爆笑問題の検索ちゃん 芸人ちゃんネタ祭り 第7世代をぶっ潰せ! 実力派芸人12組による本気の漫才・コント…



出典:『爆笑問題の検索ちゃん 芸人ちゃんネタ祭り 第7世代をぶっ潰せ!SP』の番組情報(EPGから引用)


爆笑問題の検索ちゃん 芸人ちゃんネタ祭り 第7世代をぶっ潰せ!SP[字]


年に一度の豪華芸人たちによるネタの祭典!

爆笑問題・オードリー・霜降り明星・EXIT・東京03・ナイツ・四千頭身・かが屋など人気芸人たちの最強ネタが炸裂!


詳細情報

◇番組内容

「爆笑問題の検索ちゃん 芸人ちゃんネタ祭り 第7世代をぶっ潰せ!SP 2019!」

年末恒例!!実力派芸人12組による本気の漫才・コントを贅沢にお見せしちゃいます!

◇出演者

【MC】

爆笑問題

小池栄子


【出演者】(五十音順)

東貴博&土田晃之&古坂大魔王<スペシャルユニット>

EXIT

オードリー

かが屋

霜降り明星

東京03

トム・ブラウン

友近

ナイツ

宮下草薙

四千頭身

◇おしらせ

☆番組HP

 http://www.tv-asahi.co.jp/kenchan/



『爆笑問題の検索ちゃん 芸人ちゃんネタ祭り 第7世代をぶっ潰せ!SP』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

爆笑問題の検索ちゃん 芸人ちゃんネタ祭り 第7世代をぶっ潰せ!
  1. お前
  2. 観客
  3. ホント
  4. 拍手
  5. 小池
  6. 一同
  7. 遠足
  8. 自分
  9. 大丈夫
  10. ゴリラ
  11. マッチ
  12. お願い
  13. 今日
  14. 親父
  15. 今年
  16. ネタ祭
  17. 動物園
  18. 春日
  19. 芸人
  20. 大映ドラマ


『爆笑問題の検索ちゃん 芸人ちゃんネタ祭り 第7世代をぶっ潰せ!SP』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ朝日関連商品

(一同)『芸人ちゃんネタ祭り』!

〈今夜の
『検索ちゃん ネタ祭り』は…〉

誰が蛍だよ!

一緒のとこ
行ってほしかったな…。

体強い奴は
ルールとか守らなそうだしな。

〈今年大ブレークの
お笑い第7世代が殴り込み!〉

今日は だから
パイセン芸人たちの

こう 胸を借りパクしようかなと
思ってます。

なんで借りパクなんだよ。
返してくれよ!

『芸人ちゃんネタ祭り』
EXITさんです。

(田中・太田・小池)どうぞ!

イエイ イエイ イエイ イエイ
イエイ イエイ イエイ…。

イエイ イエイ イエイ…

イエア~。

りんたろー。と…。
かねちーです。

EXITです シクヨロです!

(2人)おなしゃーす!
(拍手)

いや~ あのさ。

おう どうした? どうした?
そろそろ 俺

最強の漫才師になりてえな
なんて思ってる

今日この頃の俺で。
ハハハハ…。

入り激やばじゃん。
ハハハハハ…!

だから 最近 俺さ
NAVERまとめで…。

NAVERまとめ!?
うん。

あの お笑いの用語とか
テクニックとか

めっちゃ学んでます。
フフフフ…。

教科書 大丈夫?
大丈夫。

こうやってやってけば

俺たちもいつか
最強の漫才師になる事が

可能です。
ちょ… ちょっと待って。

何? これ。
(観客の笑い)

あっ 知らない感じだ?
ちょっと存じ上げねえんだけど…。

あの 漫才の最初は
これやっとかないと

結構きちいらしいんだよ。
フフフ…。

もしかしてだけど つかみ?

(一同 笑い)

それ。
「それ」じゃねえよ! お前…。

どこ つかんでんだよ
しっかりしてくれよ!

ちょっと待ってくださいよ
兄さん。

今日 めちゃめちゃ
言うてきますやん!

ちょっと待ってちょっと待って
お兄さん。

おい~!
なんですの? それ。

なんだよ
その変な関西弁みたいなやつ。

気づいちゃった気づいちゃった
わーいわい。

デッカチャン?

デッカチャン出てるよ お前…。
いや 実は 最近 俺

関西のお笑いを勉強しだして

関西エキス
バシバシ取り入れちゃってんの。

これ以上 余分なもん入れんな!

(観客の笑い)

チャラ男に なんか足したら
ややこくなるから!

いや 何言うてますのん?
わての体には

どろどろのオタフクソース
流れてますやん!

お前 ごりごり北海道じゃん。

お前の体に流れてんの
スープカレーのルーじゃん。

(観客の笑い)

ルールルル…。
やばいんだけど。

やばすぎ。
(観客の笑い)

イエア イエアッ…。
何?

誰が蛍だよ!

イエア イエア…。

キツネ呼んだろか!
いうて!

何やってんだよ!
(観客の笑い)

ノリツッコミ。
間違ってるよ! お前。

ノリツッコミって こう

乗りながら
ツッコむ事じゃねえから。

でも 逆に合ってない?
そうそうそう 縦ノリ 横ノリ

ノリツッコミ的な 的な
テキーラ!

これが ノリツッコミ。
(観客の笑い)

ウエ~イ!
なんでだよ!

でけえ頭に帽子乗っけたんだよ
お前…。

お笑い高等技術 かぶせ。

間違ってるよ!
ボケにボケかぶせろよ!

別名 天重。

天丼だろ!

何 重箱にぶち込んじまってんだ
てめえはよ。

てか お前さっきから

その お笑いかじってる
大学生みたいなノリやめてくれよ。

ああ… 言っとくけど 俺

あの
パリピとかチャラ男の中では

一番おもれえって言われてます。

いいか?
パリピとかチャラ男の中に

おもれえ奴なんていません。

(一同 笑い)

俺たちも そうですやん。
だからこそ

人一倍ザイマンと向き合え
って話だべ おい。

クーッ!
なんでだよ!

なんで このタイミングで
帽子取ったんだよ お前。

伏線回収。
張ってねえよ!

伏線なんて張ってねえの。

ただの帽子の往復です。
(観客の笑い)

いい加減にしろ。 もうええわ。
終われるか! おい。

漫才って終わりが一番大事なのに

こんな感じで終われるわけねえべ
お前。

じゃあ漫才って サバみたいだな。
サバ? どういう事?

締め方が肝心です。

おあとがヒュイゴー!
(2人)ありがとうございました!

センキュー!
ポンポン!

(拍手)

さあ 続いて
『芸人ちゃんネタ祭り』

オードリーさんです!
(田中・小池)どうぞ!

どうも よろしくお願いします。
(拍手)

お願いします。
オードリーですけどもね。

ええ ちょっとね

ショーパブの手品師みたいな
格好してますけどもね。

今年もね 漫才

頑張ってやっていきたいなと
思いますけどもね。

皆さん 春日ロスからは
もう 立ち直りましたか?

ロスになるほどね
人気がないんですけどもね。

ヘッ!
相変わらず

口から屁こいてますけどもね。
プゥー。

ちょっと恥ずかしいですけどね

40超えて「プゥー」で始まる
っていうのはね。

いや でも 毎年ね
この『検索ちゃん』でね

漫才できるの
嬉しいんですけどもね。

春日は『THE MANZAI』の方に
出たかったけどな。

それ口に出さないでください。
心の中で思ってください それね。

令和元年ね
今年も色々ありましたけどもね

ホント 色んな事あったなって
思うんですよね うん。

まあ 僕も 個人的にもね
色々ありましてね。

お前と安藤なつが結婚した事か。
ああ 違います。

安藤なつさん結婚したの
一般人ですからね。

ウイ。
で 僕もね なんか

色んな事を考えるんですけど
ちょっと

唐突なんですけどもね…。
唐突だな!

あの
まだ言ってないんですけど…。

5年前に 親父がね ちょっと
他界したんですけどもね。

皆さん ここ 笑うとこですよ。
笑うとこじゃないです ここはね。

このあとにありますからね。

で 親父にね
伝えたかったりするんですよ

「僕 今 順調だよ」っつってね。
お前は大ピンチだろ!

なんでだよ!
なんで俺が大ピンチなんだよ。

入籍前に
女と週刊誌に撮られたからだよ。

それ お前だろ!
(観客の笑い)

大変だった… お前だろ それ。
自分の胸に聞いてみろよ お前。

自分の…
なんで歯向かってくんだよ!

なんで歯向かってくんだよ。
お前が問題起こして…。

カス カス カス カス カス…。

何やってんだよ。 くだらねえな。

こっちカスカスダンスに
なんのかよ こっち。

じゃあ こっちたたくと
どうなんだよ こっち…。

なんもなんねえのかよ! お前。
なんもなんねえのかよ これ。

ネタ戻りますけども…。
(観客の笑い)

で 親父に話したいんでね

イタコっていうの
あるじゃないですか。

あれをやりたいんですけど…。
春日がやってやってもいいぞ。

お前 イタコできんの?
ウイ。

知らなかったよ。
すでに今 もう下ろしてるからね。

誰を天国から下ろして
漫才やってんの?

オール巨人だよ!
ご存命だよ!

それは怒られるぞ お前。

ダメだよ そんな事言っちゃ
ホントに。

下ろしてんのね?
じゃあ 親父の事も

下ろしてほしいんだけど
できますか? それ…。

できる… 今 下りれるか
聞いてみるからな。

聞くっていうのがあるの?
ちょっと聞いてみて。

お父さーん!
なんで地面なんだよ!

なんで…
天国だろ うちの親父…。

あんな事あったらね。
何もしてねえよ うちの親父。

天国だろ うちの親父は。

お父さーん! お父さん?

お父…。
2階かよ! お前。

来やすいな お前。

あのね お父さん 今ね
石を積んで蹴られるやつ…。

地獄じゃねえかよ! お前。
石積んで鬼に蹴られるやつ。

大丈夫ですか?
天国だっつってんの…。

じゃあ お父さんね 春日の
ここから入ってくださいね。

なんで脇からなんだよ!

お経とかして
スッと入れんだろうが…。

脇が一番入りやすいからね。
おかしいだろ 脇から親父…。

切れ込みがあるから 切れ込みが。
ねえだろ 切れ込み…。

臭えな!
なんで12月に脇臭えんだよ お前。

おかしいだろ。
じゃあ お父さんね

いきますからね。
「いきますからね」ってなんだよ。

では お父さん お入りください!
ブシュー!

そんなんで入るの?
ああ… ああっ!

えっ これ 今 入って…。
お父さん!

今 入ってんの? ねえ。
お父さん!

何やってんだよ。
ブシュー!

何やってんだよ…。
春日が入れてる途中でしょうが!

(一同 笑い)

何やってんだ お前。
入れてたのね。

戻ったぞ お前。
ああ ごめん。

邪魔しちゃいけないのね うん。

お入りください!
うるせえな。

えっ 今 入ってんの?
ああっ… き… きてます。

「きてます」?
きてます!

おおい! おい! おい!
おい! おい…!

ブシュー!

お前 『イロモネア』のテンションで
やってるじゃん もう。

拒絶反応があるから。
別の魂は拒絶反応あるから。

ふざけてるわけじゃないのね。
ふざけちゃない。

お父さん お入りください!
ブシュー!

ああっ! お父さん…!

お父さん!
入ってるの? 今。

いいですよ。 お父さん いいです!
すごくいいですよ!

ナイスです! ナイスですよ!
ナイス! マーベラス!

『全裸監督』じゃねえか お前。
ブシュー!

お前… 村西とおるじゃねえかよ
お前 もう。

カメラ担いでたもん。
ナイスですよ! ナイスって…。

拒絶反応だ。
拒絶反応なの?

お入りください!
お待ちください!

危ない! こっちのタイミングで
入れるから。

ごめんなさい。
ここに当たるぞ ここに。

早くしゃべりたいのよ。

親父のここが ここに当たるぞ。
カツーンっつって。

早くしゃべりたいのよ 親父と。
(春日)待て!

お願いします。 すいません。

お入りください! ブシュー!
うるせえな。

もう 早く入ってくれよ 早く。

ああっ!
何やってんの? 何…。

何やってんだよ それ。
ああっ…!

お前… お前
が~まるちょばじゃねえかよ…。

いいよ 寄せなくて。
(観客の笑い)

聞いてから やってんじゃん
明らかに 俺…。 いいよ…!

おい が~まるちょば…!
ブシュー!

なんだよ!
大リーグの内野手じゃねえかよ。

「ブシュー!」って お前。

ふざけてんな 完全に。
ふざけちゃない。

ふざけてない?
ふざけちゃない。

お入りください!
いいでしょう! ブシュー!

いいのね。 もう入る?
しゃべれる? もう。

あっ…!
あっ 入った?

親父! 親父!
俺だよ! 正恭だよ 正恭。

んー…。
正恭…。

おい ウソだろ? おい。
(観客の笑い)

お前 2019年に
古畑任三郎やってんのか お前。

親父だよな?

まさか こんな時期に
古畑任三郎やんないよな?

親父! 俺だよ。

今泉。
古畑任三郎じゃねえかよ!

忘れてるよ。
ブシュー!

忘れんなよ お前。

「ブシュー!」は絶対忘れんな
っつっただろ お前。

謝れよ。
「ブシュー!」忘れたの 謝れよ。

俺は それだけは言っただろ
本番前。 謝れよ!

クソッ!
謝れよ。

ごめんなサイドチェスト。
反省してねえじゃねえか!

ブシュー!
今 魂 入ってないだろ。

あっ! 自分の… 自分のだった。

なんで 自分のは
脇じゃねえんだよ お前。

ふざけてんだろ お前よ。

スペースがないから。
なんだよ スペースって。

親父さんの魂 入るスペースが
ないんだ 春日の中。

それを空けてるんだ 今な。
あっ じゃあさ

魂 抜ける? 自分の魂。

自分の魂 お前が抜いたら
ここ 空じゃん。

俺が呼ぶから 親父 入ったら
俺 親父としゃべれんじゃん。

さっき抜けてたから 魂。

(2人)はあ?

「はあ?」じゃない。
抜けたでしょ 魂。

抜くのね。
あっ 抜けんのね?

いきます。
えっ 抜けんの? 魂 自分で。

3 2 1…。

(舌を鳴らす音)

そんな マヨネーズ開ける
みたいな音で…。

ハハハハハ…!
笑ってんじゃねえか! お前よ。

笑うなよ!
(春日)話しかけるなよ!

次いけねえだろ 笑ったらよ。
器に話しかけるな 器によ。

器って言うなよ
自分の体の事をよ。

じゃあ 俺も抜くわ 魂。

で 交換して… 交換したら

お前の体に 俺の魂 入って
親父の魂 入ったら

親子水入らずで
春日の中でしゃべれるだろ?

こいつ 何言ってるんですか?
おい!

わかりますよね? 意味。
わかりますか? わかるの?

2人で抜けばいいんだよ
2人で抜けば。

抜こう 抜こう。 せーの…。
(舌を鳴らす音)

(観客の笑い)

あっ!
ああっ!

あっ…!
あっ! あっ…!

(観客の笑い)

えっとね…。

(観客の笑い)

ニクイね! 三菱。

『しくじり先生
俺みたいになるな!!』~!

カス! カスカス カス! 春日!

お前 バカにしてんのか!? お前。
(観客の笑い)

お前と漫才やってらんないよ。
お前 それ 本気で言ってんのか?

本気で言ってたら こんな楽しく
漫才やんねえだろ お前。

(2人)ヘヘヘヘヘ…。
(春日)正恭 元気にしてたか?

今 親父入ったのかよ!
いい加減にしろ。

どうもありがとうございました。

(拍手)

(小池)どうぞ。
ああ すごいな。

(小池)なんか トップバッターに
ふさわしい すごい…。

ホントだね。
(小池)2組の勢いが。

EXITは でも どう…。

やっぱ ここにいると
やりづらかったりするの?

いや でも なんか
感動の方がでかかったっすね。

何に感動…。
どこが感動したんだよ お前。

えっ?

脇から抜けていきました。
(一同 笑い)

あれ 最高だよね。

「会った事ないでしょ」みたいな。
(兼近)そうなんですよ。

でも オードリーは
やっぱり すごい。

そうですか…。

すごいね!
ダメ出しするのが嫌になって…。

じゃあ もう
その場でやってるの?

ルールだけ教えて

魂が 脇から入ったり
出たりする…。

(一同 笑い)

(若林)ルールは
しっかりしてるんですよ。

ちゃんと それで 納得して
春日 やる…。

「わかった」っつって。
「ここからな」っつって。

(チャイム)
はい この音が鳴ったという事は

パイセン芸人の皆さんから
お笑い第7世代の皆さんに

これだけは言っておきたい事を
発表したいと思います。

若林さんから言っておきたい事。

ああ~。
(小池)これ ご自身の事ですか?

いや 草薙君とか
あの… 後藤君とかが…。

なんか だんだん…。

寂しくなっちゃうんだ。
(若林)そう… 演者さんとか…。

その時に 呼ばれないっていう
文化ができちゃってるんで

結構困るんですよ。
若林は来ないだろうと。

実際 それこそ

(草薙)僕 たまに 兼近…。
(兼近)そうっすね。

全然合わない… お前ら。

いや 意外と盛り上がっちゃったり
するんだよな。

(一同 笑い)

若林から誘って…。
先輩とかと飲む事って

なんか
あんまりないんじゃないの?

(一同 笑い)

(チャイム)
(小池)あっ もう一つ。

春日さんが言っておきたい事。

なるほど。
(都築)重いな…。

自分としては
生活は変わってないんですけど

意外に やっぱ 周りが興味あって

意外なところにいる事が
あるんですよね やっぱりね。

(小池)全然気づかなかった…?
(春日)全然気づかないんですよね。

撮られた直後 なんか

「全部 説明させてください」
とか言って

(一同)えーっ!
そうなの?

(若林)そうなんですよ。
申し訳ないと思って?

まあ さすがにね…。
(若林)深夜に来たんですけど

(若林)
ドア… モニターに映って…。

でもね EXITは
もっとひどいなあ。

不倫なんかで 何ゴチャゴチャ
言ってんだって感じですよ。

(小池)はい
EXITさん オードリーさん

ありがとうございました。
ありがとうございました。

(拍手)

『芸人ちゃんネタ祭り』
四千頭身さんです。

(田中・太田・小池)どうぞ!

どうも~ こんにちは。
(拍手)

ありがとうございます。

はい どうも 四千頭身です。
お願いします。

はい よろしくお願いします。

(拍手)
(都築)ありがとうございます。

あの… 突然なんだけども…。
うん どうした?

拓実さ 小学校の時

一番楽しかった思い出って
なんだった?

ああ 小学校の時はね…。
まあ 遠足だと思うんだけど。

なんで勝手に決めつけるの?
決めつけないでください 勝手に。

遠足じゃなかった?
遠足じゃないよ 全然。

じゃあ なんだったの?

…まあ 遠足か。
遠足じゃんか。

遠足かもしれない。
遠足でしょ。

石橋 なんだった?
遠足。

言わされてない?
あっ 遠足だった。

ホントですか?
まあ 遠足 楽しかったじゃない。

楽しかったね。
今日は ちょっと 遠足やろうか。

あっ 遠足やる? あっ いいよ。
俺と石橋で遠足やるから

お前は そこで見てて。
行きたかったな 俺も…。

よーし 今日は
待ちに待った遠足だ!

たくさん 動物見れるといいな~。
動物園ね。 行ったな。

よーし 今日は
待ちに待った遠足だ!

たくさん
乗り物 乗れるといいな~。

遊園地…?

ゴリラだ!
動物園だよね? うん。

うわっ ジェットコースターだ。
遊園地です。 うん。

たくさん 動物いるな~。
たくさん 乗り物あるな~。

一緒のとこ
行ってほしかったな…。

別々で見るの ちょっと
面倒くさいかもしれない…。

うわっ ゾウだ!
でも このゾウ 全然動かないな。

なんて種類だろう?
何 何? イシゾウ?

石像じゃない?
(観客の笑い)

全然動かない石のゾウ
石像だよね 多分。

やっぱ
ジェットコースター 最高だなあ。

あっ
ジェットコースター乗って…。

うわっ ここ ゴリラと
腕相撲体験できるじゃん!

あるわけないでしょ そんなの。
持っていかれて終わりだから。

レディー ファイト!
もつれんだね ほんで。

そんな人間 見た事ないよ 俺。

次 何乗ろっかな?
あっ コーヒーカップ乗ろう。

コーヒーカップ乗って… うん。

おっ…
ゴリラ ラクダ ダチョウ ウサギ。

変わった並びだなあ…。

しりとりになってる。
そんな動物園 見た事ないけど…。

(石橋)ああ 疲れたな クレープ食べよ。
クレープ?

うわっ 北極熊のコーナーじゃん!

北極熊?
あれ? でも いないな。

えっ?
なんだ 冬眠中かよ…。

北極熊の冬眠 永眠だぞ。
(観客の笑い)

北極熊 冬眠…?

冬 生きないで
いつ生きるんですか? 奴らは。

ああ クレープ美味しいなあ。
動物園に お笑い任せんなよ。

(観客の拍手と笑い)

帰ってきて。
はい?

何 動物園にお笑い任せて
優雅に楽しんでるの?

ちょっと 帰ってきてください。

なんだよ せっかく
遠足気分 味わってたのに。

ホントに 遠足気分を
味わってる人がいたの。

どういう事?
ここに とんでもない人が…。

わかったぞ。
お前も遠足行きたいんでしょ?

違う違う そういう事じゃなくて。
じゃあさ 引き続き

それぞれ 遠足やるから
お前は来たい方に来ていいよ。

来たい方…?
いやあ 動物園 楽しいな~。

次 何乗ろっかな~?

えっ… 何乗る? じゃあ。
おっ。

(観客の笑い)

あっ じゃあ 観覧車 乗ろう。
観覧車ね。

うわっ 高え…!
ここが頂上らしいよ。

はい。
(観客の笑い)

あっ 見て。
あそこにスカイツリー見える。

最高だな。
うん…。

次 コーヒーカップ乗らない?

ちょっと 帰るわ ごめんなさい。
(観客の笑い)

おおっ…!
全然面白くなかったよ 遊園地。

遊園地なのに!?
ビックリしたよ 全然楽しくなかった。

せっかくだったら
動物園 楽しんでくれよ。

動物園 楽しもうかな。

(観客の拍手と笑い)

なんかね ここのゾウが
全然動かなくてさ…。

イシゾウっていうらしいよ。
石像なのよ これ。

えっ?
石像なんだよ。

でも さっき 鳴いたんだよ?
石像 鳴かないだろ お前。

見ててみって。
えっ?

ワーッ!
お前 言ってるじゃんか。

そうやって鳴かないんだよ。
あっ そうなの?

(観客の笑い)

(観客の笑い)

で なんかね ここの動物園
しりとり順に並んでるんだって。

あっ やっぱ
しりとり並んでるの? これ。

実はさ
俺 将来 動物園を開きたくて。

そんな夢あったの?
そう。 で ここの動物園を

参考にしようと思って。
しなくていいよ こんなとこ。

どんな動物 置けるかな?
知らないよ そんなの。

ゴリラ ライオン。
終わったぞ お前。

2匹しかいない動物園
見た事ないから。

そうかな?
うん。

あっ でね ここ
北極熊のコーナーがあるんだけど

北極熊 冬眠中なんだって。
いや 北極熊の冬眠

永眠なんだよ これ。
そんな事ある?

そうだよ。
あっ でも なんか書いてあるよ。

当園の北極熊は アライグマを
白塗りしたものとなっています。

あっ やばい事してる!

めちゃくちゃ やばい事
してるじゃんか そこの動物園。

ワーッ!

イシゾウが鳴いてない?
イシゾウの鳴き声じゃない。

「ワーッ」っつってたけど。
違うよね。

帰りますよ ホントに。
遠足最高だな。

よかったね。
どうもありがとうございました。

(拍手)
面白いね。

(小池)それでは参りましょう。

『芸人ちゃんネタ祭り』
東京03さんです。

(田中・太田・小池)どうぞ!

どう? 直りそう?

うーん どうかなあ…。
(角田)もう長い事

使わせてもらってるからねえ
このコンポ。

さすがに
もう 寿命なのかなあ…。

いや 豊本だったらいけるでしょ。
ええ?

いけるって。
お前は過去に

2回も そのコンポを
直した実績があるんだから。

いや それは たまたま
直せる範囲だっただけで

別に 俺 素人だからね。

(角田)
まあ 豊本が直せなかったら

申し訳ないけど
もう さすがにかな。

いや もう 型が古くてさ

修理出しても
部品もないみたいだしな。

えっ それ もう 何年使った?

この店の開店祝いに
飯塚から もらったやつだから

もう15年か!
そんな経つか!

うん。
いやあ 思い出すな。

この店の開店祝いにさ お前に
何あげようか すごい迷ってて

お前 ほら 大学時代から
音楽聴くの好きだったじゃん。

(角田)ああ そうだな。
で しかも 俺

その当時 お前が酔っ払って

俺とか豊本とか サークル仲間に
熱く語ってた話 妙に覚えててさ。

えっ? 何?

俺は 将来
自分で開店資金をためて

カフェを開きたい。

で それが実現したら

自分の選んだ
自分の大好きな音楽で

その店内を包みたいって。

お前 よく そんなの覚えてるな。

覚えてるよ! 包みたいって表現
気持ち悪いなと思って。

ちょっと… 何で覚えてんだ!
おめえはよ。

普通 言わねえだろ。
いいだろ 別によ。

で すごいインパクト残ってて
あっ だったら

コンポなんか
ちょうどいいかなと思って

サプライズで
プレゼントさせてもらったのよ。

いや ホント ビックリしたよ。

それから 15年も
使わせてもらってるからね。

いやあ 頼む! 豊本。
もう1回 直してくれ。

このコンポにはさ

この店の思い出が
全部 詰まってんだよ。 なあ?

まあ もう
十分 使わせてもらったけどな。

そういうわけにいかないだろ。
思い出のコンポなんだからさ。

そうだな。
よし!

えっ もしかして 直った?
ちょっと CD借りるね。

直った? 直った?
ちょっと わかんないけどさ…。

直ったか?
とりあえず 落ち着けって なっ。

試しに… ねっ。

いやあ…。

頼む!

♬~(音楽)

おお~!
おお~!

直ったじゃん!
直った!

直したな 豊本。
直したー!

直ったな。
直ったー! 直ったーっ!!

お前が
一番テンション上がってるけど。

いや もう
絶対ダメだと思ったから。

何? ダメ元でかけてみたの?
ダメ元でかけてみた。

なんだよ それ! ハハハハ…。
ハハハハ…。

いや でも よかったな 角田。
直ったぞ。

また 豊本が直したよ。
直したよ。

どうした?
なんか 嬉しそうじゃねえな。

俺 もう 買い替えたい。

(一同 笑い)

ええっ?

いや あの…
もう 買い替えたいんだよね。

えっ! この思い出のコンポを?
うん。

いやいや
俺 せっかく直したんだよ。

そうだな。 また直しちゃったな。

えっ お前 何が言いたいの?

いや あの
ホント 申し訳ないんだけど

元々 あんま気に入ってない!

すげえ事 言ったよ こいつ!
こいつ すげえ事 言ったぞ おい。

申し訳ない
ホントに申し訳ないと思ってる。

でも ホントなんだ。

いや… だって お前
俺がサプライズであげた時

すごい喜んでくれてたじゃん!
そりゃあ 喜ぶでしょう!

そりゃあ
喜ぶしかないでしょう! ねえ!

だって せっかく サプライズ
してくれたんだからさ。

いや ビックリはしたけどね。

えっ!
これ 使わなきゃいけないの?

そっち? えっ そっち?
そっちだよ!

俺さ 音楽 好きなんだよ。
いや 知ってるよ。

わかってないよ。
知ってる 知ってる。

わかってないよ。
知ってるから これ あげた…。

わかってないよ お前は!

こういうのはさ
絶対 自分で選びたいよ。

これ 絶対! 絶対だよ。

だって 音楽 好きなんだもん!

(一同 笑い)

人の趣味にさ
土足で踏み込んでこないで。

すげえ言い方してくるじゃん。
なんで そんな言い方するの?

申し訳ない。
ホント 申し訳ないと思ってる。

でも ホントなんだ。
ホントだから 嫌なんだよ。

すまん!
じゃあ 俺があげた時に

そうやって言えよ!
言えないよ 言えないよ!

言えないよー!
言える? ねえ 言える?

せっかく くれた人に対してさ
もっといいのが欲しかった。

言える?
今 言ってんじゃん。

今ね!
怖えな。 なんか怖え。 なんだよ。

15年 言えなかったから…。

15年!

もっといいのが欲しかった!

今 すごい言うね。
何 解禁にしてんの。

申し訳ないと思ってるんだ…。
「申し訳ない」じゃねえよ お前。

でも ホントなんだ。
ホントだから嫌なの!

ホント 申し訳ないと思ってる…。
なんなの? お前。

ただ 赤はない。
はあ?

赤はないわ。
何? 急に。

いや マジ 赤はないわ。
いや 赤はオシャレだわ。

赤に罪はないよ お前。
それは お前のセンスだから。

赤はスタイリッシュ。
それは お前のセンス。

俺は選ばない。
赤はない! 赤はない!

赤のコンポは選ばない!

じゃあ あげた時
そうやって言えよ。

言えないよー! 言えないよー!
言えないよー!

言える? ねえ 言える?

「赤のコンポ 訳わかんない」
言える?

今 言ってんじゃねえか。
今ね!

それ やめろ。 怖えわ。

しれっと買い替えようかなとも
思ったよ。

お前 続々失礼な事 言うね。
(観客の笑い)

やっぱ それ できないじゃん。
なあ それはな。

だって お前 店来るしな。
来る…。

来るよ お前。
なんだ? その言い方。

「今日も調子いいね」って お前
絶対 言ってくるじゃない。

言うよ。
だから もう 待つしかないよ

壊れるの。

最初に壊れた時は
嬉しかったなあ…!

それ どういう気持ちで
聞けばいいの?

やっと壊れてくれた!
やっと買い替えられる!

やっと自分で選べるんだ…!!

でも 現れたんだ
工具箱を持った悪魔が…。

俺?
(角田)お前だよ!

お前が直さなきゃな
こんな事にはなってねえんだよ。

いやいや 俺は
頼まれたから直しただけで…。

だからって そんな何回も直す事は
ねえだろうっつってんだよ!

何回 直してんだ お前は!?
3回目だぞ コラッ!

おい!
なんで機械に強いんだ!?

どんなキレ方してんの。
聞いた事ねえよ。

あのな お前

普通 コンポの寿命なんて
持って7~8年だよ お前。

それを お前が
15年も持たせたんだよ 15年も。

何してくれてんだよ?
お前 なあ。

今どき この手のコンポ使ってる奴
見た事あるか?

なあ? おい この手のコンポをよ。
強い…。

なんか 開いたぞ! おい。

(観客の拍手と笑い)

カセットテープだってよ!

入れるテープを持ってねえよ!
お前 バカ野郎。

飯塚が「直ってくれ~!」って
祈ってる間

俺は「直らないでくれ~!」って
祈ってたよ。

じゃあ その時 言えよ。

言えないよー! 言えないよー!
言えないよー! 言えないよー!!

そのステップ
いつ 身につけたの?

(角田)言える? なあ 言える?

わざわざ来てくれた友達にさ
「ホントは直さないでほしい」

「黙って
とっとと帰ってくれねえかな」。

「自慢げに
自分の工具箱を持ってきて

機械に強いですよ
アピールしてる感じ

鼻につくわ~!」。

「ホント…

嫌い!!」。

…って言える!?
今 言ってんじゃん。

今ね!

今も
言っちゃダメな内容だったけど。

15年 言えなかったから… 15年!

なんだよ もう…。
やっと言えるよ。

怖えよ。 なんだよ…。
おい!

わかったよ…。
やっと言えるよ! おい!

おい 豊本
あと1個だけいいか?

なんだよ…。

お前 うちの開店祝い
何もくれなかったな。

えっ それ
ずっと言いたかったの?

(観客の拍手と笑い)

新旧のトリオが。

まずは 四千頭身。
はい ありがとうございました。

不思議なネタだよな。
ねえ。

最初から
3人でやろうと思ってたの?

いや 最初は そんな事ないです。

いやいや お前に聞いてるの。

都築君と後藤君は ずっと一緒。

滑り込んだの?
はい。

サーッていう感じ?
(石橋)ホントに そんな感じですね。

ビックリしなかった?
急に滑り込んで…。

なんで あいつとばっかり
しゃべるんだよ。

(小池)ホント
どういう事なんだろう?

03は やっぱり
きっちりしてるな やっぱな。

設定がすごいもんな。
ありがとうございます。

カセット開いちゃうしね。

あれは わざとやったの?
あれ ネタなの?

何回か…
全国ツアーさせてもらって

で やってる間に
たまたま開いちゃったんですよ。

で… そう。
あ~ そうなんだ。

こういうのは
あんまり言いたくないですけどね。

コンポ! っつって ちゃんと…
ちゃんと あの… バンッ!

だから

(塙)なんだ! 今日だけの
ハプニングじゃなかったんだ?

(角田)ほら ほら!
なっちゃうじゃん ほら!

そういうの聞かないでくださいよ
そういうの。

(チャイム)

(小池)今回は
東京03の飯塚さんからです。

「偉そうに言える事など
何一つありませんが

とりあえず 挨拶だけは
ちゃんとした方がいいと思います」

なんで 自分からいくの?
まだ根に持ってんのか お前。

それは だって…
大事じゃないですか。

ここは そんなに…。

もう でも ホントに。 ホントに。

(角田)当たり前の事だよね。
これは もう 当たり前の事だから。

して 損はないですよね。
そう そう そう。

怖いっすね。

(一同 笑い)
(加賀)向けられて…。

撃たれて 「ああっ…!」
ってなってたら もう…。

(加賀)よろしくお願いしますとか
言う間もなく

ドアが閉まるんですよ。

マネジャーさんも それで思ってるから
スーッと閉めるんですよ。

(一同 笑い)
(飯塚)そう! で その…。

(一同 笑い)

はい 四千頭身さん 東京03さん
ありがとうございました。

ありがとうございました。
素晴らしい。

はい。 さあ 続いては
宮下草薙さんとナイツさんです!

(拍手と歓声)

豪華だ 今日は。 すごいわ。

(一同 笑い)

(春日)誰か えずいてる…。
なんか げえげえ言ってる…。

(角田)ハハハハ…。

草薙だろうね。

さあ そして ここで…。
はい。

霜降り明星さんが来てくれました。
お~ 霜降り!

飯塚さん おはようございます。

(粗品)飯塚さん
おはようございます。

ちょっと もう…。

来たら 草薙が なんか…。

(せいや)何をしてたんですか?
いや 何もしてない。

これから ネタやるのに
多分 緊張して…。

おえ~! ってなってたね 今ね。

『芸人ちゃんネタ祭り』
宮下草薙さんです。

(田中・太田・小池)どうぞ!

はい どうも~。

(拍手)

どうも 宮下草薙です。
よろしくお願いします。

大丈夫?
(古坂)顔色…

顔色が1回吐いた…。
青いよ!

あの…
なんか 今度 アパートの隣に

なんか すごい ボディビルダー
引っ越してくるらしくて。

ボディビルダー?
ボディビルダー。

で ちょっと
詳しく知らないから…。

聞いた事はあるけどね
ボディビルダー。

詳しく知らないから
どういう人か知ってたら

教えてほしいなって思って。

ボディビルダーっつったら ほら
筋肉を極限まで鍛え上げてさ

それを なんか… 美しさを
コンテストで競うみたいなね。

そういう人たちじゃない?

…うん。

(観客の笑い)

(観客の笑い)

(観客の笑い)

ハハハハ…!

えー…。

(観客の笑い)

嫌いだな。
何!?

(観客の笑い)

嫌いだな そいつ。

嫌いだなって そんな頭ごなしに
言ってやんなよ。

鍛えてるだけだから。 筋肉を。

き…。

今までの人生
結構 体のでかい人とかには…。

暴力とかも受けてきたし。

お前の経験談で語るなよ。

ボディビルダー
そういう人たちじゃないから。

で 廊下ですれ違う時とかも
なんか

パ… パンチされるんじゃないかな
って思うと

すごい
身構えちゃったりするから

それが 逆に なんか
挑発とかと取られて

なんか怒ってきたりしたら
嫌だしな。

それは… それは
そうなったとしても

すいませんでした ちょっと
見てしまいました みたいな

ちゃんと 大人の対応をしなさい
それは。

うっ…。

俺は なんか でも
売られたケンカは

結構 買っちゃう感じのスタイルで
やってきたから。

なんでだよ! 全然 違うだろ。

そんなスタイルで
やってく人じゃないだろ。

やっちゃうかも。 買っちゃって…。

向いてないよ そんなスタイル。
わーってやっちゃうかも。

やっちゃうなよ だから。
やっちゃうかも。

向いてないんだよ お前。
アドバイスするな! 俺に。 お前が。

なんでだよ! お前が聞いたんだ。
お前は もう… あーっ!

なんだよ!
お前の言う事なんか…。

お前が聞いたんだろ。

アドバイスするな! 俺に。
お前は もう。

なんでだよ。 ちきしょう。
お前が言ってきたんだよ。

ボディビルダー やだな
引っ越してくるの。

ボディビルダー やだ!
大丈夫だよ!

筋肉 鍛えてるだけの人たちだよ。
別に 暴力 振るってこないから。

やだ! やだ!
大丈夫だよ! 何が?

やだ!
何してくるか わかんないし

ああいう…
ルールとかも守らなそうだしな。

体強い人とか。
そんな事 言うなよ お前。

体強い奴は
ルールとか守らなそうだしな。

そんな事ねえよ。
いや なんか…。

守ってくれるよ。
強引なトレーニングとかしてきて

近所に迷惑とかかけるかも
すごい。

なんだよ?
強引なトレーニングって。

なんか 加湿器の水に こう…

プロテインとか混ぜて
それを なんか 全身で浴びる

タンパク浴みたいなのを

日課にしてくる奴だったら
どうしよう?

なんで 最新エステみたいな
トレーニングしてんだよ お前。

休日になるとコンコンって なんか
1部屋ずつ アパート回って

予定の入ってない奴は

なんか そのトレーニングに
参加させられるかも。

余計なお世話だよ。

なんか 部屋 連れてかれて
服 全部 脱がされて

蒸気 浴びながら
一緒に深呼吸しようよって。

ああ…。

(観客の笑い)

(拍手)

ううっ…!

うーっ! 怖い…。

食われちゃうよ。
大丈夫だよ!

大丈夫だよ!

なんで 深呼吸しちゃうんだ
全裸で。

断りゃいいんだから そんなん
もし来てもさ。

その空気を…。
大丈夫だよ!

その空気を吸った動物とか…。
なんだよ?

巨大化とかしたら どうしよう?

どういう事だよ? お前。

ある日 家帰ったら

なんか ムキムキのネズミが
背中に でかいチーズ乗せて

リビングで腕立て伏せしてる…。

(拍手)

なんで ネズミが 一番シンプルな
トレーニングしてんだよ。

振り返って
今に見てろ! みたいな顔して

窓割って なんか 外逃げてって

そしたら アパートの前に
救急車が止まって

口に チーズ詰められた大男が

隣の部屋から
こう 担架で運ばれてって…。

うっ うっ…。

はあ… ううっ…。

宮下… みや… 宮下…。

始まっちゃうよ!
何がだよ!

何がだよ?

何が始まるんだ?

何?

B級映画の冒頭15分
聞かされてるよ。

…引っ越す。
勝手にしろ!

どうもありがとうございました。
(拍手)

(拍手)

すげえなあ。

すごかったね。
宮下草薙。

(拍手)

すごかったね 草薙 お前。
大丈夫だったの?

(草薙)前半 ちょっと その…。

収め待ちがね。
収め待ちが ちょっとあったんで。

あの間でやってんだろ?
普段から。

(草薙)いつもは
もうちょっと短いんです。

ハハハハッ…!

本気で吐きそうだったの?

マジかよ お前!

ずっと「ボディビルダーは乱暴者だ」
って言ってた時

春日が微妙な顔で…。

(一同 笑い)
そうだね。

ネタ どうやって作るの? 2人は。

草薙が ボケ 送ってくれて…。

ボケだけ送ってくんの?
はい。

どういう事!?
怖いよね。

結構 まあ…
アドリブも ちょっと

多いっちゃ多いですよ。
こいつは もう…。

ホント その都度
やっぱ 言う事が違うんで…。

怖っ! ビックリした…。

味方よ? 味方よ?

いやいやいや…。

お前 一歩間違うと
もう 絶対テレビに映せない芸…。

いやいや
太田さんほどじゃないですって。

『芸人ちゃんネタ祭り』
続いては ナイツさんです。

(田中・太田・小池)どうぞ!

よろしくお願いします。
(拍手)

ナイツです。
よろしくお願い致します。

あの 野球が大好きなんですけど

今年 一番ショックだったのが
イチローの引退ですよね。

確かにね。 これ球界の
一番大きなニュースですよね。

僕 思うんですけど
イチロー以上のバッターは

今週いっぱい
出てこないと思うんです。

当たり前だろ。
はい。

今週 何すりゃ
イチロー抜けるの?

試合も終わってるからね。
うん。

あの イチローって

紹興酒 三拍子
そろってるじゃないですか。

走攻守ね。

紹興酒 家に
そろえてるわけじゃないから。

ここは まだ衰えてなかった
らしいですからね。

守備は ずっと一級品でしたから。
脇毛がすごく生えてたらしい…。

肩だよ。
肩を褒めてんだ みんな。

日米通算4000本以上…。

そこの本数じゃねえぞ。
そこの通算で争ってねえんだよ。

誰とも…。 ああ?

あっ… 本 読んだ?

何?

台本読んだ? ちゃんと。
台本どおりやってくんないかな。

いや… 止めちゃダメでしょ。

な… 何…?
台本どおりやってくんない?

なんで セリフ変えんの?
台本どおりやってるよ。

やってないでしょ 台本どおり。
本読んだ? ちゃんと。

入ってる? 本。

ちょいちょい本って言うの
腹立つな。

(塙)本 入ってる?
いや 入ってるよ! だから…。

わざと変えた? わざと変えたの?
なんで変えんの?

変えてないでしょ。
変えたでしょ?

な… 何?
なんなの? それ。

気にしないじゃん
いつもなら別に。

違う… いつもさ あの

日米通算4000本以上って時
なんてツッコんでた? そこ。

ええ!? だから あの…
「そこの本数じゃねえよ」かな?

全然違うよ。 台本は

「うるせえ バカ言ってんじゃないよ」
って書いてあった。

そんな台本だっけ?
(観客の笑い)

なんで変えんの?
えっ なんで変えんの?

それは
変えた方がいいんじゃないかな。

変え… 変え… 変えるんだったら
事前に言っとかないと。

その…。
大丈夫でしょ 別に今のぐらいは。

そんな変えても…。
あの… 監督さんとか

カメラマンさんとか…。
関係ないでしょ 別に。

監督さんとか…。
記録さん… スクリプターさんとかさ。

誰?
記録さん… スクリプターさんとか。

タイムキーパーさんとか
いるじゃん 色々…。

色んな人があって
やってるわけだから。

漫才だから 別に
タイムキーパーさん関係ないから。

わかるんだけど! 40過ぎて
自分の言葉にしたいみたいなの

わかるんだけど…。
そういうのじゃないの。

そういう年頃とか
そういう問題じゃないの。

初めからおかしかったんだよ。
なんなんだよ。

「イチロー以上のバッターは 今週いっぱい
出てこないと思います」って時

なんてツッコんだ?
「当たり前だろ」って言ったの。

「今週 何すりゃ
イチロー抜けんだよ」かな。

全然 台本読んでないから。
なんなんだよ!

台本は 「うるせえ
バカ言ってんじゃないよ」。

そればっかじゃねえか。
(観客の笑い)

台本 問題あんだろ!
変えるよ! それは。

問題あるかどうかは
俺たちが判断する事じゃない。

笑うな! 腹立つな。
俺たちは

頂いた本を
そのまま忠実にやるっていう…。

頂いた本って 何?
…事をやんないと

訳わかんなくなっちゃうから。
いや もう いいから

止めないで? 漫才中だから。
ごめんなさい すいません。

もう訳わかんなくなっちゃうから。
次 いって。 もう。

ちょっと エキストラの皆さん
ごめんなさい。

エキストラじゃねえよ。
お客さんだよ!

次のシーン
進んじゃっていいですか?

次のシーンとかないんだよ。
次のくだり いけっつうんだ。

いいから…。
次のシーンから… すいません。

イチローは 1952年4月の25日に
三重県で生まれたんですね。

1952年生まれ?
お父さんが漁師で

お母さんがね
海女さんをやっていたんですよ。

ええ? イチローさんですよ?

高校を卒業したあとに

遠洋漁業の世界に入ります。
イチローさんがですか?

それから
マグロの一本釣りをしていた

といわれております。
イチローさん。

その後
調理師の免許を取りまして

一時期
板前を志すんですけども…。

苦労したんですね。
27歳の時に

弟の…
ああーっ! ごめんなさい。

(観客の笑い)
なんだよ!

なんだよ また 途中で… えっ?

高校を卒業したあと
5年間 マグロの一本釣り…

「5年間」抜けてました…。
どうでもいいよ! それ。

(観客の笑い)
ごめんなさい すいません。

変わんないから。 いい 大丈夫
そこ抜けても一緒だから。

5年間 マグロ…。
ボケ一緒だから。

何持ってんの ねえ。
5年間 マグロの一本釣り…。

あんちょことかいらないでしょ
別に そんなの なあ。

5年間 マグロの一本釣り…。
完璧にしなくていいの。

もう いいから!
5年間 マグロの一本釣り…。

早く! ねえ。
マグロの一本釣りを…。

早く「鳥羽一郎だろ!」って
言わせろよ。

(一同 笑い)

やってもウケない…。

待ってる時間 地獄だから これ
なあ。

あ え い う え お…。
そういう問題じゃねえよな。

か け き く け こ か…。
滑舌の問題じゃねえから 別に。

いいよ もう。
なんで止めんの? それ。

大丈夫ですよ。 ちょっと
あとオンリー… すいません…。

撮らねえよ オンリー。
すいません。 ここ オンリーで。

なんで そんなとこ別撮りすんの?
意味わかんない。

次のシーン。
「次のシーン」じゃない…。

次のシーンいってもウケないから。
ごめんなさい… すいません。

申し訳ない 申し訳ないです。
次いかないと もう。

イチローが引退記者会見の時に
記者から

「子供たちに対して 何か
メッセージないですか?」って

言われたんですよ。
ねっ 引退会見。

その時に言った言葉が
すごい いい言葉なんですよね。

名言ですよね うん。
「自分が熱中できるもの

夢中になれるものを見つかれば

それに向かって エネルギーを
注げる事ができるので

そういったものを 早く
見つけてほしいと思います」。

そんでセリフが下手だな おい。
(観客の笑い)

えっ? えっ? えっ?
おい ウソだろ おい。

なんか
芝居を語ってらっしゃったから…。

なんですか?
いやいや

肝心のセリフが全然 下手で
入ってこないのよ。

なんなの? それ ねえ。
わかってないな。

そういうのじゃないんだよね。
あのね 要するにね あの…。

(一同 笑い)
いや あの…。

うまい下手じゃないの。
うまい下手じゃないの。

うまい役者は… うまい役者は
ごまんといるわけ。

だから
俺たち役者っていうのは…。

俺たち役者って言っちゃった…。
うまい下手じゃない。

いかに味を出すか…
味を出すかって事なのよ。

要するに

わざと平たんな言い方をする
メソッドというか

そういうやり方っていうの
あるわけですよ。

メソッド うん。
なんて言うかな… あの… ねえ

伴淳三郎とかさ…。
伴淳三郎さん?

あの わざと… 岸部一徳とかのが
わかりやすいですね。

昔で言えば伴淳三郎… あえて
こう 平たんに言うっていう…

こう… あって

あえて こう 流すと ちょっと
そういうふうに読んでる…。

聞いてらんねえよ! お前。
(観客の笑い)

あるんですよ。
聞いてらんない

その なんか 一回究めた
みたいな言い方。

いや 違うから あなたの場合は。
ねっ?

申し訳ない
ちょっと言いづらいけども

はっきり言うよ。
ただの棒読みだから。

棒読みか…。

♬~(音楽)

確かに…。
(観客の笑い)

俺の演技は ひどいと
ネットでたたかれている。

(観客の拍手と笑い)

流れるような棒読み。
(観客の笑い)

表情筋が殉職している。
(観客の笑い)

棒読みが2回続いた時には
棒々鶏と書かれていた。

(観客の笑い)

にっこり笑ったつもりだったが
目が死んでいて

真犯人と間違えられた事もある。
(観客の笑い)

悔しくて近藤芳正さんがやってる
ワークショップにも通った。

(観客の笑い)
しかし 何も変わらなかったんだ。

ただ そういった
誹謗中傷に耐えかねて

辞めていった芸能人は
たくさんいるはずだ。

我々は そういった
被害者の無念を晴らすため

必ず 舞台に上がる!

うるせえよ!
(観客の笑い)

…ハッ!

いや 「ハッ」じゃない…。
(観客の笑い)

入っちゃった…
入っちゃってます?

おい!
えっ? 入っちゃってました?

怖い 怖い 怖い 怖い。
入っちゃってたじゃないんだよ!

なんなんだよ これ なあ。
役に入っちゃってた?

長い時間使って
お前 何をやってんだ。

なんか 音楽流れたら
急に 入っちゃったから…。

違う。 漫才なんだ これは。
役者だからさ 入っちゃった 俺。

役者だから入っちゃうんだよね…。
うるせえな!

入っちゃうんだよ。
長い時間使って

お前は ただ… 音楽使って

大好きな内藤剛志さんのマネ
したいだけだろうがよ!

♬~(音楽)

お待たせしました。

すき焼き定食です。
どうぞ ごゆっくり。

(一同 笑い)

雨上がりの西巣鴨で
一人すき焼き。

なんて贅沢な時間なんだ。

いただきます。

うん…。 これ これ。

「これ これ」じゃないよ!
(観客の笑い)

『いだてん』お疲れさまでした。
『いだてん』…。

東都知事
『いだてん』お疲れさまでした。

東都知事
『いだてん』お疲れさまでした。

松重豊さんじゃねえんだよ 俺は。
え~っ!?

何をやってんの これはね…
ずっと。

違う人なんですか?
おかしいでしょ。

漫才中に音楽流して…。
全体的に意味がわかんねえよ。

そこ 「意味わかんない」じゃなくて
「うるせえ」

「バカ言ってんじゃないよ」に…。
もう それ いいわ!

(2人)どうも
ありがとうございました。

(拍手)

(小池)ありがとうございます。

ナイツも また もう…
どうかしてるね。

ちょうど
昨日の夜 9時から2時間

『警視庁・捜査一課長』っていう
ドラマ…。

次の日だったので…。

棒読みだって?
もう いい加減に…。

そこまで…。

(チャイム)

土屋さんが言っておきたい事です。
(土屋)はい。

そもそも 第7世代っていう事…。
(小池)誰が言い出したんですか?

せいやが言い出した。
せいやが勝手に…。

これ ホンマ
僕 別に広めてるわけじゃなくて

なんか こんなんあったら
盛り上がるんちゃうかって

ラジオで 1回 言ったら…。
今 誰のモノマネしてるの?

嬉しいわ… 坂田師匠…。

やってなかったです。
やってなかったです。

無理やり 今 スイッチ入れられて
ビックリした。

なんで それ言ったの? それは。

いや なんか M-1とって
なんか ちょっと興奮して…。

せっ せっ…。
せいや! せっ せっ せいや!

なんなんじゃそりゃ
なんなんじゃそりゃ!

空気 見てください。
(一同 笑い)

(せいや)下手なんですよ!
MC 下手すぎる!

せっ せっ せいや!
(せいや)せいや! せっ せっ…。

なんなんじゃそりゃ
なんなんじゃそりゃ!

ウケてくれ…! ええねん もう。
ウケるか!

ネタ前に しんどいですよ…。

(小池)宮下草薙さん ナイツさん
ありがとうございました!

『芸人ちゃんネタ祭り』
かが屋さんです。

(田中・太田・小池)どうぞ!

(賀屋)うーん…。 うーん…。

面白い人がタイプかな。 うん。

やっぱり かっこいい人とか
男らしい人とかも

いいなって思うけど やっぱり
面白い人がいいなって思う。

やっぱり 長く付き合いたいって
考えるタイプだから

やっぱり それだったら
面白い人の方がいいなって思う。

あっ わかる?
うん そうなんだよね。

マユちゃん 飲み物 大丈夫?

あっ じゃあ
ジャスミンハイにしよっかな。

ジャスミンハイ1つ。 オッケー。
サユリちゃんは?

生1つ。 コウスケは?
あっ オッケー。

すいません!
ありがとう。

どうしよっかな。
うん。

すいません。

ジャスミンハイを1つと
生2つと

えっと… 僕が
一番搾りを さっき飲んだので

二番搾りをください。

(観客の笑い)

ちょっと待ってください。
すいません。 えっと…。

ちょっと待ってください。
えっと…。

あっ じゃあ のどが渇いたので
おみそ汁1つください。

(観客の笑い)

一番搾りをください。
(観客の笑い)

あっ…。

ううん 大丈夫。

ああっ… ありがとう。
ううん。

あっ… あの… コウスケ君って
趣味とかってなんなの?

うん 趣味。

え~ サーフィンやってるんだ。
すごい!

今度 私も連れてってよ。

えっ いい? じゃあ 2人で
連れてってもらおう。 ねっ。

あっ 約束だよ。
絶対連れてってよ。

うん? 私?

うーん 私は これといって
趣味って呼べるものはないかな。

あっ そうだ。
加賀君って趣味ってなんなの?

趣味?
うん。

趣味か…。 趣味は… えーっと…。
うん。

フッ… 趣味は…

カヌー。

カヌー!?
えっ カヌー 珍しいよね。

あっ わかった じゃあ
サーフィンとカヌーで

なんか 海の繋がりで
仲良くなったとかだ。

なんか そんな感じ?

やった事ない。
(観客の笑い)

やってない。
や… うん?

やってない…。
うん? やってない…。

ハハハハ…。
ちょっと コウスケ

俺がカヌーやってないの
知ってるじゃん。

ねえ やった事ないの
知ってるんだからさ

「おい やった事ないだろう」って
一言 言って。

(一同 笑い)

あの… 「一番搾りだろ」って
言って。

うん…。
そっか。

やってないんだ カヌーは。
やってない。

あっ そうなの。 じゃあ
ホントの趣味ってなんなの?

ホントの趣味?
うん ホントの趣味。

ホントのやつは…。
うん。

映画鑑賞かな。
普通か!

(観客の笑い)

いや サーフィンとかカヌーとか
聞いたあとだったから

普通かと思って
「普通か!」って言っちゃった。

普通か! 普通だよね だってね。
そっか 普通か…。

へえ~ 映画見るの 好きなんだ。
映画見るの 好き。

じゃあ
加賀君が今まで見てきた中で

一番好きな映画って何?

「一番好きな映画って何」?
うん。

ちょっと待って。
えっと… 色々見てるけど…。

そうだろうね。 うん。

なんだかんだ 結局…。
うん。

劇場版『ライオン・キング』かな。

いや 「劇場版」いらないだろ!

(一同 笑い)

いらないよね だってね。
テレビシリーズのさ

アニメとかドラマとかが
映画化になるから 初めて…。

『ライオン・キング』
そういうのないもん。

そうか 「劇場版」いらないか。
『ライオン・キング』そういうんじゃないの。

マユちゃんは 映画 好きなの?
私?

私もね 実は 結構見るんだけど…
う~ん… 一番好きなのは

『タイタニック ザ ムービー』かな。

いや
「ザ ムービー」いらないでしょ!

(観客の笑い)

そっか…。
ちょっと! ドラマシリーズあって

ザ ムービーだから。
そっか。 同じ事やってた?

そう。 同じ事やってる。
あっ すいません。

ジャスミンハイ 私です。
ありがとうございます。

これって二番搾りですか?

いや 二番搾りって 薄い 薄い!
一番搾りな。

はあ…。
(観客の笑い)

すいません あの… 皆さん

グラスを持って頂いても
よろしいでしょうか。

ちょっと 改めて
いい会になりそうなので

すいません 参拝!

いや 神社行ってんのかい!
(一同 笑い)

すごいね。
(一同 笑い)

あっ ごめん。
ちょっと 私 お花畑に…

オシッコしてきまーす。
いや 「お花摘む」って言うんだよ。

あっ そっか そっか。
あっ サユリも行く?

じゃあ 女子2人で
作戦会議してきまーす。

なんで 全部言っちゃうの?
ちょっと ダメだよ もう…。

ぞっこんだわあ。
(観客の笑い)

(拍手)

(小池)かわいい。

かが屋でした!
(2人)ありがとうございました。

(小池)素晴らしい。

うまいな 芝居がな。
ホント。

間と芝居が ホント うまいから。

この番組は 過去に見たの?
見てたりした?

いや それこそ そうですね…
ホントに

(一同 笑い)

(賀屋)それは言わずもがなですよ
それは。

見てるに決まってるじゃ
ないですか。

見てるに決まってるじゃ
ないですか それは。

人間性じゃないから。
お笑いとしてでいい…。

(一同 笑い)

(加賀)ごめんなさい。
(賀屋)なんで強くいけた…。

『芸人ちゃんネタ祭り』
友近さんです。

(田中・太田・小池)どうぞ!

♬~

(拍手)

えー よろしくお願い致します。

あの ヒール講談っていうふうに
出てますけれどもね

まあ ヒール講談なんて
皆さん 見た事もなければ

聞いた事もないといった感じだと
思うんですけどね。

まあ 私もヒール講談なんていうの
初めてやりますから

まあ どんな展開になるか 皆さん
最後まで見届けて頂きたいな

というふうに
思っておりますが…。

(タップする音)
えー…。

(観客の拍手と笑い)
ありがとうございます。

まあ こういう事なんですよね。

えー まあ
しゃべりと しゃべりの間に…。

(タップする音)

これが入るだけの話で
ございましてですね。

まあ どんなタイミングで鳴るか
何回鳴るかっていうのは

私のさじ加減一つという事で

最後まで お楽しみ頂きたいと
思いますが…。

さあ まあ このヒール講談で

どんなお話をしようかなと
思ったんですけどもね

私は 昔から
テレビっ子でしてね

まあ 色んなジャンルの番組を
見てたんですけども

中でも 私が
一番食いついて見てたのが

ドラマでございます。 はい。

で 私が 一番食いついてた
ドラマのジャンルというのが

大映ドラマという
ジャンルなんですよね。

大映テレビという制作会社が作る
ドラマを

通称 大映ドラマと
いうんですけどもね

まあ 私は 1984年に
それ ハマったんですけども…。

時は1984年 当時の日本は
中曽根内閣 中曽根康弘

通称 コアラと言われていた
その男。

1984年 1985年は
バブル期 到来期でもありました。

そのバブル期到来期で

最も元気になった
TBSの大映ドラマといってぇと

『スクール☆ウォーズ』
『不良少女とよばれて』

そして 『乳姉妹』という
ドラマでございました。

まあ 大体
大映ドラマというのはですね

本当にあった出来事を
ドラマ化するっていう

実録ものが
多かったんですけどもね

中でも 渋いマニアックなのが

この『乳姉妹』という
ドラマなんですけどもね。

『乳姉妹』ってのは その当時の
社会事件にもなりました

乳幼児 子供取り違え事件
っていうのが

病院であったんですよね。
で 自分の子供じゃない子供を

家に持ち帰ってしまって
育て上げてしまうっていう

ちょっと残酷なストーリー
だったんですけどもね。

主演は
伊藤かずえさんと渡辺桂子さん。

そして 芥川隆行さんの
こんな口上から始まります。

春の嵐の その夜中
二人の嬰児生まれたり。

同じ海の その里に

一人は広き別荘に
一人は狭き賤が屋に。

こうなるわけでございました。

(拍手)
ふう…。

不況が続く中で
銀行は 相変わらずの貸し渋り

特に 中小企業の繋ぎ資金の
融資なんて 門前払いや。

その点 商工ローンは
数百万って融資してくれる。

そりゃ流行るやろ。

(タップする音)
銀次郎さん…。

これは 大映ドラマ
全く関係なくてですね

私の好きなVシネマ
『ミナミの帝王』に出てくる

竹井みどりさんのセリフを
言っただけなんです。

まあ ちょっと講談っぽいかな
という事で

やらせて頂きましたけども。
一方

フジテレビの方の大映ドラマも
人気があったんですよ。

1984年といってぇと
やっぱ 私は

『ヤヌスの鏡』ってのが
大好きでございましてですね。

その時の主役は
杉浦幸さんでございました。

一人二役なんですよ。
小沢裕美から大沼ユミ

大沼ユミから 小沢裕美と
こう変わるわけでございます。

そして 来宮良子さんの
こんな口上から始まります。

古代ローマの神 ヤヌスは

物事の内と外を
同時に見る事ができたという。

この物語は ヤヌスにもう一つの
心を覗かれちまった少女の

壮大なロマンである。

もし あなたに
もう一つの顔があったら…。

こうなるわけでございます。
(観客の拍手)

持った湯のみをバッタと落とし
小膝たたいて にっこり笑い。

はい。
(一同 笑い)

これはですね これ また 大映ドラマ
全く関係ございませんでですね

私が好きなラジオ番組
『ありがとう浜村淳です』の中の

浜村さんの
名調子でございましてね。

元々は 広沢虎造さんの浪曲の
一節でもあったんですけどもね

まあ こんな事も入れながら
やらせて頂いておりますと…。

そして 大映ドラマの魅力はね
それだけじゃないんですよ。

キャスティングも素晴らしいんですよ。
キャスティングが また 渋いんですよ。

ストーリーが変わっても ほぼ
キャスティングは変わらない

というのが特徴でございまして。
伊藤かずえに いとうまい子

松村雄基に 名古屋章 そして

鶴見辰吾に 比企理恵といった
メンバーだったんですよ。

比企理恵さんは 必ず
どこかに出てくるというのが

これも醍醐味なんですけどね。

そして 脇を固める大女優が
梶芽衣子先生でございます。

そして 梶芽衣子といってぇと

『ヴァーナルビューティートーク』
という番組があったんですよ 昔。

もう30年以上前の話だから

皆さん 若い方はわからないと
思うんですけどもね。

ヴァーナルという せっけん会社の
社長さんと

梶芽衣子さんがですね

ビューティートークを 延々と
繰り広げるわけでございます。

それを 1日5分間 1週間ずっと
やるもんですからね

このせっけんの知識が
嫌でも入ってしまうと。

私が得た
この知識といってぇと

このせっけん一つで 髪 顔 体
全て洗う事ができるんだと。

そりゃなぜかといってぇと
体の皮膚は全て繋がっているから

この一つで事足りるんだぞ
という事でございまして。

まあ 大映ドラマから派生して

せっけんの知識まで
身に入ってしまうという事で

ございますけどもね。 そして
それだけではございません。

なんと言っても
主題歌も素晴らしい。

80年代の洋楽をですね
日本人の女性のアーティストが

カバーをするわけで
ございまして。

私が最も好きだったのが
『不良少女と呼ばれて』の主題歌

MIEさんの
『NEVER』という曲なんです。

♬~「Never Never Never Ever
Never Never Never Ever」

…っていう曲でございまして。

大体 情報番組で 納豆とかを
紹介する時のBGMは

この『NEVER』が
つけられてる。 ねえ。

大体 『ケンミンSHOW』とか
『アド街ック天国』で

その傾向は見られますね。

で その2つを制作したのが

ハウフルスという
会社でございます。

別に そんなのは 調べなくても
いいんですけれどもね。

まあ そんなこんなで ハマった
大映ドラマなんですけどもね

実は 1987年 私は

大映ドラマ離れを
してしまうんですよ。

それは 別に ストーリーが
悪くなったわけじゃない。

キャスティングが
悪くなったわけじゃない。

なぜかと言ってえと
作品というか

映像の撮り方が
変わったんですよ。

これがね 撮影方法が
フィルムから

ビデオ撮影へと変わったわけです。

フィルムというのは 色の濃い
おどろおどろしい色なんですよ。

その世界観 怖いな
でも 入ってみたい

でも 怖いな でも 入ってみたい
という気持ちをかき立てる。

でも 一方
ビデオ撮影っていうのは

サラッとカラッとしてしまって

なんか その世界観に入り込めない
という事で

それで 私は 1987年に

大映ドラマから
離れていってしまった。

1987年というと 中曽根内閣も
終わりを告げる頃でございます。

中曽根退陣と共に

私も この大映ドラマから
卒業するわけでございます。

さあ じゃあ 私は なんの作品を
これから見たらいいんだ?

何に刺激を受けたらいいんだと
私は迷うわけでございます。

そして 探しました 探しました。

そして
探し当てた作品と言ってえと

五社英雄監督の作品でございます。

五社五社 言ってんじゃねえよと

よく周りから
言われておりましたけども

1987年と言ってえと
『吉原炎上』でございます。

男が通った極楽道
娘が売られた地獄道

一晩いくらの この身体
すっきり抱いて下さいな。

(タップする音)
こうなるんですね。

あまりにも好きすぎて

もう タップ状態に
なるわけでございます。

そして 翌年の1988年は
『肉体の門』

そして 1992年は『女殺油地獄』と
続くわけでございます。

これが五社監督の遺作と
なるわけでございます。

遺作となるっていう事は そう

五社英雄監督が
亡くなってしまうんです。

大映ドラマもなくなった そして
五社英雄監督も亡くなった。

じゃあ 私は
どこに行けばいいんだと。

私は 何を見たらいいの?
何を見たら…。

いや 違う。

これからは
私が見るんじゃなくて

自分が出る番なんじゃないかと
思ったわけでございます。

そういえば 私は 昔から 一人の
女性に注目をしておりました。

私のジャーナリズムでもって

ある一人の女性の資料も
たくさん読みあさりました。

その女性の名前と言ってえと

福田和子でございます。

福田和子は 数々の名女優さんが
演じております。

大竹しのぶさんに
寺島しのぶさん

そして
藤山直美さんもやっております。

わあ 素晴らしい演技だな
すごいな この人たち やっぱり

これ もう 日本を代表する
女優だなと思ってた反面

心の中で 悔しいなという思いが
出てきたんです。

それは なぜかと言ってえと

福田和子と私は同郷なんですよ。
愛媛県出身なんです。

って事は 方言が一緒なんです。
方言指導がいらないんです。

って事は 予算がかからないんです
私を使う事によって。

私が捕まる思うて
楽しみに待ってるんでしょ。

そんなドジはしない。
あぶない あぶない もう切るよ。

このセリフ
この肉声テープの声を

空で言える女が
他に どこにいますか!

(タップする音)

(拍手)

物語は
盛り上がって参りましたが

なんと なんと お時間
いっぱいいっぱいでございます。

都合のいいとこで終われるのが
ヒール講談のいいところ。

皆さん
ご清聴ありがとうございました。

(拍手)

(小池)足りない。
もっと聞きたいよ。

まあ…!
いや すごいよな。

なんなの? これは。
訳わかんないもんな。

最近 ほら ブームというか…
なって それで?

これ 今年の夏

楽屋で ロバートの秋山さんと
立ち話をずっとしてたんですよ。

で 私が もう
ちょっと聞いてくださいよ

こんな事あったんですよって
言ったら

めっちゃええ音が鳴ったんですよ。
あれ?

それは俺らも みんなそう。
世代 関係ないよ。

何がそうなって
そうなったんですか? って…。

でも 笑っちゃってるっていう…。
はあ~。

いやいやいや みんな 思うよ。
ホントに~?

「ホントに~?」って。
ホントに~?

誰なんだよ。

『芸人ちゃんネタ祭り』

トム・ブラウンさんです。
(田中・太田・小池)どうぞ!

よっ!
どうも~!

どうも トム・ブラウンです。
お願いします。

とんこつスープで
お尻を洗います!

キャー!
(たたく音)

意味ないよ~。
キャーだよ お前。

よろしくお願いしまーす。
お願いします。

頑張ります。

いや 実はね 私 盗撮の撃退法を
思いついたんですよ。

盗撮の撃退法?

女性の安全は 俺が守る!

絶対に~!

目 バキバキですね!

まあ でも…

かっこいい!

「女性の安全は 俺が守る」ですって
これ かっこいいですね!

じゃあ今日はね 女性の皆さんもね
多いですからね

じゃあ 盗撮の撃退法をね
彼にレクチャーして頂きましょうね。

じゃあ 僕 見た目どおり
盗撮魔をやります。

(観客の笑い)

おお? 坊主のいい女がいるな。
はあ~。

この携帯で盗撮してやる。

カシャッ!
盗撮だわ~!

ハッハッハッハッ。

バーッ! ガシッ!

なぜ お尻が割れているか
知っている?

…お尻?

バーッ! ギューッ!

それは
盗撮魔の手を挟むためよ~。

えっ? えっ?
バキッ!

痛え~! 手が~!

これにて 解ケツ!
ダメー!

(拍手)

あのね
女の子できない それは。

女の子ができるやつを
皆さんに披露してくれよ。

はい。 カシャッ!
盗撮だわ~。

ハッハッハッ。
私のお尻はね

Dysonの吸引力の
10倍なのよ~。

ダイソン?
シュコ~!

なんだ?
シュコ~!

俺の手が引き込まれていく~。
シュコ~!

ボッ!
ギュ~!

ここからは
皆さんが知ってる流れと

同じですよ~。
えっ? ええ~!

バキッ!
痛え~!

これにて 解ケツ!
ダメー!

(拍手)

だからね あの…
女の子できないから。 ねっ?

女の子ができるやつを
やってくれよ。

カシャッ!
盗撮だわ~!

ハッハッハッ。

私のお尻はね 吸引だけではなく
出す事もできるのよ~。

出す事もできる!?

ボーッ!
うわっ!

ケツから空気を出して
空を飛んでいる!

うわっ! えっ?
食らえ。

ボーッ!
うわっ ケツから空気を出して

すごい勢いで
こっちに向かって攻撃を…。

ダメー。

(拍手)

だから あの…
女の子できないからね。

はい カシャッ!
盗撮だわ~。

ハッハッハッ。

私のお尻は
ダイソンの100倍なのよ~。

100倍!?
シュコォ~ッ!

うわっ… 手だけではなく
吸い込まれていく~!

噴射。 ボッ!

うわ~!
ケツから噴射で飛んでいる~!

うわ~!

吸引。 シュコォ~!
うわっ… うわ~!

うわ~!
シュコォ~!

助けて~! うわ~!

うわあ! うわ~!

しぶとい。 200倍。
ガォアァー!

うわあーーっ! ダメー!

(観客の拍手と笑い)

女の子ができるやつよ!
カシャッ!

盗撮だわ~。
ハッハッハッ。

体が動かなくなるツボ。

ツボ?
ストン。

体が… 動かない…!

あなたには 盗撮の罰として

この お尻に挟んだバナナを
食べて頂きます。

お尻に挟んだバナナ!?
お前 何挟んでんだよ おい!

バナナの皮
むいてんじゃねえよ おい!

やめろ! なんだ おい…
おい 近づいてくんな!

おい やめろ…。
やめろーーーっ!

サッ。
パクッ。 うまい! ダメー!

(観客の拍手と笑い)

うまかったじゃねえかよ!

女の子ができるやつ!

女の子! 女の…!

次で決めます。

ウィーン…。

これ…
できる時の電子音したよ 今!

高校から一緒だから
わかるんです。

これ できる時です。
ついにできます。

ついにできますよ 皆さん。
いきましょう はい。 カシャッ!

盗撮だわ~。
ハッハッハッ。

ピュ~イ!
カラスの群れが うわあーっ!

シューッ! ガシ ガシ ガシ!
ガシ ガシ ガシ!

バサバサ バサバサバサ…!
うわっ カラスと飛んでった!

プシュー…。

必ず… 必ず殺しに来る。

うわああーっ! 怖え!
もう しません!

これにて完結。
バサバサバサ!

オッケーイ!

いやあ…。

今のなら 女性もできますね。

よかったら
やってみてください。

ありがとうございました!

(みちお)いやいや…
第7世代 真っただ中ですよ。

すごいね でも あのネタは。
(布川)ありがとうございます。

トム・ブラウンのネタは
笑うしかないもんね。

そうですね。 やっぱ ホントに
女性に気をつけてほしいんでね。

いやいや… 誰も あんな事には
ならないだろうけどさ。

僕ら 色んなボートレース場に

よく イベントで
呼んでもらえるんですけど

ボートレース場で
バカウケします。

はい 『芸人ちゃんネタ祭り』
スペシャルユニットです。

(田中・太田・小池)どうぞ!

(古坂)よろしくお願いします。
お願いします。

どうも 四千万円です。
よろしくお願いします。

お願いします。

(土田)あの 早速だけどさ

小学校の時に
一番楽しかった思い出って何?

楽しかった思い出?
まあ 遠足だと思うんだけど。

勝手に決めんな。 遠足じゃねえよ。
えっ 遠足じゃないの?

遠足じゃねえわ。
(土田)じゃあ 何?

…遠足かなあ?
遠足じゃんか。

でも 遠足 楽しかったよね。
楽しかったな。

古坂君は…。
遠足 遠足 遠足!

そのスピード言わされてるじゃん。
遠足。 遠い… 遠い足。

えっ 何言ってんの?
(古坂)遠い足。

(土田)じゃあさ
今日さ 遠足やろうよ。 ねっ。

で 今日はさ
俺と古坂で遠足やるから

お前は そこで見てて。
俺も行きたかったわ。

うわあ~
今日は待ちに待った遠足か。

たくさん動物見れるといいな!
動物園ね。

いや~
今日は待ちに待った遠足か。

たくさん乗り物乗れるといいな!
遊園地?

あっ ゴリラだ!
動物園だよな。

うわっ ジェットコースターだ!
遊園地?

うわ~
たくさん動物いるなあ。

うわ~
たくさん乗り物あるなあ。

なんで
別々の所 行ってんの?

ねえ。 一緒にしてくんない?
面倒くさいから。

あっ ゾウだ。 あれ?
でも あのゾウ 全く動かない。

なんて種類だろう?
んっ? 何? 何?

イシ… イシイミツゾウ…?

それ 芸能プロの社長だから。

もう亡くなってるから
それ動かないよ それ。

娘さんが ラサールさんと一緒に
頑張ってるから。

ピンクの電話も
いるんだよ?

やっぱ ジェットコースターって
いいよな!

ジェットコースター乗るんだ。
(古坂)うん!

あれ? なんか ここ…
動物の並び 変わってるな…。

えっ? ゴリラ ラクダ

ダチョウ 倶楽部 肥後 上島?

ジモン どうしたんだよ?
いや ジモンも入れてあげなよ。

(古坂)いや~ 腹減ったから
クレープ食べよう。 クレープ!

並ぶのね?

うわっ ここの動物園
全部の動物に餌あげれるんだ。

飼育員 ラクしすぎだよ。

あっ ゴリラにもだ!
えっ?

バナナをむいて… 直接?

アイタッ!
危ない。 分捕られてんじゃんか。

怖っ… あのゴリラ

バナナ持って すごい勢いで
向こう走ってった。

走ってったの? いや 危ないよ。

金がねえから 生クリームに
生地のみのクレープだな。

さみしいな。
120円って こんなもんだ。

それは安いだろ。
あれ? 向こうから なんか来るぞ。

あっ ゴリラだ!
ゴリラ来たの?

えっ 何? ゴリラ… 何?
バナナくれるの?

やった! バナナクレープじゃん!

何言ってんだよ。
逃げた方がいいよ 危ないから。

(古坂)何か お返しをしなければ…
でも 手元には何もないんだ。

あっ ここに
ジェットコースターがあった。

よーし これでいいか。 よいしょ…
はい これ持ってけ。 行け!

何渡したんだよ? お前。
楽しいゴリラだ。

(土田)あれ?
さっきのゴリラじゃないか?

戻ってきたの?
すごい勢いだけど… 何?

それを何? 僕にくれるの?

何? えっ? 大きめのネジ?

何それ? そんなんもらって
どうすんだよ?

もう1回 ジェットコースター
乗ろうっと。

全然 パッカパカだけど いいや。
そこのネジだ。 そこのネジだ。

(土田)これ 多分 どっかが
パッカパカになってるぞ。

ここがなってんだよ。
ほら ぶら下がっちゃってるから。

あっ 大変だ! ゴリラ
あそこの人を助けに行ってあげて。

言ったって わかんないから。
ものすごい勢いで走ってった。

ゴリラがやって来た~!
ゴリラ来たの?

ほら 来た… うっ!

首絞められてる… えっ?
大丈夫か?

ぶらんぶらんしちゃって…。

はあ… はあ…。
助かったのか?

ありがとう ゴリラ!
俺 ゴリラじゃねえから。

ゴリラは優しいね。
いや 俺 ゴリラじゃないから。

助けてもらって言うのも
なんだけどな

てめえ 何逃げだしてんだよ?
急に どうした? お前。

ああ!?
えっ?

助けてもらって言うのもな
おかしいとは思ってるよ。

お前がおかしいよ。

でも 檻から逃げだした
ゴリラじゃよ

危ねえじゃねえか!
お前が 一番危ねえよ。

(土田)皆さん お下がりください。
ゴリラが脱走しています。

俺 ゴリラじゃねえから。

たまたま 俺が
武士だったからいいものの。

お前 ずっと 武士だったよ。

なんで 武士なの?
剣が出ちゃってるし。

戻すの?

成敗してくれるわ!
やめろって お前。

うわあーっ!

あっ…。

皆さん 安心してください。

武士が
ゴリラを倒してくれました。

貴様! 赤穂浪士ともあろう者が

ここで こっちへ来て
大衆を扇動して

なんたるチアーゼ!

武士なら武士らしく
刀で勝負しよう!

聞いてるか?
武士の背中の傷は不名誉なり!

豚みてえな顔しやがって!

皆さん 私が 今から
あいつをぶち殺します。

(観客の笑い)

うわーっ!
うわしゃーっ!

♬~『春よ、来い』

♬~

ああ~…。

ああ~! ああ…。

武士倒し ゴリラ倒し 俺も死のう。

(切る音)

(拍手)

(小池)ありがとうございまーす。

スペシャルユニット。
すごかったね。

四千頭身ね。
そうなんですよ だから 僕は…。

怖すぎる。 やばっ。

四千頭身は どう思いました?

って思いましたね。

ねえ。 そう。 ホントに。

(チャイム)

つっちーが言っておきたい事。

「正しいか間違いかなんて
誰にも分からない」

「もがきながら
一生懸命やるしかない」

「20年後も 同世代が
多く残れるように頑張れ!」

あっ… はい。

(小池)すごい いい事… 何?
何これ?

お酒飲みながら
書いたやつですね。

でしょうね!
やっぱ そうやった。

(土田)なんか 単純に
この年になっても

こんなクソみたいなの
ふざけてやれるって

めちゃくちゃ楽しいから
ぜひ 頑張ってもらいたいです。

(土田)さっきね。
マジで。

どう思う? お前。
(石橋)僕

(粗品)やめた方がええやろ。
いいじゃん。

いいじゃん いいじゃん。
なんだよ!

『芸人ちゃんネタ祭り』
霜降り明星さんです。

(田中・太田・小池)どうぞ!

どうも。
どうも。

よろしくお願いします。
どうも。

霜降り明星です。
お願いします。

やっぱ 毎年 あの ボクシングって
話題になりますよね。

なりますね あれ。
やっぱ 甲とかはね

やっぱ ずっと録画せずに
生で見るタイプですね。

生で見るタイプ?
そう。 もう 絶対時間合わせてね。

まあ 俺はね あんま
ボクシング見てこなかったんですよ。

あっ だから
乙みたいなタイプはね…。

だから その 録画してから見る。
これも いいんですよ。

でも 結果知ったら 最悪でしょ?

お… 俺の事?
そうそうそう だから

甲とかは 絶対 生!
リアルタイムで見る!

これに限る!
あっ そうなんや。

そうそう。 だから色んな見方ある。
だから 乙とか甲は…。

書類か!
書類みたいになっちゃう…。

誰が そんな書類みたいな
言い方すんねん。 お前。

さっき書類 書いたから
そのままの勢いで…。

違う 相方の事 そんな言わへんわ。
書類みたいになっちゃうね。

でも ボクシングって熱いんですわ
裏側もね。

ちょっと再現しようかな
ボクサーのね。

ああ ちょっとやってみますか?
色々ありますからね。

ジムでトレーニングしてるけども…。
もう あんなん えげつないですよ。

縄跳びとかね 跳んでますからね
あれ みんなで…。

(観客の笑い)

大縄!

大縄跳ぶんか…。
100までいこう… とかいってな。

とかいってな… あらへんがな。

シャドーボクシングとか…。
すごいですよ。

シャドーをやるんです
あれ みんなで。

人がおる体で この 打つというね。
イメージトレーニングですよね。

シュッ シュッ…。
ええやん ええやん。

プーーッ!!

何しとんや! この野郎!

ひかれたいんか オラ!
どけっ!

車 来てる…。

車道ボクシング!
(観客の笑い)

車道でやっとんのか お前。
歩道 行こ。

歩道でもアカン…。
スパーリングとかやるんでしょ?

シュシュシュッ
シュワシュワッ!

いいですね こう…。
シュワッ! シュワッ!

スパークリング!
シュワシュワシュワッ…!

炭酸おかしいやろ。
シュワッ! シュワッ!

お前 やる事やってきた!

あっ
コーチが熱い話するんですよ。

明日は世界戦だ 初めての。
この言葉を お前に授けよう。

新しい自分になるには
過去の自分を壊すしかない。

熱い話や。
いいか?

水とお湯。

これは 違う物質なのに
同じ液体なんだ。

水とお湯。
温度が違うだけで 違う名前。

いいか? 水とお湯。

同じ のどで飲むのに
違う液体。

それが 同じではない。 違う。

水とお湯。

きっしょいジョブズやで。
(観客の拍手と笑い)

水とお湯。
だから最終的には何もならない。

全く何言うてるかわからんわ。
水とお湯…。

きっしょいジョブズやのう おい。
これを結局 足して 水湯。

水湯だな。
違う 違う。 ええから お前。

試合前
リングアナとかありますから。

赤コーナー…。
選手紹介。

180センチ…。
まあまあでかい。

52キロ…。
俺!

お前ー。
俺ぐらい細い奴…。

お前ー。
勝てるか! そんなもん。

青コーナー。 青コーナー。

120センチ 38キロ。

青コーナーの紹介しとんがな。
青コーナー。

柱の紹介しとんがな。
38年前からジムにいました

青コーナー。
試合せえ 試合を お前。

カーン!
反則早い!

早速やな 目潰し お前。
パンチせえよ パンチ。

シュッ シュッ シュッ!
おっ いいね。

あれ 大丈夫? パンチがね うん。

露骨な左利き!
(観客の笑い)

左利きすぎるやろ お前。
すいません… ドンッ!

あっ めっちゃくらった。
ダウン!

ワン ツー スリー!
レフェリーのテンカウント。

10までいったら終わりよ これ。
フォー! フォー!

フォー!
フォーやぞ フォーやぞ。

親友!
(観客の笑い)

頑張れ…。
親友やないかい それ。

せこいぞ お前。
ドクターチェック。

ドクターチェック あるけど。
まあ あの 自分にね

自信持てない時は
一回 いい思い出とか

思い出すんですよね。
医者がリング上がりますからね。

みんなに 不安になる時期
っていうのは くるからね。

精神科!
大丈夫 大丈夫。 大丈夫ですよ。

精神科の医者上がるか お前。
大丈夫… カーン!

いや インターバル。
椅子座って休憩や…

釣りん時の椅子。
これ ちっちゃい すいません…。

休まるか 体 お前。

誰が釣りん時の椅子で座んねん
お前。

実況はイシカワですけどね。
実況席。

2人の男が
練習の成果を発揮するというね

まあ あの… どっちかが… 負けて
どっちかが勝つんでしょうか。

激薄コメント!
失礼します。

カーン!
薄すぎるやろ お前。

ああ ガードしてね
我慢の時間や お前。

おもんない試合!

どっちもガードしてんがな お前。
ドーン!

くらったよ!
頭の中に走馬灯が駆け巡る。

死にかけとんがな お前。
手ぇ臭っ。

走馬灯。
ルービックキューブどこ?

色んな思い出。
おかき ぬれすぎちゃう?

しょうもない人生!
なんなん?

お前の人生ペラペラやないかい
お前。

ドクターチェック!
ドクターチェックええわ お前。

ああ これ 終わりですね。
終わり 終わり。

ほな ドクターストップで お前…。
ちょっと待ってください。

僕にも見せてください。
まだいけます。

セカンドオピニオン!
(観客の笑い)

2人おらんねん 医者 お前。
2度受診してください。

カーン!
インターバル座らんでええねん。

バーの椅子!
(観客の笑い)

お前 スツールおかしいやろ お前。
休まるか 体。

おっと すごいパンチが入りました!
実況席。

今のを スローで もう一度。
見たい スロー。

お前のスローいらんねん!
(観客の笑い)

おっさんのスローいらんねん
お前。 何しとんねん おい。

判定に参ります!
判定にもつれ込んだ。

ジャッジ ヤマモト 赤!
赤。

ジャッジ クロダ 青!
青!

ドロー!
偶数!

奇数 用意せえ お前。
もうええわ!

(2人)どうも
ありがとうございました。

さすが! いやあ…。

いやあ…
どうでした? どうだった?

気持ち良かったですね。
気持ち良かったな。

見てても気持ち良かったもん。
ありがとうございます。

ホンマに でも
もう 動きまくるんで…。

えっ!? 1年で? なんで?

いや… でも やっぱり

(せいや)えっ?
(一同 笑い)

急に入ってきたよ みちお。
急に入ってくるな。

俺 俺!

わかる!
(粗品)よかった みちおさんで。

お前は そりゃそうだろ。
お前は「わかる」だろ そりゃ。

元々太ってんだから お前は。
(みちお)バレちゃいました?

結構… 金が入って
食っちゃう感じなの?

いや でも 単純に やっぱ
遅くに帰るんで 今年とか。

「いけ!」じゃないんですよ。
いやいや 違う。

ああ ごめんなさい。
すみません。

(せいや)おい! 俺らの時間!
俺らの時間やーっ!

俺らの時間!

今 太田さんが
こうやってやったのは

「いけ!」じゃないんですか?
(小池)違う…。

僕の話なんですよ。
(粗品)邪魔しないでください。

(せいや)ハゲてます? 僕。

みちおがですよ。 みちおがですよ。
(せいや)あっ みちおさん?

(せいや)
2人とも。 どっちかやろ!

どっちかやろ 普通。

(布川)ハゲてますね。
(みちお)霜降り 助けて~!

おい!
お前 ダメだろ お前…。

おかしいっすよ!

(せいや)「ダメ~」とかじゃなくて
普通にダメですよ。 普通にダメ。

(チャイム)
(小池)はい はい!

これだけは言っておきたい事
東京03の角田さんから。

はい。
どうしても言っておきたい事は…。

(角田)そうですね。
ああ 暴飲暴食とか。

(角田)そうなんですよ。 ホントに
なんか言う事ないかなと思って…

あんま なかったんですよ。

だから 使われない想定で
書いたら すげえ言われて…。

(一同 笑い)

(古坂)使われない想定のやつが
出ちゃった。

確かにね。
絶対使われなさそうだもん。

(角田)絶対使われないだろうな…。

空白になるのが嫌だったので
何か書かなきゃと思って…。

申し訳ない。

はい 霜降り明星さん
ありがとうございました。

(拍手)

さあ 『芸人ちゃんネタ祭り』

トリは もちろん このお二人
爆笑問題さんです!

トゥース!!

『芸人ちゃんネタ祭り』
爆笑問題さんです。 どうぞ!

ヤーッ!
はい どうも~!

エイドリアーン!
よろしくお願いします。

エイドリアーン!
うるさいな…。

ホンマミーヤ!
はいはいはい…。 もう うるさい。

もう終わりましたか?
大丈夫ですか?

大丈夫です。 あで~!

終わってねえじゃねえか。
終わってない…。

さあ という事でね
今年も終わりですよ ホントに。

今年も でも
色々あったね 世の中は。

色々ありましたね。
まあ 一言で言うとね

ピエールに始まり
沢口に終わる…。

沢尻ですけどね。
沢尻ですけどね。

ああ 沢尻… 沢尻…。
(一同 笑い)

ひどいですよ ホント。

もう一回… もう一回。
もう一回ですよ ホント。

「さわ」なら なんでもいいんだよ
もう とにかく。

澤穂希だ 澤穂希。
澤穂希じゃないよ!

あいつも捕まったろう。
あいつ捕まってねえ!

あいつでもねえし。
そうですね。

大変でしたね。
まあ でもね ホントに

沢尻さんのニュースは すごかったね。
沢尻さん すごかった。

ここへ来てね もう 連日
沢尻さんの話題ばっかだもんね。

だから もう あの… ほら
大河ドラマなんて…。

ホントだったら 1月
すぐ始まるはずだったのがね…。

遅れちゃってね 麒麟がこない…。

くるんだけどね
2週間ぐらい遅れて。

きますよ 必ず。 だけどね ほら
代役が女優の川口春奈さん。

川口春奈ちゃん
頑張ってほしいよね あれね。

頑張ってほしいですけどね。

まあ そんな中 沢尻さん
この間 釈放されまして。

すごかったね あれ。
警察署の周り…。

マスコミ陣がね…。
もう ズラーッと…。

待ち構えちゃってね。
そう。 今か今かと…。

ただ 結局 あれ 最終的に
沢尻さん 出てこなかったですね。

出てこないの。
川口春奈が代わりに謝って…。

なんでだよ! 代役しすぎだろ!
かわいそうだろ…。

なんにも
悪い事してねえじゃねえか。

そりゃそうだよ!
出てくるわけないだろうが。

ただ あれ 一言だけでも
なんか 謝罪の言葉をね。

そう! なんか
一言ありゃいいんですよ。

そうすりゃ
世間も納得するんですよ。

タピオカ屋さん
ごめんなさいって。

別の人になっちゃってるし。
その人じゃないです。

事務所総出で謝ります。
怖い 怖い。 逆に怖い。

事務所総出で謝られたら
もっと怖いから。

あっ そうですか。
ええ。 ってか その人じゃない。

じゃないんですね。
じゃない方だね。

じゃない方でもないけれどもね。

すごかったよね そのあと。 ほら
結局 出てこないから 車から。

で そのまま 車で バーッて
行っちゃったもんだから

空からは もう ヘリコプターが
ダーッて行ってね。

路上じゃ もう バイクが
何台もバーッと行ってね。

あれ 全部 Uber Eats。
違うよ!

ウーバーイーツなわけねえだろ!
どんだけ腹減ってたんだろうね。

いや 腹減ってないよ。
あのタイミングで

頼むわけねえだろ ウーバーイーツに。
すげえ奴だよ そしたら。

まあ でも 今年は 色んな人が
話題になりましたけど。

あと やっぱね 最近
インパクトがあったのはね

テコンドー協会の金原会長。
金原会長は すごいね。

笑えば笑うほど 鬼みたいな顔に
なるんですから あの人ね。

いやいやいや まあまあ まあまあ
怖いですよね。

頭 微動だにしないからね。
いや まあ いいですよ パンチパーマで。

あの人さ 最初見た時
いっこく堂の人形かと思ったよ。

なんで
人形だけでネタやってんだろ?

人形じゃないですから あれは。
いっこく堂いらねえじゃねえか。

いっこく堂の人形じゃないんだよ
あの人は!

すごいんだよ。
金原さんね すごいね。

でも あの人 ホントに 過去の話
色々出てきてますけど

すごいんだよね。 だって あの人
まあ 昔ですよ 昔だけど

拳銃で 腹と腕を
撃たれた事があるんですよ。

意味わかんないでしょ?
普通に生きてたら

そんな事にならないでしょ!?
どう考えても。

ねっ。 で もっと驚いたのは
そのあとですよ。

撃たれた時に 救急車
呼ばなかったらしいんですよ。

なんでなんだ? って話だよね。
自ら歩いて

医者に行ったらしいの。
歩いて行ったんですよ。

あり得ないでしょ? そんな事!

医者も驚いたでしょうね。
どうしたんですか?

その頭!
頭じゃねえよ。

そっちじゃねえんだよ。 腹!

看護婦も 腹いっていいんだか
頭いっていいのか わかんない…。

いやいや 頭いかねえだろうがよ!
医者が しょうがないから

頭に包帯巻いとけ!
絶対動かすなよ! みたいな。

そっちじゃないの。
腹の治療をやれ! 早く。

腹をね。 ああ… 大変でした。

でも あの金原会長 最近
Twitter始めたんですよ。

自分の飼ってるペットの犬
紹介したりして。

これがね また 面白いんですよ。
ツイッター見てみてね

「私が飼ってる犬です」
なんつってね。

あのね 写真がアップされてるの。
それを見たらね

首輪をしたテコンドー協会の理事。
怖い 怖い!

超パワハラじゃねえかよ!
そんなわけないでしょ!

でも 今ね テレビ局が こぞって
オファーしてるってつうの。

これが もう
引っ張りだこですからね。

だから その辺りでね 今度は
始まるんじゃないですか?

何が?
金原会長と 山根会長と

日大の田中理事長で
『ボクらの時代』って…。

やだ!
(観客の笑い)

朝から そんなスリーショット
見たくない!

いい時代でしたな なんて…。

いい時代じゃねえんだよ!

パワハラし放題だろ お前!
「僕らの時代」ですよ。

「僕らの時代」は ダメなの もう!
僕らの協会です。

やだ やだ! もう そんなの。
という事で やってほしいよね。

でも 怖いよ。 ホントに そのうち
テレビとか どんどん出てくる…。

だから 若者にも
どんどんウケるようになったら

金原会長 そのうち
『TERRACE HOUSE』とか…。

出ないよ 『テラスハウス』。
世界観が違いすぎる。

ピンポーンなんつうと
あっ 来た来た 新しい人が来た!

いや 知らねえんだろ?
知らねえんだろ?

あれ みんな 若者が多い。
ワクワクする ドキドキする。

玄関まで迎えに行くとね

あの番組 たいてい
足からパンアップするんですよ。

ああ 登場シーンね。
革靴が映って バーッて上がると

パンチパーマの金原会長が
「はじめまして」…。

はじめましてじゃねえよ!
バッチリ スーツ着込んで

はじめまして。
スーツ着て 来んなよ! お前。

テラスハウスに。
若者 ドン引きしちゃってね。

そりゃ 引くだろ! そんなもん…。
なんのお仕事されてるんですか?

それはいいじゃないですか。
なんで言わねえんだよ!

怪しいな。 言えよ! ちゃんと。

そこから共同生活が始まる…。
金原会長と若者たちの。

絶対 嫌だ…。
これは すごいよ!

で オシャレな洋楽かなんか
流れるでしょ? あれ。

洋楽かかるからね 大体ね。
朝 オシャレな女の子が

おはよう なんて
パジャマで来るでしょ。

そうすると
洗面台の前に金原会長が

バッチリ スーツで 頭固めて…
おはよう なんつって。

おはようじゃねえよ! お前。
そういう感じでね。

今日は何? 予定は なんなの?
誘ってんじゃねえかよ! お前。

今日は バイト休みだから
どうしようかな なんて言うとね

じゃあ カフェでも行こう。
やだよ! もう そんなの。

できちゃったら どうすんだよ!
あんなもんよ。

結局 みんな 怖くなってね

金原会長 残して 全員出て行く…。
そりゃ 出て行くよ そんなもん。

そこから 3週ぐらいはね

金原会長の一人暮らしを
みんなで…。

あっ トイレ行ったとか…。
『テラスハウス』…。

あっ 今 風呂 入ったとか。
金原会長 一人で風呂入って

誰が見るんだ そんなもん!
ホントに。

なんで 頭 洗わないんだ…。
うるせえよ。

あれは面白いだろうな。
そのうち こっちが撃たれるぞ。

そうだね。
ねっ。

あとね 今年も
年末になると恒例のね

今年の漢字一文字というのが
決まりましてね。

これ 結局 今年は 令和の「令」…。
「令」の字になりました。

毎年 思うけど

あの 清水寺の…
今年もやってました。

あの和尚が
また もったいぶってね

なんか偉そうな格好して
こうやって出てきてさ。

なんだろう なんだろう
っつったらさ 「令!」 なんて…。

TIMか!
人文字でやんねえだろ あれ。

あっ 「令」か なんて。
違う 違う。

書くの 習字で。
ああ そういう事ですか。

まあ でも
今年は なんといってもね

5月1日にね
元号が令和に変わった。

これが一番大きなニュースだと
思うんですけどもね。

まあ でも
令和になった瞬間なんて

各テレビ局の生放送でね
色んなとこ…。

我々も
やらせてもらいましたけども

すんごい評判悪かったんです。
そんな事 言わなくていいんだよ。

大体 ああいうので あるのが

産婦人科から
中継を結ぶんですよ。

そう! 令和初の。
令和ベイビーって あの瞬間をこうね。

今年はね 面白かったのは…
今回ね

双子が生まれたの知ってます?
そうなの?

双子が生まれて
1人目は平成最後なんですよ。

そっか! もう11時何分みたいな。
11時だから もう

ギリギリに生まれた
平成生まれ。

で 2人目は時代を…。
(2人)またいで。

令和初のベイビーだったの。
そっか! その双子 すごいな。

双子で平成生まれと令和生まれ。
いるんだね 厳密に言うと。

こういう子がいるんですよ。
これが大人になったら

平成生まれなんか
たまごっち やってると

「古いな」なんて…。
ちょっと待って。 そうじゃない。

そういう事にはならない。
やっぱ 平成だな お前は…。

ついこの間 生まれた奴だろ それ。
たまごっちなんか やらないよ

今どき。
たまごっち やらねえよ そりゃ。

俺なんか もう これだもんな。
何してんだよ…。

なんだよ? これは。
先ので情報がわからない。

いや 「わからない」じゃねえよ!
わからない…。

もう なんか
その… 何をやってるの?

「たまごっち 古い」。
たまごっちは やらねえけど。

俺は ほら こんなになるんだぜ!
「こんなになる」って

なんなんだよ? その
令和版たまごっちみたいなやつ。

これ やるだろ! これを!
2人で これやれよ! じゃあよ。

そんな興奮する事はない。

(一同 笑い)

あのね 実はね 三つ子も
生まれたんです あの日。

ウソだよ。 三つ子も生まれた?
三つ子は すごかったですよ!

最初が
それこそ平成最後なんですよ。

で 時代をまたいで令和…。
令和でしょ。

最後が なんと昭和生まれ…。
あり得ねえだろ! そんなの。

どういう三つ子なの?
いきなり 年寄りが出て…。

あり得ないでしょ そんなの。
これが大人になったら

すごいですよ カラオケなんか行くと
昭和生まれが…。

♬~「赤いリンゴに」
昭和すぎるだろ。

♬~「くちびる」
戦後! 戦後!

いや そんなんじゃないから
どう考えても。

平成生まれが 「古いな
やっぱ 昭和はよ!」なんつって。

俺なんかは
もう そんな歌 歌わないもん。

♬~「Boy Meets Girl」

それもさ…。
TRFとか歌っちゃうもんね~!

つい最近 生まれた子だから。
歌うわけないんだよ。

そうすると 令和生まれが
「古いよ TRF」

「俺なんかは
もう この人の この歌…」。

だから! 「この人の この歌」は
なんなんだよ!? どんな歌か…。

「アァ~」ですよ。

わかんねえ事ばっかり
やってんじゃねえよ お前は…。

大変だよ。
大変ですよ。

まあ あとね
最近の話題といえばね

映画『アナ雪2』。

『アナ雪2』も すごい
ヒットしたからね これはね。

これは 前のね…
前作の『アナ雪』から

3年後というね
設定らしいですよ。

だから その間 色々 登場人物も
変わっていくっていうね。

オラフの声も代わった…。
それはいいんです。

別の事情だから。
裏の事情…。

裏の事情があって
声が代わったんです あれはね。

まあ でも 『アナ雪』はすごいよね。
すごいですよ。

もう アナとかエルサとか
みんな人気ありますからね。

で アンのね… アナ?

アナもね なんかね
今回 元気ないなと思って。

なんで?
なんか 離婚したらしい…。

神田沙也加ね それ。 だから
声優さんとは連動してないから。

声優さんの私生活は
連動しないんです 別に。

でも アナもさ 考えてみたら

あの 神田沙也加さん?
あの人もすごいよね。

何?
お母さん 松田聖子だよ。

まあ まあ まあ そうだよね。
お姉さん 雪の女王でしょ?

そうじゃねえよ! ごっちゃに
すんじゃねえよ アニメの世界と。

家の中 めちゃくちゃですよ。
何がめちゃくちゃなんだよ お前。

私生活は固まって…。
固まらねえよ!

お父さん 神田正輝でいいだろ!
別に そこは。 ねっ。

でも あれ
エルサってお姉さん

結局ね あの ほら…
なんでも凍らせる力がある…。

そう 凍らせちゃう。
怖いね お姉さん。

今回は… パート2では アナもね
特殊な能力 出すらしいですよ。

アナも そんな能力あるの?
そうですよ。

泉ピン子の前に出るとね
発疹が出る…。

別の人! 別の人!
それ アナじゃない!

あっ エナ… エナ…。
えなりを「エナ」って言うな!

「エナ」って言うな えなりを。

「エナと幸楽の女王」…。
嫌だよ!

幸楽の女王 やだ!
すげえやだ それ。

「エナと鬼の女王」みたいなね。

まあね あと やっぱ 今年は
YouTuberが色々…。

ユーチューバーも すごかったね。
人気者になった人もいますけど。

でも やっぱね
YouTubeっていったらね

今年は なんていったって
嵐がユーチューブ始めたって…。

やっぱ 嵐もさ ジャニーさんに
最後 言われたんだろうな。

ユー チューブやっちゃいなよ。
くだらねえな!

「ユー やっちゃいなよ」だよ!

「ユー チューブやっちゃいなよ」は
言わねえだろ そんな事は。

でも… ジャニーズが
解禁になりましたから

これから ジャニーズの
タレントとかみんな

ユーチューブ始める可能性も…。
そっか やるだろうね。

こんにちは!
ユーチューブ始めました!

マッチでーす!
マッチはやんねえよ お前!

なんで マッチが…。
黒柳さーん!

いつのマッチだよ!
いつの時代のマッチだよ!

今 マッチ 55歳だぞ お前!
そんなキャラじゃねえだろ お前よ。

今日はね マッチはね あのね
このコーラをね マッチね…。

マッチは言わねえんだよ
「マッチね」とは。

このコーラをね 一気飲みしてね
それでね あのね

『スニーカーぶる~す』をね
ゲップを出さないでね

歌っちゃう…。

マッチ やんないの!
そんな事やんないの!

できるかな? 緊張するなあ。

うわっ もう やだ…。

うん… 飲みました 飲みました
っつってね。

うーん… できるかな?
じゃあ 歌います。

「ペアで…」 ゲエーッ!
ハイキングウォーキング!

やるか! マッチは
そんな事しないんだよ!

あとね マッチはね 今日はね
電話しちゃおうかと思ってんだよ。

もう もはや マッチでもない。
マッチじゃない…。

こんなんじゃないから。
マッチだよ!

昔のマッチも
そんなんじゃない!

マッチが電話しちゃうんだよ?
なんだよ! 誰に電話すんだよ?

よっちゃんに電話しちゃう。
よっちゃん!?

よっちゃんとは 全然 会ってない。
何十年も会ってないからね。

興味あるね。
よっちゃん どうしてるのかな?

マッチの事 覚えてるのかな?
いやいや 知ら…。

俺は誰なんだよ!
マッチの隣にいる… 誰だ 俺は。

俺 覚えてる?
いや 知らねえよ!

じゃあ よっちゃんに…。
電話しろ 早く。

電話番号
変わってないといいけどな!

誰だよ…。

よっちゃん いるかな?

プルル プルル… カシャッ。
あっ よっちゃん出た!

もしもし? よっちゃん。
お前 いつまで芸能界いるんだ。

そんな性格 悪いのか!
もういいよ。 いいかげんにしろ。

どうもありがとうございました。

(小池)ありがとうございまーす。

(チャイム)
誰か来た。

さあ ここから
第7世代の皆さんから

爆笑問題さんに言っておきたい事。

せっかくなんで どんどん
言って頂きたいんですけど…。

はい 後藤さん!
(後藤)あの…。

田中さん
ネタ書いてないですよね?

書いてないですね。
どうして太れるんですか?

(一同 笑い)
(小池)確かに。

ネタ書いてる方が太るって事?

(後藤)いや
そういう事じゃないんですけど

どうして太れるのかなって…。

(古坂)気持ち的にね。
書いてもないのに…。

ネタ書いてない人は 例えば…。

食べ物の事ばっかり。
例えば。

(一同 笑い)

だから 太るのね。
(都築)なるほど なるほど。

ガキに
散々 バカにされてるからな 今な。

長女が また 生意気なんだろうな。

完全にバカにしてんだよ
こいつの事。

(布川)「HA」?

テレビ見てるでしょ?
で 俺とか たまに映るじゃない。

って変えるの。

(都築)ませてる!
(小池)すごいね!

変えるんだ?
変えちゃうんだって。

EXITのお二人は
いかがですか?

このあとの打ち上げ
どこにしますか?

(小池)チャラいなあ。

はい ありがとうございます。

という事で 今年のネタ祭りは
ここまでです。

皆さん 素敵なクリスマスを
お過ごしください。

(田中・小池)さようなら!
メリークリスマス!

(拍手)


関連記事