朝だ!生です旅サラダ アメリカ西海岸、デスバレー国立公園“塩の道”・八嶋智人が香川県小豆島…移住者に大人気…



出典:『朝だ!生です旅サラダ 圧巻の絶景!米国デスバレー国立公園&八嶋智人が小豆島へ!』の番組情報(EPGから引用)


朝だ!生です旅サラダ 圧巻の絶景!米国デスバレー国立公園&八嶋智人が小豆島へ![字]


アメリカ西海岸…モントレーで絶品シーフードを堪能&天国?地獄?デスバレー国立公園の絶景“塩の道”を歩く!?▽香川県小豆島…今、移住者に大人気!?新しい島の魅力を発見


詳細情報

◇内容Ⅰ

【ゲストの旅】

八嶋智人さんが香川県の小豆島へ!「世界一妖怪の集まる島」を目指す!?妖怪の美術館でびっくり体験!そして、八嶋さんの友人の一人が経営する一棟貸しのお宿へ…“焚き火ごはん”体験に感激!空き家が小さなシアターに!?オススメの地ビールも満喫!

◇内容Ⅱ

【海外の旅】

アメリカ西海岸の太平洋に面した港町「モントレー」から旅はスタート!好きな魚介をその場で調理してくれる新鮮なシーフード料理を満喫!続いて、カリフォルニアの内陸部へ移動…乾いた大地が広がる国立公園「デスバレー」へ!この世のものとは思えない絶景に圧倒されます。

◇内容Ⅲ

【俺のひとっ風呂】

大分県日田市を訪ねます!まずは、滝を時計回りに1周すると運気が上がると言われるパワースポット「慈恩の滝」へ!そして地元民の憩いの場になっている廃校を利用した食堂を訪ねて、その裏庭にある池を活用したお風呂を目指します!

◇内容Ⅳ

【陸斗が行く!日本縦断コレうまの旅】

群馬県富岡市&下仁田町を歩いて、地元の美味しいもの探し!下仁田ねぎ&上州和牛&しらたきで“究極のすき焼き”をゲット!?

◇内容Ⅴ

【生中継のコーナー】

新潟県長岡市「寺泊魚の市場通り」から中継!全国各地の海の幸が集まる“魚のアメ横”で視聴者プレゼント集め!寒ブリ!?甘えび!?イクラ!?カニ!?…ラッシャー板前がザルいっぱいになるまで海の幸を集めます!

◇出演者

神田正輝、向井亜紀、勝俣州和、三船美佳、ラッシャー板前、妃海風(旅サラダガールズ)、小西陸斗(ABCテレビアナウンサー)

◇ゲスト

八嶋智人

◇おしらせ

☆番組公式Facebook、Instagramやってますっ!

【番組HP】http://www.asahi.co.jp/tsalad/

【Facebook】https://www.facebook.com/tabisalad/

【Instagram】https://www.instagram.com/tabisalad/



『朝だ!生です旅サラダ 圧巻の絶景!米国デスバレー国立公園&八嶋智人が小豆島へ!』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

朝だ!生です旅サラダ アメリカ西海岸、デスバレー国立公園“塩の道”
  1. 本当
  2. 小豆島
  3. ビール
  4. 移住
  5. 下仁田ネギ
  6. 八嶋
  7. 妖怪
  8. お願い
  9. お魚
  10. 場所
  11. 最高
  12. 自然
  13. 立派
  14. お勧め
  15. カーメル
  16. ネギ
  17. ハッピー
  18. 地元
  19. お店
  20. カニ


『朝だ!生です旅サラダ 圧巻の絶景!米国デスバレー国立公園&八嶋智人が小豆島へ!』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓ABC朝日放送 関連商品

請うご期待!

いよいよ上陸します。

久しぶり~。

ジャーン!
うわ~!

学校だ~。

あ~、気持ちいいで~す!

メルヘンで、かわいい~。

うわっ!

当番組は同時入力のため、誤字脱字が
発生する場合があります。          

また、内容により字幕放送を中断させて
いただく場合があります。            

おはようございます。
2019年12月21日、

土曜日の朝です。
2010年代、最後なんだ。

来年20年になっちゃう。

残りあと300日とか言ってたのに、

懐かしいですね。
来年は計算が大変だからね。

もうすぐクリスマスです。
そうです。

あと3日するとクリスマス。
皆さんも楽しい思い出をたくさんつくっ

ていただきたいと思いますが、けさのお
客様、ハッピーな方ですね。

八嶋智人さんです。
おはようございま~す。

八嶋のY!
よろしくお願いいたします。

八嶋のYですからね。
そして、

神田さん、

お誕生日、おめでとうございます。

すばらしい!
ハッピー!

ハッピー、ハッピー!
話変わりますけど、さすが、冷静。

眼鏡の収集が

80個ある?

いやいや、いろんな役に合わせてつくっ
たりしてると、

そんなんになっちゃったんですよ。
ベストドレッサーも眼鏡の。

そうですね、

昔取らせていただいて。
ただ、

最近、老眼が…。
だから、

携帯見るときとかもとるというより…。

これに何の

抵抗もなくなってきたという。

とらないと、見えないんですか?
見えないです、近眼だから。

今スタジオには

ツリーはあるし、

旅サラダの看板もきれいになってるし。
楽しい!

きょうはハッピーに行きましょう!

スタジオには、旅サラダガールズの

妃海風ちゃんと小西陸斗アナウンサー。

ハッピーでお願いします。
さあ、

まずは…。
メリークリスマス。

さあ、まずは、「俺のひとっ風呂!」、
ハッピーに。

大分県に行ってきました。

小学校をリノベーションした

すてきなお風呂に入ってきましたよ!

メリークリスマス!
まずは、

日田市を訪れたら、

ぜひ行ってほしい

絶景スポットに向かいましょう!
さあ、こちらにですね、

訪れた人全ての運気を上げる

場所があるらしいんですよ。

来て!

うわあ~、すごい!

すごい滝!

慈恩の滝は、

落差がおよそ30メートルある

2段式の滝です。

龍神さまが住んでいたという伝説が残る

人気のパワースポットです!
ここね、

見るだけじゃないんです。
滝の裏を1周できるんです。

滝の裏を通り、

時計回りに1周すると

運気が上昇すると言われているんです。

あっ、すごいわ!

おおっ!

滝の裏、今、滝の裏!
すごい!

パワーがすごい!

エネルギーを感じますね。

1周しないと

運気が上がらないらしいんで、

行きましょう。

おお~、すごいね。

冒険だね、

もう。
寒いというよりも、

気持ちいいんですね。

何とも。
なるほど~。

ほら!

見て!

格好いい!
めっちゃ格好よくない?

上昇喜龍。

1周すると、パワーをいただけて、

あなたの運勢が“上昇喜龍”になるんで
すよ。

運気の上昇気流に乗りたいあなた、

ぜひ、訪れてみてください。
さあ、続いて向かうのは、

日田市の山合いにある上津江町です。

ここにある観光スポットが

できたそうなんで~す。
見て。

小学校ですよ。
きょう、

よろしくお願いします。
小学校を再利用したという…。

実は、

こちら、今から5年前に廃校となった

小学校の校舎を再利用した

観光施設なんです。

過疎の町に人を呼びたいと、

河津さんが中心となり

校舎をリノベーションしました。
早速、

中を見せてもらいま~す。

学校だ~!
あっ、ほら、

げた箱!

なるべく雰囲気を残していきたいなと思
って。

これ、教室なんですけどね。

教室、1年生。

そこの中をちょっと改装して…。

宿泊部屋なんだ。
見て。

二段ベッドがあって。

あっ、何か、いいねぇ。
黒板だ!

すごい!

もともと4つあった教室を研修施設とし
て使える

ベッドルームに使えたり
子供たちが使っていた

給食室を地元の人たちも利用できる食堂
に変えたそうなんで~す。

給食を…、

そうです、給食センターだった。
あっ、

給食の…。

給食のお姉さんだ。

“お姉さん”と言ってもらっていいです
か?

どうも~。
ほら、あの大きいやつ。

ねっ?

大人数のおかずをつくらなきゃいけない
から。

ずんどうでつくるとおいしいんだよね。

さらに、収穫体験ができるように、校舎
の裏で

あるものを栽培しているそうです。
あっ!

シイタケだ、シイタケ!
すごい、すごい!

ちゃんと菌を打って…。

シイタケといえば、大分県の名産です。

原木を使って育てているんです。

これは立派!

香りが全然違いますね。

菌が全然違いますね。

もうこれだけでおいしいってわかる。

収穫した後は、先ほどのレストランで

名物鍋料理を

町の皆さんといただきます。

さあ、こちらの名物の益膳鍋、

いただきます!
オープン!

ジャジャン!
お~っ!

すごい、すごい!

どういうスープなんですか。

あと、

中に生薬のものを

9種類ぐらい入れています。
9種類ぐらい!?

シイタケ、ナツメ、ドクダミなど

9種類の薬用植物が入った

白醤油ベースのスープに

地元の野菜と

山でとったイノシシの肉が入っていま~
す。

きれいなスープ。

すご~い!
いただきます。

うわ~っ!

あったまってくる、

内臓から。

これはうまいぞ~!
イノシシもまた…。

全然違う!

イノシシの味の強さ。

もうエネルギーが違うわ!とれたてのシ
イタケは

素焼きでいただきます。
もう香りから全然違いますね!

冬のシイタケ、

とれたてはおいしいんです。

うまみの塊ですよ。
どうですか、日田のいいところってどこ

ですか。
自然がいっぱいなところですかね。

そうか、ここは自然の中に我々が住まわ
せていただいてる。

そんな感じです。
だって、あちらの絵がそうなんでしょう

これ将来の夢なんですけど、漢方薬の原

料となる生薬の栽培をしていきたいとい
うことがあって、

サンシュユという木なんですけど。
将来的には

薬草の栽培を町の観光資源としてたくさ
んの人が訪れる

場所にしていきたいそうです。
いや~、おいしかったです。

どうも、ごちそうさまでした。
ごちそうさまでした。

いやあ~、すばらしい。
勝俣さん、中からあったまっていただい

たんですけど、今度は外から…。
おっ、あります?

お風呂に入ってもらって。
校舎のどこにお風呂があるんでしょう?

こちらになります。
事務室で?

本当だ!
さあ、それでは、ひとっ風呂、

いただきます。

あ~っ、立派!

見て!
すご~い!

つくったんですね?

もともと中庭の池です。

池をお風呂に変えたんですか!?
見て!

ほら!
つくってくれたんですよ!

旅サラダ。

地元の職人さんの

合谷さんが

名産の杉で灯籠をつくってくださいまし
た。

合谷さん、ありがとう!

ああ~、気持ちいいで~す!

なるほどねえ。

だから、全て新しくつくったんじゃなく
て、利用したんですね。

そうです、

そうです。もう本当に

前にあったやつを活用して、生かしてい
きたいと。

すごい。
ちなみに、

奥にある

小さいほうのお風呂には、薬草が入って
います。

体が疲れてる人にお勧めです。

身も心も元気になれる日田市へ、ぜひ、

皆さん、訪れてみてください!

今回もすてきな出会いがたくさんありま
した!

ひとっ風呂、

ごちそうさまでした!

どうも、ありがとうございました。

あそこにあるんですよ。
そうなんです。

かわいい!

すごい立派な、

杉の…。
すばらしいです!

合谷さんがつくってくれて、合谷さん、

ありがとうございます。
すごい難しいよね?

難しいと思います。

小学校をリノベーションしているので、

温かいんですよ。
いないんですけど、

子供たちの走り回る姿が出てくるんです
よね。

自分のときを思い出しますね。

心も癒やされる感じが。
だから、初めて行っても

意外と初めて行った感がないというのが、

懐かしいみたいな。
泊まると、夜、トイレに行けないんです

って。
花子さんが…。

それを思い出すんですって。
なかなか夜の学校って、逆に経験が少な

いから、わくわくする。

肝試しをやっても

おもしろいらしいですよ。
これはすごいわ。

ぜひ行ってみてください。

ありがとうございました。
さあ、続いては海外の旅です。

旅に行ってくれたのは、旅サラダガール
ズの妃海風ちゃん。

おはようございます。
妃海風です。

今週は、

アメリカ西海岸のカリフォルニア州に行
ってきました。

デスバレーというところに行ってまいり
ました。

デスバレーです。
ごらんください、どうぞ!

アメリカ西海岸、カリフォルニア州。

豊かな自然に、恵まれた気候。

実りあふれる大地で出会えるのは、
独自の文化と魅惑的な美食。

旅先に求めるものが全てかなうここは、

ゴールデンステイト、
「黄金の州」と呼ばれています。

一度は行ってみたい憧れの地!

アメリカ・カリフォルニアの旅。

サンフランシスコから南へ
およそ200キロ、

太平洋に面した「モントレー」は、

西海岸屈指の漁師町として
知られています。

このあたり、

飲食店が多いですね。

そして、お魚の絵とか、

カニさんの絵とかがあるし、

まず、近くに海があるから、絶対この辺、

シーフードがおいしいと思うんですよね。

レストランが立ち並ぶ港の周りは、
街一番のグルメスポット。

近海でとれた鮮度抜群の
シーフードを求める人たちで、

いつもにぎわっています。

どこかレストラン…。

あっ、ここでシーフードをいただけるん
ですか?

買ってきたものを

ここで調理を

実際にしてくれるということですか。

私も、すぐ近くにある魚屋さんへ。

おー、

すごい新鮮そうな

お魚たちがいっぱい!

これはおいしいだろうな。

どれにしよう?

街のシェフたちも仕入れにくる
評判の鮮魚店。

その日、港に揚がった
えりすぐりの魚介類が

豊富にそろっています。

ハイ!

特に、この中で

お勧めのお魚はありますか?

じゃあ、

ちょっと見た目すごいけど、

じゃあ、これ、ください。

カサゴの仲間だという
ロックフィッシュのほかに、

この日のイチオシ、ホタテも購入。

ありがとうございます。

うれしい!
大きいし、

センキュー。

買ってきましたよ~、

お魚。

こちらは、ヨーロッパで修業した
腕利きのシェフが営む

人気のレストラン。
持ち込んだ魚介類を

お勧めの料理にしてくれます。

まず、ホタテは
たっぷりのバターと

生クリームで煮込んで前菜に。

センキュー。

わあ~、

お料理されると、

余計にホタテの大きさが感じられますね。

いただきます!

プリン、

プリン。

もう新鮮過ぎて、

あんまりクリームが強くくるというより
は、

ホタテのうまみが広がってる感じ!
最高においしいです。

ロックフィッシュは、
ふっくらと香ばしく仕上がるよう、

パン粉焼きにしてくれました。

あの持ってきたお魚が

こうなったんですね!?
いやあ~、うれしい!

ふわふわっ。

トマトソースみたいなのにつけて…。

いただきます。

お魚、甘い。

甘いし、ふわふわで、

濃厚トマトソースと

相性抜群です。

ソーデリシャス!

持ってきたものがこうやって料理される
って

楽しいですね。

モントレーから
人気のドライブウェイを走り、

少し南へ。

やってきたのは、
車で10分ほどのところにある

海沿いの街、
「カーメル・バイ・ザ・シー」です。

街がメルヘンで

かわいい!
大好きです!

おとぎ話に出てくる

一軒家みたいな…。

お店の看板みたいなのも

1つ1つかわいくて、絵本の中にいるみ
たいな感じですね。

この街の一番の魅力は、
メルヘンチックな建物の数々。

まるで童話の世界に
迷い込んだような景観が

訪れる人を魅了しています。

ここはギャラリーかな?

絵がたくさん飾ってあって…。

その隣も

ギャラリーだ!

あっちの奥もギャラリー?

今、もう3軒…、3軒どころか、

ずっと先まで。

ここギャラリーが集まる通りなのかな。

ギャラリーの数は、
なんと100軒以上。

カーメルは、世界中から
芸術家が集まってくる

「アートの街」としても有名なんです。

ここの絵もすてき~。

何か、色彩が好きだなぁ。

あっ、絵を実際に描いてる。
すごい!

入っちゃおう。
ハーイ。

近くで見せてもらってもいいですか?
センキュー。

いや~、これって、

さっき歩いてきたカーメルの街ですか。

うわあ、めっちゃすてきだなあ。
街がよりメルヘンになってて、

かわいい。

こちらは、この街出身の画家、
デリアさんのギャラリー兼工房。

描かれているのは、
全てカーメルの街並みや

周囲の自然なんだそうです。

いいですね。

すてき~。

自分の好きな街を自分の絵で

表現するって、

本当にすてきなお仕事ですね。

オリジナル作品を
小さなキャンバスに

プリントしたものは、
お土産にぴったり!

私もお気に入りを
幾つか購入することに。

絵と比べて見てみたいから、

実際に行ってみようかなって思います。
どれも近くなんですね。

うわっ、うれしい!
まずは、

この作品の場所を探してみます。

この絵は…、

あっ、

この赤い屋根?

このテントみたいなのと…、

タックボックスがあるから、
方向は、

あっ、ここ、ここ!
ここだ!

本当! ここ、

かわいいおうちがあって、その奥に

ブルーっぽいテントがあって、

大きい通り。

何かゲームみたいな感じで、楽しい。

絵と重ねながら街をめぐってみると、
改めて景色のすばらしさを実感!

ますますカーメルの旅が
楽しくなります。

そんなフォトジェニックな
街の中心部に

この日の宿泊先があります。

あっ、

何かここも調度品がきれいで

おしゃれ!

ハイ!
センキュー。

こちらは、築90年の
伝統建築を改装した高級ホテル。

朝食とディナーが楽しめる
館内のレストランは、

カーメルで唯一、
ミシュランの星を獲得している

名店です。

ここ上がっていくの?

うわあ~、ホテルの中庭!?
すごい、おしゃれ!

噴水もある!

客室の数は20。
その全てがこの中庭に面しています。

お屋敷にきた感じだね。

階段を上っていって…。

もう到着?

うわあ~!

かわいい!

これは、お姫様気分のベッドですね。

何か、全ての色彩がかわいいのはもちろ
ん、

これがやっぱり目に一番入ってきますね。
海が近いから?

赤いサンゴ礁のランプ。

すてき!

全室に大きなバスタブが
完備されていることも魅力です。

これはぜいたくなホテルだな~。

夢のような空間です…。

ここでちょこっとガイド!

カーメルがある半島では、
ボートツアーも人気です。

これに参加すると出会えるのが…

あっ、

ラッコ、ラッコ!

かわいい!

かわいらしい野生のラッコたち!

彼らが好む餌が多い
このあたりに

毎日必ず姿をあらわすそうです。

アザラシや大きなペリカンも発見できる

楽しいボートツアー。

皆さんも参加してみてはいかがですか?

沿岸部を出発し、車でおよそ7時間。

内陸部に広がる
デスバレーを目指します。

さっきは海沿いの

すごいきれいな景色だったのに、

何か全然景色が変わってきて。

今度は、何か、ほら、

大昔の時代に来たみたいな。

映画のロケ地と言ってもおかしくないよ
うな

世界観。
カリフォルニアって大きいんやなと思い

ますよね。

太古の風景がそのまま残る
デスバレー国立公園。

ここは、全米で一番の乾燥地帯。

「死の谷」と呼ばれる
その過酷な自然環境が、

他に類を見ない
独特の景色を生み出しています。

ハロー!

ハーイ。
ナイス・トゥ・ミーチュー。

ナイス・トゥ・ミーチュー。

まずは渓谷沿いに続く
奇岩エリアを歩きます。

何ていったって、

この近くに来ると、圧倒的な

岩の大きさみたいなのを

すごい感じますね。

結構、細かい層になっていて、

とがった感じとかも、

物すごく鋭くて、生物を感じられないか
ら、

違う惑星感があるというか。
不思議な感覚。

これだけ歩いてて広いと思うんですけど、
この広さって、

どれぐらいあるんですか。

むちゃくちゃ大きいですね!

このとてつもなく広大な国立公園は、

世界最高気温56.7度を
観測した歴史を持つ

超猛暑地としても知られています。

おー!

ここなんか特に

もう顕著に色味が違うのが

わかる!

グリーンとピンクと白と

色が全然違うから、

本当に自然につくられたの?という感じ
ですけど。

あっ、鉱物かぁ…。

神様が遊びで

色をばあって塗ったみたいな、

…。

そんな感じがするぐらい、不思議で神秘
的な

色味だな。
奇岩エリアから車で30分ほど走ると、

また違う表情に出会うことができます。

すごい!

景色がまた変わって、白い感じ!

じゃあ、

白く見えるの、

全部お塩か!

ここ「バッドウォーター」は、
海抜マイナス85.5メートル。

北アメリカで最も低い場所に広がる
塩の湖です。

じゃあ、

これ、これって、

お水もまさか、

塩水?

なめていいんだ?

いただきます。
うわっ!

海よりもしょっぱい!

大昔は海の底だったというデスバレー。

たくさんの塩は、
その歴史のあかしなのです。

何か、

随分歩いてきましたけど、

どんどん、どんどん

道が、変わった

ゴツゴツした

感じになってきました。
これって、

何でここは今、

こんな形になってるんですか。

不思議~。

すごい不思議。

何か、この地形って

あんまり

見たことがない形なので。

塩水の通り道が描く幾何学模様。

デスバレーだからこそ生み出された

自然の造形美です。

夕方、レンジャーさんと別れた後、

国立公園一の絶景スポットへ。

うわ~!

すっごい景色!

より何か

オレンジが少しかかった感じもあって、

現実の世界じゃない感じがすごいします。

何か、場所、場所によって

全然見える景色が違うのがおもしろいな
って…。

自然の厳しさと美しさが共存する
デスバレー。

その絶景に感動しました。

感動する~。

すご~い。

何か、でか過ぎて、

何て言っていいかわからないね。

圧倒されて、

言葉が出ないよね?
そうなんです!

本当に実際見ると、

何かちょっと怖いぐらい。
圧倒されるので、

絶句しちゃうんですよね。
さっきのきれいな

街、カーメルって、

映画俳優のクリント・イーストウッドさ
んが、一時、市長をやっていて…。

またそれもすてきですね。
そばにビーチがあって、すごいきれいな

海があって、すばらしい。
カリフォルニアの中にいっぱい、いろん

なものがありましたね。
あの料理だって、どうだった?

すっごいおいしいですし、ワインと合う
んですよ。

しかしさぁ、

昼からこんだけ食べるか。

食べて、飲んでねぇ。

すごい量いただいて、

すごい量を飲ませていただいて。

どんな魚を持ち込んだりしても大丈夫な
んですね。

それに合ったお料理をつくってくれる。

そうなんですよ。
へええ~、いいなあ。

本当にでも、

めちゃくちゃ濃厚とかでもなく、本当に
ほどよい味つけで。

これは、絶対ここに行きたくなりますか
ら、ここで、すてきなお知らせを言っと

かないてっど航空。

今回ご紹介したカリフォルニアへは、
ユナイテッド航空が便利です。

成田、羽田、関西の3空港から
サンフランシスコへ

毎日、直行便が就航。
特に成田路線には、

快適な睡眠を目指したビジネスクラス、
「ユナイテッド・ポラリス」の

新シートも導入完了。
また、サンフランシスコ空港には、

さあ、

きょうラッシャーさん、

どこにいると思いますか。
どこでしょう?

真っ赤なお鼻の

ラッシャーさん。
どこだろう?

呼んでみましょう。
ラッシャーさん。

ハーイ! きょうはですね、

新潟県は

長岡市にあります

寺泊・魚の市場通りにお邪魔しておりま
す~。

全国の皆様、スタジオの皆様、おはよう
ございま~す。

ほどほどに赤くなっています。
きょうの中継、

ちょっと時間がないんで、急ぎますよ。

まずは、パートナーです!

どうぞ。

おはようございます。
UX新潟テレビ21の大西遥香です。

よろしくお願いします。
さあ、

きょう、お邪魔している

寺泊・魚の市場通りですが、

こちら、

45年ほど前にオープンしまして。

あっ、大分、お客さんもふえてきました
ね。

11軒ほどの鮮魚店が

軒を連ねている場所なんですが、全国各
地から

いろんなお魚が届くので、“魚のアメ横
”と

呼ばれてるんです。

魚のアメ横!?

それぐらいお魚が豊富ということですね。
そうなんです。

大分、お客さんもふえてきました。
おはようございま~す。

きょうの中継ですけど…
恒例の

視聴者プレゼントのあの企画です。

来ましたね!
この大きなざるに

いっぱい視聴者プレゼント、

集めていきますよ~。

テレビをごらんの皆様、お待たせしまし
た!

じゃあ、早速行きましょうか。

お魚がぶら下がってるけど、

サケでいいんでしょうか。

山六水産さんです。

これはどういった魚なんですか。

地元、寺泊でとれたサケでつくった塩引
き鮭になりますね。

どうやって食べるのがいいんでしょうか。
普通に切り身にして、焼いていただいて、

ご飯のお供に最高です。
寒い風に干してるわけですね?

試食がありますよ。
手でいいですか。

こんな感じで…。
あっ、まずは塩辛さが来るんですけど、

かめばかむほど、干してあるからうまみ
が凝縮してる!

これもご飯でも、いいですね。
ゲットします。

じゃあ、これ、いいですか?
2000円と書いてますけど。

ありがとうございます。

新潟には…。

新潟の名物でございます。

サケて通れないものなんです。

サケ…。
サケだけに

サケて通れない。

鮮魚、行きましょう。
いろいろ並んでますけど、

地元のお魚自慢なんです。
すごい!

これはブリでよろしいんでしょうか。

どちらのブリですか。

佐渡産のブリですね。
佐渡!?

この時期はまさに旬です。

ちょっと試食させていただいてよろしい
でしょうか。

そこにありますか。
ありがとうございます。

佐渡のブリだそうです。

いい色してるわ。
この色、

見てくださいよ。
これをちょっと…。

脂が乗っているのがわかりますよ。

ちょっと醤油を…。
あっ、ほら、

はじいてますよ!

このもっちりした食感と、

甘みがありますね!

佐渡で

厳しいとこで育ったから。

これをプレゼントにさせていただきたい
んですが、

1本はなかなかったちょっともてあます
…。

1本、いただいてもね。
じゃあ、

ブロックに分けるので、

それで

お持ちください。
お刺身にできるように?

じゃあ、ブロックにしてもらいます。

食べやすいように。
そのほかにも、お魚がありますけど…。

お魚たくさんあります。
ゲストの八嶋さん、

このお魚、何だか、わかりますか?
わからない。

ノドグロ!

八嶋さん、覚えておいてください、

ノドグロでございますよ!
高級魚。

じゃあ、

これもちょっとお願いしていいですか。

1匹幾らぐらいですか。
1匹、2300円です。

もう1匹行きましょう。
イエーイ!

ノドグロ2匹~!
この辺もいろいろ、

お勧めは何ですか。
ヒラメとか、

クロダイとかが…。

どうでしょう?
クロダイって、

なかなか見ないですね。

普通のタイはこっちですね。

そうですね。
クロダイ、いいですか。

一番大きいとこ。
1個でいいですか。

1匹、お幾らですか。
1匹、

1000円ですね。
じゃあ、

もう1匹お願いしてよろしいですか。

あっ、来た、来た!

来ましたー!

ありがとうございました。

すごい、すごい!

やっぱ新潟は強いねぇ、

海の幸が。

1軒目でこの量。

そして、こちらの

魚の市場通り、

年末年始、

どれぐらいの方が来ると思いますか。

魚のアメ横というふうに言いましたが、
去年は3日間で

相当来るでしょう?
そうなんです。

年間は?

8万人の方が来たんです。

やっぱりね、

季節によって年間で160万人。

カニの看板だ!

並ぶお魚が違いますから。

カニ、

行きますか?

お邪魔します。
行きましょう。

こちらは何ガニでしょうか。
これは本ズワイガニです。

おはようございます。
熱々~!

今ゆでたて…。
今ちょうど上がるところです。

いい香りがします!
おー!

本ズワイだそうです。
はい、よろしいですよ~。

ちょっと味見してもいいでしょうか。

うわあ~!

甘みがあって、うまいですよ。

持てる?
これ脚のところ。

身がぎっしり!
こういう感じになってます。

間違いないですね!

ぜいたく。

水槽を見てください!

カニ!

これちょっといただいても…。
ラッシャーさん、

生きたカニをゆでることに、こだわって
いるんですか。

カニが大漁ですね。
これをじゃあ、ゲットします。

そうです。
重い!

これ、1杯、お幾らぐらいでしょうか。
行っちゃいます?

大きいの、ラッシャーさん、大きいのと
ってください。

じゃあ、これ、8000円ぐらいですね。

もう1杯、行きますか?

もう1杯、行きましょうか。

とりあえず乗せます。
とりあえず1杯?

2杯。
この辺をじゃあ…。

ということで、

さあ、

時間の許す限り、

どんどん行きましょうか。

3軒目は、角上魚類(かくじょうぎょる
い)さんに

お邪魔しています。
私のお勧め!

大西アナのお勧めが。
甘エビです。

きれい!
ちょっと卵を持ってるじゃないですか。

そうなんですよ。
じゃあ、どうするの?

1キロぐらいどうでしょう。
1キロって、どんなもんでしょうか。

じゃあ、箱に入れてもらっていいですか。
1キロ。

これどれぐらいでしょう?
1皿が大体300グラムなので…。

これは800円だ。
これが3つ入るわけですね。

何て豪華なんでしょう!

落ちましたよ。

サービス!?

1キロでございます。

100グラム280円なんで、

これで2800円ですね。
美しいですね。

南蛮エビ、

新潟では南蛮エビといいます。
お正月だから、

数の子あたりも押さえたいですね。
いいですね。

すいません、失礼します。
ありました、ありました!

数の子。
どうでしょうか。

こちら、3000円になってますね。

お正月には、いいんじゃないですか?

最高ですね。
あっ、

あっ、隣に、

何と、
イクラがありますよ。

イクラも行きましょうか。

イクラもいいんですけど、

このすじこ、大好きなんですよ。

でも、私、

明太子がいいなぁ…。

ラッシャーすじこで、

大西アナが明太子?

ちょうどいいのがありました!
ちょうど魚卵セット。

3000円です。
これをちょっと。

いいですねぇ。
そして、あいちゃん、

これです!
これだけそろいました。

そして、

総額、幾ら?

5万円!

何名様にあげましょう?
スタジオの神田さん、

5万円相当なんですけど、

何名行きますか。
神田さ~ん!

10人いきたいけど…。

行きましょうよ!
NGが出てるんで…。

神田さん行きましょうよ。

5人!
何人ですか。

5!
5人!

プロデューサー、神田さんが5人と言い
ました。

よろしくお願いします。

詳しいことは、スタジオでお願いします

以上、中継でした~。
神田さんが言いましたよ。

10人と言ったら、こんなん…。
ほんの一瞬、ざわっと…。

プロデューサーを見るという。
さあ、プレゼントしましょう。

すご過ぎました。
中継先より

ごらんの豪華な海の幸セットを5名様に
お届けします。

これいい。

すごいですね。

ご近所で食べられるもんね。

みんなが集まって。
やって、初めてですよ、プロデューサー

さあ、

「陸斗が行く!日本縦断コレうまの旅」
きょうは何を見つけてきた?

皆さん、「コレうまの旅」もよろしくお
願いします。

今週も群馬県、ご紹介していきます。
今回は、2019年、最後ということで、

気合いを入れてプレゼントを見つけてき
ました。

ごらんください。
「コレうまの旅」、よろしくお願いしま

す。
世界文化遺産に登録されている

富岡製糸場がある
富岡市でのおいしいもの探し。

早速聞き込みです!

さらに…

下仁田ネギの情報を入手。

これはぜひとも食べてみたい!
ということで、

教えていただいた
国道沿いの直売所をめざします。

のぼり見えます?

営業中。

下仁田ネギ、

生産直売。
こんにちは。

下仁田ネギがおいしいよとうかがってこ
こに来たんですけど。

うちのネギ、おいしいよ。
まさに下仁田ネギですよね。

そう、そう。
あれっ?

近くに畑があるんですか。

ありますよ。
えっ。

そこも、そうだし。
これ?

うわっ!
むちゃむちゃなってる。

もうちょっと近くで見学させていただい
ても

できますか。
見てください。

いいですか。
ということで、

オオサワさんのネギ畑へ!
収穫は、このくわを使って行います。

すごい!
太い。

これでまだ中ぐらいのサイズ!
この地特有の少し粘土質な土が

立派で葉の締まりがいいネギを
つくるんだそうです。

僕も収穫させていただきます!

よいしょ。

うわっ!

すごい!

きれいな白。
食べてみます?

これ食べられるんですか。

美白ですよ!
いただきます。

おいしい!

あっ、

辛い辛い!

下仁田ネギは、
「アリシン」という辛味の成分が

通常のものの3倍も
含まれているんです。

しかし、アリシンは
火を通すと甘みに変わるので、

調理した下仁田ネギは
驚くほど甘くなるんです!

これどんな食べ方があるんですか。

群馬県は「すき焼き応援県」と
呼ばれていて、

上州牛や、コンニャクなど、
県内ですき焼きの具材が

全てそろうんです!

大沢さん、

僕、

この下仁田ネギを使ったすき焼きを食べ
たいんですけど…。

ネギは、あと、ほかの肉だとか、

コンニャク、

白滝が

あれば…。

材料そろえたら、大沢さんのところで

すき焼き、一緒に食べることってできま
すか。

いいですよ。

大沢さんのご自宅で

すき焼きをいただけることに!
というわけで、パーフェクトな

すき焼きをいただくべく、
コンニャクと上州和牛を探します!

すいません、突然。

上州牛を扱ってるお店って、

ご存じないですか。
まあ、この辺で牛を扱ってる店というの

は、そこの堀口さんだけなんですよ。

町に精肉店は1つしかないそう。
すき焼きにお肉はマスト!

お店へ急行です!

上州牛を扱っていらっしゃると聞いて、

ちょっときて、

上州牛って、ありますか?
あるけど、冷凍にしてあるけど。

お得意さんに卸すための
冷凍したものしかないとのこと。

町唯一の精肉店で購入できず、
途方に暮れていると…

きょうの夜、

家で食べるというのなんですけど…。

多めに入荷していたらしく、
少しならば購入可能とのこと!

お待ちしております。

すみません。ありがとうございます。

解凍ができるまでの間、
しらたきの情報収集です!

本気の手づくり
しらたきの情報をゲット!

教えていただいたお店へ。

交渉の結果、取材OK!

昭和52年創業の
コンニャク屋さんです。

しらたきといえば、

ヤマキさんというふうにうかがったんで
すよ。

えっ、もらっていいんですか!?

どうぞ、どうぞ。

こんなに!

こちらのしらたきは、
「バタ練り製法」という

材料を混ぜ合わせる回数を
少なくする方法で

つくられているんです。
あまり混ぜないことで

コンニャク芋の繊維が残り、
より素材の味が引き立つんだそうです。

そんなに!?

最強のしらたきをゲットしました!

夕方5時。
お肉を受け取りに、精肉店へ!

お父さん、

ありがとうございます、本当に、

今回は。

はい、どうぞ~。
うわ~!すごい!

物すごい量ですよね、

このサシ。
いただきました!

おいしそう!
最高ですよ!

こんにちは。
しらたきと上州和牛を持って、

大沢さんのご自宅へ!

すき焼き応援県・群馬の
すき焼きフルセット!

先にネギに焦げ目をつけるのが
下仁田流。

焦げ目がついたら割り下を入れ、
他の具材を入れて…

完成!

まずは下仁田ネギからいただきます!

うわ~!

これ、ご飯に絶対合う!

うわ~!

おいしい!

最高の食べっぷりやね!

そして、味が染み込んだ
しらたき!

群馬県の
豊かな自然の中で育てられた

上州和牛。

とろとろでやわらかくて、

甘みがすごい!

でも、

本当群馬のすき焼きは

最高ですね!

大沢さん、下仁田の皆さん、

本当にありがとうございました!

今回見つけた
3つのコレうま商品の中から

プレゼントに選んだのは…

3つ全て!
すき焼きセットです!

いただきま~す!

どうぞ。

まず、ここから始まったから、

ここから始めないとね。
お願いします。

下仁田ネギ、どうぞ。
大きいね~!

ネギと、しらたきも行かないとね。

おはよう!
よかった~!ありがとうございます。

どうですか?
かんだら、

中からうまみが出てきますね。
そうなんですよ。

最高。
おいしい!

おネギ。
辛み成分が多いんですけど、

それが火を通すことで

甘くなって…。
甘い。

とても甘くて、ご飯に合うんです。
あっ、しらたき、うまいなあ!

しらたき、味がめちゃめちゃしみ込むん
ですよ。

ほかのが食べられないって、

おっしゃってましたもんね。
そうなんです。

本当、それほどおいしかったです。
どうしよう、これから、しらたき。

食べられない、ほか。
注文しないと。

お箸、とまりませんね。
ありがとうございました。

それでは、

プレゼントの応募電話番号を発表します。
下仁田ネギ、上州和牛、

そして、しらたきのすき焼きセットを5
名様にプレゼントいたします。

なお商品はそれぞれのお店のからの発送
となります。

本当に幸せ!
お肉、ちょっと待って、お肉、ちょっと

待って!
おいしい!

上州和牛、すごいですよね。

「すき焼き応援県」群馬。

ハイ! お待たせいたしました。

ごちそうさまでした。
おいしかったです。

大丈夫ですか。
歯に…。

さっきまでね、ネギが挟まってましたん
で。

このうまみも味わいながら。
八嶋智人さんの旅ですけれども、

今回は、香川県の小豆島?
友人が2人相次いで

移住したんですね、小豆島に。

何で移住したんだろうなと思って。

僕もちっちゃいころ、関西出身だから、

おやじに連れられて行ったことがあるな
と…。

あんまり記憶にないから、いったいじゃ
あ、

どんな島なのかなと、何をそんなにみん
なが魅了されていくのかなと思って…。

人生100年ですから、後半、どこに住
むかって、すごく興味があります。

島もいいし、産物もいいし、見たら、

行きたくなるんでしょうね?きっと。

住みたいというのがすごい。

温泉もありますから。
小豆島。

衝動的になっちゃうんですよ。

衝動的な感じで、行った人も1人います。
いやあ~、

海がキラキラしててね、

すばらしいですよ。
あっ、船がすれ違いますね。

おーい!

特に誰も応えてくれないですけど、

それでも構わないです。
僕は奈良県出身なんで、海があるという

だけで、もうね、どれだけ機嫌が悪くて
も、わあ~!となるタイプなんですね。

いろいろ楽しみにしておりますんで、皆
さんも、ぜひ、請うご期待!

香川県・小豆島までは
岡山の港からフェリーで70分。

見えてまいりました、

小豆島。

ぐる~っとパノラマで、

小豆島って

小さい豆の島と書くわりには大きいなと
いうイメージがありますね。

瀬戸内海では、淡路島に次いで
2番目に大きい小豆島。

人口は3万人近くで、
ここ7~8年は

毎年100人を超える
移住者がいるそうです。

いよいよ、上陸します!

ありがとうございました。

あっ、こんにちは。

きょうは天気もよくて、

最高です!

早速、町の中心部を散策。
シンボルは、西光寺の三重塔です。

こういう中に入っていったほうが

住んでる人の空気感が

あるのかもしれないですね。
おもしろいね。

これ絶対車じゃ入ってこれないところ。

あっ、ここも…。

郵便屋さんも大変そう。

路地がつながる迷路のような町並みは、
今からおよそ700年前、

海賊の侵入に備えて
つくられたと伝わります。

地図も持ってないですけどね、

僕、今。

これは完全に

迷う感じやなぁ…。

より細いほう行ってみよう。
ほら、ほら!

急に!

こんな大きな声出したら怒られそうやけ
ど、

急に三重塔!

路地を抜けると…。

町なかに

妖怪美術館というのが

出てるんですよね。

これもそうなのかなぁ?

妖怪美術館

01?
こんにちは。

初めまして、八嶋と申します。
どうも、

柳生忠平といいます。
柳生忠平さん。

妖怪ですか。
まあ、

近いですね。

館長の柳生さんは、
小豆島生まれの妖怪画家。

子供のころから
妖怪の絵を描くのが大好きで、

今ではフランスから招かれるなど、

海外でも活躍しています。

もともと小豆島というのは、

あれなんですか、
妖怪がいっぱいいたんですか。

妖怪の話は結構残ってはいます。
よかったら、

あけてみてください。
うわ~!

びっくりした~!

小豆島に残ってる妖怪の話で

カワウソの妖怪で

「かぼそ」というのがいて、

僕が絵を描いて、それを立体にしてもら
ったという感じです。

古い建物を利用した妖怪美術館は
町内に5つ。

「小豆島を世界一
妖怪の集まる島にしたい」と、

全国から妖怪のアート作品を集めて
展示しているんです。

どれも完成度が高くて、
びっくりしました。

柳生さんの絵があるという建物へ。

今までの中で、

ちゃんと怖そうな。

そうですね。
何、これ?

ちょっと怖い…。
案内されたのは、真っ暗な和室。

上を見ていただいて。

お~っ!

な~るほど。

天井が、

いっぱい見とるなぁ、こっちを。

どこか一つと目が合うようになっていて、

自分がやっちゃった悪いこととか、

吸い取ってくれる妖怪…。
こっちの心情で随分と

立体的に。
おもしろいのと、

怖いのと、

ぞわっとする感じが。

そういうのが1個の塊だということが

よくわかるようになるという。
何か、

奥深い

というふうに思う。

この絵から、改めて
「ひとりの人間にも

いろんな面があるんだ」と
感じました。

最後に柳生さんの
特技を見せてもらいます。

会話を通して
人の内面の妖怪部分を感じ、

似顔絵にしてくれるんです。

休みの日とかは、静かなんですか?

全然。

僕はこんなんです。

ギャップがないんですよ。

女性にモテない…。

モテないんですか。
キャラクター、

マスコットキャラクターみたいに思うみ
たいです。

15分ほどしゃべり続けて、完成です。

じゃんじゃじゃん。

わっ!

意外と括弧ええ感じの…。

名前は?

妖怪オシャベリタロウ。

ここ、全身、至るところでしゃべりよる
なぁということですか。

これは、角じゃなくて、アンテナですね。
いろんなものを張りめぐらせてるなと思

って。
これをじっくり見ようと思ったら、

ちょっと、若干、妖怪老眼なんで、

離さなあかん…。
旅のいい記念になりました。

小豆島にお友達が移住しているという、

3年ほど前にこっちに移住してきて、今
は一棟貸しの

お宿をやっていらっしゃるということで、
きょうのお宿はそこにしようかと思って

ます。
その宿がある、 

のどかな海沿いの集落へ。

もう海が目の前。

これかな?

villa SETOJIMA。
格好いいね。

立派な…。
ん?

ここ!?

あのマークだもんね。

こんにちは~。

あはははっ!

久しぶり~!

ようこそ、

来てもらって。

ありがとうございます。
カメラ…。

知り合って20年くらいになる
明日夏さん。

もともとは妻の友人で、
今では家族ぐるみのつき合いです。

このおうち自体は

80年ぐらいたってて、

宿を始めたのが1年前から。

どうぞ。
こっちです。

あららら…。
いや、

本当に

結構でも、

そのまま、ちゃんと立派に使ってるんで
すね。

そうなんですね。
じゃあ、

こちらがお部屋です。
あらっ!

冬バージョンで、こたつが…。

昔ながらのおうちなので。

十字に部屋があるという。

傷んでいたところは改装しましたが、
古いものを

そのまま生かしたところも。
台所のかまどは今も使えるので、

自分たちで
ご飯を炊くこともできます。

7人まで宿泊可能です。

どうですか。

この小豆島。

瀬戸内海らしい風景が広がってて、

穏やかで、静かで、

という場所でやりたいなと思って。

食事はオプションで
「焚き火ごはん体験」を

お願いしました。
宿のすぐそばのビーチは

プライベート感満載です。

教えてくれる片岡さん夫妻も
関東からの移住組。

お子さんは小豆島生まれです。

それを拾って…。

あっ、まさに、こんなやつや?
これいいですね。

働きもんやなぁ。
ありがとう。

これも割って。

いやあ!

意外と割れたなぁ!

マッチは使っていいんですね?

何ならこれかなと思ったけど。

暗くなっちゃうんで…。
きょうのお料理。

うわ~!

うわあ~、すごい!

ここにお野菜をプラスして、

瀬戸内の食材です。
イイダコ、おいしそう。

おしゃれな、白ワイン。

これだけ入れたら、

おいしくならないはずがない。

インドア派の私も頑張りました。

ちょっと今のあれでしょう。

アウトドア絵づらだったでしょう?

イエーイ!
う~っわ、うまそう!

うわあ。
できました。

すばらしい。
おいしそうやで、これ!

タコ飯!
眼鏡が曇って…。

ありがとうございました。

カンパ~イ。

おいしい。

寒いから、

ビールなんてと思ったけど、おいしい。

何だろう、働いたからかな?

このお料理を、

こんな立派な鯛、そうそう食べない。

うまい!

うまみと甘みで、

本当にそれぞれオールスターで

うまみが全部出てるって感じが

するよね。

瀬戸内のお魚っておいしいですよね。

タコ飯には、島特産の
オリーブオイルをかけて

いただきます。

うん!

おいしい!

タコのうまみと、

お出汁も入ってるんですね。

入ってないです。
全く?

みりんとお醤油だけで。

何か小豆島って、

うまみを抽出するのが上手な島なのかな

おいしいものの島というのが、

私が移住してきた理由です。
本当に皆さん穏やかで、

優しくて。
住むというところまで、もう1個、

行くというのは、

よっぽどタイミングとご縁がないと、

そういう魅力と懐の深さとか、

この島にはあるのかなって、ちょっと思
ったりはしますけれども。

奥さんのお友達って、

すごいチャーミングな方ですね。

そうなんですよ。
明るくて。

本当にテキパキ

、パパパっと行動する人だから。

あの方に会いにいきたくなっちゃうのわ
かりました。

でも、本当にそんな感じもあるし。
彼女中心に集まってくる人たちもいるこ

とで移住組の人も地元の人もというそう
いう感じですね。

あれはぜひやりたいね。
炊き込みご飯とか。

たき火で、いろんなことを、注文したら、
お肉を食べたいって言ったら、それが…。

これがいいよ。
いいでしょう?

ワイルド!
おいしいものを食べたときに

おしゃべり太郎が無口になりましたね。
そうそう。

本当に。

ぐうの音も出ないぐらい。

あの妖怪の絵、どうしてます?今。

今、飾ってあります。
うちに?

はい。
やっぱり向き合って、

あの絵と。

俺は、おしゃべり太郎なんだなって。

でも、やっぱりアンテナ張ってましたね。
すごい太いアンテナ。

アンテナの横に口がありましたからねえ。
楽しい島ですね。

おもしろいね。
僕も、行きたくなった。

移住してもいいかなぁ?
そうですよね。

移住してもいいかなぁ?
そうですよね。

八嶋さん、

本当にいい島だなと。
八嶋さん、

続いては?
移住したもう1人の友人に会いにいきま

した。
さあ、何となく、

きのうまでの雰囲気とは

またちょっと違った…。

あははは。
もう、ほら、

おかしな人がいますよ、おかしな人が。

八嶋さん!

ようこそ、小豆島へ!

久しぶり~。
俳優をしている松之木天辺君。

2年前に小豆島に移住しました。

シアターを。

お建てになったわけですよね?

あの赤い屋根の家でございます。
あれ、全部?

あれ丸っと。

ここで見つけた空き家を
自宅兼民泊施設にし、

小さな劇場をつくったんです。

島のおじいちゃん、おばあちゃんもこの
階段を上がって、

うちの劇場に来てくださるんですよ。
そんなに

町の人たちに認められた劇場なのね?

まだまだですけど。
ここでございます。

へえ。

お入りくださいませ。

あら~っ!

立派じゃない!

もともとは本当に真四角の

ただの部屋だったんですけど、島の兄貴
がいるんですけども、

いろいろ手伝ってくれて、舞台をしつら
えて。

町の人たちは。
いらっしゃいます。

最初から本当に60人ぐらいお客さんが
いらっしゃって。

何かそれはあるの、この島は。
あります。

農村歌舞伎という、

各地域が毎年

歌舞伎を上演するという。

奉納するとか。

そういうの知らなくて、恐ろしい

芸能の島に飛び込んできたという…。

島が呼んでくれたと思ってます。

シアターから車で5分ほど。

天辺君がよく行く
お勧めの店があるそうで、

案内してもらいました。

見えてまいりました、

のぼりが。

地ビールのお店?

ここです。
かわいいお店。

あららら…。
お邪魔しま~す。

こんにちは~。

大阪から

小豆島に移住されて、

小豆島の地ビールを…。
中田雅也と申します。

よろしくお願いいたします。

店の隣には醸造所があります。
ビールが好き過ぎて

「自分でつくりたい」と
脱サラした中田さんは、

2年前に一家で
小豆島に移住してきました。

お米や醤油のもろみなど、

島の食材を使った
定番の味が4種類と

季節限定のビール。

中田さんのイチオシは…

「あかまめまめ」、

かんきつを使った。

かんきつね、

今回は「はるみ」という、

オレンジ系の…。
いただきます。

意外とかんきつが強いと、

ビールを飲んでるのに、みたいな感じに
なるじゃないですか。

ちゃんと甘みと苦みとバランスよく出て
て。

ありがとうございます。
おいしい!

ビールをつくるんだったら、どこででも
つくれるじゃないですか。

海が見えるところでビールをつくりたい
なと。

探していたら小豆島。
自家製のおつまみもあります。

こちらは、豆をスパイシーに
煮込んだもの。

これは、

これはビールに合うやつやわ。

スパイシー度合いは

抑え目ですね。
ちゃんと豆の甘みも

残ってる。

ここには今、5種類ですけど、

その季節のおいしいビールが

すごいいっぱいあるんです。

限定品で8種類のホップを使った

IP8。

小豆島でこんなおいしい地ビールが。

本当に…。
ホップ、ホップがあるから、

ビールの苦みが強いのかと思いきや、

華やか。
これからの展開とか、

夢とか、そういうのありますか。

全て小豆島産で

できたビール、オール小豆島でビールを
つくりたいんです。

ONE TEAMでね。
今あえて、

この言葉を使うと、逆に恥ずかしい。

おいしいビールは
お土産にもできます。

旅の最後に、天辺君が

とっておきの場所に
案内してくれました。

何かお寺っぽい

ところです。
うわっ、誰!?

弘法大師様でございます。

弘法大師様か。
大きいね。

ここは、碁石山(ごいしざん)という
山岳霊場です。

これ何?

ここを上っていく?

ここを上っていきます。

ここの頂上まで上ると、

絶景ポイントがあります。
絶景ポイント!

石段を上っていくと、
本堂があります。

お参りを済ませて、
目指すのは、さらにこの上。

やっぱりそんなビールとか飲んできたか
らさ、

バチが当たったんか、

雨、降ってきたよ、

あんなに天気がよかったのに。
修行してるような気持ちになるね。

うわ~!
うわあ~、

すごいねぇ!
何か、

このまま歩いていけそうな。
そうですよ。

そして、

あの山の中腹にある

赤い屋根の家が、

うちです。
シアター箱舟です。

スポットライトみたいな光が。

神々しいったらありゃしませんね。

きれいだねぇ!

何、これ~!
こういうところに来ると、

一人一人は

小さい存在だけど、

みんなで一生懸命生きてるみたいな。

ポジティブにさせてくれるね。

謙虚に、前向きに生きていこうと。

ここに来て思いました!
というか、

ここで出会った人、みんな若いじゃない

まだ未来があるし、あそこで

どんどん仲間をふやしていって。

だから、受け入れる側の島の方々の

サポートがすごいんですね。
小豆島の人って、

みんな、温かいんですよ。

ちゃんと空き家バンクとか、

そういうのもあって、ちゃんと紹介をし
てくださるというのもあって。

移住されてるけど、小豆島愛が皆さんす
ごいですね。

すごくよかったです。
何か縁があるんですか。

“八の嶋”だから、

八嶋さんって。
そうですね。

僕はやっぱり海がない県で育ってるから、
島ってすごい行くと楽しいんですよ。

僕ら、見てても、何か、行きたいなと思
うもん。

ぜひ舞台で、八嶋さんでやったほうが…。
天辺君は

地元の人と東京から例えば

この間は有志の方が

一緒に合同でお芝居をつくったり、あそ
こでやって、

だから、島を楽しみながら、あそこでで
きないものをつくってるというのもやっ

てるから。
すばらしい旅でした。

ありがとうございました。
楽しかったです。

ありがとうございました。
ここで気になる全国のお天気を

お伝えします。

きょうは、朝早くから、ありがとうござ
いました。

ありがとうございました。
楽しい旅を。

それと、この番組は、

次、あるのは1月の4日かな?
4日ですね。

それでこれからは、メリークリスマスが
あります。

きょうはハッピーバースデー!
おめでとうございま~す!

もうそんな年じゃないっていうんだよ。

でも、きょう、

こうやって見てて、皆さんが楽しんでや
ってるのが

伝わるのがいいなと思ったの。
というのは、

協力してくれる陸斗が行くところとか、

みんな、すごくうれしい。

じゃあ、

この次、会うのは


関連記事