メレンゲの気持ち 飯島直子若さの秘密&長渕剛との共演秘話…・生駒里奈乃木坂46秘話、苦悩に久本号泣!…


出典:『メレンゲの気持ち【飯島直子若さの秘密&生駒里奈乃木坂46秘話に久本涙】』の番組情報(EPGから引用)


メレンゲの気持ち[字]【飯島直子若さの秘密&生駒里奈乃木坂46秘話に久本涙】


奇跡の51歳飯島直子の私生活とは?毎晩必ずやる超意外な習慣&大好きな実家大公開!生駒里奈の苦悩に久本号泣!サプライズで大親友登場&自宅で毎朝つくる朝食公開


詳細情報

出演者

【出演者】久本雅美、いとうあさこ、伊野尾慧、村上佳菜子

【ゲスト】飯島直子、生駒里奈

【通りの達人】石塚英彦(ホンジャマカ)

【突撃昼ご飯】坪倉由幸(我が家)

【ナレーター】清水ミチコ

番組内容

大親友・工藤静香と飯島直子が盛り上がる話は?長渕剛との共演秘話&豪華差し入れ公開!今だから言える!超売れっ子時代、仕事や恋愛を決めていた基準に一同驚がく!▽生駒里奈 乃木坂46時代と生活はどう変わった?サプライズ登場の親友が明かす最近の恋愛事情とは?▽ドラマ「あなたの番です」秘話・・・田中圭のすごさとは?▽今からでも間に合う!東京ステーションホテルのクリスマスディナーにメレンゲ特典が!


『メレンゲの気持ち【飯島直子若さの秘密&生駒里奈乃木坂46秘話に久本涙】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

メレンゲの気持ち 飯島直子若さの秘密&長渕剛との共演秘話…
  1. スタジオ
  2. 飯島
  3. 村上
  4. 生駒
  5. 坪倉
  6. 久本
  7. お母さん
  8. 伊野尾
  9. 本当
  10. 結構
  11. 今日
  12. 市來
  13. ステキ
  14. 自分
  15. 長渕
  16. エリナ
  17. キレイ
  18. 最近
  19. お願いいた
  20. カッコ


『メレンゲの気持ち【飯島直子若さの秘密&生駒里奈乃木坂46秘話に久本涙】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓日本テレビ関連商品

<今週も
芸能人のプライベートを大放出>

今週も ステキなゲスト 来てます
こちらの皆さんでございます。


飯島直子ちゃん
そして 生駒里奈ちゃんです。

<本日のゲストは…>

へぇ~!

<さらに…>

(飯島) フフフフ!

<そして…>

<すると…>

<マチャミが号泣!>

(生駒) びっくりした!

(いとう) お母さん!

<さらに 生駒さんの…>

この方です どうぞ!

≪こんにちは
よろしくお願いいたします≫

<そして 佳菜子ちゃんは
ドラマ…>

こんにちは
はじめまして 村上佳菜子です。

<たっぷり聞いちゃいます>

さぁ まずは 飯島直子ちゃんです。
(飯島) お願いします。

VTRに まとめましたので
どうぞ。

<芸能界デビューした
飯島さん>

キレイ!

脚 長い!

≪それでは 行きましょう!≫

よ~い…。
(ホイッスル)

胸からアップで行ったよ
すげぇな!

≪さぁ 熱いけど 頑張って!
お尻をのせて… 偉い!≫

あっ!

≪何 ここで休んでんだよ!≫

<抜群のスタイルだけに
とどまらず

明るいキャラクターで
バラエティー番組に引っ張りだこ>

せ~の!

ここまで来るから。

<そんな彼女が…>

<このCM>

こら こら!

一生懸命も 休み休みにしてよね。

GEORGIAで ひと休み。

<このCMで…>

<その後も…>

<数々の賞を受賞>

<飯島さんは…>

<一体 それは?>

<さらに 最近では 親友…>

<…と大反響>

<今日は
そんな飯島直子さんの…>

素晴らしいですよ!
恥ずかしいです。

汗かいちゃった。

変わりますよ。

それがヤバかったら…。

死なないで!
死なないけど。

伊野尾ちゃん。

(伊野尾) 本当に…。

何の話だよ!

連れてってください!みたいな。

(笑い)

最後の お写真も すごかった。

すごい長いですね。

(スタジオ:飯島) 『DAISUKI』って番組に
彼女がゲストで来てくれた時

その日の夜に 会ったんですよ。

(スタジオ:生駒) え~!
(スタジオ:久本) 番組 終わった後に

「ごはん食べようか」
みたいになったの?

彼女も…。

似てる!

モノマネ 入ったよ!

「傷まなくて いいやつある」って。
「今度 持って行くね!」って…。

『DAISUKI』の収録の後に
すぐ電話かかって来て。

うまいわ! さすが!
ず~っと聞いてたいなぁ。

そこから 一気に仲良くなった。
そうなんです。

何年ぐらいの付き合いになるの?

何で?
夜の時?

はしゃいでた?

彼女は
車の運転も すごい好きで

「直ちゃん 迎えに行くね」って…。

カッコいい!
カッケェけど…。

すごい目立つんですよ。

思わず 寒くて
こんなことやってなかった?

寒くない?っつって。
運転しながら!? 忙しいよ。

夜は… 若い時だったんですけど。

最近は…。

夜から…。

確かに ランチがいいよね。

最近では お2人で…。

(飯島) 最近は…。

あとは…。

そんな感じで。

まぁ そういうのも…。

聞いてみたいわ。

聞いてみたいわ。
(笑い)

そして…。

もう1回 驚いちゃった!
何度も言わないでください。

フリップに まとめました。
教えて 教えて!

まずは 1つ目 こちらです!

(伊野尾) 「食事は…」。
落ち着いて!

「食事は…」。
(笑い)

お腹いっぱいにしないんだ。

そうですね。

一般的には 腹八分目っていうけど
1ランク落としてますね。

確かに 確かに!

なので
あれ? 足りないかなぐらいで

ちょっとすると
ちょうどいいやっていう感じ。

それが できないよね!
(村上) それが できない!

例えば 20代から比べて
今の自分と どれぐらい差がある?

体重とか。

(観客) え~!?

1~2kgですかね。
1~2kg ひと晩で変わるよ!

変わりますね。

それは 何か 気 使ってる?

へぇ~!

朝 量って 夜 量った時に…。

うわぁ!

超えたら 腹五分目ぐらいに…。

翌日は 少し摂生する。

そういうふうにしたら…。

やっぱり 努力だわ。
そんなことないんです。

(伊野尾) 続いては…。

(生駒) え~!?
早過ぎない!?

早いですか?
直ちゃん 10時なんか寝れる!?

寝れますよ。

何もない時は…。

ちょっと待って!

夜10時ぐらいから 面白い
ドラマがあったり いろいろある。

そういうの見ないの?

世の中の情報 ついて行けてる?
あんまり。

頑張ってんだ。

夜10時に寝て…。

若いんですよ やっぱり。

うちらは…。

寝れないやつね。

12時半!?

1回も 目 覚めないの?

おばちゃんだ! それは よかった。
(飯島) はい。

<この後…>

その時に…。

(笑い)

<さらに…>

飯島さんが…。

毎日してること…。

「何ですか?」。

これも…。
(笑い)

気付くリアクションが
かわいいのよ。

これ 報告です。

毎晩 お布団に入った時に…。

例えば 誰?

エビちゃんの…。
(飯島) 妹さん。

それを ず~っと見て
かわいいなぁ!って…。

毎日毎日 なるんですよ。
妄想が おかしい!

だんだん大きくなって来ると

顔 スタンプを押すようになる。
バレないようにね。

その時に…。

バカヤロ~!
(笑い)

かわいい!

おしゃれだね! やっぱ
蛯原家のファッションは。

あと 笑顔が
キュンキュン 来るよね。

(飯島) 男の子 右側の子は…。

生駒ちゃんも 何か
必ずチェックしてるものがある。

(生駒) YouTubeで…。

よく YouTuberさんの
赤ちゃんを見るんですよ。

その子が…。

今 追い掛けてる子は…。

大きくなったね!みたいな。

まさか 同調できるとは。

<生駒さんが好きな…>

<動画が こちら>

ハイ ガイズ!
クロスファミリーです!

もう夏ということで
キャンプをしたいと思いま~す。

イェ~イ!

(エリナさん) ロージィは お昼寝してます
大きくなったね!

(スタジオ:久本) かわいい!

(エリナさん) おぉ! おいしそう!

(スタジオ:いとう) バーベキュー!
(スタジオ:生駒) お庭でできる。

(スタジオ:久本) 食べきれるかな?

(スタジオ:生駒) 英語と日本語と…
繰り返して聞けますし。

(スタジオ:生駒) ママの料理が
すごい おいしくて。

(スタジオ:いとう)
何ですか? スモアって。

(エリナさん) いただきま~す!

(エリナさん) どう?

(エリナさん) マシュマロだよ。

(エリナさん) スカイラー
マシュマロ 初めて食べるね。

(スタジオ:生駒) かわいい!

(スタジオ:いとう) 本当?
(スタジオの笑い)

バイバ~イ!

かわいい!

お母さんが明るいね。

何より…。

2人とも…。

(伊野尾) さぁ 続いての
若さの秘訣 まいりましょう。

(観客) え~!?

(村上) ハマってないんだ!
(飯島) ハマってはいないけど。

ちょっと こう
4~5人で いつも 集まる時に…。

私と もう1人の女の子と…。

サプライズで。

お部屋に入って行って
今日は暑いね!っつって

そこで脱ぐと 「あ~~!」
みたいなのをやって 遊んでたら

どんどん発展して行って
みんな すごいことをやり始めて。

(村上) その時の
コスプレの写真があるそうです。

(飯島) ピンク・レディー。
ピンク・レディーだ!

かわいい!

笑える!
いろんな表情を見せてくれるなぁ。

(飯島) これ 馬ですね。

これ 来たら 驚くなぁ。

(伊野尾) 続いて まいりましょう。

やっぱり やってるかぁ。

根詰めて やると
嫌になっちゃうので 週2ぐらい。

どれぐらいの距離を?

距離は分かんないのね。

何分ぐらい?

じゃあ 結構 歩いてるよ。

結構 歩くよね
1時間半とか 1時間は。

何?

(笑い)

家を出て…。

実家に帰ってる時は…。

土手だと 1本じゃないですか。

なので 右 行くか 左 行くかで。

1本の道を ずっと行くんです。
分かりやすいんだ。

ただ…。

戻って来る時に…。

どこで 階段 下りるのかとか。
(飯島) そうなんですよ。

そういう時 どうするの?

それで…。

(笑い)

<そんな飯島さんは
忙し過ぎた若い頃

ある驚きの方法で
仕事を決めていたんだそうです>

どうしていいか分からなくて…。

えっ! 占いで!?

何占いなの?

知ってますかね。

念じて どっちにしたらいいかな?
せ~の!

ぱって開くと…。

(一同) へぇ~!

やったほうがいい!とか。
いろいろ出て来て。

判断つかなくなっちゃって
それで決めてた。

すごい!

例えば…。

例えば… いいんですかね?
ダメだったら 後で切るわ。

どうするかってなった時に…。

え~! もう 本当に困って。

それで せ~の… ぴっ!て。
決めてたんだ!

それは正解だったの?

分かんないですね。

でも 正解としておかないと。
そうだよなぁ。

仕事だけ? 占いっていうのは。

女の子 好きだから!

それも どうしたらいいかな?
っていう時に

えいっ!てやって…。

えっ!? 「別れよう!」も これ?

よし そうしよう!とか。

どう? 生駒ちゃん
分かる? 信じちゃう?

結構 私も 自分では
こうしようって決めてるけど

いいのかな?と思って
開いたりして。

あっ いいんだ!
よし やってみよう!みたいな。

うれしい! うれしいですね。
よかった!

<そんな飯島さんが
リフレッシュするために

頻繁に帰るという実家を
撮影して来てくれました>

(スタジオ:久本) ステキな門!

(飯島) 扉を開けて…。

そして 玄関 入りま~す。

(スタジオ:久本) キレイにされて。

ここが 私の実家で~す。

こんな感じですかね。

(スタジオ:久本)
ご実家 本当にステキだね。

こんな感じです。

私が いま~す。

ここにはですね いろいろ…。

(スタジオ:村上) へぇ~!

(スタジオ:飯島)
飽き性なんで すぐ替えちゃう。

こっちが…。

これは…。

そして…。

ここですね。

ここに…。

(スタジオ:生駒) かわいい!

ちょっとですね…。

そしてですね

ここが…。

うわ~…。

こんな感じ。

はい ももちゃん!

テレビがついてますね。

こんな感じ。

こんな感じです。

(飯島) フフフフ!

(飯島) ももちゃん! おいで!

もも!

ももちゃん! もも! ももちゃん。

ももちゃん!

(スタジオ:久本)
全然 笑わないけど 大丈夫?

ももちゃん! もも!

(スタジオの笑い)

(スタジオ:いとう) かわいい!

(飯島) お母さんは…。

おいしいで~す!

(飯島) 真っ白!

すご~く おいしそうで~す。

(飯島) 映してない 大丈夫。

いいね! お母さんと仲良くてね。
(村上) ステキ!

ところで 飯島さんが…。

(伊野尾) また
忘れちゃってるじゃないですか!

雑誌の付録 大好きですね。

分厚いですよね。

付録で買っちゃいます。
やっぱ 選んじゃうんだ。

(村上) 写真が いっぱい出てます。

(飯島) こんなの ほんの一部です。
(村上) メイクもあるんですね。

(飯島) メイクボックスとか。
(村上) バッグだけだと思ってた。

いつから ハマっちゃったの?

毎回 買うってことは 相当な数だ。
すっごい数です。

使ってるの? ちゃんと。
使ってます。

(笑い)

本当に 付録狙いなんだ。
付録狙いですね。

<そんな飯島さんは
来年公開の…>

長渕さんに平手打ちするって…。

そうですね。

まずね! まず そこから。
長渕 剛は いたんだ!と。

何で? NG 出しちゃった?
私 出したんですけど。

ちょっと たたき方が悪かった?

1回目は
バチン!って たたいた後に…。

かんじゃったんですよ。
(笑い)

ヤバい!と思ったけど

取りあえず 言いきって
去って行っちゃおうと思って。

去って行った ば~っと走って。

まぁ 当然 NGになって。

2回目は…。

ここで ビンタ来る!って
分かるじゃないですか。

何とかかんとかって言った時に
長渕さんが 来る!と思って…。

(村上) かわいいですね。

頬に 痛みが まだ残ってるからね
1回目の。

言い方!
(飯島) たたいたの。

(伊野尾) もちろん そうですけど。
存じております。

差し入れ 長渕さん
どういったものされるんですか?

すごいんですよ。

何て言うんですか? あれ
のれんじゃなくて…。

お店が来るの?
これですね!

こういうテントね!

(村上)
「長渕食堂」って書いてある!

(生駒) うわぁ!
(村上) しかも 本格的な!

(飯島) すごいんですよ。

紛れ込んで食いたいね!

(飯島) 写メ 撮ってる 写真です。

(伊野尾) こんな差し入れ
聞いたこともない!

え~!?

サザエが 丸ごと!?
(飯島) おみそ汁なんです。

(飯島) おいしかったです。
皆さん 喜ばれますね。

みんな テンション上がります。
ビッグスター のやること カッコいい!

打ち上げとかもあるわけでしょ?
打ち上げは 普通の会場でやって

その後は…。

カラオケボックスみたいな…。
行って。

長渕さんが 生で!?
うわぁ すごい すごい!

何 歌ってくださったの?

長渕 剛さんが
歌ってくれたんだからさぁ。

生で なかなか聴けないよ。
聴けないですよ。

ということは 直ちゃんも歌った?
(飯島) 歌いました。

何 歌った? これは覚えてるだろ。
そうですね。

何 歌ったの? ユーミンの。

いい曲!

ユーミン… 今日 声 出るかな
ちょっと待ってくださいね。

はっ! は~っ!
出てる!

(飯島) は~~~~っ!

ちょっと 歌ってください。

♪~ は~~~~ ファ~~…

(笑い)

(生駒) かわいい!
いいよ!

いいよ いいよ!
もう ほとんど…。

♪~ は~~~ ファ~~

でも 似てるわ!

(笑い)

<この後…>

う~ん!

どう? どう?
うまい!

<さらに…>

お母さん!


何ですか?

好きですか?
私 関西なので…。

(笑い)

今 絶対 もんじゃ!
(村上) もんじゃの流れだった!

お好み 好きだけど
もんじゃ 好きになったって

フォローしたのに お好みって…。

負けないで!

VTRがあります こちらです。
見たい 見たい!

<飯島直子さんお薦めのお店は

京急線大鳥居駅 西口から…>

(スタジオ:久本) ここですね。

(スタジオ:飯島) 殺人的な長い階段を
上がって行くんですよね。

(スタジオ:飯島) 上がって行くと
お店が… 結構 中 広いんです。

(スタジオ:生駒) うわぁ おいしそう!

(スタジオ:飯島)
いつも食べるやつです。

(スタジオ:飯島) これが…。

(スタジオ:飯島)
中が とろとろなんですよ。

(スタジオ:飯島) こういうふうに
作るって 知らなかった。

(スタジオ:久本) 今日は 特別に。

(スタジオ:伊野尾) タコが入ってる。

(スタジオ:飯島) 何で 出来上がりが
四角いんだろう?って思ってた。

(スタジオ:久本)
こういう箱に入れてるわけだ。

(スタジオ:飯島)
これが とろっとろなんです!

(スタジオ:久本) おいしそうだなぁ!

(スタジオ:久本)
これが わっしょい焼き。

(スタジオ:飯島) おいしいんですよ。

(スタジオ:久本) 上手に! また。

(スタジオ:村上) 卵焼きみたい!
(スタジオ:飯島) 見た目は。

(スタジオ:久本) キレイにやるわ。

(スタジオ:村上) いい焦げ目!

(スタジオ:久本) あっ いいね!

(スタジオ:飯島) 大阪に とろとろの
たこ焼き売ってるじゃないですか。

(スタジオ:飯島) ああいう感じです。

(スタジオ:久本)
タコが入ってるから

たこ焼きみたいな感じも。
(スタジオ:飯島) そうですね。

(村上)ということで わっしょいの
オーナー 井澤さんに…。

うれしい!

ありがとうございます!
わっしょい焼きだぁ!

キレイな四角!
(村上) わっしょい!

ありがとうございます。

直ちゃん ちょこちょこ
通ってらっしゃるみたいで。

(井澤さん) そうですね。

(飯島) ママが あそこに。
ママ どうも ありがとう!

お世話になっております!
本当に。

わざわざ 今日 作っていただいて
うれしいなぁ!

(飯島) 本当に おいしいです。

チーズの香りもする! うわぁ!

お願ぇします!
ビールだね!

フ~ フ~。
分かるわ フ~ フ~ しちゃうよ。

(飯島) おいしいですよね!
どう? どう?

(生駒) おいしい!

伊野尾さん どうですか?

これは おいしい!

おいしい!

(村上)
何ともいえない とろとろ感。

ちょっと グラタンみたいな。
そうそう!

焼き目のとこだけ
ちょっと カリっとしてね。

これは おいしいですね!
人気ナンバーワン 分かるわ。

(生駒) 新食感ですね。

どうなんですか?

(笑い)

分かるけどね…
ご主人 すいませんね。

じゃあ…。

(笑い)

さぁ
続いては 生駒里奈ちゃんです!

よろしくお願いします。

まずは 生駒ちゃんの
これまでの ご活躍

まとめさせていただきました
どうぞ。


(スタジオ:久本) かわいい!

<16歳>

<その後…>

<しかし 惜しまれつつも…>

入って よかった。

それしかない。
(拍手)

今より 幾千年もの昔
絶望の叫びが 響き渡ったのです!

<今日は 乃木坂46を
卒業してから変わったという

意外な私生活を
たっぷり話していただきます>

ありがとうございます。
かわいいね!

大 大 大活躍で。
ありがとうございます。

生駒ちゃんは そもそも…。

アイドルっていう存在を
あんま知らなかったんですよ。

(笑い)

周りの子は AKBさんが好きとか
あったんですけど。

何で また?
お父さんが…。

私…。

高校に入って
何もしなくなっちゃって。

たまたま オーディションのチラシ
ネット上で見つけて。

夏休み期間に 仙台でも
行って来い!みたいな。

はぁ~!

開いちゃいました。
センターですもんね。

(生駒) はい 上京しました。

新幹線で帰って。

結構 かかるなぁ。

え~!

移動が10時間でしょ 大体
もう へとへとだね。

行けちゃうね。

日本人の悪い癖。

(笑い)

それよりも…。

その時は…。

胸が痛い! そうだったのか。
そう 嫌で。

オーディションに…。

うれしさが強かったです 当時は。

行って メンバーの人たちと
一緒に わいわい やるわけでしょ。

メンバーが…。

いい子ばっかりだ。

全ての考えが そうだったので。

でも…。

乃木坂のメンバーだった。
(村上) ステキ! 鳥肌 立った。

お母さん!
(笑い)

びっくりした。

お母さん。

すいません 私 もう…。
(生駒) びっくり!

今 見てたら…。

だって 基準がさ…。

よだれ 出ちゃった。

本当に 努力とね…
勇気もあったろうし。

喜びだよなぁ。

高校も離れちゃってるし
常に 周りにいなくて。

ただ…。

よかったよ!

芸能界って こんな大変なんだって
知らないから

だんだん だんだん分かって行って
大変でしたけど…。

生駒ちゃん 偉いわ!

生駒ちゃん 泣いてないのに
私が号泣。

恥ずかしいわ。
(笑い)

話 入って来ない。
メイクさん のりをお願いします。

今 ご連絡いたしましたんで。

でもね 実は 今日…。

来ていただいております。
来てる?

この方です どうぞ!

≪こんにちは
よろしくお願いいたします≫

(拍手)

<さらに ドラマ…>

実は 今日…。

来ていただいております。
来てる?

この方です どうぞ!

(市來) こんにちは
よろしくお願いいたします。

元乃木坂46の
市來玲奈アナウンサーです。

お願いいたします。
お願いします!

<今も仲良しという…>

第一印象は…。

猫背だったんですよ。

すごい猫背で。

今 こうやって座ってますけど

基本 こうやって座ってた。

どうしても 引っ込み思案だから
こうなってたんだな。

こうなんですよ 学校で。

で 人と話さなきゃいけないから
こうなったんです。

で 今 こうなりました。
すっごいキレイになりました。

移動の時とかも ずっと一緒で。

(生駒) こういうふうに。

2番 3番だったの。

(生駒) ずっと話してたよね。

私も 最初 会った時から…。

オーディション 落ちる 受かる
関係なく 仲良くなれるって…。

何か…。

そうなんです。

(市來) みんな
一斉に電話するんですよ。

私も かけてたんですけど
隣から…。

(市來) そんな感じだったよね。

秋田の お国言葉がね。
そうですね。

(市來) 秋田弁 聞いたことなくて。

何だって?
新幹線 乗られないんだよね。

そうだよね その言葉ですもんね。
その言葉でいたから。

「んだ」って言ってる その時も
かわいらしかったと思いますけど。

どうですか?

(市來) 秘密は…。

当時からなんですけど…。

高いか。

アイドルって
かわいくするじゃないですか。

それを ちゃんと
乗り越えてくれるというか。

(笑い)

せっかくだから
これは やってみてもらわないと。

あちらですね。
せ~の!

ちゃんとしてる!
(市來) かわいい!

私 あんま やったこと…。

仲間だからね 1回 やってみなよ。

(生駒) お願いしま~す。
すごい テンション上がってる。

せ~の!

できてるわ!

習ってるんで。

せっかくだから…。

せ~の!

ひどい!
(笑い)

上と下で行くんだね
バランスが いい。

お年頃になると…。

この人…。

そういうこと言う?

マジで ないの?

市來ちゃん モテるだろ。
いやいや… あんまり。

本当に そろそろ…。

(市來) 結構 言われるんですよね。

恋愛する気はあるの?

(生駒)
こういうふうな考えがあるので。

さすが! お姉ちゃんだわ。

生駒ちゃんは どうよ?
私は…。

いろんなことを考えて まだ…。

やっぱり…。

でも…。

男性に対して…。

思えるようになりました。
よかったね!

アイドルの時 ある程度 気持ち
封印しなきゃいけないもんね。

ときめきとかがあると…。

それを なくしてたので。

やっと この1年半で
徐々に 徐々に…。

これは大事よ!

私が言うのも…。

(市來) いやいや いやいや!

せっかくだから ちなみにさ…。

え~っと ちょっと前に…。

ドラマ すっごい面白くて。
めっちゃハマってた。

私は…。

慎二派ですね。
高橋一生さん カッコいいよ。

ああいうお顔が
すごく好きですね。

くしゃっとした優しそうな笑顔ね。

毎週…。

似てるかも。

あとは 芸能人の方でいうと…。

剛ちゃんも カッコいい!

ディーン・フジオカ カッコいいわ。

そりゃ そうだよね。

やっぱ 私 卒業してから…。

それは 社会に出て…。

芸能人としては伸びたけど

人間として…。
ちゃんと見てるね 自分のこと。

分析はしてて。

そうだよ!

(市來) 頑張ります。

<恋愛観以外にも…>

一番変わったことは…。

どういうこと?
(生駒) 現役時代は…。

あれ 全員 私服なの!?

毎週 私服だったんですけど

そういう機会が
やっぱ 回数的には減るので…。

今は…。

マジで? のみ?
(生駒) はい。

もう それでいいんだ。
(生駒) アウターありますけど。

偉いわ!

でも 欲しくなんない?
かわいいわ この服 着たいって。

なるんですけど

だったら…。

ずっと着るっていうことが
逆に できなかったので。

毎週 変えてほしいなっていう
ファンの方の思いもあったので。

今は…。

(村上) すごい!

基本 パンツは
ポッケが付いてるもので。

(笑い)

カバンなし?

(村上) 男の人みたいですね。

他に 乃木坂時代と
変わったことってありますか?

継続はしてるんですけど…。

あぁ!
貯金は大事。

貯金は やっぱり 意味があるの?
大事だけどさ。

(笑い)

自分で稼いだお金で

しばらく生きて行かなきゃ。

お父さん お母さんに…。

できるだけ頼らずに 自分のお金で
行きたいなと思って…。

しっかりしてるわ!

直ちゃん
私たち 23の時 貯金してた?

してたんだ!

意外だったわ! ごめんね。

イメージ的には
そんな感じですよね。

22 23ぐらいの時 やっぱり…。
同じように?

(生駒) うれしいです!

ちゃんと貯金して。
貯金してました。

へぇ~!

(村上) さぁ ここで…。

(村上) 撮って来ていただきました
ご覧ください。

それでは…。

私は 甘くするんじゃなくて
ちょっと しょっぱく。

それを作ってみたいと思います。

オートミールは
これを使ってます。

ちょっとだけ…。

これを使うと…。

そして…。

ドドドドド。

(スタジオ:久本)
乾燥剤 入れちゃった!

(スタジオ:伊野尾)
危なかったというか アウトだよ。

で ここに…。

味どうらく。

う~ん… このぐらいかな。

(スタジオ:久本)
どういう味なんだろう?

ほうれん草 入れます。

(スタジオ:久本)
ちょっと 食べてみたいね。

(スタジオ:伊野尾)
食べてるとこも かわいいなぁ。

(スタジオ:久本)オヤジ目線だぞ。
(スタジオ:村上)すごい オヤジだった。

めちゃくちゃ おいしい。

(スタジオ:いとう) してると思うけど。

ずっと これを 朝 食べてます。

面白いなぁ。

(生駒)
それこそ あのオートミールも

クロスファミリーのママが
やってたのを マネして。

食べたら おいしくて。

YouTubeで
結構 情報を得たりするので。

簡単だし
朝ごはん食べる時間もないし。

やってみたら よかった。

で また お母さんが偉いね
来てくれて… 時々。

結構 来てくれて。

いいわ~!
(村上) ステキ!

(観客) え~!

あさこも そうだし…。

直ちゃんも そうだし。

お答えいただいたので

そちらのほうを
読ませていただきたいと思います。

まず 「最近…」。

かわいい!
子供じゃないんだから!

ヤダ! ヤダ!って…。

でも お母さんも
うれしかっただろうね。

それだけ 自分のことを
好きだって 思ってくれてるって。

お母さん 大好きだもんね?

お父さんは?

止まっちゃった。

本当に…。

やっぱ 家事のことを考えると
お母さんが通うのが多くて。

年齢 重なると お母さんと
友達みたいになるじゃないですか。

何 しゃべっていいか
分からないんだ。

お父さんも
何 しゃべっていいか分かんない。

ごめ~ん! ごめ~ん!

そして 娘さんの年齢には
結婚していたお母様。

うわうわ! これ ちょっと…!

えっ?

え~!?

お母さん!
(村上) 自分の好みじゃない!

やっぱり 45だから。

だけど 里奈ちゃんは…。

多分 お母さん
高橋一生さんが来ても…。

お母さん 最近…。

分かる!
夢に出て来ると なるよね!

夢に出ると 全然 知らない人でも
好きになっちゃうよね。

お母さん 若いわ!

<果たして…>

(チャイム)

こんにちは
はじめまして 村上佳菜子です。

坪倉と申します。

(村上) そうですよね。

<今回 お邪魔するのは…>

<2003年から お笑いトリオ
「我が家」のボケ担当として活躍>

(杉山) お前は さっきから
ぐるぐる ぐるぐる。

長電話中の主婦か!?

<中でも…>

<今年…>

<熱演>

言い訳だな… 散々 浮気しといて。

<坪倉さんの演技に
SNSでは…>

<今日は…>

(坪倉) どうぞ どうぞ。

(村上) ステキですね!

<ちょっと変わった構造の
坪倉さんのご自宅は

ダイニングの一段下に
リビングがあって

その上が寝室という
3層型の1LDKなんです>

<ステキですね>

(坪倉) そうですね。

(村上) ただの木じゃなくて
色が ちょっと入ってたりして。

これだけじゃないですよね?

(坪倉) ここなんですよ 収納が。
(村上) え~ すごい!

(坪倉) 秘密基地みたいですよね。

私も
結構 小説 読むんですけど…。

ないんですか!?

嫌われた~。

(坪倉) シンプルな。

(坪倉) こっちのテレビは

Huluとか Netflixを
こっちに つないでるんで。

結構 こっちにいて…。

(村上)
でも やっぱり キレイですね。

(坪倉) こういうとこはね。

<坪倉さんの…>

(坪倉) 着ないものは 下に。

(村上) へぇ~!

(坪倉) へぇ~!じゃないです。

<では ここで…>

<まず 気になった あの話題>

坪倉さんといえば…。

(坪倉) 地方で お笑いライブとか
よく行くんですけど

終わった後とかに
見に来てくださった方が

「面白かった」とかじゃなくて…。

(村上) それ きついですね。

それ やっぱ めちゃめちゃ
聞かれたんじゃないですか。

みんな聞くけど
本当は聞きたくないですよね。

(村上) そうですね。

っていうか 本当に 僕も…。

(村上) そこなんですか!?

(坪倉) ある日 田中 圭さんと…。

僕が 奥さんについて
何とかですよね?っつって。

何とか何とかですか?っつって。

(村上) あぁ。

やっぱり お芝居 上手な人って
こんな感じで!と思ったら

俺が…。

<そのシーンが こちら>

あの…。

あなたも
奥さん 亡くされたんですよね。

はい。

愛してました?

はい!

奥さんに ちゃんと伝わる
愛し方をしてました?

自信… あります。

はぁ~ いいなぁ。

(村上) いやぁ すごいですね!

あそこで 結構…。

次 何 聞くんだっけ?と思って。

(村上) うわぁ すごい!

マナカナの佳奈ちゃんも出てて。

(坪倉) 何かあるたびに

「この人 怪しいです」とか
急に 技 かけて来たり。

(坪倉) 役とはいえ…。

(坪倉) そんな時に…。

それがあるから 茉奈さんまで…。

全然 関係ないのに 茉奈ちゃん。

<『あなたの番です』の裏話を
たっぷり聞いたところで…>

(村上) 早速…。

(坪倉) はい どうぞ。

(村上) オープン!

中も…。

(村上) 腸のためにね。

うちも入ってます。

(村上) 何なんですか?

(村上) おぉ!

じゃあ 調理を始めます。
お願いします。

<具材の…>

<さらに…>

<味を調えます>

<そして…>

(村上) すごい!

<これは…>

<そして…>

(坪倉) みんな こうやって
入れがちじゃないですか。

(村上) へぇ~!

<あんを煮ている間に…>

(村上) めちゃめちゃ いい感じ!

<そして…>

<完成です>

(坪倉) いただきます。

(村上) 頑張って
ついて行かなきゃ!と思って。

いただきま~す。

うん! う~ん!

(坪倉) う~ん!

(坪倉) うまっ!
(村上) おいしい!

ホタテが効いてるんですよ。

えっ! これは…。

120点満点?
(村上) うん。

<以上…>

<ごちそうさまでした!>

<今回の「通りの達人」は

国の重要文化財…>

<90年以上続く伝統の…>

<皆さんも まだ間に合う…>

<さらに…>

<そんな…>

<果たして その意味とは?>

(石塚) こっから行けるんですよ。

うわぁ! 来てるなぁ。

ほら!

そして こちらです。

出た!

「THE TOKYO STATION HOTEL…」。

○△□×☆※…。

(鎌田さん) いらっしゃいませ。
どうも 石塚と申します。

今日は お世話になります。
こちらこそ。

僕 生まれて…。

記憶にあるのは 赤い れんがの
この東京ステーションホテル。

<今年で…>

<その後
駅舎の復元工事に伴って…>

よろしくお願いいたします。

<ということで…>

あっ 感じる!

ありがとうございます!

(石原さん)
お待たせいたしました。

(石原さん)
東京ステーションホテル特製の…。

あらま~!

ありがとうございます。

<こちら 90年以上前から
提供している名物料理>

<野菜と赤ワインを
たっぷり使ったデミグラスソース で

黒毛和牛を 5日間かけて
じっくり煮込んだという

極上の 一品です>

うん!

あぁ!

ありがとうございます。

コクもありますけど

すごく爽やかな
キュっていう酸味がありますね。

隣にあるパスタも

絡めたり
ソースをのせて召し上がったり。

味わいを変え 召し上がれるように
ご用意しております。

これ やったことないなぁ
ビーフシチューにパスタ。

<生クリームとチーズであえた
生パスタと

ビーフシチューとの相性とは?>

うん!

どっちも すごいから
チャレンジしたくなりますね。

うめぇなぁ。

ちなみに 本日
キーワードを頂いておりまして。

これはですね…。

こういう2人が 実は…。

最初の…。

<そう!>

<名物料理の…>

<さらに…>

<その指導が注目され 後に…>

<まさに…>

<といっても
過言ではないのです>

<と ここで…>

実はですね このお店の中に…。

置いてないです。
え~!?

実はですね あそこにある…。

ここは東京駅舎ということで
新幹線など 乗る時に…。

なので 実は…。

逆 言っちゃうと…。

そうです そうです。

<続いて…>

うわぁ! ここか。

ここなんだ!

あらららら! うわぁ!

<こちらは…>

<だけではなく…>

<立派ですねぇ!>

ちなみに…。

(細渕さん) あちらが…。

(細渕さん)
あの姿が 一説によりますと…。

知識がないと…。

大鷲が 稲穂をつかむ。

分かる? 緑色の 丸いやつの中に
ほら ほら。

左側から見ていただくと…。

その通りでございます。

<さぁ 続いて…>

<何でも こちら

ちょっと変わった
お部屋なんだそうですが…>

うわぁ! あら すごい すごい。

あぁ いいなぁ!

<広さ72平米ある

ラグジュアリーな雰囲気 漂う
スイートルームに

家具の一つ一つに こだわった
極上空間>

<ゆったり過ごせる
リビングでございます>

お部屋にご用意してあります
こちらの…。

よくご覧いただきたいと思います。
あっ!

原稿用紙みたいな。

東京ステーションホテルは…。

我々 ご紹介しております。

古くは…。

すごい話ですね! それ。

<さらに 『雪国』や
『伊豆の踊子』などで知られる

文豪…>

<そして こちら
なんと 部屋の中に階段が!>

<こちらのスイートルームは…>

<さぁ 気になる2階は
どうなっているんでしょうか?>

いいですね! こちら。
ベッドルームでございます。

アダチ君 ちょっと これ…。

<こちら 駅舎の屋根裏部分を
活用した…>

<丸い窓が特徴的な
かわいい造りとなっています>

<ステキですね>

いいですか。

出た!

うわぁ!

手前 今度は…。

たまんねえな これ! うわぁ!

ステーションホテル
ということで…。

今 ご覧いただいてるお部屋と
もうひと部屋の…。

ちなみに…。

そうですね
なかなかのお値段でございます。

<この後 今日から始まる…>

<東京ステーションホテルの…>

(大野さん) お待たせいたしました
どうぞ クリスマスのコース

メイン料理
七面鳥のロースト<ノエル風>です。

うわぁ!

<石ちゃんが いただくのは

メインに 七面鳥のローストなど

全5品の
クリスマススペシャルコース>

<おいしそう!>

<さらに この料理に合う
期間限定の 洋梨のカクテルも>

<まずは 別添えの…>

こっから見ると…。

あっ! 爽やかですね。

甘さもあるんですけど
すごく爽やかな感じが。

あぁ いい! これ。

<さぁ 続いて フォアグラや栗と
一緒に焼き上げた

七面鳥のローストを
いただきましょう>

うん!

う~ん!

お肉自体が ギュっと
筋肉質な感じもしますね。

あと やっぱり
味付けは 一流でございますな。

はい。

これには 先程 僕 いただいた
ビーフシチューは…。

おっしゃっていただければ
特別に…。

何か 本当に…。

<なんと!>

<これは お得です>

<ということで
早速 石ちゃんも!>

あぁ‼ 「出た」じゃダメなんだ。

<飯島直子さん出演の映画
『太陽の家』>

<20年ぶりにスクリーンによみがえった
長渕 剛さんをはじめ

豪華キャストで送る
優しさにあふれた感動作です>

<お楽しみに!>


関連記事