが。
返しが古い もう…。

〈ラストは 巨乳走りの淳〉

自信のほどは?

俺 背面跳びはできるんで。

(弘中)1本目 頑張ってください!
いきます!

(山崎)胸が すごい揺れるよ。

亮さんも見てるよ!

(有吉)「オ~イ!」って…。
(弘中)なんで怒るの…。

テレビ見てる余裕ねえだろ
あいつ!

(竹山)もう いいでしょ 見ても。
(有吉)「オ~イ!」ってなんだよ。

(ホイッスル)
(有吉)いけ!

(藤本)うわ…!
(有吉)あれで よく跳べるよな…。

(弘中)ああー! 惜しい!

もう年よ 年!

重いのよ もう。
もう重いんだな。

〈これで なんと 115センチ成功は
わずか6名〉

〈続いて バーは5センチアップの
120センチ〉

〈まずは 草薙〉

これで跳べたら
この種目の優勝が見えてきます。

じゃあ 頑張ります!

まいりましょう!
(ホイッスル)

(兼近)頼むぞ!
(草薙)はいはい ありがとう。

(藤本)草薙!
(草薙)ありがとうございます!

ナイトプール!
(草薙)パシャパシャ!

後ろが反応しちゃう…。
(竹山)向こうもやって

後ろもやってた。 両方やってた。

(一同)おおー!
(弘中)すごい!

ええー!
(弘中)すごい!

何? それ!

出ちゃってる…!
(草薙)意外な才能が…!

うまくなってるよ!
うまくなってる!

ビックリしてます!
(有吉)すごい才能があるな!

さあ 草薙 クリア!

〈続くか 有吉〉

ここにもバケモノが
もう1人います。

バケモノって感じしないのよ。
さっき ギリギリだったから。

引っかかるからね。
(山崎)ここで決めるしかない。

有吉
草薙に続く事ができるのか?

(ホイッスル)

(山崎)決めて。
抜いていくんだよね。

(藤本)体の力 抜いてんのよね。

(一同)おおー!
(弘中)すごい!

キレイ!

ええー!

(弘中)すごい!

驚いてます! 自分の力に!

なんで跳べんの!
非常に驚いてます!

伸び始めましたね!
伸び代ですね!

(一同 笑い)

(山崎)本田圭佑。

〈続いて 総合優勝候補の
おたけ〉

(弘中)ああー!
あれ?

わかんなくなってきたぞ。

有吉 草薙の一騎打ちあるよ。
(弘中)ある?

そんな奇跡ある?
(藤本)世代闘争。

さあ でも こうなってくると
俄然 この人が…。

(藤本)太田!
(弘中)頑張れ!

(ホイッスル)
(山崎)特徴がない。

「特徴がない」…。
(有吉)奥さん!

「奥さん」…。

よっしゃー!
(一同)ああー!

太田 いいよ!

(山崎)おお いいね いいね!
さあ おたけを超えました!

おたけを超えました!

ああ…! 太田3人衆。

(太田)太田プロ! 太田プロ万歳!

(山崎)太田 最高。
吉本興業だろ。

〈続いて パンサー尾形〉

(山崎)ステップが軽いね。
(有吉)つかんでる。

(一同)おおー!
(尾形)よーし!

(弘中)上手!
まだ これぐらい開いてますから。

〈ラストは この種目連覇を狙う
コージ〉

(一同 笑い)

コージ まいりましょう。
(ホイッスル)

よし…。

(藤本)コージも すごいのよ。

(弘中)おおー! すごい!

(コージ)危ねえ!
(弘中)余裕でした。

まだいけます。
(弘中)はい!

〈という事で 120センチで
おたけが脱落し

〈続いて バーは5センチアップの
125センチ〉

(藤本)草薙 いける?
これ 跳んだら もう

本当 いよいよよ。
(山崎)にこるん見てるぞ ニコルが!

(藤本)ニコル見てるよ!

にこるん にこるん
にこるん にこるん… はい。

さあ まいりましょう。 125センチ。

意外な才能。

(ホイッスル)
(藤本)草薙!

(山崎)軟体人間のように
スルスルッと…。

(一同)ああー!

(弘中)惜しかったなー!

残ってほしかった!

(有吉)ほぼ いってたけどな。
(山崎)惜しい。

(有吉)ヌルッといくよね。

あのバーに乗ってんじゃないか
っていう…。

乗って 押さえつけてんの?

残念!
はい すみません!

草薙 ここで脱落。

(拍手)

さあ 続いて 有吉。
(山崎)きた!

ちょっと 1回
パスしたいぐらいだけど…。

いやいや ギリギリ…
ギリギリだったから。

(山崎)入れた。 本気だ。
(竹山)入れた時は本気だからね。

(山崎)入れたら 本気だ。

まいりましょう。
(ホイッスル)

力 抜いてんだよね。
いける いける いける!

いけ いけ いけ いけ…!

よっしゃ!
(一同)おおー!

(弘中)すごい!

(拍手)

ポンポンポーン!
(兼近)ポンポンポーン!

なんでよ!
なんで覚醒してんの。

(一同 笑い)

(藤本)アゲ アゲー!
(有吉)アゲー! うわー うれしい。

(山崎)うらやましいな…。

(一同 笑い)

落ち込みすぎだよ。

〈3人目は ジャンポケ太田〉

(一同)ああー!
(弘中)惜しかった!

ここまで。 やっぱり ここまで。

うん やっぱりね…。
(有吉)顔…!

しょうがないじゃん。
これが自分の実力なんだから。

自分の実力…。
(弘中)怖い! 怖い…!

(有吉)関係ないだろ 淳さんは。

(一同 笑い)

自分のせいだから!
なんにもしてないから こっちは。

(竹山)
ふて腐れてんじゃん。

今 クリアしてるのは
有吉だけ。

(弘中)すごい!
(山崎)このまま

誰もクリアできなかったら
有吉さん 優勝?

優勝です。
あるね!

〈続いて 尾形〉

楽しく 楽しく 楽しく!
きたよ 楽しくボーイ。

楽しく! 楽しく!

ワカチコ! ワカチコ!

ワカチコ ワカチコ!
ワカチコ ワカチコ!

はい おっぱっぴー!

ポッピン!
(一同 笑い)

「ポッピン」?

「ポッピン」言うわけないやん
品川が…。

まいりましょう。
(ホイッスル)

(一同)おおー!
(弘中)すごい!

(尾形)サンキュー!

〈ラストは コージ〉

どうしても跳びたいコージ。

(ホイッスル)

よっしゃ!

(弘中)おおー!
(コージ)危なっ!

この辺まで跳んでるね。
(弘中)すごい! すごい!

(山崎)感動を作ってるね。
さあ 残ったのは…。

3名です。

有吉さんと尾形さんと
コージさん。

すごい三つどもえ!

(山崎)いやいや いやいや…。

珍しく…
珍しく注目されるからってさ…。

この3人って事ですね?
そうだけど。

(一同 笑い)

急に ちょっと 対応が違います…。
(有吉)この体格差も ありながら。

「運動できる」「運動できる」は
わかるんだけどさ…。

どこだっけ? 最終的に。

アメフトの全国大会 準優勝です。

全国ベスト16です。

猿岩石です。

(一同 笑い)

それでも やれるっていうね。
全国のちびっ子に伝えたいです。

〈高跳び優勝争いは 尾形 コージ
そして まさかの有吉〉

〈さあ どうなる?
バーは130センチ〉

〈まず 有吉〉

(山崎)戦闘モード。
(竹山)跳べるぞ!

引っかかっちゃうから。
(竹山)オーバーザトップ!

跳べるという気持ち持てよ!

これ 跳んだら でも
2人 プレッシャーになるよね。

プレッシャーですね。

さあ プレッシャーを
かける事ができるのか 有吉。

(ホイッスル)
(山崎)信じてるよ!

(弘中)頑張れ!
(山崎)自己暗示よ 自己暗示。

いける いける!

いやいや…!

(コージ)高いんだよな やっぱり。
(山崎)大丈夫ですか?

さあ 有吉の挑戦です。

(ホイッスル)
よし! よし やってみよう。

(弘中)頑張れ!
やってみよう!

(一同)ああー!

(一同 笑い)

こら!

(山崎)よくない よくないよ。

(竹山)怖いよ あれ…。

やめろ 芝生!

どうしたんだよ…。

(一同 笑い)

(竹山)そういうのよくないよ。
(山崎)ごめんね!

慣れない… 慣れないから。
バー たたきつけてたよ。

(竹山)怖かったね ごめんね。
初めてだったから…。

いけ! 尾形 死ね!

おかしいだろ! 「死ね」って!

(山崎)ごめん ごめん
感じが悪かった…。 申し訳ない。

(有吉)ガヤ 最高! ガヤ 最高!

(山崎)でも 全員 跳べなければ

あるでしょ もう1回あるでしょ。
あるよ あるよ。

さあ 尾形!
高っ!

コージに
プレッシャーをかけたいところ。

まいりましょう。
(ホイッスル)

(藤本)品川軍団。
チーム品川。

(藤本)褒められたい。

(一同)ああー!

(竹山)あるよ 有吉。
これ あるよ。

踏み違った。
あっ やった…? どこ?

つま先…。
つま先やった? 打った?

伸ばして 伸ばして…。
(山崎)有吉さん あら…?

普通に?
普通にね。

痛い 痛い 痛い…。

助けて!

痛い 痛い 痛い…!
止めて! 止めて この人!

ごめんね。 ごめん…。
(尾形)なんすか この人!

(山崎)ごめん ごめん ごめん。
(竹山)かんだ? かんだって!

まだ試合が終わってないと
思ってる。

かんで折ろうとしました。
まだね わかんないから。

(竹山)コージ決めて! 決めて!
(コージ)よし 決めます。

コージが跳べなかったら
3人同時優勝となります。

またプレッシャーだ これは。
よし…!

(斉藤)コージいこう ここは。
いきます!

よっしゃ 最後 決めます。

足 かけんな 足を!
ちょっと!

(尾形)スポーツマンでもなんでもない
この人!

(尾形)人の足 かんで!
(コージ)ひどすぎません?

(尾形)手ぇ出しちゃダメでしょ
この人…。

(竹山)ごめん ごめん…。
(山崎)大丈夫 大丈夫…。

(コージ)「大丈夫?」じゃない…。

ちょっと!

なんで…。

「俺に免じて」じゃないんだよ!
(山崎)申し訳ない 本当に。

(竹山)決めろ コージ!
(コージ)決めちゃいますね!

(藤本)コージ 決めろ!

さあ 単独優勝か それとも
3人同時優勝か。

コージにかかっております。

バーの高さは130センチ。

緊張する中 コージの挑戦です。

まいります。

(ホイッスル)
(コージ)よっしゃ!

(一同)おおー!
(弘中)すごい!

跳んだ!
やったー!

コージ 単独優勝!
(コージ)危ねえ!

よかった!
2連覇達成!

大きく近付いたんじゃないですか。
(山崎)次の種目次第じゃない?

いや これ もうちょっと
頑張ってりゃな…。

(藤本)スポーツマンシップにね
ちょっとね… なあ。

(小峠)反しますよね。

そんなアピールポイントとか
ないから。

まあまあ…! まあまあ…!

(一同 笑い)

なんで 立たせなきゃいけない…。

〈コージが種目連覇
尾形が2位タイと

総合優勝争いが大混戦〉

〈いよいよ 最終種目

赤と青のチームに分かれて
対抗リレー〉

〈それぞれ50メートル走の合計が

ほぼ同タイムになるよう選出〉

〈レースを前に 両チームとも
最も重要なバトン練習〉

(尾形)ゴー ゴー ゴー!

〈なお 勝ちチーム全員に
ポイント加算〉

〈総合争いにも大きく影響〉

いつもね アンカーは

淳さんと亮さんの
対決だったんですが

亮さんがいらっしゃらない
という事で

草薙さんが
大役を務めてくださいます。

だから やっぱ
亮さんの代わりは草薙なんだな。

(弘中)そうなんですよ。

この『ロンハー』の顔でしょ
アンカーって。

(山崎)座りもね
デンッとし始めてますよ なんか。

〈1走は EXIT対決〉

(スターター)用意…。

(号砲)

(弘中)おっ!
速い 速い 速い 速い…!

〈赤 兼近 リード!〉

(弘中)頑張れ 頑張れ!

〈2走 チョコプラ対決〉

(弘中)長田さん 速い!
淳さんチームが…!

〈3走 尾形とコージ〉

〈赤 大きくリードで
4走 おたけと後藤〉

〈アンカー 淳
この貯金は どうか?〉

(弘中)これは いい戦い…!

ああ…!

(一同)イエーイ!

(弘中)草薙さん…!
淳さん どうしました?

(有吉)草薙が こけました。

重責に耐えられなくて…。
(有吉)派手に転びました。

(弘中)
これは いい戦い…!

ああ…!

(弘中)ああ…!

(一同)イエーイ!

(草薙)うわ 本当 すみません!
本当 すみません…!

いいんだよ いいんだよ
いいんだよ!

違う 違う。 こういうのはさ…。

亮さんは 転ばない…!
亮さんは 転ばないですもん!

そうなんだけど…。

いやいや…!

(小峠)淳さん そんな大した走り
してないですからね そんな。

そんな大した走り
してないんだから。

(品川)これが…。

違うんだよ。

いらっしゃるから まだ。
いらっしゃる。

(山崎)上にじゃない!
生きてるから。

亮さん!
今年は こんな風になりました!

(一同)亮さん!

〈ロンハー スポーツテスト
最終結果の発表〉

〈大接戦の末 栄えある総合優勝に
輝いたのは…〉

おたけさん!
(おたけ)やったー!

やったー!

(斉藤)2連覇だよ すごいな。

ちなみに2位は?

(弘中)2位は コージさんです。
(コージ)うわー…! くそー!

(山崎)リレーだ。
(有吉)コージ ありがとね。

いやいや… 確かに
ライバルみたいになってたけど。

そこだけだから。
総合の話なんだよ。

(山崎)何 何 何? 何 何…?

総合の話してんの!
高跳びの話じゃないの。

あれ?
(弘中)ええー! 何?

あれ?
(弘中)ええー! 何?

もしかして… 来た!

いないなと思ったね。
(山崎)えっ?

マハロ太夫 400メートルだ。

(山崎)マハロ400?
(有吉)マハロ400の…。

すみません。

フジモン いてないなとか
ならへんかったの?

普通 なるよね?
不思議と ならなかったでしょ。

なんで ならへんの?

(有吉)ちょっと
盛り上がっちゃって すみません。

入るタイミング 全然わからんように
なってもうたやんか。

気付かなかったです。
(藤本)ここまで やらせて…。

(有吉)いきますか。
(藤本)何を?

マハロ400…。
(藤本)いや マジで?

最後ね ファイナル…。

もう 400は いいでしょ!
(山崎)英孝ちゃん対…。

もう いこう いこう いこう。

(藤本)待って ホンマに…
勘弁してよ もう。

(山崎)2人で いきましょうよ。
今日 娘の誕生日やねんか 俺。

あら!
「何してんの?」って。

このまま セット
持って帰ってもらって…。

〈という事で…〉

位置について用意… ドン!

(弘中)頑張れ!

(一同 笑い)

(品川)でも フジモンさん
中距離やってるからな やっぱ。

(有吉)しんどいペースよ これ。

ああ 狩野が! 狩野が前に出た!

(有吉)相当しんどいでしょ…。
狩野が前に出た!

(弘中)頑張れ マハロ!

(弘中)マハロ 頑張れ!
マハロ!

(弘中)マハロ 頑張れ!

(山崎)ああ きつい ここら辺…。
(弘中)いける いける いける…!

さあ 最終コーナー!
最終コーナーだよ!

(山崎)マハロ 抜け!
(有吉)いい勝負よ!

(尾形)きたきた きたきた…!
ここからだ!

(山崎)マハロ まだ…!

まだ こらえていいよ。
こらえていい。

(弘中)頑張れ!

〈いよいよ 最後の直線〉

(有吉)マハロ スパート!
(山内)狩野さん!

(小峠)長え!
(弘中)頑張れ!

〈果たして…〉

(弘中)
頑張れ! 狩野さん 頑張れ!

頑張れ!

(有吉)強い! マハロ 強え!

マハロ太夫の勝利!

(有吉)やっぱ マハロ…。

そりゃそうだろ。

(一同 笑い)

おめでとう!
(有吉)ダメだ…。

チクショー…。

ちっちゃい…。
(一同 笑い)

チクショー…。

〈そんなこんなで
総合結果は こちら〉

〈3位 四千頭身 後藤
4位 尾形〉

〈皆さん お疲れさまでした〉

すごい!

〈これまで数々のミラクル写真が
カレンダーを彩ってきた〉

〈今年も 一流プロ軍団の技で

苦労してたどり着いた1枚で
エントリー〉

(藤本)すごいな これ。

〈最強の顔面 稲ちゃんも!〉

これは いいんじゃない?

〈そして
奇跡を起こせなかった…〉

〈そんな奇跡の1枚

今年は16人中10名が初参戦〉

さあ 今回 奇跡の1枚
合計撮影枚数が なんと

3万5635枚。
うわー!

シャッター切ってたもんな
確かに。

この中で注目の方 どなたですか?
(芳根)えー…。

すごい アクの強い方 2人
いらっしゃってますけどね。

(藤本)寛平師匠 寛平師匠。
寛平師匠じゃないんです。

女寛平師匠じゃないんです。
(藤本)寛平師匠じゃない?

アヘアヘ。
どんぐりさん!

「アヘアヘ」言うてくれてるよ。
どんぐりさん!

皆さん 気になりますけど…。

(一同)おおー!
(芳根)どう変わるんだろうって…。

どうした?

…はい 僕も初めて。

昨日 なんか 自分が出てるテレビ
たまたま見ちゃって

変な声してたんで

あんま大きい声で 今
ちょっと しゃべりたくない…。

(一同 笑い)

なんで…。
もう 散々っぱら聞いてるでしょ。

フワちゃんは?
はじめましてなんです。

おはぴよ!

フワちゃん…。
フワちゃんでーす!

やっと会えましたよ
フワちゃんに。

私も ずっとテレビで拝見してて。
(フワちゃん)えっ 嘘?

あとで サイン
書いてあげよっか?

(一同 笑い)
ぜひ もらって帰ってください。

〈では 見ていこう。 まずは…〉

〈エントリーは この4名〉

まずは 幸ちゃん。
(薄)はい。

(オカリナ)かわいくなりそう。
(薄)そうです。

幸ちゃん どうなんだろうね?
なんか でも 行った時に

メイクさんが ゴリゴリ ゴリゴリ
マッサージするんですよ。

その時 なんも
言われなかったんですけど…。

二人羽織してんの?
(一同 笑い)

二人羽織?
(山崎)体が曲がりすぎて。

さあ どのぐらい変化するのか
見てみましょう。

幸ちゃんの奇跡の1枚 こちら。

あっ!
(オカリナ)可愛い!

これは可愛いね!

全然 違う!

これは可愛いわ!
(オカリナ)可愛い。

あるのよね 幸ちゃんの中に
こういう部分 あるのよね。

酒と たばこ好きだけじゃない…。

なんか妹感みたいなのが
すごい可愛いですね。

ねえ!
(芳根)すごい可愛い。

あのやさぐれ感から
これだからね。

ハートとか 自然にできてるから。
アドリブ? あれ。

(薄)言われたから
やったんですよ 別に。

アドリブでやるか!
ハートなんて!

メイクさんからのコメント。

だから あるのよ これが。
(山崎)そんな苦労しなくても

これ いけるって事ですか?
普段から。

(オカリナ)可愛い。 可愛い!

いや もう 「可愛い」とか
言わないでほしいな。 なんか…。

可愛いとかじゃなくて…。

フフ…! うるさいよ!
(一同 笑い)

可愛い!
(薄)うるさいな…!

〈1月~2月部門 続いて

超ロン毛芸人
トム・ブラウン 布川〉

いつも… 人の目は なんか

うんこ 持ち歩いてるような目で
見られてるんで 僕。

なんて?
うんこ 持ち歩いてるような目で

見られて…。
コメントが ぶっ飛びすぎなのよ。

「うんこ」… 何?
とりあえず なんか…

やだなって目で見られてるんで
いつも いろんな人から。

(山崎)そう?
それを考えたら やっぱり

結構 頑張ったんじゃないかなと。
(山崎)ああ…。

さあ 見てみましょう。

布川 奇跡の1枚 こちら ドン!

(一同)うわー!
(芳根)すごい!

これは 仕上がった!
あらー!

すごい!
(山崎)別人!

どうですか? 隅田さん。
いや めちゃめちゃ格好いい。

なんか2.5次元俳優みたいなのにも
いそうですよね。

ありがとうございます。
いそう いそう。

藤ヶ谷君に似てるみたいな事を…。
(隅田)ああ 似てる!

キスマイのね!
(布川)藤ヶ谷君に似てるとか。

いますね 中に藤ヶ谷君います。
「います」…。

いますね。
いる… います います!

僕 なんか…
「左の方が格好いい」って言われて。

急に自信 持ち始めちゃった…。
「左の方がいい」とか。

「うんこ持ってる」とか
言ってたのにね。

最初 なんも言ってなかったのに
みんなが褒めたら 急に。

なんか 藤ヶ谷君で
皆さんが沸いてくれたんで はい。

藤ヶ谷君で はい。
オーバーラップしてみようか。

(一同 笑い)

髪の毛… 髪の毛 どうしてるの?
髪の毛 これ くくって

その… なんですか
服の中に入れて やってました。

これね。
(布川)はい そうです。

(山崎)ああ 後ろだけ。
そっか だから

マフラーとかを使って
隠すようにしてるんだ。

僕 3年前まで 髪 短かったんで

だから 僕的には

でも こういう時期はないでしょ?
これはないですね。

こんなキラキラした感じは…。
そうですね。

いつも うんこ持ち歩いてるような
目で見られてるんで…。

なんなんだ そのコメント!

コーヒー持ち歩くように
なってるもんね あれはね。

コーヒー… そうです。

〈1月~2月部門 お次は

6年ぶりの参戦 アジアン隅田〉

隅田さん めちゃめちゃ
奇跡 起こしてるんですよ。

(藤本)本当にね
すごい可愛くなるのよ。

ただ いいのも
確かに ありましたよ。

奇跡も何度も起こしましたけど
ちょっと懐かしの…。

えっ なんですか?
いや あんまり…。

おキレイですもんね
ベースが おキレイだから。

(藤本)それは もう… ダメ ダメ。

別に ブサイクがイヤで
休んでたんちゃうから。

(一同 笑い)
(山崎)えっ? ダメだって…。

腫れ物に触るみたいな感じ
みんな やめよう?

(藤本)いや そうでしょ?
そうでしょ?

宝塚みたい。 宝塚!

逆に失礼! 逆に失礼!

イジりすぎると
カフェで働いちゃうのよ。

(藤本)お笑いをやめて カフェで
働いちゃうのよ…。

いいんですね? 遠慮しないで。

でも ちょうどいいのがあるから。
隅田さんの

ああ こういう時期あったね
っていうのを思い出す…。

見たい 見たい!
いい写真があるんですよ。

(藤本)奇跡 起きるのよ。
「隅田 8時5分」です。

出ました 8時5分。

(一同 笑い)

出ました!

伝説の…
「隅田 8時5分」。

8時5分! 8時5分!
(一同 笑い)

(藤本)
ジリリ… ジリリリ!

ジリリリ! 8時5分!

では 見てみましょう。

隅田さんの 1月~2月部門の
奇跡の1枚 こちら。

(藤本)あら!
(山崎)おお!

やっぱ仕上げてきます。
(山内)可愛い。

(芳根)可愛い。

この表情ね 得意な表情ですよね
隅田さん。

そうですね
これ もう 十八番ですね。

おはこのね。
(山崎)十八番の?

カメラマンさんからのコメント。

(山崎)確かにね。
ちょっと こう…。

確かに 目がいっちゃうもんね
あの雪に。

でも 奇跡が起きてない写真も
ありますから。

当然 みんなもね
奇跡 起きてない写真…。

1枚しかないわけだから。
逆に言うとね 奇跡は。

奇跡が起きる前の写真
こちらです。

ドン!
(一同 笑い)

(津田)雪… 雪…! 雪ババア…!

雪ババアじゃない!
誰が雪ババアやねん!

研さん!
研さんじゃないのよ。

口から 雪 吐いてるでしょ これ。

研さんが 雪 食って

くしゃみしたんじゃないのよ。
(山崎)出てきてますよ 雪が ほら。

粉雪を

一番 女子が可愛い時。
(山崎)フーッとしてるんだ これ。

後ろの方でね 草薙もね
ひそかに笑ってますからね。

こういう写真 好きなの?
(草薙)いや… そうですね。

(隅田)どう? どう?
(草薙)窓 開けて これ いたら

引っ越します。
(一同 笑い)

「これ いたら」って何?
(藤本)吹雪の中ね。

〈1月~2月部門〉

〈ラストは
初参戦 かまいたち山内〉

いや ちょっと 予想以上に
ハイレベルやったんで

生き残れるか不安なんですけど
僕も だいぶ 撮って…。

見付けてもらったんで。
見てみましょう。

山内 1月~2月部門
奇跡の1枚 こちら。

うん…?

ウー!

ちょっと待ってください…。

ちょっと待ってください。
なんですか?

奇跡 起きてないですよね。
いや 奇跡 起きてますやん。

(山崎)取り締まってるから。
今までの流れ 見てますよね?

現場で
とんでもなく沸いたんですよ。

「このアングルや!」言うて。

それは ほら 乗せるためにさ…。
(山内)もう 撮影スタッフ…。

(山崎)沸かせ終わりだよ。
それは もう 沸かせ終わり。

これ でも 「まあまあ
奇跡 起きてる方だよね」って

現場がなるのは わかるぐらい
他の写真が違いすぎるっていう。

現場は 山内君だけの写真
撮ってるからね。

では 奇跡が起きる前の写真
ご覧ください。 こちら。

ドン!
(一同 笑い)

(津田)おばさんやん!
おばさんやないか…!

(山内)誰がおばさんやねん!
(津田)おばさんやないか!

どこが おばさんやねん!

おばちゃんの
初めてのスノーボードでしょ?

おばさんスノーボーダー
ちゃうねんな。

「私は 今年 スノーボードに
してみたの」っていう。

(まひる)いや でも なんか
小石田純一さんみたいな…。

小石田純一さんね!

小石田純一さん 目指してたの?
(山内)目指してないです。

小石田部門でエントリーですね。

(山崎)ずるいよ ずるい ずるい!

これは ちょっと…。
(山崎)何? この顔…。

この なんともいえない笑顔…。

恥じらいがある 恥じらい。
(津田)なんやねん! この感情。

(津田)本当にアホちゃう?
奇跡を起こそうとしたんでしょ?

奇跡を起こそうとしてますよ!

恥ずかしいんだ やっぱね。
初めてのスノーボードだから。

一緒に来た仲間 みんな
スキーやってるのに 私だけ…。

(山崎)ボードね。
(津田)なんやねん!

(山崎)若者に合わせちゃって。
(山内)俺の写真だけ…。

「ええー! 私だけなの?
スノーボーダー!」。

(山崎)
「小石田さん?」って呼ばれて。

(山内)小石田さんじゃないんです。

(山崎)「小石田さんのとこのね
奥さん…」。

(一同 笑い)

〈オリンピックイヤーの
スタートを飾る2枚とは?〉

〈発表は 後ほど〉

〈続いて…〉

〈エントリーは こちらの3名〉

まずは フワちゃん。

はい!
(山崎)フワちゃん!

楽しみね!
どういう風に変わって…。

普段 自撮りばっかしてるから

いい角度 自分で知ってるって
強いですよね。

そうね!
(山崎)ああ… 確かに。

では 見てみましょう。
フワちゃんの奇跡の1枚 こちら。

(一同)うわー!
可愛い!

ちょっと さっしーにも…。

指原ちゃん 入ってるよね。
そうね 指原に似てる。

あと 菅野美穂さんとか…。
いるね!

いろんな女優さん
入ってるよね。

ちょっと フワちゃん これ
オーバーラップしていい?

ああー! 可愛い!

戻ってきたね フワちゃん。

(一同 笑い)

なんか カメラマンさんが
私の写真を撮りながら

「Hだね~」って言って
きもかった!

(一同 笑い)

大先生なのよ? 巨匠なんだから。

「ナイスですね~!」は
言ってこなかったね? 大丈夫ね?

そっちの巨匠 来てないから。
それ もう AV現場だから。

(一同 笑い)

カメラマンさんからのコメント。

(山崎)やっぱ あえて 狙って…。
巨匠がね 寄せてった。

仲いいんだもんね? フワちゃん。
そうなんですよ。

さっしーに見せました もう。
すごい悔しがってたんだから!

「こんないい写真 撮って」
っつって?

逆に 指原ちゃんも
フワちゃんになれるって事ね。

似てるって事はね。
(山崎)頑張れば。

このレベルを 皆さん 頑張ってね
キープしていただきたいんですよ。

逆奇跡にいかないようにね。
事故みたいなのあったからね。

(藤本)事故あったね。
そうね。 なんか 場が荒れたら

山内さんの写真で
1回 リセットしますから。

(一同 笑い)

おばちゃんじゃないんです。

〈続いて 『ロンハー』初登場

元高校球児 ティモンディ高岸〉

おはようございます!

はじめまして!
はじめまして。

いや こちらこそ はじめまして。

芳根さん
お会いした事ありますか?

はじめましてです。
どうですか? 高岸

芳根さんの印象。
(高岸)今 見るからに…。

(高岸)この企画に対する
真摯な気持ちが うかがえます。

大体 姿勢 真っすぐでしょうよ。

さあ 3月~4月部門

ティモンディ高岸
奇跡の1枚 こちら。

ああ!
(藤本)ほら 可愛い! 可愛い!

(藤本)可愛いやん!
(山崎)可愛いな。

幼くなりましたね。
すごい可愛い顔です。

僕の力は 0パーですけど
ADさん含め…。

カメラマンさんからよ。
ADさんが 1回1回

止まるたびに
お茶を持ってきてくれたんで。

そこも大切だけど…。
5リットルぐらい飲みました。

迷惑だろ そしたら。
のどが渇いてなかったら

飲まなくていいよ。

カメラマンさんからのコメント。

もう カメラマンさんの
一生懸命な姿を見ると

僕が こう… これは
じっとしてられないって…!

幸ちゃん 幸ちゃん…。
(藤本)引かないでよ。

すごい ツバがさ さっきからさ…。

(山崎)変な席 座っちゃったな。
(薄)変な席 座った。

これ
オーバーラップできるのかな?

さっき やってただろ。
フワちゃん やってたろうよ。

オーバーラップ
野球にもあるからね。

そんなんじゃないでしょ。
(藤本)そんなん違うやろ。

(山崎)真顔 真顔 真顔。
(藤本)真顔 真顔…。

(山崎)何? その手。 右手。

右手も そんなんじゃないし。
(山崎)もっと 真顔 真顔 真顔…。

(藤本)真顔や 言うてんの 高岸…。
「ベー」ないねん。

(藤本)口 閉じて 口 閉じて。
口 閉じて 口 閉じて。

今じゃないねん。 ちゃんと こう…
ポーズ。 一緒の角度で。

違う 違う 違う 違う…!

なんで 俺に
ガッツポーズすんねん!

〈3月~4月部門〉

〈次は なんと 芸能リポーター
長谷川まさ子〉

長谷川さん
よく参戦してくれました。

場違いな感じ…。
いやいや いやいや…!

でも なんかね 茶髪な感じでね…。
(藤本)可愛くなりそう。

まだ そんな年齢じゃないでしょ。

5 7!?
(一同)ええー!

さあ どこまで
変身する事ができるのか?

長谷川さんの奇跡の1枚 こちら。

あら! あらー!

いい…! いいですよ!

ギャル系で攻めるとはね!
色気が ちょっと…。

すごい おキレイ!
いやあ 今度から

現場 これで来てほしいな。
(長谷川)無理!

なんでも答えちゃう。 足 細い!

なんか してるんですか? 足は。
(長谷川)いや 何もしてないです。

自分の足?
(芳根)すごい!

(長谷川)ストッキングは
はいてますけど。

オーバーラップ いいですか?
(長谷川)はい。

(藤本)あら 可愛い!
ここから戻りますよ。

ああ でも…。 いるよね。

なんか 変わってるように
見えるけど でも…。

もともと できるんですね
そういうポーズとかが。

すごいね 57歳が
二十歳になるパターンもあれば

30代がね 60歳になる…。

(山崎)こういうメイク1つで…。

そう考えたら
若いおばちゃんだけどね。

若いおばちゃんじゃないです。
さあ 続いて まいりましょう。

続いてのエントリー
フジモンさん。

(山崎)えっ?
エントリーしてるんですか?

勝手に
エントリーさせていただきまして。

なんで? やめて。 なんで?

リバイバルエントリーというね
枠を設けて…。

いや リバイバルエントリーとか
いらんて!

前に撮ったやつが
もう一度ですよ。

見たい!
(藤本)イジるやつやん! イジるやん!

楽しみ!
(藤本)もう ええって! 俺は。

これが採用されたら
藤本さんになる…。

入りますよ カレンダーに。

勝手にエントリーするの
やめてよ。

さあ 3月~4月部門で

藤本さん 奇跡の1枚 こちら。
(山崎)どうだ?

リバイバル。
(一同 笑い)

(藤本)ちょ ちょ ちょ… ほら。
ほら そうやん。

花 ちぎんなよ 本当に。

いやいや…
待って 待って 待って!

せめて… なんで これやねん。
もっとあったやろ!

2012年のカレンダーで 惜しくも
カレンダーにならなかった写真。

そら そうや! なるか? これ。
(山崎)採用されてないんですか?

採用されてないんですよ。
(山崎)うわー…。

「僕 これ 食べれるんです」
でしたっけ?

(一同 笑い)

「僕 これ 食べれるんです」
でしたっけ?

「俺 花 食えんねん」じゃないねん。

ええ! いらんやろ!
オーバーラップ これ もう。

いいですか?
ちょっと 持ってもらって。

(山崎)一応 オーバーラップだけ。
ねえ あの顔。

イヤなムカつく顔してください。
ムカつく顔。

(一同)ああー!
一緒だ!

いるいる いるいる…!
(藤本)そら いるやろ!

いるねん! 俺やねん!

いるいる いるいる…!
いや いるねん! そら いるわ!

〈フジモンを含む4枚が
エントリー〉

〈春の2枚に選ばれるのは?〉

〈続いて

〈エントリーは この3名〉

まずは よしこちゃん。
(オカリナ)よしこ。

前回ね
こういう写真ありましたけどね。

(一同 笑い)

怖っ!
ハート 拾ったんですけど…。

違う 違う あげるやつ…。
ハート 拾ったんですけど…。

拾ってない。
あげるやつよ これ。

5月~6月部門ですからね 今回。
そうですよ。

どういう よしこちゃんが
出てくるのか。

奇跡の1枚 こちら。

(一同)おおー!

ええー!

綾瀬はるかさんだよ。
綾瀬はるかさんよ ねえ。

(オカリナ)よしこ?
可愛いじゃん!

芳根さんも思わず拍手。
すごい!

本当に?
(芳根)すごいです!

いや これは すごいね。
(山内)別人や。

よく この瞬間 切り取ったよね。
(よしこ)いや そう…。

やっぱ カメラマンさんが
乗せてくれるんですよ。

旅立つ時に お父さんに
切ない感じでっていう…。

あっ お父さんなんだ
あの目線の先は。

まあ そうです。
私 嫁ぎますっていうね。

(山崎)寂しさ…。

でも 奇跡が起きる前の写真は
当然あるわけですけど

その写真に
語りかけてると思ったら

カメラマンさん大変だったろうな
っていうね。

えっ?
奇跡が起きる前の写真 こちら。

ドン!
(一同)ええー!

(藤本)全然 違う!
(布川)ええー!

(オカリナ)全然 違う!

よしこでもないよ。 誰? あれ。
よしこじゃないよね。

(山崎)怖い 怖い。
新しい怖い人。

胸の筋肉 怖いしね。

(一同 笑い)

テープが見えちゃってるし…。

凶器でやられたあとやろ。
凶器で。

(よしこ)違う 違う 違う。
違うんですよ テープ…。

あれなの? 目 つぶって
目 描いてるやつなの?

(一同 笑い)
(よしこ)するか!

目 つぶって 目 描いてるのね。

レディー・ガガ!
レディー・ガガね。

(よしこ)してないわ!
(藤本)レディー・ガガのやつや。

レディー・ガガじゃねえよ!
違えよ!

〈5月~6月部門

続いて おかずクラブ オカリナ〉

ちょっとね 太ったりとか。
(山崎)ふくよかになったよね。

太ったね。 大丈夫?
だいぶ変わった?

そうなんです 10キロぐらい
ちょっと やっぱり 太りまして。

じゃあ ちょっと痩せてた時の写真
昔の3年前の写真あるので。

痩せてた時の写真 ご覧ください
こちら。

(一同 笑い)

(オカリナ)いや これ… いや これ…。

痩せてたね。
痩せてるね。

私 何月まで
サンタやればいいんですか?

(一同 笑い)

(山崎)もう サンタ
1年中 やってたから。

もう春ですけど

お店は まだ
これでやるんですか?

さあ そんなね オカリナさんが

3年ぶりに
参戦してくださいました。

見てみましょう
オカリナの奇跡の1枚 こちら。

(一同)ええー!

(山崎)きゃりー! きゃりーだね!
きゃりーちゃんだ もう。

きゃりーだ。
(山崎)きゃりーちゃんじゃん。

きゃりーちゃんじゃん だって。
(藤本)オカリナはね 本当は可愛い…。

そうなんだよね。
目がクリッとしてるからね。

そうなんですよ。
カメラマンさんからのコメント。

アジサイ!

アジサイが 置いたらダメで
ADさんが全員持ってるんですよ。

手前で持ってるんだ こうやって。

(オカリナ)よく見ると
手が写ってるんですよ

ADさんの手が。
(藤本)ああ ホンマや。

(オカリナ)押さえてる手が
写ってるんですよ あれ。

でも 確かに この梅雨の…。

始まってます?
えっ? 始まってます?

いや… この雨の
梅雨の6月のイメージにピッタリ。

6月の刷り込みが始まってるから。

刷り込みじゃなくて
6月ですもんね これね。

でも 奇跡が起きる前の写真も
ありますから。

(山崎)ある?
(藤本)あるの?

ウィッグを替えるとね
こんな感じになるんですよ。

こちら。

(一同 笑い)

コシノさん!

(藤本)コシノさん!
いや コシノさんよ。

ジュンコさん!
そうなんです。

いやいやいや すごいよね。

メイクも さっきと同じで。
(芳根)ええー!

(山崎)ウィッグだけ?
(オカリナ)そうですね。

だから 髪が短いから ここに
テープが見えてるんですよ こっちは。

あっ 本当だ。
本当だ 本当だ。

この状態が
あそこまでなるんですから。

いや なんか すごい! うれしい!
(長谷川)これ すごい可愛い。

〈5月~6月部門
今年も登場 ザキヤマ〉

ラッキーマンス狙いなんでしょ?

いや
ラッキーマンス狙いじゃなくて

たまたま 5月に
エントリーする人がいないんで。

5月~6月って みんな

6月の なんか 花嫁とか雨とかで
エントリーする人が多いから

5月が手薄になるんですよ。

そういう… 全然 全然
そういう狙いじゃない!

単純に5月が好きで いつも
5月にエントリーしてたら

皆さんが なんか
6月いかれるから。

「5月が好きで」って
聞いた事ないよ。

いやいや ミスター・May
みたいなとこがあるんですよ。

ないやろ。 聞いた事ないぞ!

いや でも 今回 本当に これ もう
現場の声なんですけど

巨匠が バババッて
シャッター 押したあとに

その画面 見て

「だから 奇跡の1枚
やめられないんだよ」って

言ったんですよ。
(一同)ええー!

「これだから 奇跡の1枚
やめられない」と言った

ザキヤマさんの奇跡の1枚
こちら。

いや… 一緒なのよ この人。

毎回いるけど この人。

あんな見えるシャドー
ないんですよ。

隠してくださいよ!

「これだから やめたいんだよな」
っつったんじゃないんですか?

本当に… オンあるよね?
オンがあると思う ちゃんと。

映像もあるぐらい 先生は

興奮していらっしゃいました
本当に。

で 毎回 同じ背景だしね。
(一同 笑い)

(藤本)見た そうそう 見た 見た
俺 この背景。

背景 変えてよ その…。
5月なんで。

(一同 笑い)

「えっ?」みたいな。
いや ちょっと違うじゃん。

木の並びとか ちょっと違うから
見てください。 木の感じが…。

ねえ。 同じ公園でしょ?

ほら。
(一同 笑い)

「あいつ 毎日 来とるな」や 公園。

さっきのでも
奇跡は起きてるんですよ。

起きてないのありますから。
(藤本)えっ?

奇跡が起きる前が こちらです。
(オカリナ)「起きる前」?

これです。
普通のザキヤマさんじゃん もう。

シャドーも入ってない…。
(山崎)いやいやいや

結構 皆さんで いろんな技術を
駆使してやってて。

試行錯誤してるのがね
すごく伝わる写真がありますよ。

ザキヤマさん 撮るの
苦労したんだなっていう。

わかります? 変なとこ 探して。

後ろ! 背中 緑! 緑!

どこが変なの?
(オカリナ)脇腹 脇腹!

…が どうなって どうなってる?
芝生の色だ!

芝生の色が体に…。
塗ってある。

「塗ってある」 正解です!
(山崎)クイズ番組じゃない!

細く見えるでしょ?

目 細めると確かに…。
(山崎)見えないでしょ?

このぐらい細めると…。
それにしちゃ

ウエスト 細すぎない? って
話でしょ。

確かに不自然ですね。
(藤本)足もな。

どういうオーダー 受けるの?
ここ 塗る時。

「まず 養生テープを買ってこい」
って ADさんが言われて

バリバリ バリバリ 貼り始めて。
(藤本)窓ガラスに貼るやつでしょ。

(山崎)はい。
で 巨匠がカメラを見ながら

同じ色にしていくわけですよ
奥の緑と。

で 「そこを ちょっと 強めの緑
強めの緑」って言って。

「えぐれちゃってますけど」
みたいな。

「まあ そこは 目つぶるか」
みたいな声が聞こえるんですけど

えぐれちゃってるの 目つぶって
いいんでしょうか? っていう。

目つぶり始めたら
奇跡じゃないのよ。

「だから 奇跡の1枚
やめられないんだよ!」。

マイナスの方よ それ。
コメントとしては。

〈今年も ザキヤマが採用か?〉

〈5月~6月部門も
発表は後ほど〉

〈続いて…〉

〈エントリーは この3名〉

まずは まひる。
(藤本)まーちゃん まーちゃん。

はい。
まひるちゃんもね…。

今回は ちょっと武器を前面に…。
(よしこ)ああ!

まひるちゃんの武器というとね…。
(藤本)あら!

I Hを出させて…。
I H!

サイズが違うから 「I H」。

見てみましょう。
まひるの奇跡の1枚 こちら。

(一同)おおー!
可愛い!

(オカリナ)胸 でかっ!
(山崎)でかっ!

可愛い!
(高岸)あららら…!

(藤本)これは可愛いわ。
胸もキレイだし。

(オカリナ)色 白い! 肌 キレイ!
(藤本)マシュマロボディー。

これを スポブラで
普段 隠してるのが すごい…。

そうだよね。

草薙 どういう目で見てるの?
それは 今。

なんか でも その…
なんだろうな?

ちょっと 1回
顔 見せてもらってもいいですか?

「ア~ッ…」じゃないよ。
「ア~ッ…」じゃないよ。

(山崎)当てはめたの?

それぐらい
変わってるって事でしょ まひる。

でも 私は 本当に ただ脱いで
いつもどおり撮ったというか。

いつもどおりじゃない…。
(山崎)違う 違う 違う。

(オカリナ)こんな事してるの…?
(山崎)その癖 あるよ。

じゃあ あんまり
シャッターも切ってないの?

いや もう ほぼ…
本当 2枚とか。

2枚!?
(オカリナ)2枚でいけたの?

(藤本)まーちゃん…。
2枚で奇跡 起きた?

すぐ終わりました。
(藤本)2枚なわけないでしょ。

カメラマンさんから。

(藤本)あっ そうなんや。
(オカリナ)全然 わからない…。

ウエスト 細く見えるよ これ。

(藤本)塗ってないのね じゃあ。
VTRがあるんですよ。

現場の大変さがわかるVTRが
あります。

ご覧ください どうぞ。

(山崎)ちょっと… えっ?
(オカリナ)あれ?

だいぶ太って見えるな。

(山崎)109枚って…。
109です。

(オカリナ)いや
めちゃめちゃ撮ってるじゃん。

腹 ひどいよ。
(山崎)すごいね。

うわ 怖い!
(オカリナ)すげえ撮ってるじゃん。

なかなか仕上がらないね。
(山崎)611?

(どんぐり)近付いてきた。
(藤本)ちょっと ちょっと…。

方向 変えてきたよ。
(山崎)近付いてきた。 792?

(一同)ああー!
(山崎)すごい!

全然 やっぱね…
仕上がっていってる。

(オカリナ)嘘でしょっていうぐらい…。
792枚…。

前室だと思ってました 700は。
前室?

撮られてるって気付かなかった。
(山崎)感覚がなかったんだ。

まだ本番だと思ってないから?
(まひる)まだ本番だと思ってない。

(山崎)じゃあ
本気出してなかったんだ…。

そのうちの2枚目なの?
はい。

〈7月~8月部門〉

〈お次は 初参戦 草薙〉

夏のイメージがないから。

(山崎)冬とかで ちょっと こうね
隠すじゃないけど。

陰にこもるみたいなの
あるけど

太陽の下とか あんまり…
草薙 似合わないじゃん。

本当は 真逆みたいな感じで
撮ってもらって はい。

なるほどね。 見てみましょう。
草薙の奇跡の1枚 こちら。

(草薙)おおー…。

まひるみたいになって…。
(藤本)まひるになっちゃったね。

(草薙)それは
すごい頑張ってくれて はい。

(まひる)私…。
(草薙)あの…。

ウー! ウー! ウー…!

(オカリナ)警察だ!
山内さん以来の警察。

これのイメージとしては
兼近さんみたいな…。

(一同)ああー…。

(藤本)兼近?
親友ね。

親友… かねちじゃないでしょ
これ。

どうですか? 高岸。
(高岸)もう まさに…。

これ バッチリ?
(藤本)誰に似てる?

(一同 笑い)
(藤本)「太陽」じゃないやろ…。

どこがやねん!
例えるなら「太陽」?

元気もらえる?
そんな元気な感じ ないけどね。

(藤本)だって はしゃいでる
感じじゃないやんか あんまり。

草薙的には どうなの?
この写真は。

笑顔が ずっとできなくて。
そうね うまく笑えなかった…。

(草薙)「笑ってください
笑ってください」って…。

まだ笑えてた方…。
(山崎)これでも まだ笑えてた方?

まだ笑えてた方なんです。
そうなのよ。

あれでも 奇跡 起きてるんですよ
草薙は。

起きてます。
奇跡が起きる前の写真です

どうぞ。

(一同 笑い)

うわ やばっ!
(草薙)着せられた…。

『21世紀少年』に出てくる…。

(一同 笑い)

フゥ~! みたいな…
フゥ~! みたいなポーズを

ネットで見て やって。
兼近を意識してね。

ああ これが そうなんだ。

いろいろ だから
本当 やってくれて。

太ってきたんで
輪郭を出すやつとかも

なんか すごい
やってくれたんですけど。

そうそう なんか…
細く見せるために

相当 苦労したみたいで。
まあ 混乱したんだろうね。

この写真 ご覧ください。

(一同 笑い)

えっ?

これは
おふざけじゃないですか?

(山内)混乱しすぎやって!
お前も言えよ!

どういう状況なの?
どういう状況なの?

影を付けたいって事でしょ?
顔に。

だから 本当はトリックアートみたいに
したかったと思うんです。

だから その…。
いや もうダリの世界観だからさ。

(山崎)すごい…!
(藤本)すごいな これ。

〈7月~8月部門〉

〈『カメラを止めるな!』で
プロデューサー役を演じた

個性派女優 どんぐりさん〉

トレードマークの髪形があるので
それが変わるだけで

また 印象が変わりますよね
きっと。 楽しみです。

すごく変わりました。
(山崎)ええー 自信あり?

さあ どんな写真なんでしょうか?

奇跡の1枚 こちら!

(山崎)ええー!
(山内)ああー…。

ああ… だいぶ変わりましたね。

めっちゃ可愛いですやん。
(山崎)なんか エステのオーナーみたいな。

うん うん うん。
(山崎)ねえ?

(藤本)いやいや… 可愛い 可愛い。
(山崎)どんぐり感 全然ない!

すごい… いっぱい
引っ張っていただきました。

全体を引っ張って

ここからも 引っ張って
引っ張って 引っ張って。

自分の眉毛は
はるか上にいってました。

ハハハ…! 引っ張りすぎてね。

眉毛を消して…。
じゃあ 眉毛 描いたんですか?

自分の眉毛を… 消えて
その下に新しい眉毛。

へえー! これだけ
目 パッチリになるんですね でも。

なりました。
今 だって…

思いっきり
開いてもらっていいですか?

フフフフ…!
(藤本)いやいや 全然 ええやん。

自力だと この…
このぐらいですからね。

どうですか? 津田さん。

年齢より だいぶ若く見えて。

でも 奥にある なんか… ねえ?

もうすぐ死にそうな感も
出てますし。

(藤本)ハハハハ…!

めちゃくちゃ ひどい事
言うてもうた。

(一同 笑い)

ダメよ それ。

急にきて めちゃくちゃひどい事
言うてもうてる。

足 組んだ時
気ぃ抜いてる時だからわかるのよ。

お若く すごく見えて。

毎回 もらいましょう コメント。

これ 毎回 もらいません?
毎回ね。

毎回毎回 無理…。

〈3枚がエントリーした
7月~8月部門〉

〈夏を彩る2枚に
選ばれるのは…〉

〈続いて…〉

〈狙うは こちらの3名〉

まずは オカリナ。
(オカリナ)はい。

(山崎)2個目?
2個目です。

(山崎)攻めるね。
さっきも良かったですけど。

結構 だいぶ
テイストが違いますので。

見てみましょう。
オカリナの奇跡の1枚 こちら。

(一同)ああー!

可愛い!

確実に
あの子を意識したな これ。

そうです そうです!
吉岡里帆さんを。

(オカリナ)吉岡里帆さんを
意識しまして。

(藤本)ああ どんぎつねさん!

(山崎)これは
意識してるのであーるね。

めっちゃ可愛いですね!
かなり仕上がってるね。

カメラマンさんからのコメント。

こうすんねや。
凹凸でなんだ?

だから 耳が
えげつなく でかいんですけど

これ
でかく見えるだけなんですよ。

さあ 奇跡が起きる前の写真も
ご覧いただきたいと思います。

こちら。 ドン!

(藤本)うわー…。

こんなちっちゃいんだ?
(オカリナ)こんなちっちゃいんですよ。

それが あんな でっかく
見えるぐらいのレンズで…。

ええー!
だから よほど もう

ゆがみを利用してるって事だよね。
(オカリナ)そうです。

だから 後ろの方が
もう 変なんです あの写真。

津田さん いかがですか?

そうですよね。 すっごい…。
なんか 日本…。

「すっごい」っつったね。
(藤本)「日本」?

日本初のエロ本みたいな感じで…。

(藤本)えっ? 「日本初のエロ本」?

なんでだよ!
(藤本)何? 「日本初の…」。

なんで 普通に
「すごい」って言ったの? 今。

フワちゃん
津田の事 どう思ってるの?

苦手!
(津田)なんやねん お前!

こっちもじゃい!
(山崎)一緒 一緒!

お前も ジャージー着ろや!
ちゃんと。

〈9月~10月部門〉

〈お次は ついに登場
アインシュタイン稲ちゃん〉

元がね 僕 意外と
そんな悪くないんですよ。

(一同 笑い)
(稲田)いやいや…。

元は もう… すごいのよ。

昔 中村獅童さんに似てるって
言われてて。

ハハハハ…!
(山内)どこが?

この目元とか
眼鏡 取った時の目元…。

ちょっと見せて。 眼鏡 取って。
(山崎)中村獅童さん 見せて。

(藤本)ああ… 中村獅童さん。
目付き 悪いよ。

そんな感じじゃないよ
獅童さんは。

さあ いきましょう。
稲ちゃんの奇跡の1枚 こちら。

さあ いきましょう。
稲ちゃんの奇跡の1枚 こちら。

(山内)おお…!

うーん…!

ウー!

(一同 笑い)

嘘でしょ?

ひげで… ひげでなんとか…。

消えてるっていえば消えてるか。

あごはね… ひげでね。

いや… いいよ!

(藤本)そうやな。
(山崎)うーん…!

1800枚撮ったうちの
ナンバーワン。

(山崎)平均を かなり超えたね。

けど 悩んだと思いますよ。
これにしようかっていう。

メイクさんからのコメント。

(一同 笑い)
(稲田)諦めてたの?

シューッって… エアブラシだ。
ああ… やりました。

で 現場の試行錯誤が伝わる
1枚がございます。

出ました!

出ました。
(オカリナ)出ちゃってるんだけど。

もうちょい上だよ!
長く感じるのよ。

(オカリナ)隠すべきとこ隠れてないよ。
長く感じちゃうから!

自転車 食べてるやろ これ もう。

(一同 笑い)

(藤本)
自転車 食べてるでしょ もう。

いろいろ やってるんですね
現場では。

津田さん いかがですか?
いや…。

気ぃ抜いてたな 今。
(津田)いや…。

全部 出ましたよね? コメント。
えっ? コメントが?

いや 津田なりの
やっぱ コメントが欲しい。

俺も序盤に
ポイポイ言うてるんですわ。

ちょいちょい
みんなが 先 言う前に

俺も ちょいちょい言うてんすわ。
先にくださいよ!

一番最初に?
はい 一番最初にくださいよ。

最後の最後に 毎回…。

次 いこう思って
こっち向いてんのに…。

一番最初に振れば
いいコメントが出てくるんですね。

(一同 笑い)
(藤本)どうすんのよ? じゃあ。

最後 やめときましょう。

フワちゃん
津田の事 どう思ってるの?

やっぱり 苦手!
(津田)なんやねん! お前は!

ジャージー着ろよ! ジャージー。

(藤本)そこはええやろ。
なんでジャージー 着ぃへんの。

〈9月~10月部門〉

〈先ほど可愛い女子に大変身した
納言 幸ちゃん〉

さっきのよりも ちょっと
素の自分で勝負というか。

ちょっと なんか
私の要素 入れつつ。

見てみましょう。
幸ちゃんの奇跡の1枚 こちら。

うわー!
(一同)おおー!

(山崎)幸!
うわ 可愛い!

可愛い。
(山内)いる!

可愛い!
(山内)こういう子いますよね。

いる いる!
ツンとしてる感じがいいよね。

育ち良さそう。

スカートとかはいたのも

マジで3~4年ぶりぐらいに
はいたんで。

いや でも あれだけ
ひざを閉じれるんだね 幸ちゃん。

(山崎)確かに。
普段 いつも 開いちゃってるから。

いつもは閉じてない。

草薙 仲いいんでしょ?
幸ちゃん。

普段と全然違って
僕は こっちの方が全然…。

好き?
(藤本)好き? 草薙。

好きになっちゃう…。
好きになっちゃいます 僕。

あら!
(オカリナ)ここで?

私も じゃあ 草薙君の事
好きになればいいって事ですか?

だから あの写真見たら
好きになるんじゃない?

草薙の あったでしょ
あの 日焼けした写真。

(草薙)いい いい いい!
いいよ! いい いい…!

(山崎)やばいやつ。
(薄)ごめんだけど…。

(藤本)死にかけの…
死にかけの陣内。

死にかけの陣内や。

(一同 笑い)

浮気がバレた時の
陣内さん…。

あの時の…。
(藤本)あの時の陣内や。

違う 違う!

さあ 続いてのエントリーは…
きました 藤本さん。

ちょっ もう…。
(一同)おおー!

(山崎)えっ 2マンス?
(藤本)ちょっと 勝手に お前…。

2回も ちょっと
やめて ホンマに もう。

リバイバルエントリーっていう。
撮らしてよ じゃあ。

スケジュール
忙しかっただろうから。

カメラのさ 変わってるやろ
カメラの ほら… 性能とかも。

謝罪で忙しい時期だったのかな。
(藤本)何?

何が忙しいの?
ねえ? いろいろ…。

写真 撮れる時間なかったでしょ
だって。

あったよ!
あの時のね 精神状態だと

やっぱり…。
ちゃう ちゃう ちゃう…!

(藤本)あの時 なんか知らんけど。
でも 今回は

リバイバルエントリーと
させていただきます。

なんで 俺だけ
リバイバルやねんな。

9月~10月部門の藤本さんです
どうぞ。

ドン! うわー きました。

(一同 笑い)

ギュイーンって寄る。

ギュイーン!

「ギュイーン」やないねん!
なんで そんな…。

なんで カメラさん
なんで揺らすねん! ちょっと!

なんで 俺のだけ揺らすねん!

あった? 今まで こんなん
誰か みんな。

ブルッて
揺らされてたやつあった?

ギュイギュイギュイーン!

みんな やれよ! なんで 俺だけ
バイーンってなんねん!

その表情されるからね。

これは どういう設定なんですか?
ねえ。

ずっと 花 食ってたら
こんなに育ちました。

(山崎)そっち?
花食いスチューデントがね。

社会人になって。
そう 社会人になって。

花 やめました…。
「花 やめました」?

これ? 就職?

(山崎)バイーン!
(藤本)バイーンじゃないねん!

バイーンは やめろや!
(山崎)バイーン!

バイーンは せんでええやん 別に。
(山崎)バイーン!

〈リバイバル写真も含んだ
9月~10月部門

どんな選考に?〉

〈ラストは…〉

〈稲ちゃん 隅田ペアを含む
4組がエントリー〉

まずは 川村。
(山崎)出た!

お待たせしました。

8年ぶりなんだね。
はい そうなんです。

今 おいくつになられた…?
40です。

40?
はい。

川村さんも40…。
(川村)40です。

見てみましょう。
川村の奇跡の1枚 こちら。

ドン!
(一同)うわー!

いやあ すごいな!
(芳根)可愛い!

いつも可愛いのよ。
(山内)これは可愛い。

小林麻耶ちゃんみたい。
ねえ!

本当だ。

すっごい可愛いです!

私 可愛い女の子が
好きなんですけど…。

タイプな…。
(芳根)可愛い…。

ここにいますよ。
「ここにいますよ」じゃない…。

すみません。

顔が すごい細いし
あと ちょっと あの 私…

隙間に見える あの…
なんていうんですか?

ケツの上みたいなやつ
あるじゃないですか。

谷間みたいなやつ。
谷間なのよ。

ケツの上みたいなのいいなと…。
(藤本)ケツの始まりや。

すごくいい あそこ。
よしこはね

かなり上の方にあったもんね。

(一同 笑い)

あれ 若さよ 若さ。
20代だから。 若さ 若さ。

〈11月~12月部門〉

〈先ほど さっしー似の美女に
変身した フワちゃん〉

ちょっと 今回は
さっきと打って変わって

クール シックな感じに…。
フワちゃんのクール?

全然 想像つかない。
想像つかないね。 見てみましょう。

フワちゃんの奇跡の1枚 こちら。

(一同)うわー!

すごいキレイ!
(藤本)キレイやん!

北川景子さんにも
ちょっと似てる…。

キリッとしてね。
(長谷川)キリッとしてます。

フワちゃん!

カメラマンさんからのコメント。

フワちゃん あるのね
こういう部分が。

いや でも やっぱ 乗せてもらって
すごい ノリノリになってきて

なんか ちょっと
悪女の表情とか作ってたら

なんか この日1日
結構 性格 悪くなっちゃった。

(藤本)ああ 入り込んじゃった?
入り込んじゃってね。

「悪女 悪女」って言われて?
単純すぎんだろうよ。

(山崎)女優さんじゃん。

〈11月~12月部門〉

〈お次は ある意味 最強ペア
稲ちゃん&隅田〉

隅田さんはね
ちょっと 実績ありますけど

稲ちゃんね ちょっと…。

いえ さっきのは 正直…。

あっ こっちの方がいい?
あんまり… どうなの?

実際は上げない方がいい…。
上げない方がいいね。

(藤本)そうやろな…。
実際は上げない…。

そうやって言ってくれた方がさ…。
そうですね。 すみません。

稲ちゃん 隅田ペアの奇跡の1枚
こちら。

(山崎)ああ…!

(藤本)いい いい いい いい…!
これは いいんじゃない?

ねえ! 稲ちゃん感がないね。
ない。

これ 結構な角度から
本当に 撮っててね。

そうですね。
下? 上?

これ 上からなんですけど。
(山崎)上なんだ!

カメラマンさんからのコメント。

…見えるように意識しました。

ちなみに 奇跡が起きる前の写真も
ございます。

(藤本)ちょっとやばいんじゃない。
ご覧ください どうぞ。

(山崎)うわ…。

(藤本)これは…。

(一同 笑い)

もうね 2人でやってた会社の
資金が尽きましたね。

資金 尽きました。

もう 家 燃えてるけど
逃げないんだろうね。

(一同 笑い)

「燃えてますよ!」って
言われてるんでしょ?

「燃えてますよ!」。

「中にいますか?
燃えてますよ!」。

(一同 笑い)

〈11月~12月部門〉

〈お次は ダイアン津田だが…〉

どっちからいきますか?
津田さん。

自信がないんだったら

最初 奇跡が起きてない方から
見てもらって…。

津田だけやで。
でも 自信があるんだったら

ドン! で いいですよ。
じゃあ いってください。

ドン! いきましょうよ。
そのまま ドン! で?

いきましょう。
わかりました。

(藤本)自信 あんねや。
自信 ありますよ そりゃ。

それでは ご覧いただきましょう。

津田さんの奇跡の1枚 こちら。

(一同 笑い)

えっ どっちが出てきたの…?
どっちが…。

これ 奇跡やないですか!
これが… どっちなんですか?

これは 奇跡の方?
奇跡や!

ウー! ウー ウー!
(藤本)違うでしょ これ。

奇跡や…!
(藤本)間違って出しちゃったのね。

間違ったやつでしょ?
これ 奇跡ですやんか!

これ?
(津田)これですやん…!

(藤本)何してるの? これ。
(津田)「何してるの? これ」って。

「何してるの? これ」って
この企画でやっとんじゃい!

自撮りなの? 自撮り?

「自撮り」… どうやって
セットすんねん! こうやって。

聞かせてくれよ!
3 2 1って…。

間に合いすぎてるやろ! これ。
間に合いすぎてるやん! これ。

こうやって!
どこで誰が何をしてるの?

「どこで誰が何を」…!
俺が外で本を読んでる!

ユースケの家やろ?
ユースケの家…。

なんで こんな ちょっと
アメリカンチックな家に住んどんねん!

相方がネタ書くまでね。
外で待ってるの おかしいやろ 俺。

待ってるんだ?
(藤本)待ってんのよね ユースケ。

2枚目 見ます? 皆さん。

これ 奇跡 起きてるんですって。
(藤本)これで?

奇跡が起きる前の写真です。
こちら。

(藤本)一緒… 一緒やん。
一緒の人だね…。

(津田)俺… 俺…。

これ 誰がどこで何をしてるの?

俺が外で座っとんじゃい!

いやいや そういう事じゃなくて。
(藤本)じゃなくて…。

俺が外で座っとんじゃい!
設定。

(山崎)それは わかってるけど…。

まだ でも あるんですよね。
写真は。

(山崎)イヤだな こっちの方が…。

これ…。
(山崎)さっきの方がよかった…。

あの人に似てる。

高城さんに。
なんか 怒りづらいやんけ…!

最初 見ぃひんほうが
よかったやないかい!

どうしたのよ? もう…。
ずっと ほえてる…。

ずっと ほえてるのよ。

俺のだけ… 最後の最後に
いやらしいとこ持ってきて…。

〈いよいよ 奇跡の1枚カレンダー
採用写真を発表!〉

〈3万5000枚から選ばれる
12枚とは…〉

オリンピックイヤーのカレンダー。
(山崎)これは一生。 一生もの。

〈カレンダー発表前に

(芳根)宮沢りえさんの
初主演映画作品で

青春エンターテインメントの
金字塔として愛されてきた

『ぼくらの七日間戦争』が

ついにアニメ映画として
生まれ変わります。

大人たちに戦いを挑む
私たちの姿を

ぜひ 劇場で ご覧ください。
現在 公開中です。

お願いします。

(山崎)「Seven days war」。
(藤本)「闘うよ」。

声をやられてるって事ですね?

はい。
声をやらせていただきました。

〈いよいよ奇跡の1枚カレンダー

採用写真を発表〉

〈3万5000枚から選ばれる
12枚とは?〉

1月~2月部門

エントリーされたのは
こちらの4枚。

さあ…。

祈りは させてください。
(山崎)置いて 置いて。

(山内)「置いて」じゃなくて。
まだ わかんないでしょ。

見事 1月に選ばれた1枚は…。

〈オリンピックイヤーの

トップを
飾るのは?〉

布川!
おおー!

(布川)ありがとうございます!

2020年のカレンダー!

うわっ うれしい!

「うれしいっすね」じゃない…。
うれしいっすね!

(布川)なんすか?
(藤本)選ばれて うれしいっすね!

いや ネタの「ずっと
何 言ってるんですかね?」のとこ

ピックアップしないんですよ!
誰も。

(藤本)「1月に選ばれて」…。
「うれしいっすね!」って言ってよ。

1月に選ばれて うれしいっすね!
…じゃないんですよ!

そこ みんな知らないんですよ!

さあ 続いて 2月のカレンダーに
選ばれたのは…。

〈戦いを
制したのは…〉

隅田!
やったー!

2月に選ばれました。
(隅田)ありがとうございます。

(山崎)あっ そう!
(隅田)いや ダメかと思ってた。

幸ちゃんも ちょっと
勝ちそうな顔してたよね。

ちょっと 私も
いけるもんだと思ってました。

振り幅があったっていうのも
やっぱ でかいですから。

奇跡度合いですよね。
山内も惜しかったなー。

もしかして
おばちゃんの方でって なんか

変な期待してた自分がいました。
(藤本)ないから! ないから!

さあ まいりましょう。
3月~4月部門。

(芳根)これ わからない…。
(藤本)いいですよ 俺のは もう…。

選ばれるわけないやん。
3月に選ばれたのは…。

〈傑作ぞろいの中

3月に
選ばれたのは…〉

食べないでよ。

高岸!
おおー!

(山崎)あららら…!

僕じゃなくて

ADさん含め
スタッフさんに贈ってください。

そうだね。
みんなで勝ち取った…。

そうです! おめでとう!

腕 太いな。
(藤本)長いしな。

4月 まいりましょう。
よっしゃー!

4月に
選ばれたのは…。

花食いおじさんも出てきた
花食いおじさん。

4月に選ばれたのは…。

フワちゃん!
やったー イエーイ!

ハハ…! うれしい。
(芳根)可愛い。

やったね フワちゃん。
本当に…。

軽いのよね。
できねえだろ そんな簡単に…。

5月~6月部門 まいります。

(藤本)きた。 選ばれへんって!

(山崎)いや これは…!
5月 選ばれたのは…。

〈5月のカレンダーに
選ばれたのは…〉

ザキヤマさん!
よし!

フゥー!
オーケー!

(藤本)いやいや…!
(オカリナ)ええー 嘘!

こっちですよ
選ばれたのこっちですからね。

あっ こっちですか?
こっちです。

ウエスト…。
ウエスト 緑に負けたのかよ。

5月なんですよ やっぱり。
5月狙いなんでしょ?

だから 緑が入ってくれてたら
5月にいけたんですよ。

ウェディング…
ガーデンウェディングで

いけたんじゃないですか。
(山崎)女性は6月がいい! 絶対。

さあ 続いて 6月です。
(藤本)これ ショックやな。

選ばれへんかったら
ショックやで。

これ ショックや。

よしこ!
やったー!

(オカリナ)ええー!
なんで!

(山崎)いやいや
私 5月だから!

いや 5月も雨降るっしょ!

だから 山が良くなかったね

山が良くなかったっていうね
トーナメントの。

予選の時点で
ぶつかっちゃってるから。

それは 本当そうですからね。
(山崎)うん。

さあ 続いてまいりましょう。

7月~8月部門。
(芳根)あっ そうだ そうだ。

もう オリンピックシーズンですね
次は。

そうだね。
(山崎)8月っつったらね…。

7月~8月は。

〈7月の
カレンダーに

選ばれたのは…〉

まひる!
(山崎)おおー!

ありがとうございます。
(オカリナ)盤石だろ…。

圧巻ですよね。

いやいや そんな事ないです。

なんて事を…。
確かにね。

8月のカレンダー
選ばれたのは…。

「ヒマワリお願いします」。
どんぐりさんか。

草薙か…。

(藤本)どっちやろ
これ。

草薙!
ええー!

いい いい いい!
いい いい いい!

こちらの方ですよ。

インパクトで こちらに…。
いや いい いい いい!

オリンピックで
もう日本中が にぎわってる時に

カレンダー
これが出てきますから。

(山崎)いや 盛り上がりたいよ
もっと。

どんぐりさんね
残念でしたけどもね。

またエントリーして
いただきたいと思います。

どんぐりさん 良かったのにな。

9月~10月部門。

(藤本)きた!
(芳根)あっ そうだ。

(藤本)これは なかなかの
インパクトあるよ これ。

9月に
選ばれたのは…。

同じ顔してる。
同じ顔してんのよ。

9月 オカリナ!
よっしゃー!

(芳根)うれしい!
(オカリナ)よかった。

(山崎)いやいや
すごい!

レンズのゆがみを使って…。

レンズのゆがみを使って。
(山崎)でも これこそ奇跡よ。

10月のカレンダー
選ばれたのは…。

同じ顔で待たないで。

10月 幸ちゃん!

うわー!

よかった!
よかった! 本当に。

これは でも文句なしでしょ。
ねえ 幸ちゃん やりました。

そうね
ぜひ プレゼントしてあげて。

マジですよ 本当…。

さあ 残り2カ月分。
まいりましょう。

11月~12月部門。

(山崎)すごい。
どっちかだね うん。

11月 選ばれたのは…。

〈混戦の中

11月に
選ばれたのは…〉

フワちゃん。
やったー! ハハハハ…! マジ?

2枚。

(フワちゃん)
うわ すごい!

2枚は ちょっとさ…。
(津田)ホンマや!

でも これはね 文句なしでしょ?

全部 出してって すごいですよね。

皆さん
髪で隠してとか いろいろ…。

ストレートな勝負
って感じがして

すごいです。
(山崎)ウィッグもなしでしょ?

さあ 残るは1枚。
(山崎)えー どうすんの? これ。

12月のカレンダーに
選ばれたのは…。

〈カレンダーのトリを
飾るのは…〉

12月のカレンダーに
選ばれたのは…。

〈カレンダーのトリを
飾るのは…〉

川村!
うわー!

(藤本)いや そりゃそうやわ。
そうりゃそうですよ。

これは もう
文句なし!

ありがとうございます。

そうなんですよ。

〈という事で
2020年奇跡の1枚カレンダー

計12枚が決定〉

ねえ。
すごい楽しみに…。

どうですか? 送ったら飾って…。
飾りたいです!

あっ いいですか?
もう 買おうと思ってました 今。

うわっ うれしい!

〈残念ながら
選ばれなかった写真は

ボーナスページでお届け〉

画像配信もある。
(山崎)へえ…!

ああ じゃあ 落とせるみたいな。
うん。

バインロードできるんですか?
バインロードできます。

ダウンロードや!

なんで俺だけバインロードやねん。
なんで こうなんのよ。

山内のおばさんとこの
バイーンおじさんも…。

おばさんじゃないんですよ!
なんで おばさんになってんの!

ねえ これ 温かく
見守ってくれてるから ほら。

(山内)バイーン いいんですよ!

(山崎)バイーンやで。

バイーンシリーズやないねん。
画像配信したいと思います。


関連記事